山崎畜産HP

ランキング参加中

無料ブログはココログ

« 口蹄疫・県が埋却地再生作業公開 | トップページ | 平成25年9月期西諸県子牛せり »

2013/08/19

北里八雲牛を食べてみた

以前から興味を持っていながら、どうやって買えば手に入るのかが分からなかった「北里八雲牛」をとうとうゲットして食べてみることができました。

牛の餌、特に「濃厚飼料(トウモロコシや麦など)」は殆どを海外からの輸入に頼っているわけですが、この「北里八雲牛」は、なんと飼料自給率100%というものです。

トウモロコシなどの穀物飼料で肥育した牛のお肉を「グレインフェッドビーフ」
牧草のみで肥育した牛のお肉を「グラスフェッドビーフ」
というのですが、この北里八雲牛は日本では珍しいグラスフェッドビーフです。

オージービーフも本来はグラスフェッドビーフなのですが、日本に輸入されているものは日本向けに、出荷前70日程度を穀物飼育している物が多いようです。

というわけで日本において純粋な「グラスフェッドビーフ」(しかも国産!しかも飼料自給率100%!)を口にできる機会はそうそうありません。

ある日、「47クラブで八雲牛の販売、やってるよー」って教えて貰いまして。
夫婦で相談し「これを逃したら、次はいつ買えるかわからんぞ」と購入を決意。

・・・・高かったです。

180gのサーロイン2枚セットで9800円でした
100gあたりの単価が2700円を超えています。ひえ~~~( ̄◆ ̄;)

木箱に入って届きました~。

Photo

個体識別情報も書かれています。
調べてみたらH22年5月5日生まれの日本短角種の去勢
月齢は37ヶ月

飼養管理情報も検索できます。
http://www.mi.liaj.jp/miweb/frontside/shiyou.do?kno=1257346859&nid=13822

さてお肉はこんな感じ。

Photo_2

付いてきた牛脂と比べると脂の色が黄色っぽいのが良くわかります。
グラスフェッドビーフの特徴の一つだそうです。

Photo_4

付いてきた牛脂は多分ホルスの物ではないかと思われたので、ここは敢えてオリーブオイルで焼くことにしました。

グラスフェッドの肉は肉汁が出やすいという話もどこかで読んだ気がするのですが・・・
焼いてる間にもドリップがにじみ出てきました。

Photo_3

いよいよ実食!
良い感じに焼きあがりました~!

Photo_5

ちょっと生地が荒いのが見てとれますが、堅い肉も好きなので気にしません(笑)

Photo_6

まずは塩・コショウのみで頂きます。

・・・・・無理、無理、無理・・・・

青臭いと言うか、独特の匂いが鼻に抜けて・・・・
この匂い、ワタシには無理・・・  il||li _| ̄|○ il||li

大急ぎで玉ねぎとニンニクと醤油とバターで即席のソースを作り、かけて食べてみましたが・・・

やっぱり無理!

生まれて初めてステーキ完食できませんでした。

牛は元々、草で育つ動物なんだから、この匂いが牛肉本来の匂いだと言われたらそれまでなんですが・・・・ダメでした。

ま、どんな肉にも個体差はあるのですが、グラスフェッドのお肉の匂いの傾向としては、そう間違った感想ではないかな、とも思います。

ですが、例えば、納豆やチーズの匂いを好ましいと思う人とそうでない人がいるように、これはもう個人の嗜好の問題だとも思うわけです。
きっと「黒毛和牛は苦手だけど、このお肉は好き!」という人もいることでしょう。

実際、海外で修行をした料理人さんの中には「黒毛和牛は癖が強すぎる。色々試してみたがこの肉が一番良い」と北里八雲牛を指定して使う方もいるようです。

自分で焼かずにちゃんとしたお店で食べたら、また違った感想になったかもしれませんね。

にほんブログ村 企業ブログ 酪農・畜産業へ ビジネスブログランキング
↑ポチッとお願いします~

今度はロースの販売が47クラブで始まったようです。
興味を持たれた方は食べてみてはいかがでしょうか?

