山崎畜産HP

ランキング参加中

無料ブログはココログ

カテゴリー「牛肉レシピ」の29件の記事

2013/07/01

炊飯器で作るローストビーフ

6月の29日(肉の日)はローストビーフを作りました。

以前から気になっていた「炊飯器で作るローストビーフ」でございます。

ホントに上手くできるのか?という不安を残しつつトライしてみました。

本日使うお肉は、これ!

20130629

黒毛和牛のモモかたまり、約700グラム

土佐あかうしモモ、約200グラム

作り方

①お肉は塩・こしょうして適当に縛っておく

②フライパンに油と潰したニンニクをいれ香りが出たら肉を投入

20130629_2

 
③肉全体に焼き目をつける

20130629_3

④密閉袋(ジップロック)に入れてストローなどを使い空気を抜く

20130629_4

⑤炊飯器に約70℃のお湯を入れ蓋をして「保温」で約30分

 (70℃のお湯を作るのが思いのほか難しい。ま、適当に)

20130629_5

⑥直ぐに切ると肉汁が出てしまうので、30分程度休ませる

20130629_6

小さい方が 土佐あかうし
こちらは良い感じに仕上がりました。
部位の関係でしょうか、少々固めではありましたがジューシーで旨かったです。

大きい方の黒毛和牛は・・・・
ブロックが大きすぎたため部分的にレアの状態のところがあり、
ちょっと失敗って感じのできあがり。

この方法だと、オーブンで焼くと火加減の難しい小さめのブロックも失敗せずに出来るようです。
200~400グラムのブロックってオーブンで焼くと、火が通りすぎたりパサパサになったりする事があるのですが、炊飯器で作ると、その点は心配しなくてすみます。

オーブンの無い家庭でも気軽にローストビーフを楽しめるのは良いですね

が、やはり500グラムを超えるブロックは、オーブンの方が良いかもしれません。
尤も、もっと時間を掛ければ上手くいったのかもしれませんけど。
この辺りは、研究の余地あり・・・かな。

炊飯器で作るローストビーフは色んなサイトでも紹介されています。
ぜひ参考になさってください。

http://allabout.co.jp/gm/gc/418295/

http://marron-dietrecipe.com/youshoku/yousyoku_roastbeef02.html

にほんブログ村 企業ブログ 酪農・畜産業へ ビジネスブログランキング
↑ポチッとお願いします~


土佐あかうし、この前焼肉で食べたのと同じ個体の物なんだけど、
やっぱり焼肉で食べるより、こっちの方があかうしの良さが出ると思う。

あかうしのうま味がギューッと詰まったローストビーフが出来上がりました!

土佐あかうしのバラを焼肉で食べさせるなら、脂の量より質を改善すべきかと・・・
・・・なんて、また、余計なことを言ってみる( ^ω^ )

2013/03/21

牛肉のアスパラ巻き

妖怪アパートの幽雅な日常という小説があります。

香月日輪さんのライトノベルで、主人公の男の子の成長物語ってところでしょうか。

両親と死別し親戚の家にお世話になってたのだけど、
高校進学と同時に一人暮らしを始めたアパートが
妖怪や幽霊や変わった人達がいるところで、そこで暮らすうちに・・・・。

ま、軽く読めますので興味のある方はどうぞ。

さて、この主人公の住むアパートは賄い付きです。
この料理を作ってるのが、るり子さん。

るり子さんは小料理屋さんを開く夢を持っていて
ホステスをやりながら開業資金を貯めていたが、
志半ばで殺され、死体はバラバラに。

アパートの賄い婦となり、残された「両手」で料理を作り続けている幽霊です。

小説の中に、るり子さんの料理がたびたび登場するのですが、
これがホントに美味しそうなのです。

そう思う人がたくさんいるらしく、
「妖怪アパートの幽雅な食卓 るり子さんのお料理日記」
という本も出版されています。

Photo

この中の お酢でサッパリ 牛肉のアスパラ巻き を作ってみました。

Photo_2

★材料(2人前)

・牛肉薄切り・・・・・200g
・アスパラガス・・・・1束
・オリーブオイル・・・小さじ2

調味料

・酒・・・・・・大さじ1
・酢・・・・・・大さじ1
・バルサミコ酢・・・小さじ1
・おろし生姜・・・・少々
・はちみつ・・・小さじ1
・砂糖・・・・・小さじ1/2
・しょうゆ・・・大さじ1

