山崎畜産HP

ランキング参加中

無料ブログはココログ

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012/12/30

口蹄疫・再生、復興シンポジウム(H24年12月19日)

※遅くなったが、何とか年内に記録しておかねば。

畜産効率化へ産官学連携を 知事や農家らシンポ

宮崎日日新聞 2012年12月20日付転載

 口蹄疫被害からの再生に向け、本県畜産発展の道筋を探る「口蹄疫再生・復興シンポジウム~畜産の発展可能性について多面的に考える!~」(県、県口蹄疫復興財団主催)は19日、宮崎市の市民プラザ・オルブライトホールであった。約300人が出席、講演やパネルディスカッションを通じて畜産業界を取り巻く現状や課題を共有した。

 居酒屋「塚田農場」などの飲食店を全国展開するエー・ピーカンパニーの米山久社長が基調講演。米山社長は、生産者と客の距離を近づけるために「単純な商品開発ではうまくいかない。皿の上に乗るまでのストーリー、生産者の思いやこだわりが込められた商品を消費者は求めている」と強調した。

 続いて、米山社長に河野知事やJA宮崎経済連の羽田正治会長らを加えたパネルディスカッション。
羽田会長は「県内の養鶏・豚では、合わせて年180万トンの飼料を使う。部品を買ってきて組み立てる構造なのが宮崎の畜産」として、「この状態からの脱皮がいずれ必要。効率化には産官学の連携がますます求められる」と指摘した。

 県内での宮崎牛の消費量が少ないことに注目したのは、10月の全国和牛能力共進会で第4区優等主席を獲得した畜産農家、黒木松吾さん=串間市西方。
「松阪、肥後牛などは生産地での消費量が大きい。県民が安く手に入るような仕組みつくりはできないだろうか」と投げ掛けた。

 知事は「日本一のタイトルを最大限に生かして積極的に売り込んでいきたい。また、専門家の意見を取り入れてブランド化も図っていきたい」と総括した。

畜産発展考えるシンポジウム

おととしの口てい疫からの被害を受けて、今後の宮崎県の畜産の発展について考えるシンポジウムが宮崎市で開かれました。

このシンポジウムはおととしの口てい疫で大きな被害を受けた宮崎県の畜産の復興や新たな事業展開の可能性について考えようと県が開いたもので、宮崎市の会場には行政の担当者や畜産農家などおよそ300人が集まりました。

はじめに県産の食材を活用して外食チェーン店を全国で展開する会社の社長が講演し、農家と提携することで流通コストを減らして宮崎産の地鶏を県外でも安い価格で提供した事例を紹介して、提供方法を工夫することで、地方に埋もれている食材をアピールできると話しました。

続いて農家や畜産経営の専門家、それに宮崎県の河野知事などさまざまな立場の人が参加してシンポジウムが行われました。

この中では
▽現在、県外で大半が行われている家畜の飼料の生産や食肉処理を県内で行う事で県内で利益が得られる体制を作ることや、
▽家畜の発情の兆候や病気の発生状況を細やかに把握し、生産性を高めることが不可欠だ
という意見が出され、行政と大学、それに産業が一体となって今後も取り組むことを確認しました。

12月19日 19時37分 NHK

口蹄疫再生・復興シンポジウム

12月19日 17時55分 MRT

 口蹄疫からの復興をテーマにしたシンポジウムが19日、宮崎市で開かれました。

河野知事らによるパネルディスカッションも開かれ畜産王国宮崎の再生に向けて意見交換しました。

 このシンポジウムは、口蹄疫からの復興の機運を高めようと、県などが開いたもので、畜産農家をはじめ、約300人が参加。

パネルディスカッションでは、河野知事やJA宮崎経済連の羽田正治会長らが、将来を見据えた新しい畜産のあり方について意見交換しました。

この中で、河野知事は、全国和牛能力共進会での宮崎牛の連覇を復興の大きな第一歩としたうえで課題となっている販路拡大について、次のように述べました。

(河野知事)「日本一の和牛なんだということをしっかりPRしていきたいと思っておりますし、やはりアジアですね、そういった新たな所、富裕層をターゲットにしながら取り組みを進めていきたい」

