山崎畜産HP

ランキング参加中

無料ブログはココログ

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013/03/31

口蹄疫・種牛農家が県提訴4(2013年3月)

この記事も今年度中に保存しておかねば。

口蹄疫:種牛補填請求訴訟 訴え却下の理由、県が不服で控訴 種牛処分、補償金交付巡り /宮崎

毎日新聞 2013年03月05日 地方版

http://mainichi.jp/area/miyazaki/news/20130305ddlk45040453000c.html

 口蹄疫(こうていえき)で種牛6頭を処分された高鍋町の牧場が、県の補償金は不当に低いとして、補償金の交付を巡り、県の交付決定の取り消しを求めた訴訟で、県は4日、原告の訴えを却下した1審・宮崎地裁判決を不服として福岡高裁宮崎支部に控訴した。判決の一部内容が容認できないことが理由。

 先月18日の判決は、「県の交付決定は行政処分には当たらない」として、原告の訴えを退けた。県は「交付決定は口蹄疫対策特別措置法などに基づく行政処分」と主張していた。

※関連
口蹄疫・種牛農家が県提訴3(2013年2月)
http://koji.air-nifty.com/cozyroom/2013/02/20132-ed5f.html

口蹄疫・4月を特別防疫月間に(宮崎県)

口蹄疫を忘れるな 宮崎県 4月 特別防疫月間に

日本農業新聞 2013年3月30日付 転載

 宮崎県は、2010年に口蹄疫が発生した4月を特別防疫月間として、水際、地域、農場での防疫や迅速な防疫措置の徹底などを集中的に実施する。

 上旬には農場消毒啓発ちらし2万枚を畜産農家に配布。

 20日は「県内一斉消毒の日」に当たり、県、市町村、JAが広報車でPRする他、県は新聞広告で知事メッセージを掲載する。

 水際防疫では15、16日に副知事、農政水産部長が宮崎空港、宮崎港、ホテル、ゴルフ場など防疫協定締結先を巡回し、意見交換会を開く。月内には支庁・振興局長も管内を巡回する。

 17日には宮崎市のJA・AZMホールで農家、関係団体、市町村担当者らを対象に防疫研修会を開催。防疫強化のための家畜衛生に関する最近の知見、地域の優良事例発表などを行う。

4、5月の各生産者総会では畜産新生プラン、飼養衛生管理基準などの周知徹底を図る。

 19日には小林市を対象地域とした家畜防疫演習を実施する。

※メモ

同日の日本農業新聞に宮崎県の農政水産部の変更の記事あり。
「家畜防疫対策課」が新設されるとのこと。
(家畜防疫対策室から課に格上げ)
家畜防疫だけに特化した課は全国初という。

2013/03/29

肉の日なのでステーキ食った!

去年食べて、ちょいとばかし感動した「土佐あかうし」。
今年も宮崎市のスーパー「フーデリー」さんが高知県フェア―をやってくれました!

そりゃ、買いに行きますわね(* ̄ー ̄*)

20130329

▲土佐あかうし ロースステーキ用

んでもって、今月の肉の日(29日)は土佐あかうしのロースのステーキです!

今回は、我が家で育てた牛さんのロースと一緒に食べて楽しみました。

20130329_2

▲このロース芯、BMSNo.12のものです。ちょっと変色してます ( ´・ω・`)

赤身自慢の「土佐あかうし」とバリバリサシの入った黒毛和牛を両方食べるわけです。

どひゃひゃひゃっ、うれしいな!(*゚∀゚)=3 ムッハー!!

2013032912

▲塩・胡椒のみで食べてみました

20130329_5

▲土佐あかうしのアップ

やはり赤身自慢のお肉だけあって、さっぱりして美味しいです。

さっぱりしてるけど、お肉や脂の甘味はしっかり感じられます。

ちょっとだけ(黒毛に比べて)堅いですが、噛みしめるほどに溢れ出る肉汁がたまりません。

玉ねぎとニンニク、醤油でソースを作って食べてみましたが、これもなかなか合いました。
(写真撮るの忘れた・・・)