★作り方

①アスパラガスは根元のかたい部分を切り、下1/3位の皮をむいて1分程度ゆでる
 長ければ半分に切り、冷ましておく

②牛肉をひろげ、①を巻き込んでいく

③熱したフライパンにオリーブオイルを入れ、②を転がしながら強火でさっと焼く

④弱火にし「調味料」の材料を上から順番に入れていく
 ソースを絡めるように焼き、汁けがなくなれば出来上がり

調味料の材料を揃えるのがちょいと面倒でしたが、調理自体は簡単です。
冷めても美味しかったので、お弁当のおかずに良いかも。

※おまけ

牛肉のシソ巻き

Photo_3

薄切りの牛肉にシソの葉を巻き込んで、塩・コショウして焼いただけ。
ポン酢を付けて食べても旨いです。

こーゆー簡単で美味しいのって良いよねー

にほんブログ村 企業ブログ 酪農・畜産業へ ビジネスブログランキング
↑ポチッとお願いします~

2013/02/09

ヒレステーキ赤ワインソース

2月9日は「肉の日」でございます!

他に「服の日」「ふぐの日」「肉球の日」なんだそうです。
(このネタ、毎年書いてるなー)

肉の日なので、やはり料理の写真を載せねば。

20130209

この前作ったヒレステーキです。

ステーキというより、ローストビーフの作り方に近いですが。

某お肉屋さんのブログを読んでいるのですが、その方が

「分厚い肉を焼くなら、素人はオーブンを使った方が失敗が少ない」

みたいなことを書いてらして、真似をしてみました!

20130209_2

▲本日のお肉 厚さは4センチくらい

20130209_3
▲ル・クルーゼのグリルロンド使用
 ヒレ肉の場合、繊維に沿って裂けることがあるので、今回はタコ糸で軽く縛って焼いてみた

20130209_4
▲中火で全部の面に焦げ目を付けたらオーブンへ
 あらかじめ140度に予熱しておき、20分加熱

20130209_5
▲火のとおりは、こんな感じ。(* ̄ー ̄*)

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

赤ワインソースのレシピ

★材料

*赤ワイン・・・・1/2カップ
*バター・・・・・20g
*小麦粉・・・・・大さじ1/2
*コンソメ顆粒・・小さじ1/2
*はちみつ・・・・こさじ1
*しょうゆ・・・・大さじ2

★作り方

①室温に戻したバターに小麦粉を加え混ぜておく

②鍋に赤ワインを入れ強火で沸騰させ、アルコールを飛ばすために煮詰める

③弱火にし、コンソメ顆粒、はちみつ、しょうゆ、①を入れる
 とろみが出たら完成

 ※ソースが固くなりすぎたら、水を加えて調整

今までに自分で作った赤ワインソースの中では、ダントツに美味しかったです。
赤ワインをしっかり煮詰めるのが大事みたい。

にほんブログ村 企業ブログ 酪農・畜産業へ ビジネスブログランキング
↑ポチッとお願いします~


さて、この赤ワインソースのレシピ・・・

なんかの番組でやってたのを、急いでチラシの裏に書きとめたものなんですが・・・

肝心の番組名がわからない ┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

2013/01/29

牛肉とネギと菜の花の蒸し煮

今年初めての「29日(肉の日)」なのでレシピを。

スーパーの店頭には早くも菜の花が並んでおりました。

菜の花と牛肉で、何か作れないか・・・と探してみたら、ありましたわよ、奥さん( ^ω^ )

「牛肉とネギと菜の花の蒸し煮」

E・recipe を参考にして作りました。

20130129_5

★材料 2人分

・牛肉(肩ロース薄切り)・・・160~200g
・白ネギ・・・・2本
・菜の花・・・・1束
・牛脂(サラダ油でも可)・・・・適宜

『調味料』
・酒・・・・・大さじ2
・砂糖・・・・大さじ2
・しょうゆ・・大さじ2

★作り方

①白ネギは厚さ7~8ミリの斜め切り、菜の花は長さを半分に切る

20130129_6

②牛肉は適当な大きさに切る(目安・・・4センチ幅位かな?)

