山崎畜産HP

ランキング参加中

無料ブログはココログ

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013/07/23

平成25年7月期 西諸県子牛セリ

7月20日~22日の三日間 西諸地区子牛セリ市が開催されました。 

結果は

雌 724頭 平均 427,568  

去 811頭 平均 508,047  

トータル 1,535頭 平均 470,088 

前回比 23,088安 前年同月比 86,930高

 http://twilog.org/k_ichiba より

若干下げました。

二日目から 特に発育の良くない牛が大きく下げたようです。
つられて全体が下げたように感じました。

先月までの「なんでも高い」状態から 牛なりに
価格に差が付く相場に成ってきたのかなと思います。

今の枝相場だと枝重量の大きい牛を作るのが経営的には
正解だと思いますし そういう流れの子牛相場でした。

種牛毎の結果。

種雄牛 頭数 雌平均 去勢平均
勝平正 623 425 497
福之国 185 408 515
美穂国 165 442 526
安重守 154 407 478
忠富士 83 522 556
秀菊安 68 437 496
秀正実 65 429 503

 秀菊安が その枝肉成績の安定感を広く知られる様に成ったためか
一時の低迷から完全に脱出してきました。去勢ではそれほどでも無い
ですが 雌では某銘柄牛用に引きが強かったようです。重量より肉質
という方針の方には好まれているということだと思います。

美穂国の雌も高いですねこちらは繁殖用に買われる方が多かったのと
増体能力が買われていたものと思います。

にほんブログ村 企業ブログ 酪農・畜産業へビジネスブログランキング

↑ランキング参加中です。ポチリとお願いします。

2013/07/22

第3回家畜伝染病国際シンポジウム

効果的防疫戦略探る 家畜伝染病で国際シンポ

宮日2013年07月20日

http://www.the-miyanichi.co.jp/contents/index.php?itemid=54830

 宮崎大産業動物防疫リサーチセンター(三澤尚明センター長)は19日、家畜伝染病に関する国際シンポジウム「重要家畜伝染病の防疫戦略と感染動物体内動態に迫る」を宮崎市の宮崎観光ホテルで開いた。

 大学教授や農業関係者ら約300人が出席。国内外の研究者らが世界で発生している家畜伝染病とその対策などを解説し、効果的な防疫戦略の在り方を探った。

(以下紙面を転載。改行等加えた)

 農林水産省消費・安全局の川島俊郎動物衛生課長は「国際防疫における日本の役割」と題して発表。
2010年に本県で発生した口蹄疫に触れ「国と都道府県、市町村の役割分担の明確化や、海外からの侵入防止措置の強化といった課題があらわになった」と説明。
「迅速な初動が何よりも大事で、生産者が早期通報をためらわないよう、保障の充実も必要だ」と述べた。

 米国の養豚専門獣医コンサルティング「スワイン・エクステンション&コンサルティング」の大竹聡社長は、豚繁殖・呼吸障害症候群(PRRS)の清浄化について解説した。
大竹社長は日本で約280億円の被害が出ていることや、東日本の養豚場でPRRS清浄化を実現したことで生産性が上がった事例を紹介。
「飼料は高騰し、養豚農家に疾病と付き合う余裕はない。農場主は科学的根拠に基づいた知識を持ち、継続して防疫に取り組んでほしい」と求めた。

 このほか宮崎大農学部の後藤義孝教授(獣医微生物学)は英国の大学などと共同で開発中の「口蹄疫拡大シミュレーション」を紹介。
「口蹄疫の感染の拡大や収束を予測でき、さまざまな防疫方法を当てはめることで、感染の広がりがどのように変化するかも分かる。将来は防疫戦略確立のためのツールとしてかつようしたい」と話した。

「口蹄疫拡大シミュレーション」に関しては日本農業新聞に詳しく書かれていたので転載。

宮崎大学が国際シンポ 口蹄疫拡大シミュレーション
   防疫マップに活用を 地域別対応も細かく

日本農業新聞2013年7月20日付転載(改行等加えた)

