山崎畜産HP

ランキング参加中

無料ブログはココログ

« 口蹄疫・口蹄疫復興方針工程表を改訂へ(口蹄疫復興対策連絡会議) | トップページ | 口蹄疫・発生から2年 »

2012/04/19

京都 寺町三条「三嶋亭」

言わずと知れた すき焼きの老舗「三嶋亭」

神戸出張の際に、京都まで足を延ばし行ってきましたよ。

20120412mishima1

三嶋亭にお邪魔するのは2度目。

前回は食べるのに夢中で写真を撮れなかったので、今回は撮りまくりましたぜ!

もちろん、お肉も売ってます。

20120412mishima2

▼趣のある個室に通されました。築139年だそうです。

20120412mishima3

20120412mishima4

▼箸置きも、三嶋亭のシンボル「行灯」(ガス燈)の形

20120412mishima6

▼八角形のコンロ

20120412mishima5

▼前菜

20120412mishima8

20120412nishima7

▼いよいよ登場 本日のお肉~!!

20120412nishima9

基本、すき焼きは仲居さんが作ってくれます。

この手際と手順を見ていると

「すき焼きって、煮る料理じゃなくて焼く料理なんだよなぁ」

なんてしみじみと・・・。

鍋に砂糖を入れて・・・

20120412sukiyaki1

肉を広げいれ、特製割り下を・・・

20120412sukiyaki2

20120412sukiyaki3

20120412sukiyaki4

1枚目のお肉を頂いたら、次に野菜

20120412sukiyaki5

20120412sukiyaki6

2枚目のお肉~

20120412sukiyaki7

20120412sukiyaki8

20120412sukiyaki9

野菜の旨みを吸った2枚目のお肉は1枚目とは、また違った美味しさです

▼大好きなお麩!!  「安平麩」というらしいです
 あの宮崎の誇る名牛「安平」と同じ字ですが「あんぺい」と読みます

20120412anpeibu

 
卵の追加をお願いして、野菜と3枚目のお肉を食します

20120412sukiyaki10

そして、〆は 禁断の卵かけごはん  (* ̄ー ̄*)
肉と野菜の旨みを吸った卵、たまりません!

今回は、おきて破りの卵かけごはんを食べちゃったわけですが、香の物が付きますし、最初に出された「しぐれ煮」で御飯を召し上げるのが常道かとも思います(^-^;

コースで頼むと最後にデザート(果物)も出てきます!

20120412tkg

以前、大阪の肉屋さんが
「黒毛和牛のロースの一番美味しい食べ方は、すき焼きだと思う!」
と、強く語っていらしたのですが、あらためて「なるほどなぁ・・」って
思ってしまいました。

▼三嶋亭の社長さんと写真を撮らせて頂きましたよ!

20120412mishima10

社長さんや、肉の買い付けをされている部長さんとも少しですが
お話しさせて頂きました。

ウチの牛さんのお肉、三嶋亭さんも神戸で相当量を購入して下さっています。
店頭に並んだり、料理に使われたりしてるわけですが・・・

「脂の質さえ良ければ、少々無理しても買います!」

と言って頂けました。
まぁ、裏を返せば「脂質が悪けりゃ、買わないからね!」
って事でもありますね。

実際、この日の競り市では脂質を気に入って頂けた物が少なくて・・・

同じ様に育てていても、同じ脂質の肉を作るのって難しいです。
まだまだ勉強・精進せねば・・・ってところでしょうか。

三嶋亭

住所:京都府京都市中京区寺町通三条下ル桜之町405

電話:075-221-0003

京阪三条駅から徒歩8分
地下鉄東西線 市役所前から徒歩5分

営業時間:11:30~22:00

定休日:水曜日(不定休)

http://www.mishima-tei.co.jp/index.html

にほんブログ村 企業ブログ 酪農・畜産業へ ビジネスブログランキング 人気ブログランキングへ
↑ポチッとお願いします~

※おまけ♪

三嶋亭の御主人に道順を教えて頂き、桜も見てきましたよ。

途中にあった「池田屋」
あの新選組の池田屋事件(池田屋騒動)のあった場所です。
昔見た時にはケンタッキーだったのですが、池田屋さんになっていました(笑)

Ikedaya

高瀬川沿いの桜の並木

20120412sakura2

20120412sakura1

« 口蹄疫・口蹄疫復興方針工程表を改訂へ(口蹄疫復興対策連絡会議) | トップページ | 口蹄疫・発生から2年 »

