山崎畜産HP

ランキング参加中

無料ブログはココログ

« 口蹄疫・種雄牛を分散管理(20頭を西米良新センターに移転) | トップページ | 平成25年度 6月期西諸県子牛せり »

2013/06/18

安愚楽牧場 強制捜査(2013年6月)

安愚楽牧場旧経営陣を強制捜査へ
6月18日 6時58分 NHK

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130618/k10015375101000.html

「和牛オーナー制度」で全国の7万人以上の会員から資金を集め、おととし経営破綻した栃木県の畜産会社「安愚楽牧場」が、繁殖用の牛の数を過大に説明していた疑いが強まったとして警視庁は旧経営陣数人を近く特定商品預託法違反の疑いで取り調べるなど強制捜査に乗り出す方針を固めました。

栃木県那須塩原市に本社があった「安愚楽牧場」は、繁殖用の牛への投資を募り、生まれた子牛を市場で売却した代金を配当する「和牛オーナー」制度で成長を続け、会員は7万人を超えましたが、おととし4200億円余りの負債を抱えて経営破綻し、破産の手続きが進められています。

警視庁が「安愚楽牧場」の契約や運用の実態について捜査を進めたところ、破綻の直前に投資家と契約する際に繁殖用の牛の数を実際よりも過大に説明していた疑いが強まったということです。

特定商品預託法では、投資の判断に影響を与える重要な事実について事業者が実際と異なる説明をすることが禁じられていて、警視庁は旧経営陣数人を近く特定商品預託法違反の疑いで取り調べるなど強制捜査に乗り出す方針を固めました。

警視庁は資金の流れなどを調べて、運用の実態について全容解明を進める方針です。

和牛オーナー制度の安愚楽牧場、元社長を逮捕へ

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130617-OYT1T01567.htm?from=ylist

 「和牛オーナー制度」を運営し、2011年8月に経営破綻した「安愚楽あぐら牧場」(栃木県那須塩原市)が、事実と異なる説明で顧客を勧誘していた疑いが強まったとして、警視庁が元社長ら旧経営陣3人について、特定商品預託法違反(不実の告知)容疑で強制捜査に乗り出す方針を固めたことが捜査関係者への取材でわかった。

 18日にも取り調べを行い、容疑が固まり次第、逮捕する。

 約7万3000人の顧客の出資金を含む4200億円超の負債を抱えて経営破綻した同社の問題は、刑事事件に発展することになった。

 捜査関係者によると、同社は経営破綻の直前、顧客と契約する際に同社が飼育していた繁殖牛の頭数を過大に伝えるなどした疑いが持たれている。同庁はこうした説明が、消費者保護を目的とする同法に違反する可能性が高いと判断した。

(2013年6月18日05時02分  読売新聞)

安愚楽牧場、強制捜査へ 和牛出資7万人超、詐欺容疑

朝日新聞 2013年6月18日6時0分

http://www.asahi.com/national/update/0618/TKY201306170517.html

 全国約7万3千人が出資した和牛オーナー制度が行き詰まり、約4300億円の負債を抱えて破産手続きを進めている「安愚楽牧場」(本社・栃木県那須塩原市)について、警視庁が近く詐欺などの疑いで強制捜査に乗り出す方針を固めたことが捜査関係者への取材でわかった。被害弁護団によると、消費者に広く被害が出た事件としては過去最大規模という。

 同社は1981年設立。繁殖牛のオーナーを募って契約金を集め、全国約40カ所の直営牧場などで牛を飼育。繁殖牛が産んだ子牛を同社が買い取り、エサ代などを引いた額をオーナーに「利益金」として還元する仕組みで運営してきた。

 雑誌広告などを積極的に展開。契約満了時に繁殖牛を契約金と同額で買い戻すとして実質的な元本保証をうたい、「支払いの遅れ、減額は一度もない」と強調して出資を募っていた。

※久しぶりに安愚楽の名前を見たと思ったら強制捜査の記事。

 記事の内容とは全く関係ないですが・・・・
「枝肉成績とりまとめ」というのがあります。

これは、全国の市場で格付けされた枝肉の成績が種雄牛ごとに取りまとめられたもので、出荷者(肥育農家など)の同意が得られた物だけを集めてあります。市場に出荷された枝肉のうち4等級以上の物が〇%とか、色々わかるわけです。

で、枝肉情報を提供した農家はこのデータを見られる仕組みになってます。
 

昨年あたりから、切り売りされた「元安愚楽牧場の種牛」の成績が、この「枝肉成績とりまとめ」に反映されるようになりました。
以前は市場に出されていても、出荷者の同意がなかったためか、安愚楽牧場の種牛の成績を目にすることはできなかったのですが。

「安福久」や「茂洋」「菊福秀」などの名だたる種雄牛と並んで「安愚楽〇号」なんて名前の種雄牛の成績が発表されているのです。
 
 この「安愚楽〇号」の枝肉成績があまりにもすごくて笑っちゃうくらいなんですが・・・。

今、市場では2等級、3等級の肉が足りなくて大変なんです。
2、3等級のお肉はスーパーなどで引き合いが強いわけですが、これが足りない。
というのも安愚楽牧場から安定供給されていた2、3等級の物が、破綻に伴い無くなってしまったことが大きいとか。

2、3等級の肉だから「くず肉」だとは、私は決して思わないけれど、安くでしか取引されていないことは事実で、そういう枝肉を作っていて出資者への高額の配当まで賄うのは、どんなにスケールメリットを謳っていても難しかっただろうなぁ、と思った次第です、はい。

« 口蹄疫・種雄牛を分散管理(20頭を西米良新センターに移転) | トップページ | 平成25年度 6月期西諸県子牛せり »

安愚楽牧場関連記事」カテゴリの記事

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ブクログ

  • ブクログ

ブログパーツ

  • 3月31日まで投票できます

  • ジオターゲティング