  宮崎大学産業動物防疫リサーチセンターは19日、宮崎観光ホテルで第3回家畜伝染病国際シンポジウムを開き、外国の研究者30人を含む380人が参加した。

3年前の宮崎県での口蹄疫をモデルにし、同大学農学部の後藤義孝教授が「国家・地域防疫戦略~口蹄疫拡大シミュレーションの利活用」を報告。地域防疫や県全体の防疫マップづくりなどに活用できることが分かった。

 口蹄疫流行シミュレーションモデルは後藤教授の指導で御当研究室と英国のウォーリック大学、パーブライト研究室が共同で開発。
宮崎県の発生事例から生産者の聞き取り、発生場所、日時などの細かな情報をデータ化してモデルを作り上げた。

 後藤教授は同モデルを使って、
①ワクチン接種をしなかった場合
②ワクチン接種をした場合
③緩衝地帯を設けた場合
―ーの三設定の仮想環境で活用した事例を報告。
①の場合には発生件数は増えたが、殺処分頭は実際よりも少なく、
②では発生件数は半分で殺処分頭数は約25%と少なかった。
③の場合には圧倒的に発生が減少
ーーという結果が得られた。

 同モデルを使うことで、地域防疫レベルも細かに検討できる。
発生した場合には交通規制道路、消毒ポイントをどこにすれば、最も効果的なのかも分かるからだ。
県全体のエリアをカラー別に示した防疫マップも作ることができる。

 同モデルは最終的には汎用性が高く、他県での場合でも、全ての情報(生産農家、畜種、頭数など)を設定することで、他県のシミュレーションを作ることができるという。

後藤教授は「シミュレーションモデルは将来的には日本だけでなく、他の国も応用できる可能性がある。口蹄疫への防疫戦略を確立できる有用なツールになる」と話している。

 
当日のローカルニュースも記録。

家畜伝染病の国際シンポ

宮崎県の畜産に大きな被害をもたらした3年前の口てい疫の教訓を生かそうと、家畜伝染病の防疫をテーマにした国際シンポジウムが宮崎市で開かれました。

このシンポジウムは、家畜の防疫などを専門に研究する「宮崎大学産業動物防疫リサーチセンター」が口てい疫の教訓を生かして世界各国で連携して防疫に取り組もうと、去年から開いていて、今回で3回目です。

19日は宮崎市内の会場に国内の獣医師や行政担当者、それにベトナムやタイといった海外の大学の教授など、合わせておよそ350人が集まりました。

はじめに宮崎大学の菅沼龍夫学長が「このシンポジウムで家畜伝染病防疫の国際ネットワークが構築されることを期待します」とあいさつしました。

続いて、OIE=国際獣疫事務局アジア太平洋地域の石橋朋子副代表が、OIEでは口てい疫の撲滅を重点に、加盟国の獣医サービスを向上させる取り組みなどを行っていることを説明しました。

また、農林水産省の川島俊郎動物衛生課長が家畜伝染病の世界的な発生状況を説明した上で、「日本は口てい疫の教訓を生かし、飼育管理の基準や迅速な処置のための法整備などのノウハウを、途上国に伝えていく必要がある」と訴えました。
07月19日 12時33分 NHK

家畜伝染病国際シンポジウム

7月19日 17時47分 MRT

 3年前の口蹄疫の教訓を生かそうと国内外の研究者が集まりました。家畜伝染病をテーマにしたシンポジウムが宮崎市で開かれ、防疫対策や最新の研究成果などが発表されました。

 2010年に県内で発生した口蹄疫の経験を踏まえ、宮崎大学が去年から開いているこのシンポジウム。今回は、国内をはじめ、中国やインドネシアなどから、家畜伝染病の研究者ら約300人が参加しました。

19日は、まず宮崎大学の菅沼龍夫学長が「家畜防疫の国際的なネットワークの絆が深まることを期待します」とあいさつしました。このあと防疫対策の発表が行われ、このうち、宮崎県の担当者は県内での具体的な取り組みを説明しました。