20130329_4

▲こちらは黒毛和牛

あかうしと比べると、やはり香りが良いです。
肉の甘味もあかうしより強いです。

ワサビを乗っけて食べると、これまた旨いです。

どっちも美味しく頂きました。ごちそうさまでした~

にほんブログ村 企業ブログ 酪農・畜産業へ ビジネスブログランキング
↑ポチッとお願いします~

どっちが美味しいとか野暮だわなぁ。
それぞれの美味しさがあるわけで。

BMS12の肉なんか食えないよ、なんて言う人もいるけど、やっぱり
要は脂の質なんだよなぁ。。。と、しみじみ。

2013/03/28

口蹄疫・農水省 疫学調査 補完報告公表

口蹄疫、アジアから侵入と推定 詳細経路判明せず
2013/03/27 21:18   【共同通信】
http://www.47news.jp/CN/201303/CN2013032701002002.html

 農林水産省は27日、宮崎県で2010年4月に発生した口蹄疫について、東アジア地域で当時流行したウイルスが、人や輸入畜産物などを介して日本に侵入したと推定される、とする調査の最終報告を発表した。ただ10年11月の中間報告と同様の結果で、詳細な経路の特定ができないまま調査は終了した。

 今回は、日本で採取した口蹄疫のウイルスの遺伝子が同時期に中国で採取したウイルスと99・5%一致したことが新たに判明。中間報告にあった香港と韓国、ロシアで得たウイルスとの一致率の結果を上回ったが、農水省は「中国から直接入ったといえるほどの差は認められない」と説明している。

宮日はもう少し詳しい

口蹄疫 東アジアから侵入 農水省最終報告 経路特定できず

宮崎日日新聞 2013年3月28日付転載(改行を加えた)

 2010年に本県で発生した口蹄疫について調べていた農林水産省の疫学調査チーム(チーム長・津田知幸動物衛生研究所企画管理部長)は27日、最終報告を公表した。

感染経路については東アジア周辺国からの人や物を介したウイルス侵入という従来の見解を踏襲。イノシシなど野生動物がまん延に関与した可能性は極めて低いと結論付けた。

これで国の口蹄疫に関する検証は全作業を終了した。

 10年11月公表の「中間とりまとめ」では本県で確認したウイルスが香港、韓国、ロシアで分離されたものと近縁とされていたが、新たに中国で同時期に確認したウイルスとも近縁と判明。

ただ、4カ国のウイルスの遺伝子に大きな違いは見られず、明確な侵入経路の特定には至らなかった。

 南九州4県で11年に捕獲したイノシシやニホンジカ計480頭も検査したが、口蹄疫への感染は確認されず、野生動物を介した感染拡大の可能性も極めて低いとした。

 また、口蹄疫の発生、非発生農場の双方を比較。爆発的に感染が拡大し環境中のウイルス濃度が高かった川南町でも、住居や生け垣などの障害物で外部と隔離された状態の畜舎ではある程度ウイルスの侵入が防がれていたと推測。

一方で、人や車の出入りが感染リスクを上げる要因となったと分析した。

農水省HPより

※「口蹄疫の疫学調査に係る中間取りまとめ」に関する補完報告
(平成25年3月27日公表)

・補完報告の概要 
http://www.maff.go.jp/j/syouan/douei/katiku_yobo/k_fmd/pdf/hokan-gaiyou.pdf

・補完報告
http://www.maff.go.jp/j/syouan/douei/katiku_yobo/k_fmd/pdf/hokan-houkoku.pdf

※口蹄疫の疫学調査に係る中間取りまとめ
(平成22年11月24日公表)

・中間取りまとめの概要
http://www.maff.go.jp/j/syouan/douei/katiku_yobo/k_fmd/pdf/tyuukann_gaiyou.pdf

・中間取りまとめ
http://www.maff.go.jp/j/syouan/douei/katiku_yobo/k_fmd/pdf/ekigaku_matome.pdf

※当ブログ内 侵入経路関連記事

口蹄疫ウイルスの侵入経路(JASV口蹄疫終息記念セミナーの講演より)
http://koji.air-nifty.com/cozyroom/2012/10/jasv-d75a.html

2013/03/26

平成25年3月期 西諸県子牛セリ

平成25年3月期 西諸県子牛セリ

320日~22日の三日間 西諸地区子牛セリ市が開催されました。 

結果は
 

雌 711頭 平均 411,190  
去 747頭 平均 495,195  
トータル 1,458頭 平均 454,230
前回比 12,510安 前年同月比 35,191 

http://twilog.org/k_ichiba より

種雄牛  頭数  雌平均 去勢平均 

下は前回252月。

種牛  頭数 雌  去勢
勝平正 493 401 491
勝平正 377 430 485
福之国 233 413 504
福之国 218 412 504
美穂国 220 439 505
美穂国 222 453 499
安重守 183 379 440
安重守 188 392 458
秀菊安 112 395 491
秀菊安 124 439 497
忠富士  85  538 551
忠富士  71  591 553