 参加者たちはパネラーの話に熱心に耳を傾け、畜産王国宮崎の再生への思いを新たにしていました。

2012/12/26

ファミマの「宮崎牛の焼肉重」

よそでは知らないけど、宮崎県民(特に和牛関係者)には10月の全国和牛能力共進会での「日本一」は「まだまだ熱も冷めやらず」、と言ったところです。

そんな中、ファミリーマートが「宮崎牛の焼肉重」を商品化してくれました。

ファミリーマートは今までも、地元食材を使ったお弁当を出したり、
宮崎県内の限定品を進んで販売してくれたりしています。

宮崎大学カレーとか、農高のパンとか・・・

ホントありがたいことであります。
宮崎の和牛農家としては、商品化してくれたファミマへのお礼の意味も含めて食べてみなきゃね。

今月25日から販売ということで、さっそく買ってまいりました!

おぉ、これこれ!ありましたよ。

Photo

家に帰って写真を撮ったら、まさかのピンボケ( ̄Д ̄;;

Photo_2

こんな感じでした~

さて、お味の方は・・・・

Photo_3

宮崎らしい(?)甘めのタレにからめてあります。
結構、ニンニクが効いてます。
焼肉にしては肉が薄いぞ、と思ったけど・・・
コンビニでの買いやすい値段設定を考えたらこんなもんでしょう。

ま、食べてみてください(笑)

にほんブログ村 企業ブログ 酪農・畜産業へ ビジネスブログランキング
↑ポチッとお願いします~

いやね、お腹すいてたんですわ。
早く食べようと焦って、撮った写真を確認することさえ忘れてて。
デジカメなんだから、映像の確認位しろよ、って話ですね。はい。

2012/12/22

従業員募集中

有限会社山﨑畜産では、一緒に働いてくれる人を探しています。

このブログを読んでくれてる人って、ある程度畜産に興味を持ってくれてる人が多いので、牛の仕事をしてみたいと思ってる人もいるかもしれないですが・・・

肥育の事を知りたい、畜産についてもっと勉強したい、
はっきり言って、そういう方はウチに来てみてガッカリするだけかもしれません。

年齢も、経験の有無も、男女の別も問いませんが・・・

仕事は「餌やり・ボロ出し」が主です。
頭から餌を浴びて、ワラだらけ、粉まみれになるし、
牛のウンチだらけになる事もあります。

決してキレイな仕事ではありません。

他に堆肥運搬もやって欲しいです。
2トン車の運転ができると嬉しいです。 

欲しいのは「研修生」ではなく「作業員」です。
それだけは理解してください。

実家が牛の農家で、いずれは後を継ぎたいと思っている人、
朝は実家の牛さんの餌やりをして、その後出勤も可能です。
3~4時間だけのパート勤務も可能です。 
 

農業大学校生で将来は家を継ぎたいけど、その前に余所で修業したい人、
遠方の方なら、旅費とアパートの敷金・礼金位なら出せます。
でも、少なくとも3年は働いてね。
 

牛を間近で見たことも触ったこともない全く経験のない人、
今いる従業員さんも未経験でしたから、慣れれば大丈夫です。
でも、基本肉体労働ですから覚悟はしておいてください。
 

「ず~っと山﨑畜産で働きたいわ~」と思ってる人、
すんません、あと最低12年位は頑張りたいですが、その後の保障は出来かねます。
だから「年金貰えるまで」とか言われると、正直、困ります。
 

募集要項

★当社の概要など

・黒毛和牛肥育農場・・・農場3カ所、肥育頭数1,200頭
(宮崎県小林市野尻町、東麓牧場、大脇牧場、佐土原牧場での勤務になります)
・主な出荷先 神戸市場

★雇用形態

・正社員
・パート従業員
 (いずれも若干名)

 
★業務内容

・黒毛和牛(肥育牛)の飼養管理
・飼料作物生産
・堆肥運搬作業

★勤務時間及び待遇、他

・目安 7:00~17:00(実質8時間程度・日曜日は3~4時間勤務)
・休日 週1回(土日に休めるとは限りません)
・時間外、休日手当支給
・勤務半年後から出勤日数によって有給休暇有り

・社会保険(健康保険、年金) あり
・労災、失業保険 あり

・賞与 なし
・通勤手当 距離により支給(上限1万円)
・住宅手当 なし
・家族手当 なし
・退職金  なし(勤務状況によって報奨金は有ります)

・作業服等支給 

 
★給与

・時給 正社員750円~
    パート700円~
 (経験・勤務年数で変わります)

※時期によって勤務時間に差が出ます。1日12時間労働が数日続く月もあります。
 1日12時間労働が20日続いて月給いくらじゃキツイわなぁ・・・
 なので「月給制」ではなく敢えて「時給制」という形態をとっています。
 (が、時間外、休日手当は出しますので!)