(県畜産新生推進局・中田哲朗局長)「国際線だけではなく国内線そしてビルの全ての入り口まで靴底消毒をしているのは、国内では宮崎空港だけではないか」

 口蹄疫の発生は現在も中国や台湾などで続いているだけに、参加者たちは真剣な表情で聞き入っていました。

※関連

口蹄疫・宮崎市で国際シンポ2 2012年1月21日
http://koji.air-nifty.com/cozyroom/2012/01/post-c5d7.html

口蹄疫・宮崎市で国際シンポ3(宮日記事)2012年1月21日
http://koji.air-nifty.com/cozyroom/2012/01/post-1c63.html

口蹄疫・家畜伝染病の国際シンポジウム 宮崎で開催 2012年9月28日
http://koji.air-nifty.com/cozyroom/2012/09/post-df64.html

2013/07/16

大阪から牧場見学に来てくれたよ!

大阪と奈良でお肉屋さんをやっている和島さんが牧場見学に来てくれました。

和島さんとは数年前からネット上でお付き合いはあったのですが、お会いするのは初めて。

山崎畜産の3カ所の農場のうち、2カ所を見学して頂きました。

20130716wajima3_2

20130716wajima2

ちょうど本日出荷予定の牛さんがいたので、それも見て貰いましたが

「思った以上に大きい」と驚いていました。

肉屋さんと言えども肉牛を見る機会はなかなか無いようです。

20130716wajima

20130716

初めてお会いしたにも関わらず話が弾むのは、やはり「牛・肉」という共通項があるから、
そしてネット上でやりとりをしている気安さがあるのでしょう。

しかし色々話をしていて、エサの事、どんな飼い方をしているのかなど、お肉屋さんにももっともっと伝えなければいけないことがあるんだと気付かされました。

生産者からすれば当たり前のことでも、お肉屋さんが生産現場について知らない事やわからない事は色々とあるんだなぁ・・・と。

お肉屋さんは直接消費者の声を聞く立場ですから、まずはお肉屋さんに畜産現場に興味を持ってもらい、消費者に伝えて貰うのも大切な事なんですよね。

こうやって牧場まで来て頂き直接お話しするのも大事ですが、せっかくブログをやってるんだから、情報発信を怠ってはいけないですね。

諸事情で最近ブログの更新が滞っていますが、少しずつでも書いていきたいと改めて思った次第です。

20130716wajima4

和島さんはネットショップも展開されています。

特に宮崎県産のお肉を気に入って頂けており、宮崎牛のネット販売にも力を入れています。

牛肉通販専門店 和島大輔商店 http://02983.net/

にほんブログ村 企業ブログ 酪農・畜産業へ ビジネスブログランキング
↑ポチッとお願いします~

2013/07/11

焼肉居酒屋 やいちゃッ亭 宮崎店開店!

本日は、完璧に宣伝です!

都城の焼肉屋さん 炙ダイニング やいちゃッ亭 の宮崎店
17日にオープンします!

10日のプレオープンに行ってきましたのでご紹介。

20130710

▼店内に入るとすぐこれが(* ̄ー ̄*)

20130710_2

▼7人座れるテーブル席

20130710_3

20130710_4

▼4人掛け個室

20130710_5

▼2階もあります。6人掛けテーブルが全部で8つ。広々とした空間です。

20130710_6

20130710_7

▼メニューの一部もご紹介
 写真にはありませんが、ランチメニューも充実してます。

20130710_8

20130710_9

20130710_10

プレオープンという事で、もちろん焼肉も食べましたよ!

▼タン 塩ねぎをのせて

20130710_11

▼ロースとサーロイン きざみわさびでいただきました

20130710_12

▼イチボとシンシン 塩はもちろん、おろしポン酢も旨かったっす

20130710_13

▼ミノ、センマイ、丸腸
 ミノに細かい隠し包丁が入っていて、いい感じ

20130710_14

▼ここで使っている炭、爆ぜなくて火力が安定していてすごく良い!
 炭の名前を聞いたけど、忘れてしまいました

20130710_15

さて、ウチのお肉の「山﨑牛」ですが・・・

宮崎店の方でも取り扱って下さっています!