西諸畜連HPよりhttp://www.nishimoro-chikuren.or.jp/

だいぶ下げた気がしていたのですが、原因は秀菊安の雌の下げ幅が

大きかったからのようです。前回は秀菊安の雌を好んで購買されている

方が参加されていましたが 今回はいなかったということのようです。

セリ前に安重守の枝肉研究会が行われたのですが、、、、

期待外れな結果だったようです(ー_ー)!! まだ自分で出荷していないので

何とも言えないところもありますが、、、、  大きくなりにくいタイプでも

ありますし 厳しいのかな???  

みなさん気持ちはもう若い種牛にシフトしてる感じ(^_^;)  

 

にほんブログ村 企業ブログ 酪農・畜産業へビジネスブログランキング

↑ランキング参加中です。ポチリとお願いします。

2013/03/21

牛肉のアスパラ巻き

妖怪アパートの幽雅な日常という小説があります。

香月日輪さんのライトノベルで、主人公の男の子の成長物語ってところでしょうか。

両親と死別し親戚の家にお世話になってたのだけど、
高校進学と同時に一人暮らしを始めたアパートが
妖怪や幽霊や変わった人達がいるところで、そこで暮らすうちに・・・・。

ま、軽く読めますので興味のある方はどうぞ。

さて、この主人公の住むアパートは賄い付きです。
この料理を作ってるのが、るり子さん。

るり子さんは小料理屋さんを開く夢を持っていて
ホステスをやりながら開業資金を貯めていたが、
志半ばで殺され、死体はバラバラに。

アパートの賄い婦となり、残された「両手」で料理を作り続けている幽霊です。

小説の中に、るり子さんの料理がたびたび登場するのですが、
これがホントに美味しそうなのです。

そう思う人がたくさんいるらしく、
「妖怪アパートの幽雅な食卓 るり子さんのお料理日記」
という本も出版されています。

Photo

この中の お酢でサッパリ 牛肉のアスパラ巻き を作ってみました。

Photo_2

★材料(2人前)

・牛肉薄切り・・・・・200g
・アスパラガス・・・・1束
・オリーブオイル・・・小さじ2

調味料

・酒・・・・・・大さじ1
・酢・・・・・・大さじ1
・バルサミコ酢・・・小さじ1
・おろし生姜・・・・少々
・はちみつ・・・小さじ1
・砂糖・・・・・小さじ1/2
・しょうゆ・・・大さじ1

★作り方

①アスパラガスは根元のかたい部分を切り、下1/3位の皮をむいて1分程度ゆでる
 長ければ半分に切り、冷ましておく

②牛肉をひろげ、①を巻き込んでいく

③熱したフライパンにオリーブオイルを入れ、②を転がしながら強火でさっと焼く

④弱火にし「調味料」の材料を上から順番に入れていく
 ソースを絡めるように焼き、汁けがなくなれば出来上がり

調味料の材料を揃えるのがちょいと面倒でしたが、調理自体は簡単です。
冷めても美味しかったので、お弁当のおかずに良いかも。

※おまけ

牛肉のシソ巻き

Photo_3

薄切りの牛肉にシソの葉を巻き込んで、塩・コショウして焼いただけ。
ポン酢を付けて食べても旨いです。

こーゆー簡単で美味しいのって良いよねー

にほんブログ村 企業ブログ 酪農・畜産業へ ビジネスブログランキング
↑ポチッとお願いします~

2013/03/18

口蹄疫・日弁連が現地調査

3月4日の記事だが、保存。

日弁連 口蹄疫被害を現地調査

宮崎日日新聞 2013年3月4日付転載

 日本弁護士連合会災害復興支援委員会(中野明安委員長)は3日、口蹄疫に関する現地調査を川南町などで行った。

畜産農家や獣医師らと発生当時の状況や復興の進み具合などについて意見交換。聞き取った情報を基に、被災地支援の拡充や法改正などを国に働き掛ける。

 調査は同委員会が宮崎市・宮崎観光ホテルで4日午後に開催する「災害復興支援に関する全国協議会」に合わせて企画し、弁護士約50人が参加。

県農業科学公園(高鍋町)の口蹄疫メモリアルセンターを見学した後、2グループに分かれて川南、都農町で関連施設を見学、発生当時を知る関係者と会合などを行った。

 このうち川南町では、JA尾鈴畜産部の松浦寿勝部長が当時の各種対策や終息後の防疫態勢のほか、現在の農家戸数や牛、豚の飼養頭数などについて説明。委員らは殺処分された家畜に対する補償の基準や風評被害による景況、経営再開に向けた行政の支援について熱心に質問した。

