山崎畜産HP

ランキング参加中

無料ブログはココログ

« 口蹄疫・飼料配送業者の防疫研修会 | トップページ | Oisix(オイシックス)のローストビーフ »

2012/10/25

第10回 全国和牛能力共進会長崎大会開催

今日から 第10回 全国和牛能力共進会 和牛の祭典inながさき が開催されています。

通称「全共」、または「和牛のオリンピック」なんて言い方をする人もいます。

HP(http://zenkyo-nagasaki.com/)には次のように書かれています。

 全国和牛能力共進会は、全国の優秀な和牛を5年に1度、一堂に集めて優劣を競う大会であり、雄牛・雌牛の和牛改良の成果を競う「種牛の部」と肉質を競う「肉牛の部」に各道府県から選抜された約500頭が出品されます。審査結果が和牛のブランド化に大きく影響することから、各道府県の威信をかけた非常に重要な大会と位置づけられています。

優勝賞金が出るわけでもなく、与えられるのは「名誉」だけです。
その名誉のために心血を注いでいる牛飼いがたくさんいるのです。

何事も極めるってのは、すごいことです。
情熱を持って牛を育てている人達を、心から尊敬します。

今回の宮崎代表には、小林の子牛競り市においてウチでも購入した事のある農家さんが何人も出場されており、ぜひとも頑張ってほしいと思います。

にほんブログ村 企業ブログ 酪農・畜産業へ ビジネスブログランキング
↑ポチッとお願いします~

知ってる人が出てるってだけで嬉しかったりする (* ̄ー ̄*)

« 口蹄疫・飼料配送業者の防疫研修会 | トップページ | Oisix(オイシックス)のローストビーフ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

今日、10月28日(日) 第10回全国和牛能力共進会、ホテルも駐車場も厳しいので、博多からJRハウステンボス号でハウステンボス会場へ日帰りお出かけ。ものすごい人出で審査会場には入れず、野外の大きな映像装置で審査を観戦しました。宮崎県は、8部門中4部門で優勝でした。詳細は、明日の宮崎日日新聞に掲載されるでしょう。明日、最後の第四区の審査発表がされます。

宮崎県の観戦者は皆おそろいの帽子で、優勝すると大きな歓声が沸き起こりました。大分県や長崎県も優勝した区がありますので、九州の牛が圧倒した印象でした。

何故、宮崎牛が強いのか? 宮崎県は、家畜改良事業団が改良の主体ですが、他の県は種牛の改良主体が畜産試験場で行っており、公務員は、4-5年おきに人事移動があるので長期の視点での改良ができないのではないか?鹿児島は個人の種牛業者が強いのでやはり改良に限界があるのでは(今回も鹿児島県代表は宮崎県の後塵を拝しました)。口蹄疫で問題となった種牛(勝平正、美穂国などの子が優勝)が残されたことも、結果的には好影響したのではないでしょうか。

会場の休憩場所で佐世保バーガー(20分並んで購入)を食べていたら、福島県の代表のおばさんとも面談できました(東北から長崎への牛の移動が大変だったとのこと)。岩手や、大分の牛飼いおじさんもいて、牛飼いの熱い話で盛り上がりました。次回は、5年後に宮城県で開催だそうです。

Go Go おじさん

本日29日の結果も「まさに日本一」でした。
宮崎の農家さんたちの努力もありますが、口蹄疫の時に応援・協力して下さった全国の人達の後押しが無かったら、ここまでの結果は出せなかったと思っています。

おっしゃるように宮崎県は家畜改良事業団・経済連が主体になっており、これは裏を返せば、JAに加盟していない畜産農家は蚊帳の外に置かれていると言っても過言ではありません。
ですから、ウチなども全共といっても「他人事」の部分が大きいです。
ですが、今回は口蹄疫後初めての共進会だったので、やはり思い入れがあります。
次回の宮城大会では、震災からの復興をかけて東北勢が躍進するのではないでしょうか。
いや、何としても躍進して欲しいと思っています。

はじめまして。行ってきましたハウステンボスへ。
宮崎勢大活躍でしたね。
僕は農業関係ではありませんが、すごく誇らしかったです。
前回の活躍で知名度が上がったのか、宮崎牛の試食コーナーでは大変な行列でしたよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 口蹄疫・飼料配送業者の防疫研修会 | トップページ | Oisix(オイシックス)のローストビーフ »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブクログ

  • ブクログ

ブログパーツ

  • 3月31日まで投票できます

  • ジオターゲティング