20130129_7

▲本日のお肉

③フライパンに牛脂(サラダ油)を熱し、牛肉を炒める
 牛肉の色が変わったら『調味料』の材料を加え、からめるように煮る

④白ネギ、菜の花を加えてフライパンに蓋をし、弱火で蒸し煮にする

⑤野菜がしんなりしたら蓋を外して、火を強め煮汁が少なくなるまで炒める

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

蒸し煮にするとネギの甘味が増しておいしいです。

菜の花のほろ苦さもたまりません。

この手の味付けってご飯が進みますよね・・・あぁ・・・(* ̄ー ̄*)

元のレシピでは「牛肉の細切れ」が使ってありましたが、肩ロースを使いました。
どうしても7~8分は蒸すので、細切れや切り落としでは硬くなるかも・・・と思ったからです。

牛肉の量も多めに使ってます(元のレシピは120g)

何より簡単にできるのがうれしいです。

にほんブログ村 企業ブログ 酪農・畜産業へ ビジネスブログランキング
↑ポチッとお願いします~

2012/10/29

焼肉カルビ丼

29日(肉の日)なので、昼から焼肉丼をワシワシかきこみましたよ (* ̄ー ̄*)

レタスを敷くのが我が家流

Photo

★材料(二人分)

・牛焼肉用・・・・150g程度

・レタス・・・・2~3枚を太めの千切りにしておく

・市販の焼肉のタレ・・・適宜

・ゴマ・・・・適宜

・白髪ねぎ・・・適宜

★作り方

①牛肉は10分ほど焼肉のタレに漬けておく

②温かいご飯を丼によそい千切りしたレタスを敷く

③フライパンで漬けこんだ牛肉を強火で軽く炒める

④ボウルに残ったタレも入れて肉に火が通るまで中火で煮る

⑤丼に肉を並べ、フライパンに残ったタレをかける

⑥ゴマ・白髪ねぎをのせてできあがり

にほんブログ村 企業ブログ 酪農・畜産業へ ビジネスブログランキング
↑ポチッとお願いします~

2012/09/30

牛肉と里芋の味噌煮

料理サイトといえばクックパッドが有名ですが、私がよく参考にしてるのが E・recipe です。

材料からのメニューの検索がしやすいような気がします。

今日は、この中から 牛肉と里芋の味噌煮 を作ってみました。

2012930

★材料 2人分

・牛肉(薄切り・切り落とし)・・・150g

・里芋・・・・・・・3~4個

・青ネギ・・・・・・2~3本

・しょうが・・・・・1片

・サラダ油・・・・・小さじ1位

☆合わせ出汁(下の材料を混ぜ合わせておく)

・だし汁・・・・・カップ1

・酒・・・・・・・大さじ2

・みりん・・・・・大さじ1.5

・砂糖・・・・・・小さじ2

・味噌・・・・・・大さじ2

★作り方

①牛肉は食べやすい大きさに切り、ショウガは千切り、青ネギは斜め切りにしておく

②里芋の皮をむき、塩(分量外)でもんで水洗いする。
 ぬれたままラップでふんわり包み、電子レンジで3~4分加熱。
 水に取ってザルに上げる。

③鍋にサラダ油、ショウガを入れて中火にかけ、香りがたってきたら牛肉を入れ炒める

④牛肉の色が変わったら里芋と合わせ出汁を投入(強火)

⑤煮立ったらアクを撮り、落し蓋をして煮汁が半量ぐらいになるまで煮る

⑥青ネギを加えてサッと煮て出来上がり

いやね、ウチって堆肥の販売もしてるんですが・・・・
ウチの堆肥を使って下さってる農家さんから色んな野菜を頂く事があるのです。
今回も里芋をたくさん頂いたので、メニューを検索していて見つけたのがこのレシピだったのです。

里芋がほっこりしておいしかったです。
ネギと牛肉もたまらん!ご飯によく合います!