 4日も同協議会開幕に先立ち、同ホテルで口蹄疫をテーマにした橋田和実西都市長の後援を聞く予定。

今田健太郎副委員長は「殺処分された家畜だけでなく、経営再開の経費や収入が得られるまでの生活費も補償対象となるよう法改正を求めていきたい」と話していた。

 同協議会は口蹄疫や東日本大震災など全国で起きた災害被災者の支援活動充実を図るため、毎年1回開催している。。

弁護士が口蹄疫復興で現地調査
3月3日 18時00分 MRT

口蹄疫からの復興を支援しようと、全国の弁護士たちによる現地調査が、高鍋町などで行われました。

これは、日本弁護士連合会の災害復興支援委員会が行ったもので、委員会のメンバー40人が参加しました。参加者らは、まず、高鍋町にある口蹄疫メモリアルセンターで、施設の担当者から当時の状況などについて説明を受けた後、二つのグループに分かれ、家畜を殺処分した農家などから、復興の状況について聞き取り調査しました。

(日弁連災害復興支援委員会・中野明安委員長)「まだ復興としては終わってないのではないかと。みんなで考えて必要な提言を行いたいということでやってまいりました」

委員会のメンバーは、4日西都市の橋田市長らと意見交換することになっています。。

口蹄疫被害についての講演会
3月4日 11時42分 MRT

 3年前の、県内での口蹄疫発生当時の様子や現状などを知ってもらおうと、宮崎市で講演会が開かれました。

 この講演会は、県弁護士会などが主催したもので、会場には全国各地から訪れた弁護士など約70人が参加しました。

4日は、口蹄疫で深刻な被害を受けた西都市の橋田和実市長が、発生時の市の対応や、埋却地確保の際の苦労などを話しました。

(西都市・橋田和実市長)「時間がかかるんですよ、埋却地の確保。(埋却地が)完成して(牛を)殺処分して、早く埋めろとおっしゃってくる。(埋却地を)早く決めなきゃ感染拡大するじゃないかと言われる。(埋却地確保が)なかなか実際できなかった。」

 講演会の主催者は万が一の発生に備え、口蹄疫について十分な知識を身につけてほしいとしています。

※当日の様子を津久井進弁護士がツイートされていたようです。

津久井進弁護士が中継する「地域コミュニティから見た口蹄疫被害検証」
http://togetter.com/li/465641

※関連
口蹄疫・日弁連現地調査関連報道 2011/01/12
http://koji.air-nifty.com/cozyroom/2011/01/post-ec40.html

2013/03/14

小林市畜産振興大会2013に行ってきた

2月28日、小林市文化会館で行われた 畜産振興大会 に行ってきました。

1

わが国の畜産の将来を考える ―肉用牛を中心に― と題して
農林水産省生産局 畜産部長 原田英男氏の講演があったわけです。

牛肉の需要動向とか、ま、いろいろ。

Photo

原田氏の講演の前に、JA 宮崎経済連肉用牛課の方の話もありまして・・・
私としては、こっちを記録しておかねば、と。

今後の宮崎牛の展開について
(頂いた資料から抜粋)

★肉用牛使用状況

・農家戸数の減少 H23年度2月現在8410戸(前年より1100戸減少)

・飼養頭数・・・肉用牛239700頭(全国3位)
        うち黒毛和種213000頭(H22年比53000頭減少)
        口蹄疫により殺処分された牛の頭数は68272頭

・肉用牛農家の規模・・・1戸当たり5~9頭、10~19頭飼養の農家が多い
            主に繁殖農家
            60歳以上の農家が60%を超えている

     
★肉用牛取引状況

・子牛取引状況・・・H23年度 50097頭
          (口蹄疫前は 77000頭)

・子牛価格・・・H25年1月期 去勢約52万円、メス約43万円
        (枝肉相場低迷に関係なく高騰)

