山崎畜産HP

ランキング参加中

無料ブログはココログ

« 口蹄疫・韓国、畜産業許可制度開始 | トップページ | 口蹄疫・日弁連が現地調査 »

2013/03/14

小林市畜産振興大会2013に行ってきた

2月28日、小林市文化会館で行われた 畜産振興大会 に行ってきました。

1

わが国の畜産の将来を考える ―肉用牛を中心に― と題して
農林水産省生産局 畜産部長 原田英男氏の講演があったわけです。

牛肉の需要動向とか、ま、いろいろ。

Photo

原田氏の講演の前に、JA 宮崎経済連肉用牛課の方の話もありまして・・・
私としては、こっちを記録しておかねば、と。

今後の宮崎牛の展開について
(頂いた資料から抜粋)

★肉用牛使用状況

・農家戸数の減少 H23年度2月現在8410戸(前年より1100戸減少)

・飼養頭数・・・肉用牛239700頭(全国3位)
        うち黒毛和種213000頭(H22年比53000頭減少)
        口蹄疫により殺処分された牛の頭数は68272頭

・肉用牛農家の規模・・・1戸当たり5~9頭、10~19頭飼養の農家が多い
            主に繁殖農家
            60歳以上の農家が60%を超えている

     
★肉用牛取引状況

・子牛取引状況・・・H23年度 50097頭
          (口蹄疫前は 77000頭)

・子牛価格・・・H25年1月期 去勢約52万円、メス約43万円
        (枝肉相場低迷に関係なく高騰)

・枝肉成績・・・枝肉重量 去勢467.7キロ、メス411.0キロ
        肉質等級の上物率(4、5等級) 60%超
       (本会取り扱い分)

★肉用牛出荷・・・H24年度 和牛取扱頭数 32740頭(見込み)
         H25年度 30958頭(見込み)

宮崎牛の今後の展開

★宮崎牛のPR活動の強化

・商工会議所連合会とJAグループが連携してがんばってるよー
・モノレール浜松町駅内の目立つ所に看板
・熊本~福岡間の高速バス、福岡市内バスにラッピング広告

★関東域での販売拡大

・東京芝浦市場に上場 H24年11月から月に12頭上場

・関東域取引先拡大 宮崎牛日本一2連覇大商談会の実施ほか

★海外輸出拡大

・香港事務所 H24年度からJA宮崎経済連香港事務による東アジア圏内の輸出拡大

・輸出先拡大  現在・・・香港、マカオ、タイ、シンガポール、アメリカ
        今後・・・カナダ、メキシコ、EU、ベトナム、中国、ロシアなど

★宮崎牛定義の改定および宮崎牛枝肉単価設定

・新宮崎牛定義(案)①宮崎生まれ(H27年4月から予定)
          ②宮崎県の種雄牛産子(H29年4月から予定)
          ③肥育出荷月齢・肥育期間
          ④オレイン酸・グルタミン酸値(宮崎大と連携)
          ⑤系統肥育配合飼料
  (③~⑤は検討中)

・宮崎牛枝肉単価設定 ①市場単価+α②年間一低価格帯設定③新販売方式策定等の検討

ウチはJAを通して出荷していないため、こういうお話を聞く機会も無いのでとても興味深かったです。

しかし、いままで東京芝浦の市場に出荷していなかったという話だけでも驚きでしたわ。
(少しは話は聞いてたんだけど、こうやってJAの人から聞くと、なんとも・・・)

地域のブランドとして認めて貰いたかったら、やはり全国各地からブランド牛があつまる芝浦に上場するのは当然だと思っていたのですが・・・・。

経済連の人や一部の業者さんだけでなく、全国の和牛の枝肉を見慣れた目の肥えた買参人さん達に認められてこそ「日本一の宮崎牛」ではないかと。

芝浦での取引では、今のところ佐賀や鹿児島の物より高値が付いているとの話もありました。
月に12頭の上場とのことですから、もっと数を増やして「宮崎牛」の名前を売って欲しいものです。

また、「関西方面では知名度がある」みたいな話もおっしゃってましたが、わたしゃ、関西のデパートやお肉屋さん焼肉屋さんで「宮崎牛」を扱ってるのなんか、直に見たことないです。
「宮崎牛指定店」の登録だけ取り付ければOKだと思ってるんじゃないかと勘繰ってしまいます。
まだまだ関西でも知名度は低いですよ。

宮崎牛の定義の変更についても話がありましたが・・・

「肥育部会長会議」とかで定義変更の話し合いがあったそうです。
こういうのって繁殖農家さんに発言権はないのでしょうか。
宮崎牛の基を担ってるのは繁殖農家さんなのに、なんか変だなぁと思ってしまうのですが。

ま、JAさんの内輪の問題でしょうから口を挟める立場じゃないですね。

Photo_2

会場ではお肉の販売会も行われていました。
私も買いたかったのですが、行列の長さを見てあきらめました(´・ω・`)ショボーン

にほんブログ村 企業ブログ 酪農・畜産業へ ビジネスブログランキング
↑ポチッとお願いします~

« 口蹄疫・韓国、畜産業許可制度開始 | トップページ | 口蹄疫・日弁連が現地調査 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