【こんなのあるんだ】北里八雲牛 ロース ステーキ用
http://www.47club.jp/15M-000030rzf/goods/detail/10058091/


以下、47クラブの商品説明の文章を記録のために転載しておきます。

食料自給力向上に寄与する事業者や団体の優れた取り組みを表彰する「フード・アクション・ニッポン アワード」において、八雲牧場の「飼料自給率100%の赤味牛肉生産システム」が、2010年度の研究開発・新技術部門の優秀賞に輝きました。

牧場内生産飼料だけで育てる「自然循環型畜産」の北里八雲牛

350haを有する広大な敷地で化学肥料と農薬に一切依存しない飼料生産を行い、春から秋にかけて放牧をする北里大学獣医学部附属北里八雲牛は、いわば循環型畜産の典型を実践しています。草地管理、堆肥生産、家畜飼養、食肉化学、繁殖化学をふんだんに活用し、土→草→牛→土の循環を研究し、生産及び肥育をしており、トウモロコシやサイレージや輸入穀物等も一切与えておりません。自給飼料100%で牛を育てる取り組みは、八雲牧場が初めてです。この八雲牧場で生まれ、牧場産自給飼料のみで育てた牛が北里八雲牛です。年間わずかの出荷しかできない希少な牛肉です。

肉牛のしっかりとした旨みのあるヘルシーな赤身肉は、塩とコショウだけで。

北里八雲牛は、決して「霜降り」にはなりません。

循環型畜産によって育てられた健康な牛のその赤身肉は、噛むほどに独特な味わいが楽しめます。大量生産をしている牛ではないため、数量限定での販売です。

■特徴(1)

 脂肪が黄色い

 牧草(β-カロテンが豊富)を良く食べた証拠のひとつであります。

■特徴(2)

 脂肪が少ない赤味肉

 しっかりとした歯ごたえと、肉本来の味が楽しめます。

その他、共役リノール酸(抗動脈硬化作用、免疫調節作用、骨代謝改善作用など)が

多く含まれています。

北里八雲牛は希少なんです。その理由は・・・

牧場内生産飼料だけで育てる北里八雲牛は、「自然循環型畜産」で飼育しています。

「自然循環型畜産」とは、上の図のように

(1)牧場の牧草を餌にして牛を育て、

(2)牛の排泄物をたい肥にして土に戻し、

(3)その土の栄養分で、牧草が育つ。

という循環をさせる畜産方法なんです。

北里八雲牧場では、1994年からこの「自然循環型畜産」を開始しました。

以前は、多くの牧場と同じく、穀物飼料で飼育をしていました。

穀物飼料は、大量の排泄物を出し、牛も病気に弱くなるなどの問題がありました。

その反面、自給の牧草は、除草剤や化学肥料を使用しないため、安全である。

当然、牛も健康に育つわけです。

また、排泄物は大量ではなく、たい肥として循環させることができます。

しかし、いくら広大な牧場といえども、牛1頭を飼育できる牧草も限られています。

また、この北里八雲牛の中でも、日本固有の【短角和牛】のみをお届けしているため

大変希少価値のあるものなのです。

 

特にネット販売は、ほとんどされていないので本当に希少なのです。

« 口蹄疫・県が埋却地再生作業公開 | トップページ | 平成25年9月期西諸県子牛せり »

外食・お取り寄せ・グルメ」カテゴリの記事

コメント

山﨑牛も、綺麗なロースのステーキ用は、高価ですわよdelicious

「グレインフェッドビーフ」と「グラスフェッドビーフ」、勉強になりました。
牧草の匂いなんでしょうか。
ニンニク醤油より、デミグラスソースとか西洋風のソースが合うのかもしれませんね。