・枝肉成績・・・枝肉重量 去勢467.7キロ、メス411.0キロ
        肉質等級の上物率(4、5等級) 60%超
       (本会取り扱い分)

★肉用牛出荷・・・H24年度 和牛取扱頭数 32740頭(見込み)
         H25年度 30958頭(見込み)

宮崎牛の今後の展開

★宮崎牛のPR活動の強化

・商工会議所連合会とJAグループが連携してがんばってるよー
・モノレール浜松町駅内の目立つ所に看板
・熊本~福岡間の高速バス、福岡市内バスにラッピング広告

★関東域での販売拡大

・東京芝浦市場に上場 H24年11月から月に12頭上場

・関東域取引先拡大 宮崎牛日本一2連覇大商談会の実施ほか

★海外輸出拡大

・香港事務所 H24年度からJA宮崎経済連香港事務による東アジア圏内の輸出拡大

・輸出先拡大  現在・・・香港、マカオ、タイ、シンガポール、アメリカ
        今後・・・カナダ、メキシコ、EU、ベトナム、中国、ロシアなど

★宮崎牛定義の改定および宮崎牛枝肉単価設定

・新宮崎牛定義(案)①宮崎生まれ(H27年4月から予定)
          ②宮崎県の種雄牛産子(H29年4月から予定)
          ③肥育出荷月齢・肥育期間
          ④オレイン酸・グルタミン酸値(宮崎大と連携)
          ⑤系統肥育配合飼料
  (③~⑤は検討中)

・宮崎牛枝肉単価設定 ①市場単価+α②年間一低価格帯設定③新販売方式策定等の検討

ウチはJAを通して出荷していないため、こういうお話を聞く機会も無いのでとても興味深かったです。

しかし、いままで東京芝浦の市場に出荷していなかったという話だけでも驚きでしたわ。
(少しは話は聞いてたんだけど、こうやってJAの人から聞くと、なんとも・・・)

地域のブランドとして認めて貰いたかったら、やはり全国各地からブランド牛があつまる芝浦に上場するのは当然だと思っていたのですが・・・・。

経済連の人や一部の業者さんだけでなく、全国の和牛の枝肉を見慣れた目の肥えた買参人さん達に認められてこそ「日本一の宮崎牛」ではないかと。

芝浦での取引では、今のところ佐賀や鹿児島の物より高値が付いているとの話もありました。
月に12頭の上場とのことですから、もっと数を増やして「宮崎牛」の名前を売って欲しいものです。

また、「関西方面では知名度がある」みたいな話もおっしゃってましたが、わたしゃ、関西のデパートやお肉屋さん焼肉屋さんで「宮崎牛」を扱ってるのなんか、直に見たことないです。
「宮崎牛指定店」の登録だけ取り付ければOKだと思ってるんじゃないかと勘繰ってしまいます。
まだまだ関西でも知名度は低いですよ。

宮崎牛の定義の変更についても話がありましたが・・・

「肥育部会長会議」とかで定義変更の話し合いがあったそうです。
こういうのって繁殖農家さんに発言権はないのでしょうか。
宮崎牛の基を担ってるのは繁殖農家さんなのに、なんか変だなぁと思ってしまうのですが。

ま、JAさんの内輪の問題でしょうから口を挟める立場じゃないですね。

Photo_2

会場ではお肉の販売会も行われていました。
私も買いたかったのですが、行列の長さを見てあきらめました(´・ω・`)ショボーン

にほんブログ村 企業ブログ 酪農・畜産業へ ビジネスブログランキング
↑ポチッとお願いします~

2013/03/10

口蹄疫・韓国、畜産業許可制度開始

2010年、韓国でも口蹄疫が広がりを見せた。

畜産業の許可制を導入するという話が出ていたが、今年度より開始された模様。
独立行政法人 農畜産業振興機構のHPに記載があったので記録。

畜産業許可制度が開始される(韓国)
http://www.alic.go.jp/chosa-c/joho01_000780.html

 2月23日、韓国の畜産業にとって新たな取組みとなる「畜産業許可制度」が開始される。
今回の新制度導入は、食肉需給に大きな影響を与えた2010年口蹄疫(FMD)をはじめとする重大な家畜伝染病の発生経験を踏まえ、牛、豚さらに鶏の家畜飼養者を対象に防疫意識の改革・向上を主たる目的としている。具体的には、畜産業を経営するにあたり、これまでの「登録」から、一定要件を満たした「許可」として規制を強め、重大な家畜伝染病の発生を未然に防ぐのが狙いだ。