芝浦に上場していなかったというのは意外でしたね。
で、開始しても月12頭というのも少なすぎる気がしますね。
さすがに東京までだと運搬距離が長いという問題はあるのでしょうが・・・
搬入枝で上場出来れば少し違うかも知れませんが。

ちなみに、今はどうか知りませんが、口蹄疫前の名古屋市場では
毎週宮崎牛と都城牛が各20頭程度上場してましたよ。

「関西方面では知名度がある」…
京都では、「宮崎牛」の表示はあまり見かけませんねえ。
M亭さんでは、山﨑牛以外の宮崎産も見かけますが。
デパートでも、九州産は多いけれど、宮崎は少ない…sad

新潟の原信というスーパーは、宮崎に提携牧場がありますね。
新潟滞在中はよく買いますよ。

先日久しぶりに、M亭さんでお手頃価格の山﨑牛に遭遇。
美味しかったdelicious

YOSHI@名古屋さん

生体よりもブロック肉で運ぶ方が、本当は効率が良いのですよね。
でも、ブロック肉では買参人さん達の目に触れるセリにはかけて貰えません。
搬入枝での上場は、どういうわけか生体搬入より安いんですよねぇ。
なにかわけありの枝なのでしょうか?よくわかりません。

宮崎牛は知りませんが都城牛の名古屋市場への上場は再開してるみたいです。

おけいさん

おけいさんは京都在住だし、よくお分かりですよねぇ。

京都、大阪、神戸でブランド牛として名を成してるのは九州産では
「佐賀牛」ではないかと思ってます。
佐賀牛取扱いの看板を掲げている肉屋さんはよく目にします。
鹿児島県産も頑張ってますね。
宮崎県産牛も多く出回ってはいますが「宮崎牛」の表示のできない、
JAを通していない農家さんのが多いんですよねcatface

原信さんは知りませんでした。
でも大きな問屋さんや肉屋さんの直営牧場、提携牧場は多いみたいです。

M亭さん、昨年度ほどではありませんが時々購入して下さってますup
恐らく東京での買い付けを増やした分、神戸での購入が減ってるのでは?
本当に気に入った物しか買われないので、ウチも頑張らなきゃです。punch

今回のは、おけいさんにも食べて貰えたのですね!
美味しいと言って下さるとホント嬉しいです。

・・・おけいさんって、
「あ、長いことメールも書いてないなぁ。元気かなぁ」
なんて思ってるとコメントを書いてくださるんですよね。
以心伝心?・・・ちょっと違うか(笑)

お久しぶりです。
新宮崎牛の定義のお話しはじめて聞きました。
我が家で産まれてくる牛は、宮崎牛にはほとんどなれません…。そうなるとJA系の肥育農家さんの方々には子牛を買っていただけなるって事でもありますよね~。
うちの方針が合ってないのでしょうがないですね~。
 でも、なんでそんな風に決めたんだろう?と疑問にも思いますが・・・。生産農家さんんがかなり減ってきていますし、全体頭数少なくなって、規格にあった子牛買いたくても買えない時が近いうちに来るかも知れませんしね・・・。
うちの牛が、宮崎で産まれて肥育期間を宮崎で過ごしても宮崎牛にはなれない事は、非常に残念なお話です。逆に、なんでそうなる??ってな感じです。

はい。わたくし、テレパシーが使えまして。な~んてflair
不思議な事に、どうしてるかなあと思う頃に、山﨑牛に出会うのですdelicious
食いしん坊の私達?らしいかも。
これからもよろしくです。

yamatoさん

お久しぶりです~
宮崎牛の定義変更の事は、去年の7月に宮日にも載ってました。
※参考 宮崎牛の定義も変わるらしい
http://koji.air-nifty.com/cozyroom/2012/07/post-6ed8.html

今回のはJAの方のお話だったので、ほぼ決定というところでしょうか。
yamato君の牛は、確かに宮崎牛にはなれませんね。
というか、yamato君は「宮崎牛」にコダワリがないのかと思ってました(笑)

でも「大和君の牛だから」と高値で買ってくれているお得意さんがいるわけだから、
今のままで十分やっていけると思うし、自分の方針を貫いて欲しいとも思ってます。

全国各地に種牛はいるわけですが、地域の特色が活かされてるかと言えば、
どこも画一化してきてるわけだし「宮崎の種雄牛で宮崎生まれ宮崎育ち」というのは、
子牛生産基地でなければできないブランドの定義だとは思います。

んでも、今回の定義変更は「宮崎の地域ブランド」というより「宮崎JAグループのブランド」
にしてしまうのだなぁって感じはします。

そのうえ系統肥育配合飼料の指示まであった日にゃ、もう
「はいはい、JAの飼料が売れればそれでいいのね」なんて悪態もつきたくなります(笑)
(エサを同じものにすることで肉の味も統一したいという狙いでしょうが・・・)

ま、ウチは「宮崎の種雄牛で宮崎生まれ宮崎育ち」の牛を肥育しても宮崎牛は名乗れないわけで。

おけいさん

お肉が店頭で、おけいさんを呼んでるのかもしれないですhappy02
こちらこそ、これからもよろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 口蹄疫・韓国、畜産業許可制度開始 | トップページ | 口蹄疫・日弁連が現地調査 »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブクログ

  • ブクログ

ブログパーツ

  • 3月31日まで投票できます

  • ジオターゲティング