試してみたいけれど、値段を考えると怖いshock

おけいさん

お久しぶりです~heart04
匂いの元(笑)は、やはり牧草の匂いではないかと思います。

確かにニンニク醤油よりもデミグラスの方が合ったかもしれないです。
2枚ともステーキにせずに1枚はミラネッサにすれば良かったかなと、
だいぶ経ってから思いつきました。
香草とニンニクを効かせて揚げ焼きにすれば、美味しかったのではないかと。
ステーキ用だからと安易に焼いてしまった自分に腹がたちます(高かっただけに)

この前は噂のドライエージングビーフを試してみました。
こちらもそのうちレポートしますね(#^.^#)

なるほど、、、、
国産=安全=安心にはならないわけですね。。
国産飼料100%、、響きは最高ですが、きれいごとにしか聞こえないのはボクだけでしょうか!?
専務さんの食ってみなきゃわからないという挑戦的なところ、尊敬します!

黒雌専門さま

コメントありがとうございます。
お返事が遅くなって申し訳ありませんでした。

>国産=安全=安心にはならないわけですね。。

え~っとぉsweat01
そういう意味合いの事は書いていないつもりなんですが。。。
なんか誤解させるような事を書きましたかね???


まぁ、昨今の肉類の需要を考えたら国産飼料100%なんてどう考えても無理な話なわけで、あなたが「きれいごと」だとおっしゃるのもよく分かるわけです。

記憶で書くのでちょっとあいまいな数字なんですが、牛1頭を養うには7ヘクタールの牧草地が必要だったかと思います。
日本人の胃袋を満足させるのに、日本のどこにそんな土地があるんだ、つー話です。
仮に飼料穀物も全てを国産で賄おうとしたら、飼料代を含めた生産費はいったいいくらになるんだつー話でもあります。

海外からの飼料の輸入がダメな事なのなら、もう海外から直接肉類を輸入するしか無いわけで、そうなると怪しげなホルモン剤やら抗生剤の入ってるかもしれない輸入品を食べなければならなくなったりもするわけです。

飼料は海外に頼っていても、きちんと生産者の顔が見える畜産物を食べてほしいというのは、畜産農家側の勝手な思い込みかもしれないですけれど、取りあえず「国産」だから、少なくとも怪しげなホルモン剤なんかは使ってないから安心して食べて欲しいと思うのです。

消費者の価値感はそれぞれで、輸入品でも安い物が良いと言う人もいれば、国産飼料100%に価値を見出す人もいます。

今回紹介した北里八雲牛の他にも国産飼料100%を謳っている牛肉ももちろんあるわけですが、完全なグラスフェッドで、きちんと流通に乗っているのは、このブランドだけです。
国産飼料100%で流通量が少ないために高価な物になりますが、それにもかかわらず、そこに価値を見出し、きちんと対価を支払い食べようと思ってくれる消費者がいるのは、それはそれでとても素晴らしい事だと考えます。

あーーーーー!!!
すみません!
大変な間違いを、、、、

国産=安全安心=美味しい、、、でした、、、汗


変な気分にさせてすみませんでした!

黒雌専門さま

いえいえwink
なかなか更新ができておりませんが、また是非コメントを書いて下さい。

北里八雲牛
都内では東都生協で購入可能ですが、
少量なので冷凍流通/半年のセット販売となっています

味はやはり牧草フレーバー
でも、この香りと味に慣れると
美味しく感じることができますよ
味付けは、北里大学の調理師さんがレシピを
毎回送ってくれたりするサービスもあるので
毎回楽しみに食べています

こんな焼き方で食べれるわけないでしょ~!!
臭みがどうこう言う前にちゃんとした知識でお肉を扱ってください!!!

名無し様、コメントありがとうございます。
記事にも書いたように、お店で食べてみればまた違った感想だったかもしれません。
私はお肉屋さんでも料理人でもありませんので、知識も中途半端なものしか持ち合わせておりません。
ぜひ、正しい知識と、美味しい焼き方を教えて下さいませ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 口蹄疫・県が埋却地再生作業公開 | トップページ | 平成25年9月期西諸県子牛せり »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブクログ

  • ブクログ

ブログパーツ

  • 3月31日まで投票できます

  • ジオターゲティング