 制度開始は、当初、2012年2月を予定していたが、制度の柱となる防疫意識向上のための教育プログラムについて、生産者と受講義務時間などの調整に時間を要したため、1年遅れで施行されることとなった。今後、飼養規模などにより2016年までの3年間で段階的に行われ、牛、豚および鶏の飼養農家約17万戸が対象となる見込みだ。

 FMDの発生は、2012年4月を最後に確認されておらず、現在、ワクチン接種を行いながら清浄化に努めているところ。畜産業許可制度の導入により、今後の防疫レベルの向上が期待される。

【宗政 修平 平成25年2月22日発】

※関連
口蹄疫・韓国政府 畜産業を許可制に(2011/05/15)
http://koji.air-nifty.com/cozyroom/2011/05/post-8364.html

2013/03/07

「近江もーれつや」の「すじこん」

出張で神戸に行った時には、肉屋さんやデパ地下などウロウロしてます。

で、気になる物(牛肉加工品など)を見つけたら速攻で買うわけですが・・・

どこで買ったか覚えてないのですよ、これ。

Photo

「近江もーれつや」の「すじこん」

牛すじ肉の煮込みです。

レトルトパックのままお湯で温めて、一味なんぞをかけて食べると

プルンプルンの牛スジがたまりません (* ̄ー ̄*)

Photo_2

赤く見えるのはニンジンではありません。

赤こんにゃく だそうです。

ニンジンかと思い口に入れてビックリでした。

パッケージを見たら、ちゃんと「赤こんにゃく」と書いてありました

この赤こんにゃくも味が染みてなんとも (≧m≦)

「近江もーれつや」HP
http://www.moretsuya.net/

にほんブログ村 企業ブログ 酪農・畜産業へ ビジネスブログランキング
↑ポチッとお願いします~


この「近江もーれつや」さんは通販もされているようなのですが、
同店の「近江牛肉巻 牛烈巻(もーれつまき)」が
日テレの「満天☆青空レストラン」で紹介されてから、ちょっと込み合っているようです。

2013/03/06

2013西部市場食肉まつりのご案内

今年も神戸市中央卸売市場西部市場で

食肉まつり が開催されます!!

格安でのお肉の販売のほか

ステージイベントもあります。

お近くの方は、ぜひ足を運んでください

Masturi130310

にほんブログ村 企業ブログ 酪農・畜産業へ ビジネスブログランキング
↑ポチッとお願いします~

2013/03/03

枝肉価格の話

先日、繁殖農家の若者が事務所に顔を見せてくれまして・・・

ちょうど前の日に神戸で共励会があり、そこでウチのお肉が最優秀賞をとった事もあり、話は自ずとその方向へ行くわけです。

「忠富士(口蹄疫の時に殺処分された)だったから今後の参考にはならんかもしれんけど、A5等級BMS12だったよ」

「え~!!!だったらキロ7000円位で売れたんじゃないですか?」

「え?・・・・・・」

フェイスブックに写真入りで載せたら、見た人からは

「ずいぶん儲かったでしょう?」なんて言われるし・・・・

いかに繁殖農家さんが「枝肉」と遠い所にいるのかがわかる出来事でした。coldsweats01

まぁ、肥育農家は繁殖農家の苦労を殆ど知らないわけで、
「繁殖農家も少しは枝肉の値段くらいは知っててよ」
などと言うのも、すごく偉そうに聞こえるだろうなぁなんて思ったりもするのです。

それに、市場関係者や卸業者さんから

「肥育農家さんは、せめて自分の枝肉ぐらいは見に来てほしいんですが」
「成績と値段だけ聞けばそれでOKという肥育農家さんも多いです」
「成績が良ければ脂の質とか考えない人もいるんですよ」
「自分が育てた牛の肉を食べた事がない肥育農家もいるわけで」

・・・なんて話も聞くわけです。

肥育農家だから、みんなが「自分が作った枝肉」の事を考えてるかと言えば、残念ながらそうでもないらしくて・・・・。

「最終的には消費者に届くお肉の基を作ってるのは繁殖農家なんだから、牛だけじゃなくて肉の事も少しは勉強しろよ!」

なんて簡単には言えないよなぁ・・・と。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

正直に書きましょう。
今回のA5等級BMS12の枝単価は
キロ単価 2300円代でした。

世が世なら(笑)3000円位はしたかもしれません。
(10年位前の話ですけどね・・・。)

