山崎畜産HP

ランキング参加中

無料ブログはココログ

« 「学校給食に牛肉を!(勝手に命名)」プロジェクト その1 | トップページ | 「学校給食に牛肉を!(勝手に命名)」プロジェクト その3 »

2012/03/17

「学校給食に牛肉を!(勝手に命名)」プロジェクト その2

小林市に給食の食材として「牛1頭」を提供するよ!

って事で気楽に考えていたのですが、

①どこで と畜をするか

②部位ごとに分ける作業はどうするのか・・・

③細かいカッティング作業をどこでするのか・・・ 

④その費用はどこが持つのか・・・

⑤お肉は給食で使うとして、副産物(皮・内臓)はどうするのか・・・

⑥メニューはどうするのか
(数カ所ある給食センター及び学校の給食室の設備によって、できるメニューとできないメニューがあったりする)

⑦児童・生徒に公平に分配するにはどうすれば良いのか・・・

・・・などなど問題が次々出てきます。

Photo

Photo_2

▲野尻町学校給食センターの調理室
 
 

実行に移すにあたって、結構、面倒な話が多いんですねぇ。

これって全部、牛を引き受ける行政側が調整しなきゃいけない問題になっちゃうんです。

考えてみれば、役所の仕事って「予算」にかかわる部分が大きくて、

ウチが「牛1頭提供するよ!」と言ったところで、
それに関わる費用を、どこから捻出するのか・・・

給食の材料を収める業者さんへ支払う予算も決められているわけで、
それをどう調整するのか・・・

思ってもみなかった色んな問題が生じてきます。

いや、それに気が付かなかった私達が悪いのですが・・・

ウチが「牛1頭、提供するよ」と言ったばっかりに
市役所の人達に余計な仕事を増やしてしまった格好になってしまいました。

なんか申し訳ない・・・

Photo_3

▲給食のメニューと食材 なんか懐かしい

①に関しては、小林市立食肉センターでの と畜が決まり、

②と③に関しては市役所側も色々と当たってくれたのですが、結局、小林市内に自社牧場を持ち飲食店も経営している「西ノ原牧場・焼肉ステーキ なかにし」さんが枝肉の解体・脱骨・ブロック分け・カッティングまでやって下さることになり、

Photo_4

▲「西ノ原牧場・焼肉ステーキ なかにし」さんがカッティングしてくれた肉
 
小分けされ、それぞれの給食センター・学校に運ばれた



④の費用に関しても、ヒレ肉など一部を「焼肉ステーキなかにし」さんが購入してくださることで、その代金で と畜料、検査料、その他の費用を捻出することができ、

⑤に関しても、業者さんが買い取って下さり、④の費用の一部に充てられ、

⑥と⑦に関しては、栄養士さんや給食センターの職員の方々、献立担当者が話し合い、
牛丼、ビーフシチュー、ハヤシライスという3種類のメニューが決まり、

小林市が給食で取り組んでいる月に一度の「地産地消の日」に提供されることになりました。

Photo_5

(つづく)

にほんブログ村 企業ブログ 酪農・畜産業へ ビジネスブログランキング 人気ブログランキングへ ポチッとお願いします~

« 「学校給食に牛肉を!(勝手に命名)」プロジェクト その1 | トップページ | 「学校給食に牛肉を!(勝手に命名)」プロジェクト その3 »

地域のこと」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

牛の仕事」カテゴリの記事

コメント

一年半ぶりのコメです!
牛肉の提供誠にありがとうございます、当方の娘より給食の時、校内放送で
「本日の牛肉は、山崎畜産より提供していただきました。」
と、私に報告してきました。娘いわく、「すげーおいしかった」。とのこと、とーちゃんも
食いてーと叫んだ次第です。
地産地消とよく言われておりますが、今現在の給食センターの運営(給食費の未納)
では、なかなか今回の様なスペシャル黒毛和牛の献立は、最初で最後かな?
と思います。しかし今回保護者の立場よりあつく御礼申し上げます。
有難う御座いました。
また、コメします。

ぐうぜん、このブログ記事を拝見しました。
たいへんだったようですが、とても素敵な取り組みですね。
私も地元農家さんの牛肉や豚肉を地域の子供たちに食べてもらう取り組みをしています。

いやあ、よかったよかった。昼間っから校庭で焼き肉大会かと思いました。
それにしても、一頭からパックまでに何人もの手がかかり、工程を経て、手数料がかかって精肉なのですね。⑤が決め手な感じがします。

牛に飼われてるおやじさん

お久しぶりです~ヽ(´▽`)/ お元気でした?
口蹄疫の最中は、牛に飼われてるおやじさん はじめ、牛飼いさんや西諸牛命さんや、
その他いろんな方々のコメントのお陰で、すごく救われていた気がします。
ホント、ありがとうございました。

娘さん、給食食べて下さったのですね。嬉しいhappy02
「学校給食に牛肉を!(勝手に命名)」プロジェクト その4」にも書きくつもりですが、
給食費の問題、未納の問題、市役所の人に聞くまで知らない事ばかりでした。

給食に和牛を使って貰うって、本当に難しいんですね・・・
今後も、こんな取り組みができるよう、がんばって行きたいと思ってます。

またぜひコメント下さいね~up

学長さま

コメントありがとうございました。
実は、学長様のブログ、以前から拝見しておりました。
殊、肉のカッティングの話など、参考にさせて頂いておりました。

kawabataさん

>昼間っから校庭で焼き肉大会かと思いました。

いや、給食だから、流石にそれはcoldsweats01

小林市の職員の方から
「黒毛和牛の美味しさを分かってもらうには、もっと違う食べ方もあるのでしょうが、無理!」
と言われました(笑)

焼肉大会はJAの方に任せますbleah

牛を流通させるためには、ホント色んな人の手を経ねばなりません。
と畜にも、解体にも、カッティングにも職人さんの手が必要です。
これが「安くならない理由」でもあるわけですが・・・。

副産物(内臓や皮)の流通は、また、枝肉の卸屋さんとは違った業者さんが入っており、
なかなか ややこしいです。

「タン」なら、ウチが買い取ってもいいぞ~!
なんて思ったりもしたのですが・・・なかなか(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「学校給食に牛肉を!(勝手に命名)」プロジェクト その1 | トップページ | 「学校給食に牛肉を!(勝手に命名)」プロジェクト その3 »

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ブクログ

  • ブクログ

ブログパーツ

  • 3月31日まで投票できます

  • ジオターゲティング