★資格・経験

・求める人材、経験・・・上に書いた通りです。
            経験は無くても覚悟はしてきてね。
            基本、動物が好きな人でなきゃ続かないと思うのです。

・普通免許必須(マニュアル)
 2トン車の運転が出来れば嬉しいです。
 トラクター、タイヤショベルなどの運転が得意なら、とっても嬉しいです!

こんな弊社ですが、もっと詳しく知りたい、働きたいと思って下さったらメール、電話を!

お待ちしています。

yamasakibeef@btvm.ne.jp

電話 0984-44-3300

2012/12/21

口蹄疫・発見遅れで県を提訴

口てい疫発見遅れと県を提訴

おととし、宮崎県で口てい疫が広がったのは、県の家畜保健衛生所が、感染の疑いがある牛の精密検査をすみやかに行わず発見が遅れたためだとして、牛を処分された畜産農家の男性が県に損害賠償を求める訴えを起こしました。

訴えを起こしたのは、宮崎県川南町の畜産農家の森木清美さん(64)です。
訴えによりますと、県の家畜保健衛生所はおととし2月から4月にかけて都農町の繁殖牛など4頭に、口てい疫の疑いがあるという連絡を受けて調査し、口の中がただれるなどの症状を確認したにもかかわらず、口てい疫ではないと判断し、すみやかに精密検査を行わなかったということです。

その後、県内の広い範囲で口てい疫の感染が相次いで確認され、森木さんの農場でも1頭の牛が感染したため、飼育していた76頭をすべて処分されたということです。

このため森木さんは、口てい疫が広がったのは県家畜保健衛生所の誤った判断で1例目の発見が遅れ、対策がとれなかったためだとして、県に150万円の損害賠償を求める訴えを宮崎地方裁判所に起こしました。

記者会見で森木さんは「県が最悪の事態を考えて最善策をとっていれば、甚大な被害は防げたはずだ」と話していました。

訴えについて県畜産・口蹄疫復興対策局の永山英也局長は「訴状を見ていないのでコメントは控えるが、県は当時適切に対応したと考えている」としています。

12月17日 18時27分 NHK

口蹄疫めぐり県を提訴

12月17日 17時58分 MRT

 おととし県内で発生した口蹄疫をめぐり提訴です。当時、県の対応が不十分だったため、口蹄疫の感染が広がり、飼育していた牛が殺処分されたなどとして、川南町の男性が、県に対し損害賠償を求める裁判を起こしました。

 訴状によりますと、県は、おととし口蹄疫感染疑いの1例目が確認される前に、複数の獣医師から感染疑いの通報があったにもかかわらず、それを否定。検体を動物衛生研究所に送らなかったため、口蹄疫の発見の遅れにつながり感染が広がったなどとしています。

その結果、川南町の口蹄疫被害農家の男性は、飼育していた牛を殺処分され精神的苦痛を受けたなどとして、県に対し150万円の損害賠償を求めています。
(原告の口蹄疫被害農家)「(提訴を)やらざるを得ないかなと。このままでは口蹄疫がうやむやになってしまうと」

 一方、県は今回の提訴について「当時の知見に基づいて適切に対応したと考えている」とコメントしています。

口蹄疫の被害農家が県に損害賠償請求

2012年12月17日 UMK

口蹄疫をめぐる問題で県を提訴です。

口蹄疫の被害を受けた川南町の畜産農家が、県を相手に150万円の損害賠償を求める訴えを宮崎地裁に起こしました。
訴状などによりますと、口蹄疫の初期の段階で県の対応が遅れたことから感染が拡大し、飼育していた76頭の牛の殺処分を余儀なくされたということです。
畜産農家は、裁判を通じて県の対応の遅れを明らかにしたいとしています。