ただし、店長さんが肉質・脂質を見極め、目利きに叶った場合のみの取り扱いですので、
常時置いてあるとは限りません。

「山﨑牛」指定の場合は、電話で問い合わせて頂く方が無難だと思います。

「山﨑牛」は、甘味がありながら あっさりとした口溶けの良い脂が特徴です。
どうぞご堪能ください

焼肉居酒屋 やいちゃッ亭 宮崎店

平成25年7月17日オープン

住所:〒880-0001 宮崎市橘通西1-3-9
  (宮崎市民プラザから青空市場方面に入った右手。隣にコインパーキング有)

T E L:0985-25-1129

営業時間:AM 11:30 ~ PM 2:00 ラストオーダー PM 1:30
     PM 5:00 ~ PM 23:00 ラストオーダー PM22:30

定休日:不定休

宴会:80人まで可能(2500円から)

20130710_16

にほんブログ村 企業ブログ 酪農・畜産業へ ビジネスブログランキング
↑ポチッとお願いします~

2013/07/01

炊飯器で作るローストビーフ

6月の29日(肉の日)はローストビーフを作りました。

以前から気になっていた「炊飯器で作るローストビーフ」でございます。

ホントに上手くできるのか?という不安を残しつつトライしてみました。

本日使うお肉は、これ!

20130629

黒毛和牛のモモかたまり、約700グラム

土佐あかうしモモ、約200グラム

作り方

①お肉は塩・こしょうして適当に縛っておく

②フライパンに油と潰したニンニクをいれ香りが出たら肉を投入

20130629_2

 
③肉全体に焼き目をつける

20130629_3

④密閉袋(ジップロック)に入れてストローなどを使い空気を抜く

20130629_4

⑤炊飯器に約70℃のお湯を入れ蓋をして「保温」で約30分

 (70℃のお湯を作るのが思いのほか難しい。ま、適当に)

20130629_5

⑥直ぐに切ると肉汁が出てしまうので、30分程度休ませる

20130629_6

小さい方が 土佐あかうし
こちらは良い感じに仕上がりました。
部位の関係でしょうか、少々固めではありましたがジューシーで旨かったです。

大きい方の黒毛和牛は・・・・
ブロックが大きすぎたため部分的にレアの状態のところがあり、
ちょっと失敗って感じのできあがり。

この方法だと、オーブンで焼くと火加減の難しい小さめのブロックも失敗せずに出来るようです。
200~400グラムのブロックってオーブンで焼くと、火が通りすぎたりパサパサになったりする事があるのですが、炊飯器で作ると、その点は心配しなくてすみます。

オーブンの無い家庭でも気軽にローストビーフを楽しめるのは良いですね

が、やはり500グラムを超えるブロックは、オーブンの方が良いかもしれません。
尤も、もっと時間を掛ければ上手くいったのかもしれませんけど。
この辺りは、研究の余地あり・・・かな。

炊飯器で作るローストビーフは色んなサイトでも紹介されています。
ぜひ参考になさってください。

http://allabout.co.jp/gm/gc/418295/

http://marron-dietrecipe.com/youshoku/yousyoku_roastbeef02.html

にほんブログ村 企業ブログ 酪農・畜産業へ ビジネスブログランキング
↑ポチッとお願いします~


土佐あかうし、この前焼肉で食べたのと同じ個体の物なんだけど、
やっぱり焼肉で食べるより、こっちの方があかうしの良さが出ると思う。

あかうしのうま味がギューッと詰まったローストビーフが出来上がりました!

土佐あかうしのバラを焼肉で食べさせるなら、脂の量より質を改善すべきかと・・・
・・・なんて、また、余計なことを言ってみる( ^ω^ )

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ブクログ

  • ブクログ

ブログパーツ

  • 3月31日まで投票できます

  • ジオターゲティング