山崎畜産HP

ランキング参加中

無料ブログはココログ

« 口蹄疫・家畜防疫連携会議開催 2012年5月 | トップページ | 口蹄疫・黄砂説再び »

2012/05/25

平成24年5月期 西諸地区子牛セリ

5月20日~22日の三日間 西諸地区子牛セリ市が開催されました。

結果は

雌 670頭 平均 343,820 

去 829頭 平均 428,478 

トータル 1,499頭 平均 390,639 

前回比 21,784安 前年同月比 35,740安 

http://twilog.org/k_ichiba より

前回、24年4月せりとの比較で雌は24000円程度の下げ

去勢は21600円程度下げになってます。

トータルで40万円切ってきました。肥育にとってはありがたいですが

繁殖にとっては厳しい相場ですね.

 

種牛別結果。

種雄牛  頭数  雌平均 去勢平均

下は前回24年4月。   

          頭数   雌    去

美穂国   322  346  437
          336  377  454

福之国   311  336  431
             367  352   456

勝平正   301  344  423
              350  366  442

安重守   206  313  400
           220  338  425

秀菊安   190  312  408
            216  332  424

忠富士    97  535  487
           144  544  505

西諸畜連HPよりhttp://www.nishimoro-chikuren.or.jp/

気が付けば美穂国の上場頭数が一番多くなってました。

非常に期待の大きかったころの種付けになるのでしょうか。

今のところ 期待されたほどの爆発力は無いものの

現在の宮崎のメインの種牛(5頭)では増体は一番。

格付け成績もそこそこの成績を出しているようです。

子牛価格にもそれが反映されてるのか忠富士以外では

一番の価格になっているようです。表現型が素晴らしいので

繁殖用に買われる方も多かったように思います。

忠富士の上場が100頭を切っています。

雌で評価になってる牛が多いと言うのもあるのですが

いよいよ貴重になってきました。

秀菊安と安重守は厳しい相場ですね。

一年後はどうなっているのでしょう?

にほんブログ村 企業ブログ 酪農・畜産業へ ビジネスブログランキング 人気ブログランキングへ  
↑ランキング参加中です。ポチリとお願いします。 

« 口蹄疫・家畜防疫連携会議開催 2012年5月 | トップページ | 口蹄疫・黄砂説再び »

子牛の話」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした

美穂国もなかなか安定してきたようで、しっかりと基盤を固めつつありますね

安重守は我が家も2頭出荷しましたが、やはりちょっと厳しい感じでありました

でもまだ肥育の結果が出揃っていないし、様子見ってところでしょうかね

実際、肥育されている素牛を見た事がないので、見てみたいという気持ちが強いです(*^_^*)

資金に余裕があれば今買っておけば更新もスムーズなんでしょうが、今買った母牛の

子が出るころにはまた安い時期が予想されるので考え所です

忠富士の値段、頭数を維持しつつの、美穂国の登場は、いい主役交代ですね。乱高下せず、購買者さんを飽きさせずなので、繁殖農家も安心なのではないでしょうか。今回の下げは市場の評価が下がったのではないので、この後の展開が大事なのでしょう。さあ、このあと美穂ママにはだれがつくのかな?

しんさん

美穂国が使えるという評価になってきてるみたいでよかったです。
弊社ではまだまだ出荷頭数が少ないのですが 母体次第な感じです。
安重守はまだ出荷してないので分からないです。今買うのは一種の
ギャンブルみたいな話なので やはり結果がわかってる方に行きます
よね。

kawabata さん

忠富士がいなくなる前に美穂国にめどが付きつつある感じですね。
そのあと何をつけるかは それぞれなのでしょうが今なら勝平正
か秀菊安かでしょうね。新規の若雄に相性のいいのが出てくると
良いですね。

ご無沙汰しております、子牛が下落した!!というよりも枝肉相場を考えたらもちょっと下がるのでは?。

けど子牛生産農家は最低限の必要経費が月刻みで高くなってるので早いうちにギブアップすると思います。

これから子牛生産農家が取り組まなければいけないこと2つ!!。

子牛の発育を妨げる要素(下痢予防、駆虫、気管支炎、密飼いによる通気の悪さ)をできるだけ排除する。

粗飼料の自給率アップ(皆さん、今年は良質なイタリアンとエン麦を収穫したのでは)。

みんなの知恵を出し合って今を乗り切りましょう!!。

PS.我が家は繁殖素牛として6月4日産まれ体高約125cmの美穂国×福桜×安平のデッカいやつ買いました落札価格\365.000-。

ushikaidaisukiさん

お久しぶりです。繁殖も肥育も厳しい状態ですね。日本は牛の数自体は
ここしばらく減っていくのかと思います。いかに生き残っていけるか
それぞれの力量が試されるのではないでしょうか。
美穂国の繁殖素牛買われたのですね(*^。^*)噂の「くみこ」号 ですか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 口蹄疫・家畜防疫連携会議開催 2012年5月 | トップページ | 口蹄疫・黄砂説再び »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブクログ

  • ブクログ

ブログパーツ

  • 3月31日まで投票できます

  • ジオターゲティング