お店の紹介」カテゴリの記事

外食・お取り寄せ・グルメ」カテゴリの記事

コメント

10年前に一度行ったことがことがあります。
入庁1年目の肥育部会の研修でした。その時、三嶋亭の社長さんともお会いしました。

価値もわからずに、「うまい、うまい」と食べ続け、お会計の時に、私ひとりで、2万円ぐらい食べていました。

今でも、肥育部会の人達に、その時の事をからかわれたりしますが、今になると、経験して良かったと思っています。

自分の担当する農家さんが作るものが、こんな美味しいものになるということが、自分に少しプライドを授けてくれたように思います。

三嶋亭にもあるなんて流石、山﨑牛!

しぐれもめちゃうまですよね。

うあああああ 食べたい!すいません。発作です。
シャチョ―いいなぁ~。

三嶋亭

情緒あふれる・・・うーん、なんともいい感じですね。(o^-^o)

おいしいお肉が更においしく感じられるんでしょうね~。


やっぱりお肉は脂質ですよね、
同じA5(BMS8)でも、何切れも食べれるものと、
5切れでご馳走様ってありますよね。
脂(あぶら)がくどい(質と量)とおいしく感じないですよね。
「この前のA4のほうがおいしかった」なんてよくあります。

京都とはなつかしいです。
私の過去の仕事のフィールドは京都でしたので、あの華やかさがよみがえってきますね。3月には「花灯路」、4月には各場所で桜のイベントをやってて、平安神宮では「紅しだれコンサート」と称して苑内の桜と音楽をセットで楽しめ、桜は圧巻です。立体的な桜の庭園は、正直感動します。
さすがに地元民でしたので、三嶋亭さんには行ってないですね。行っておけば良かった。でも、地名を聞いてるだけで、いろいろ思い出されてうれしかったです。おおきに^^どうも~。

ヤッバのNさん

行きましたか~!正直、お高いです(笑)
でも、食べる価値は絶対にありますよね。

三嶋亭さんは産地に拘らず、市場で見て気に入った物しか購入されません。
「○○牛だから」は通用しません。
生産側から見れば非常に厳しい購買者ですが、それだけに購入して頂けた時は嬉しいです。

しぐれ煮もたまらんです~。御飯がすすむすすむ(笑)

はまちゃん

建物も風情がありますし、特に海外からの観光客は喜ばれるのではないでしょうか。

お肉の脂質に関しては、私もこのブログで色々書いてきましたが、
長年、牛肉を扱ってきているお店の方の言葉は、やっぱり重いです。
融点の低い、しつこくない脂を目指しているつもりですが、
やっぱり、全部に合格点をもらえるわけじゃないんですよね。(;´▽`A``

kawabataさん

そうか、京都はお詳しいんでしたね。
今年は桜の開花が遅れていて、行った時がほぼ満開、ラッキーでした。
時間があれば、他でも見たかったです。
写真は木屋町あたり。
寺町通りは、古本屋さんなどが面白かったです。

高島屋や大丸の三嶋亭では、もっと気軽に食べられるようです。
京都へ行かれることがありましたら、ぜひ!

京都の高瀬川と桜と言えば…
京都の工具メーカーさんの自転車用スパナに高瀬川の川面と桜をイメージしたという
デザインの物がありますよ、実物見た事ありますが日本の和って感じでしたねgood
http://ktc.jp/catalog/html/ms3-08t~15t.php

相変わらず、非常に面白い内容ですね。ワクワクして読みました。
私も死ぬまでには、三嶋亭に行ってみたいドス。

YOSHIさん
リンク先拝見しました。なかなか素敵な工具ですね。
高瀬川って思ってたよりずいぶんちっこい川でしたが
見事な桜が両岸にずーっと咲いていて壮観でした。
デザインに取り入れようと思うのもうなずけます。

三股の黒太郎さん

もしやあなたは「べぶブラック」さん?(笑)
というのは冗談ですが、初書き込みありがとうございます。
三島亭 もちろんお肉も最高ですがやはり雰囲気がすごいです。
ぜひ一度行かれることをお勧めしますドス。(^_^.)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 口蹄疫・口蹄疫復興方針工程表を改訂へ(口蹄疫復興対策連絡会議) | トップページ | 口蹄疫・発生から2年 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブクログ

  • ブクログ

ブログパーツ

  • 3月31日まで投票できます

  • ジオターゲティング