たとえA5等級の枝でも、2000円を超すのが難しいのが今の相場です。

さて、この枝肉価格ってやつですが、日本農業新聞には火曜日から土曜日まで、主要な市場の前日の取引平均価格が掲載されます。
日本経済新聞にも載りますね。

この主要市場での取引価格が、地方での枝肉取引の価格の目安になります。

例えばウチが月に数頭出荷している宮崎のミヤチク高崎工場で処理されたお肉の値段を決めるのには、大阪と東京の間近1週間の平均価格を参考に卸業者さんと「相対取引」されます。

「A4等級BMS7だから、東京・大阪がこれ位だし、○○○○円でどう?」

「この枝肉は抜けがいいから、50円位は上乗せしてくださいよー」

などと値決めを交渉するのです。

ウチはJAさんを通してないので、JA経由の値決めがどの様に行われているのかは知りませんが、ま、似たようなものじゃないかと思います。

この枝肉価格については、日々の取引に関しては
(社)日本食肉市場卸売協会のHP(http://www.jmma.or.jp/)や

独立行政法人 農畜産業振興機構(alic)のHP、畜産、統計資料
http://www.alic.go.jp/livestock/index.html)でも、見ることが出来ます。

新聞にしてもこのHPにしても注意しなければならないのは、

☆東京の市場に関しては
・毎週月曜日は松阪牛の取引が入り、平均価格が跳ね上がる
  (東京は全体の上場数が多いので、跳ね上がるとは言っても平均すれば200円くらいの上昇)

☆神戸市場は
・月曜日に神戸ビーフの共励会が入ることがあり、平均価格が跳ね上がる
(神戸の場合は月曜日に限らず、神戸ビーフが搬入されると値段が上がる。神戸は上場数が少ないので神戸ビーフの影響を受けやすく、他の市場と比べると高値で推移しているように見える)

☆どの市場でも大きな共励会が入ると、平均価格は上がる

という点です。

大阪の市場に関しては資料が無いのでよく分かりませんが、

東京に関しては 東京食肉市場・共励会カレンダーhttp://www.tmmc.co.jp/kyourei/index.html
神戸に関しては 神戸市中央卸売市場西部市場・行事予定
http://www.kccn.co.jp/event/

で、共励会の予定を知ることができます。

言いたいのは、
「大きな共励会や有名ブランドの牛が入ると枝肉価格は上がるので、日々の枝肉価格の推移は、あんまり参考にならんぞ」ということです。

小さな共励会なら、普通のセリ市での相場と殆ど変わりはありません。

枝肉価格を見るなら、日々の変動ではなくせめて週や月間での変動を見るのがよろしいかと思います。

繁殖農家さんが実際に枝肉やセリの様子を目にするのは、JA主催の共励会や、全農や全畜連主催の大きな共励会が主で「日々行われている市場でのセリ」の詳しい情報は殆ど入ってこないものと思われます。

普通のセリ市で(今の相場なら)例えA5等級BMS12だろうが、キロ単価3000円を超すことなど無いです(キッパリ!)。

世間には「ご祝儀相場」ってのがありまして・・・
大きな共励会の時には、普段では見られない金額になる事がありますが。

このあたりの事を知らないから繁殖農家さんは、

「キロ7000円ですかぁ?」とか

「A5等級出せば2000円以上するんだから、頑張って下さいよ」

なんて平気で言うのだろうなぁ・・・と思った次第。

にほんブログ村 企業ブログ 酪農・畜産業へ ビジネスブログランキング
↑ポチッとお願いします~


サシが入れば良いってものじゃないよ・・・
サシが全てでは無いよ・・・

なんて言いながらA5等級 BMS12が出れば、やっぱり嬉しいのです。
格付けの最高ランクが出るってことは

「牛の持つ能力を十分に活かすことができた」

「それだけの技術を持っている」

という証しでもあります。

サシだけじゃないだろ、美味しさを求めなきゃ・・・

なんて言うと
「最高ランクを出す能力・技術が無いから、そんな事を言ってる」
とも、言われるわけです(笑)

実力が無いから、肥育技術が無いから勝手なこと言ってる・・・
そう言われないためにも、ある程度の成績は出さねばと思ってます。

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ブクログ

  • ブクログ

ブログパーツ

  • 3月31日まで投票できます

  • ジオターゲティング