実は、合わせ出汁の材料をレシピのままで作ったら、正直、私には味が濃すぎました。
もうちょっと薄味が好きかなぁ・・・catface

にほんブログ村 企業ブログ 酪農・畜産業へ ビジネスブログランキング
↑ポチッとお願いします~

2012/09/06

牛肉のスタミナ焼き

上沼恵美子のおしゃべりクッキング という番組があります。

宮崎では放送してないんだけど(ケーブルテレビでは見られますが)、
たまにレシピを参考にさせて貰ってます。

今回作ったのは7月3日放送分の「牛肉のスタミナ焼き」です。

詳しい作り方や材料は

http://www.asahi.co.jp/oshaberi/ を見て貰えば良いのですが・・・・

材料の牛もも肉(ステーキ用)を、牛リブロースに、
アンチョビー(一切れ)をアンチョビソースに変更して作りました。

アンチョビの缶詰って、一度開けちゃうと全部を使い切れないんだもん。
はい、アンチョビなんて普段の料理に使いません、我が家は。coldsweats01

ついでに冷蔵庫の中に残ってた赤ピーマンも投入catface

ブイヨンも無かったので固形コンソメ使いました。bleah

★材料(二人分)

・牛肉ステーキ用・・・・200g程度のもの
・しめじ・・・・・・・・1パック(100g)
・にんにくの芽・・・・・1束(約80g)
・赤ピーマン・・・・・・2個
・アンチョビソース・・・小さじ 2
・固形コンソメ・・・・・半分を50ccのお湯で溶いておく
・塩、こしょう・・・・・適量
・オリーブオイル・・・・適量

★作り方

①牛肉は室温に戻しておく(これ重要!)

②しめじは小房にほぐし、にんにくの芽は3センチ程度、赤ピーマンは適当に切っておく

③牛肉に塩、こしょうをし、熱したフライパンにオリーブオイルを入れ牛肉を強火で焼く

 ▼今回使ったのは、このリブロース(ロース芯ってやつですね)

20120905

 
 ▼そーっとひっくり返してみてこんがり焦げ目が付いていたらひっくり返します

  ひっくり返したら火を少し弱めて約1分(時間は肉の厚みによって変わります)

20120905_2

 ▼焼きあがったら皿に取り、ホイルを被せて肉を休ませます(これ重要!)

  休ませる時間の目安は焼き時間と同じ位

20120905_3

④フライパンに残った余分な脂を捨てて、しめじ、にんにくの芽、赤ピーマンを炒める

⑤アンチョビソースとコンソメをお湯で溶いたものを入れて2分程度煮る

⑥牛肉を適当に切って皿に⑤、牛肉の順に盛り付ける

 ▼大皿にど~んと盛ったのであまり美しくないですね( ̄◆ ̄;)
  是非HPの盛り付けを参考にして下さい

20120905kannsei

アンチョビを利かせたソースが、なかなか美味しかったです。

他に調味料を使ってないのですが、アンチョビとコンソメの塩気が良い感じ。

にんにくの芽って中華のイメージがあったんだけど、こういう食べ方もあったのね。

この料理、ステーキ肉の方がオシャレに出来上がるのかもしれませんが、切り落としで十分って気もします。見た目重視ならステーキ用のお肉でしょうが・・・。

今度はモモ肉焼肉用で作ってみたいと思ってます。

にほんブログ村 企業ブログ 酪農・畜産業へ ビジネスブログランキング
↑ポチッとお願いします~。

さて・・・・残ったアンチョビソースをどうしましょうかねぇ・・・。
やっぱりパスタですかね( ^ω^ )

2012/07/29

牛肉と舞茸のおろしポン酢

さて今月も29日(肉の日)がやってまいりました。

作ったのは牛肉と舞茸のおろしポン酢(命名、適当です)

焼きしゃぶの予定だったのですが・・・・
暑くて焼肉用のロースターをテーブルに載せたくなかったし・・・(@Д@;
短時間で出来るものをと思い作りました。

大根おろしでさっぱりと食べられましたよ。

ぜひお試しを。

Photo

☆材料:大体4人分

・牛肉(肩ロース薄切り)・・・・400g

・舞茸・・・・・・2パック

・大根・・・・・・2分の1本

・かいわれ・・・・1パック

・ポン酢・・・・・適宜

☆作り方

①肩ロースは食べやすい大きさに切っておく

②大根はおろして水気を切っておく

③かいわれは適当な大きさに切り、舞茸は適当な大きさにほぐしておく

④フライパンに油少々を入れ牛肉を炒める

⑤牛肉に火が通ったら皿に取り出し、続いて舞茸を炒める

⑥皿に盛り付け、ポン酢をぶっかけて出来上がり

ヘルシーに食べたい方は、牛肉を煮立つか煮立たない位のお湯で湯通しして作って下さい。(グラグラ煮立ったお湯は使わないでね~)