「口蹄疫発見遅れ損害」=畜産農家、県を提訴-宮崎地裁

http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2012121701149

 宮崎県で2010年に家畜伝染病の口蹄(こうてい)疫が発生した際、県の発見が遅れ牛76頭の殺処分を余儀なくされたとして、同県川南町の畜産農家の男性(64)が17日、県を相手に150万円の損害賠償を求める訴訟を宮崎地裁に起こした。

 口蹄疫は10年4月20日に発生が確認され、同年8月27日の終息宣言までに、宮崎県内で約29万頭の家畜が殺処分された。

 訴状によると、県は10年2月中旬から4月上旬に感染の疑いがある牛の通報を複数受けたが、いずれも感染の可能性を否定した。原告側は、通報時に適切な検査が行われていれば、より早期に防疫対策がとられ、原告の牛が感染することはなかったと主張している。

時事ドットコム(2012/12/17-17:28)

口蹄疫拡大で県を損賠提訴 宮崎の農家
2012/12/18 1:49 日経

 宮崎県で2010年に家畜伝染病の口蹄疫(こうていえき)が拡大したのは、県が感染を疑われる牛の精密検査を怠り病気の発見が遅れたためだとして、被害に遭った同県川南町の肉牛農家、森木清美さん(64)が宮崎県に約150万円の損害賠償を求める訴訟を17日、宮崎地裁に起こした。

 訴状によると、県が牛の口蹄疫発症を確認する前の10年2~4月、感染を疑う通報が複数あったが、県の家畜防疫員は口蹄疫ではないと判断。感染の有無を確定する検査をすぐには専門機関に依頼しなかった。森木さんが飼育していた肉用牛は4月に1頭が感染し、計76頭の殺処分を強いられた。

 森木さんは「感染拡大の原因をうやむやにしてはならない。追及すべきは追及したい」と話した。

 県畜産・口蹄疫復興対策局の永山英也局長は「訴状を見ておらず、コメントできない。県の対応は当時の口蹄疫の知見に基づいていた」と話している。〔共同〕

「口蹄疫で精神的苦痛」畜産農家が宮崎県提訴

 口蹄疫を確認する遺伝子検査を怠ったため、飼育していた牛に感染が広がり、殺処分で精神的苦痛を受けたとして、川南町の畜産農家、森木清美さん(64)が17日、県を相手取り150万円の慰謝料を求めて宮崎地裁に提訴した。

 訴状によると、県は1例目の口蹄疫感染牛が判明する2010年4月20日まで、計4頭の牛について獣医師らから口蹄疫の疑いがあるとして通報を受けたのに、遺伝子検査を行わず感染拡大を見逃し、森木さんの牛76頭が殺処分されたなどとしている。

 森木さんの代理人弁護士は「県の怠慢と過失、意図的な検査の遅れが29万頭の牛や豚の殺処分を引き起こした。きちんと検証されていないので、裁判で明らかにしたい」と話している。

 県畜産・口蹄疫復興対策局の永山英也局長は「当時の知見に基づいて適切に対応した」としている。

(2012年12月18日  読売新聞)

口蹄疫拡大「県に責任」川南の農家提訴

宮崎日日新聞 2012年12月18日付転載

 口蹄疫が発生した際、県の発見遅れが感染拡大を招いたとして、川南町の口蹄疫被害農家が17日、県を相手取り150万円の損害賠償を求める訴訟を宮崎地裁に起こした。

 提訴後に県庁で会見した農家や弁護士らは、発見の遅れについて国や県の検証委員会はあいまいなままにしているとして、「このままうやむやにはできない。誰かが(提訴を)せざるをえない」と述べた。

 訴状によると、県は口蹄疫感染疑い1例目認前の2010年2月以降、高鍋、都農町の農場を訪れた複数の獣医師から感染疑いの通報を受けていたにもかかわらず、いずれも感染を否定。PCR検査を行う動物衛生研究所(東京都)に検体を送付しなかったとしている。

 県の畜産・口蹄疫復興対策局の永山英也局長は、「訴状を見ておらず、コメントできない。県の対応は、当時の口蹄疫の知見に基づいていた」と話している。

※メモ・独り言

・2010年2月以降、高鍋、都農町の農場を訪れた複数の獣医師から感染疑いの通報を受けていた(宮日)
 「複数の獣医師から感染互いの通報」・・・これは初めて出る情報。
 「2010年2月に高鍋の農場(安愚楽牧場横)での通報」は過去に記事がある。

・読売新聞のタイトル「口蹄疫で精神的苦痛」
 これには、ちょっと・・・???

