山崎畜産HP

ランキング参加中

無料ブログはココログ

« 平成27年2月期西諸県子牛セリ | トップページ | 平成27年4月期西諸県子牛セリ »

2015/03/31

平成27年3月期 西諸県子牛せり

あまりの高値に唖然としてるうちに一週間経っていました(^_^;)

遅ればせながら。

3月21日~23日の三日間 西諸地区子牛セリ市が開催されました。 

 

結果は 

雌 533頭 平均 611,841 
去 708頭 平均 686,486 
トータル 1,241頭 平均 654,426 
前回比 3,349高 前年同月比 92,566高 

 http://twilog.org/k_ichiba より

もう何か なんも言えね~~(*_*) って感じ。

種雄牛毎の価格。

種雄牛 頭数 雌平均 去勢平均
美穂国 381 610 699
勝平正 304 598 672
秀菊安 145 583 671
義美福 66 607 694
平忠勝 66 608 689
耕富士 58 596 690

http://www.nishimoro-chikuren.or.jp/ より

種牛毎平均がこんな感じで 雌の全体平均が61万円なのは

頭数は少ないですが 忠富士や安福久などが高値取引

されているからでしょう。

忠国桜の関検結果が出たようですね。枝重399キロはすごいです。

BMS3.6もまずまずと言えるでしょう。

また一頭楽しみな西諸産種牛が出てきました。

にほんブログ村 企業ブログ 酪農・畜産業へ

↑ランキング参加中です。ポチリとお願いします。

« 平成27年2月期西諸県子牛セリ | トップページ | 平成27年4月期西諸県子牛セリ »

子牛の話」カテゴリの記事

コメント

4月になりますが、確か口蹄疫が宮崎に発生してから、5年が経つかと思います。あの時は大変な思いで対応されていたかと思います。5年経って、宮崎の繁殖牛が減少し、当時40万円程度の子牛価格が、60万円台になりましたね。某大手牧場もなくなり、5年は短いようで、業界は大きく変動しました。4月、口蹄疫を最初に発見された先生の3回忌になりますのでお墓に参りたいと思っています。

Go Go Ojisanさん
コメントを読んで驚いています。

2014年に新聞にご活躍の様子が掲載されていますが、青木淳一獣医師が死去されたというのは、本当ですか?
http://www.yomiuri.co.jp/kyushu/news/20140421-OYS1T50027.html

Go Go Ojisan
お久しぶりです。早いものでもう5年経ちますね。
日々記憶が薄れていくのは仕方ないのでしょうが。
大事なことは忘れずに日々過ごしKて行きたいものです。
3回忌ですかこちらも早いですね、、、 

Cowboy@ebino さん

こちらで触れられているのは 水牛の診察をされていた先生のことで
青木先生のことではありません。

名無し様
獣医師の3回忌の件、氷解致しました。ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 平成27年2月期西諸県子牛セリ | トップページ | 平成27年4月期西諸県子牛セリ »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブクログ

  • ブクログ

ブログパーツ

  • 3月31日まで投票できます

  • ジオターゲティング