« 宮崎牛の定義も変わるらしい | トップページ | 大雨で大変なことに・・・ »

2012/07/12

口蹄疫・西都市で合同慰霊祭(H24年7月)

西都市で口蹄疫の合同慰霊祭 7月11日 17時02分 MRT

 口蹄疫で、2万頭の家畜が殺処分された西都市で、11日合同慰霊祭が開かれ、畜産農家たちが家畜のめい福を祈り再発防止などを誓いました。

(中木場記者)「口蹄疫で多くの家畜が殺処分された西都市。畜魂碑の建つこの場所で、これから慰霊祭が始まります」

 西都市での家畜の殺処分終了から、2年余りが経過したのに合わせて開かれた合同慰霊祭。口蹄疫の被害農家や関係者、約70人が参列しました。慰霊祭では、まず参列者全員で黙とうを捧げたあと、橋田和実市長が再発防止への強い決意を述べました。

(西都市・橋田和実市長)「犠牲となった家畜に陳謝と哀惜の念をこめて、しっかりと防疫、消毒を行って二度と口蹄疫が発生させないように、みんなで力を合わせてやっていかないといけない」

 そして参列者は、次々と畜魂碑に花を供え、犠牲となった家畜の、めい福を祈りました。

(参列した畜産農家)「牛に対してかわいそうなことをしたと思う。消毒は徹底してやらないといけないと思ってやっている」「二度と起こさないようにいろいろと気を配っている」

 口蹄疫からの、さらなる復興と再発防止に向けて、誓いを新たにした畜産農家たち。一方で家畜を処分された西都市の畜産農家201戸のうち、経営を再開したのは約6割にとどまっているということです。

口蹄疫から2年・西都市で慰霊祭 2012年07月11日 UMK

蹄疫の発生から、2年が過ぎました。

家畜の約6割が犠牲となった西都市で、合同慰霊祭が行なわれました。

慰霊祭には、畜産農家やJAなどから約70人が出席し、家畜の慰霊碑に玉串を捧げました。
西都市では、口蹄疫で、201戸の農家であわせて約2万頭の牛や豚が殺処分され、埋却されました。

あれから2年。
現在は、牛と豚をあわせ、約6割に当たる122戸の農家が再開しています。

依然として、日本の近隣諸国で口蹄疫が確認される中、参加者たちは、口蹄疫を2度と発生させないために思いを新たにしていました。

また、西都市では、口蹄疫からの復興を目指して、県の口蹄疫復興財団の事業を活用し、農産物直売所や加工施設など食の拠点施設を整備する計画です。

西都 口てい疫合同慰霊祭

口てい疫の影響で、およそ2万頭の家畜の処分を終えてから2年あまりたった西都市で、11日、農家らによる合同慰霊祭が行われました。

宮崎県ではおととし、口てい疫の影響で牛や豚などおよそ30万頭が処分され、このうち西都市でもおよそ2万頭あまりの家畜が処分されました。

西都市の畜産センターで行われた合同慰霊祭には、家畜を処分した農家や県や市の関係機関などあわせておよそ70人が出席しました。参加者たちは神事のあと、処分された家畜に黙とうを捧げ、センター内に作られた家畜の慰霊碑、畜魂碑に献花をしました。

このあと西都市の橋田和実市長が「2年前は見えない敵との、いつ終わるかわからない苦しい戦いでした。これからも消毒や防疫を徹底し2度と起こさないようにしたいです」とあいさつしました。

西都市では2年たった今も繁殖用の母牛の頭数は処分前の7割ほどまでしか回復していないということです。

参列した農家の男性は「2年たってやっと気持ちが落ち着いてきました。大変ですが、がんばって元の状態に戻したいです」と話していました。

07月12日 12時20分 NHK

※1日には川南町でも慰霊祭が行われた

殺処分の悲劇風化させぬ 口蹄疫2年川南町で慰霊祭

2012年7月2日 00:28 カテゴリー:九州 > 宮崎

 2010年の家畜伝染病・口蹄疫(こうていえき)で最大の被害を出した宮崎県川南町で1日、町主催の畜魂慰霊祭が営まれた。町内すべての牛と豚計約16万7千頭の命が消えた、あの日から2年。畜産農家たちが慰霊碑に花を供え、あらためて復興を誓った。

 同町には、感染した292農場のうち197農場が集中。必死の封じ込めも実らず結局、ワクチンを接種した家畜も合わせ全頭処分された。町内の処分完了が6月30日だったことから、毎年7月1日を「町再生のスタートの日」とした。

 式典には牧元幸司副知事ら約160人が参列。日高昭彦町長は「あの悲劇を二度と繰り返してはならないとのメッセージを川南から発信することが大切だ」と語った。

 JA尾鈴によると、町内の飼育再開率は8割を超えるとみられていたが、2年を経た現在も頭数で65%、農家戸数で53%と伸び悩んでいる。

 畜産農家代表であいさつした大山謙太郎さん(33)は「殺処分の悲劇を風化させてはならない。私たち若手が引っ張って新たな畜産地帯をつくりたい」と決意を述べた。

=2012/07/02付 西日本新聞朝刊=

« 宮崎牛の定義も変わるらしい | トップページ | 大雨で大変なことに・・・ »

口蹄疫関連」カテゴリの記事

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブクログ

  • ブクログ

ブログパーツ

  • 3月31日まで投票できます

  • ジオターゲティング