全部の記事を読めばわかるが、今回の訴えの根底にあるのは
 「国や県の検証に対する不信、不満」
 
感染源が特定されないまま、感染がどの様に広がったのかが明らかにされていない、そんな疫学調査に不信感を覚える人は多いと思う。
 裁判を起こすことで、そこら辺りが再度検証されるなら・・・とは思うが、ある人が言った「今回の口蹄疫で、県は誰も責任をとっていない」という言葉を思い出すと、元知事らへの提訴も含め「果たして誰かが責任をとる必要があるのだろうか?」という疑問に突き当たる。
人為的な事故なら分かるのだが、こういった家畜伝染病にも個人の責任といった問題が生じるとなると、どうしてもBSEの時の女性獣医師の、鳥フルの時の農家夫婦の自殺を思い出してしまうのだ。

ようやく昨年の家伝法改正で通報遅れの農家に対する処置が決まった。通報遅れ・隠蔽は感染拡大を引き起こす大きな原因の一つだろうし、宮崎での口蹄疫でも安愚楽牧場や養豚の林田商事が通報遅れで県から指導を受けている。
今回は指導だけで済んだが、次からは補償が受けられないなどの罰則が与えられるわけだ。こういった企業・個人が罰則を受けるのは理解できるのだけれど・・・。

本当の初発はどこか、どこからウイルスが入ってきたのか、
決して個人に責任を押し付けるのではない、きちんとした感染源の特定が行われるのが理想なんだろうけど、宮崎の口蹄疫では全てがうやむやなままなのは確か。
果たして、今回の提訴により再度検証が行われるのか・・・。
真実を知るためとはいえ、県を訴えることが一番良い方法なのか・・・。
なんかね、正直よくわからんのです。

2012/12/18

平成24年12月期西諸県子牛セリ

12月12日~13日の二日間 西諸地区子牛セリ市が開催されました。

結果は

雌 454頭 平均 420,781 

去 498頭 平均 522,459 

トータル 952頭 平均 473,970 

前回比 43,157高 前年同月比 14,682高

http://twilog.org/k_ichiba より

枝肉相場が好調だったせいか上げました。(^_^;) 

繁殖農家にはボーナスみたいな相場でしたね。

上は抑えられてる感じでしたが下の方が高かった。

こんな牛が、、、  (失礼(^_^;)) といういまいちな牛が

結構な値段してました。(*_*)

二年後の枝肉相場がどうなるか??ちと心配(^_^;)

種牛別結果。

種雄牛  頭数   雌平均 去勢平均

下は前回24年11月。   

       頭数   雌    去

勝平正   234  423  514
      
256  388  469
      

福之国   182  412  534
      
221  383  473
      

                

安重守   161  397  501
      
182  352  443
     
   
美穂国   138  432  532
      
182  409  477

秀菊安   121  408  524
      
212  376  454

忠富士  46  564  557
      
74  504  534
 

 

         

西諸畜連HPよりhttp://www.nishimoro-chikuren.or.jp/

勝平正が増えて、安重守、秀菊安、忠富士の頭数が減っています。

美穂国は横ばい、福之国は一時期減ってましたがまた増えてきました。

忠富士は牛自体がいないので減って当然ですが、秀菊安は枝重が小さく

子牛価格が振るわなかったため繁殖農家が敬遠して種付けが減って

いた模様です。 しばらくこの傾向が続くみたいですね。 

福之国は残った5頭では 唯一安平が入っていないので

便利に使われてる感じでしょう。

今回は秀菊安の去勢の子牛価格は52万4千円とまずまずでした。

肉質は良好なので枝相場の上物の価格が上がれば面白い牛だと思います。

にほんブログ村 企業ブログ 酪農・畜産業へビジネスブログランキング

↑ランキング参加中です。ポチリとお願いします。

2012/12/13

Oisix(オイシックス)さん、牧場見学

Oisixは食材などの宅配をしている会社なのですが、もちろん野菜だけでなく、海産物やお肉なども取り扱っています。

実は山崎畜産のお肉Oisixさんでも時々使って頂いています。

3月に卸屋さんやOisixの社長さんらが牧場の見学に来られ、実際にウチのお肉を食べて頂き、取り扱いが決定したようです。

「したようです」って書いたのは、Oisixさんと卸屋さんの間の取引なので、ウチが直接関与してるわけじゃなくて詳しい経緯まではわからんのであります(笑)