にほんブログ村 企業ブログ 酪農・畜産業へ ビジネスブログランキング
↑ポチッとお願いします~( ̄▽ ̄)

2012/07/18

牛玉ステーキ丼もどきを作ってみた

正確には 十勝清水牛玉ステーキ丼 

北海道の十勝清水のご当地グルメです。

キチンとしたルールがあります。

①正式名称は『十勝清水牛玉ステーキ丼』(愛称は牛玉丼)

②地元産の『十勝若牛』を使用すること

③使用する部位はロース

④ステーキの味付けは、協議会指定レシピに基づいた「味噌味」

⑤ステーキ肉は、サイコロ状にカット

⑥地元産の鶏卵を使用

その他、色々あるわけですが・・・・・

せっかく「十勝若牛」のロースが手に入ったのだからと作ってみた次第。

「レシピは秘密」だそうで、もちろん食べたこともないわけでして・・・

わかってるのは、お肉も卵もミソ味だという事ぐらい。

まぁ勝手に想像しながら作ったわけです。

取り敢えず、牛肉を西京味噌に漬けて・・・・と思ったのですが
何となくこれだけじゃご飯に乗っけるには物足りない気がして、
しょうゆとハチミツを足して一晩漬けてみました。

ステーキの下に敷くスクランブルエッグはフワフワ感を出すために
牛乳とミソを加えてみました。

よくわからないままに完成!!coldsweats01

ステーキ丼というと、しょうゆベースの味付けが多いわけですが、
ミソ味もなかなかのものでした。

Photo

私の作ったのは、あくまでも「もどき」

いつか現地で本物を食べてみたいものです。

十勝清水牛玉ステーキ丼の公式HP
http://tokachi432.com/

イメージキャラクターの牛玉丼ちゃんが、可愛くないところが可愛いのだ。

にほんブログ村 企業ブログ 酪農・畜産業へ ビジネスブログランキング
↑ポチッとお願いします~

・・・・って、「牛玉丼味噌だれ」ってのが発売されてるわ!!
これを使えば本物に近い味になるかも!

2012/05/29

肉の日なので牛すじカレー

29日は肉の日!牛肉食べなきゃいけませんがね (*゚∀゚)=3 ムッハー!!

色々悩んだ末、この前下処理して冷凍しておいた牛すじを使ってカレーを作りました。

いや、作ったのは昨日なんですが。

★牛すじカレーの作り方

①下処理した牛すじを水から煮る

 私は気分によって赤ワインを入れたり、野菜ジュースを入れたりしています。
 もちろん、水だけでもOK。
 というか、野菜ジュースにこだわりはないです。はい。あくまで好みで。

 牛すじの下処理はこちら参照のこと↓
  http://koji.air-nifty.com/cozyroom/2012/05/post-2a7d.html

②鍋が煮立ったら炒めた玉ねぎを投入

③ジャガイモやニンジンを入れる場合は、牛肉がある程度柔らかくなってから投入

 ジャガイモとニンジンは投入前にフライパンで炒めてねー。

④好みのカレールーを入れて、ちょいと煮込んだら出来上がり!

▼今回は新ジャガをたくさん貰ったので、ジャガイモごろごろカレーです

201205291

さて、二日目のお楽しみは焼きカレー( ̄ー+ ̄)

★焼きカレーの作り方

①耐熱皿にバターを塗ってご飯をよそう

②真ん中をくぼませて生卵を入れる

 生卵だと結構時間がかかるんですよ、実は。
 温泉卵やポーチドエッグを使った方が、良い感じの半熟状態で食べられます。

20120529

③カレーとピザ用チーズをのせてオーブントースターで焼く

 大体5~10分位です。

201205292

201205293

 

▼卵をからませながらいただきます

201205294

ルーをかけた上に卵を乗せてからオーブントースターで焼くのが本当かもしれないです。
が、私が作るとあまり美しく見えないので(笑)卵の上にルーをかけて作ってます。

にほんブログ村 企業ブログ 酪農・畜産業へ ビジネスブログランキング 人気ブログランキングへ
↑ポチッとお願いします~

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ブクログ

  • ブクログ

ブログパーツ

  • 3月31日まで投票できます

  • ジオターゲティング