山崎畜産HP

ランキング参加中

無料ブログはココログ

« 口蹄疫・発見遅れで県を提訴 | トップページ | ファミマの「宮崎牛の焼肉重」 »

2012/12/22

従業員募集中

有限会社山﨑畜産では、一緒に働いてくれる人を探しています。

このブログを読んでくれてる人って、ある程度畜産に興味を持ってくれてる人が多いので、牛の仕事をしてみたいと思ってる人もいるかもしれないですが・・・

肥育の事を知りたい、畜産についてもっと勉強したい、
はっきり言って、そういう方はウチに来てみてガッカリするだけかもしれません。

年齢も、経験の有無も、男女の別も問いませんが・・・

仕事は「餌やり・ボロ出し」が主です。
頭から餌を浴びて、ワラだらけ、粉まみれになるし、
牛のウンチだらけになる事もあります。

決してキレイな仕事ではありません。

他に堆肥運搬もやって欲しいです。
2トン車の運転ができると嬉しいです。 

欲しいのは「研修生」ではなく「作業員」です。
それだけは理解してください。

実家が牛の農家で、いずれは後を継ぎたいと思っている人、
朝は実家の牛さんの餌やりをして、その後出勤も可能です。
3~4時間だけのパート勤務も可能です。 
 

農業大学校生で将来は家を継ぎたいけど、その前に余所で修業したい人、
遠方の方なら、旅費とアパートの敷金・礼金位なら出せます。
でも、少なくとも3年は働いてね。
 

牛を間近で見たことも触ったこともない全く経験のない人、
今いる従業員さんも未経験でしたから、慣れれば大丈夫です。
でも、基本肉体労働ですから覚悟はしておいてください。
 

「ず~っと山﨑畜産で働きたいわ~」と思ってる人、
すんません、あと最低12年位は頑張りたいですが、その後の保障は出来かねます。
だから「年金貰えるまで」とか言われると、正直、困ります。
 

募集要項

★当社の概要など

・黒毛和牛肥育農場・・・農場3カ所、肥育頭数1,200頭
(宮崎県小林市野尻町、東麓牧場、大脇牧場、佐土原牧場での勤務になります)
・主な出荷先 神戸市場

★雇用形態

・正社員
・パート従業員
 (いずれも若干名)

 
★業務内容

・黒毛和牛(肥育牛)の飼養管理
・飼料作物生産
・堆肥運搬作業

★勤務時間及び待遇、他

・目安 7:00~17:00(実質8時間程度・日曜日は3~4時間勤務)
・休日 週1回(土日に休めるとは限りません)
・時間外、休日手当支給
・勤務半年後から出勤日数によって有給休暇有り

・社会保険(健康保険、年金) あり
・労災、失業保険 あり

・賞与 なし
・通勤手当 距離により支給(上限1万円)
・住宅手当 なし
・家族手当 なし
・退職金  なし(勤務状況によって報奨金は有ります)

・作業服等支給 

 
★給与

・時給 正社員750円~
    パート700円~
 (経験・勤務年数で変わります)

※時期によって勤務時間に差が出ます。1日12時間労働が数日続く月もあります。
 1日12時間労働が20日続いて月給いくらじゃキツイわなぁ・・・
 なので「月給制」ではなく敢えて「時給制」という形態をとっています。
 (が、時間外、休日手当は出しますので!)

★資格・経験

・求める人材、経験・・・上に書いた通りです。
            経験は無くても覚悟はしてきてね。
            基本、動物が好きな人でなきゃ続かないと思うのです。

・普通免許必須(マニュアル)
 2トン車の運転が出来れば嬉しいです。
 トラクター、タイヤショベルなどの運転が得意なら、とっても嬉しいです!

こんな弊社ですが、もっと詳しく知りたい、働きたいと思って下さったらメール、電話を!

お待ちしています。

yamasakibeef@btvm.ne.jp

電話 0984-44-3300

« 口蹄疫・発見遅れで県を提訴 | トップページ | ファミマの「宮崎牛の焼肉重」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

近ければ…
と思うところです(^。^;)
早く良い人材がみつかると良いですね!

牧友さん

ありがとうございます。一人くらい連絡有るかと期待してるんですがcoldsweats01

センムさま。
本日「小川牛舎」建設現場の空撮を行いました。
随分出来上がってきてます。
ブログにアップしましたのでよかったら遊びに来てください。

現場代理人の空撮日記さま

ブログの方にコメントしようとしたら、アメーバ会員しか受け付けていないのですね。
完成の暁には、途中経過の写真を含めてお借りできないかとお願いしようと思っていたのですが・・・。
私も口蹄疫の1例目感染疑いから「記録を残しておこう」と報道関係の記事をはじめ、色々と記録してきました。
終息後も「今、宮崎県が口蹄疫を経験し、何をしているか」を伝えなければいけない(県外の方が目にすることがない地元報道を主に)との思いから「口蹄疫関連カテゴリ」を設けて、発信し続けています。

現場代理人さまは、口蹄疫の最中は殺処分などにも従事されたとのことで、お辛い記憶もお持ちでしょうが、「決して忘れてはいけない」との強い気持ちを持っておられ、畜産農家の一人としても、非常に心強いものを感じます。

また進捗状況をお知らせくだされば、嬉しいです。

センム様
有難うございました。
口蹄疫も少しずつ忘れられているのは現実ですね。
その前後に発生した鳥インフルエンザもしかりです。
物心ついた時から家にも牛がいて小学生の時には毎日イモを砕いたり、草を切断したりと毎日当たり前のようにやってた時代を懐かしく思います。
和牛の暴落で現在はやってませんが、家畜の大切さ、楽しさは私なりに理解しているつもりです。
写真についてですが、基礎工事が始まった直後からありますので、是非使っていただければ幸いです。
送付アドレスを後日連絡頂ければデータを送付しますので 宜しくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 口蹄疫・発見遅れで県を提訴 | トップページ | ファミマの「宮崎牛の焼肉重」 »

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ブクログ

  • ブクログ

ブログパーツ

  • 3月31日まで投票できます

  • ジオターゲティング