牛肉って色々な部位に分かれるし、Oisixさんも1頭丸ごとのお肉が欲しいわけじゃない。
売れそうな部位だけを卸屋さんから購入した方が効率的なんですよ。

だから、ウチは直接の取引はしないけど「山崎畜産の牛のお肉」を指名して卸屋さんから購入してくれてるってわけです。

ま、卸屋さんの方も「山崎畜産の牛のロースを5頭分」と言われても揃えるのが難しいわけでして、場合によっては「他の宮崎県産の黒毛和牛」を使うこともあるそうで・・・。

「本当は消費者の方々に生産者の顔を見せたい。
 だから“山崎さんちの牛のお肉”ってのを打ち出したいんですが、なかなか・・・」

だそうです。
はい、わかりますとも。そこが野菜とかと違って難しいところなんですよね。

Oisix5

そんなこんなで(笑)今回は肉担当のOさんが牧場見学にいらっしゃったわけです。

Oさんから「山崎畜産のこだわりってなんですか?」という質問もありまして・・・

ははは、なんでしょうね・・・

・メスにこだわって肥育

・普通は生後28ヶ月齢で出荷するところを30~32ヶ月齢まで育てている

・できるだけ牛にストレスをかけないよう気を配っている

・美味しい牛肉は良質で美味しい脂に包まれてる。 
 だから、脂の質(くどくなくて口どけの良い脂)にはこだわってるつもり


 
こんなところでしょうか。
まぁこれも、神戸の買参人さん達のお話を聞いて、長年かけてその通りにやってきただけの事なのですが。

Oisix4

牛舎を案内しましたが・・・・古くてボロくてビックリされたかも(笑)

はい。ウチの牛舎、お金がかかってません(大笑い)

20111207

こんな飼料で育ててます、とか

牛舎にはダクトを通して常に風を送っています、とか

そんなお話をしながらブラブラと。

Oisix3

熱心に写真を撮って下さったり、お話を聞いて下さったり、寒い中、本当に御疲れ様でした。

20121207

Oさんとの話の中で、非常に心に残ったというか、考えさせられたのが

「山崎さんは、御自分のところの牛のお肉を食べているのか?」

「おすすめの食べ方ってありますか?」

という質問でした。

ウチは1頭買いをしてくれている神戸の精肉店から自分の所で育てた牛さんのお肉を取り寄せています。
だから、味見の意味合いも含めて自分ちのお肉はしょっちゅう食べてるつもりです。

でも「おすすめの食べ方は?」と聞かれると、直ぐには思いつかない。

野菜とかを作ってる農家さんなら「出来栄えはどうかな?」なんて、ちょいと味見をすることも、規格に合わない野菜を自分達で頻繁に食べる事も可能でしょうが、牛さんのお肉だと、そうは簡単にいきません。

野菜の農家さんなら、出来た物を色んな調理法で試したりして普通の主婦が考えつかない様な食べ方を知ってたりすることもあるでしょうけど・・・

肉牛の場合は、と畜、解体という作業が間に入るし、飲食店や肉屋さんを兼業してるならともかく1頭丸ごと約250キロのブロック肉は家庭でどうこう出来る量じゃないし。

肉牛農家には野菜の農家みたいな『生産農家ならではの食べ方・料理』ってのも無い様な気がします。
(肉屋さんならではの食べ方、とかはありそうな・・・)

肉牛の生産者って、自分の作った物から遠いところにいるのだなぁ・・・
なんてあらためて思った次第です。

「牛肉は塩で喰うのが一番旨いんじゃい!」と言いたいところですが・・・

飲食店や肉屋さん任せにせず、生産者側からも
「こういう食べ方もあるんだよ~」とか
「この部位なら、この料理が美味しいよ~」とか、
もっともっと勉強して、発信していかねばいかんですねぇ。

にほんブログ村 企業ブログ 酪農・畜産業へ ビジネスブログランキング
↑ポチッとお願いします~

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ブクログ

  • ブクログ

ブログパーツ

  • 3月31日まで投票できます

  • ジオターゲティング