山崎畜産HP

ランキング参加中

無料ブログはココログ

« 口蹄疫:防疫演習 結果とその検証(H24年1月30日~2月3日) | トップページ | ヒレステーキわさびクリームソース »

2012/03/28

土佐あかうしを食べてみた 

たまたま行ったスーパー(フーデリー高岡店)に土佐あかうし は鎮座しておりました!

たまたまやってた「高知県フェア」

いやぁ、前から一度は食べたいと思っていた「土佐あかうし」です!

パンフレットも店頭に置いてありました。

Photo

子牛の登記も!見たことのない血統だわ(あたりまえですね)

Photo_2

んでもって、今回購入したのは次の3種類です。

・サーロインステーキ用

Photo_3

・モモステーキ用

Photo_4

・ばら切り落とし

Photo_5

サーロインとモモは、もちろんステーキにしてみました。

下の写真の手前左側がモモ、右の3切れがサーロインです。

Photo_6

サーロインの脂がさっぱりしていて食べやすい!

これなら私でも200g位は軽く食べられそうです。(* ̄ー ̄*)

モモステーキはしっとりと柔らかでジューシー。

正直、モモ肉のジューシーさで言えば黒毛を凌駕していると思いますよ。

溢れる肉汁、た・ま・ら・ん!!!

って感じ。

やっぱり、あか牛のモモ肉のステーキは最高だわ!

今度はモモのサイコロステーキを食べてみたい!

牛肉の脂が少々キツク感じられるようになったお年頃の方でも
「たまにはステーキも食べたいよね」と思うはず。

そんな人にホントぴったりのお肉だと思うのです。

Photo_7

ばら肉切り落としは、牛丼に。

まぁ部位の関係で仕方がないのでしょうが、こっちは少々固め。

非常に脂身の多い切り落としにも関わらず、これもさっぱりと頂けました。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

まぁ・・・褒めちぎってばかりでもアレなんで・・・

(ほら、ウチって一応、黒毛和牛生産者なもんで・・・)

( ̄ー ̄)ニヤリ

熊本あか牛を食べた時にも、同じ様な事を書いたのですが、

やっぱり「脂の甘味」は黒毛和牛の方が優っていると思います。

黒毛和牛のお肉を焼いた時に立ち上る「芳香」も感じられません。

この「脂の甘味」が感じられないせいなのか、どうなのか・・・
牛丼の様な醤油と砂糖ベースのタレで煮ると、肉の旨みが消されてしまう気がしました。

「肉が味付けに負けちゃう」

そんな感じでしょうか・・・

やっぱり、すき焼きにするなら、あか牛より黒毛和牛を選んじゃうなぁ・・・

ま、あくまでワタクシ個人の感想ですので。

でもね、自分で焼くモモのステーキなら、絶対あか牛の方を選ぶと思うのよ。
素人が焼いても「柔らか、ジューシー」ってのは、凄い強みだと思います、マジで。

※関連 肉の日なんでステーキ食った!熊本市「カウベル」
    http://koji.air-nifty.com/cozyroom/2011/05/post-c588.html

にほんブログ村 企業ブログ 酪農・畜産業へ ビジネスブログランキング 人気ブログランキングへ
↑ポチッとお願いします~

« 口蹄疫:防疫演習 結果とその検証(H24年1月30日~2月3日) | トップページ | ヒレステーキわさびクリームソース »

外食・お取り寄せ・グルメ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

よし、行ってきます。

ヤッバのNさん

床屋のおねえちゃんが
「火曜日に半額セールやってた!」
と言ってたので、もう無いかも・・・・( ̄◆ ̄;)

バリ美味しそうですね・・・ lovely

とにかく 食べたいです・・・ smile

さきほどは 失礼致しました・・・ coldsweats01


楽しみにしております・・・ lovely

これは食わねばhappy01

農大時代の同級生が高知で赤牛&F1(和牛×赤牛)の一貫をやってますが(家までは行ったこと無いのですが)、彼の結婚式で赤牛のステーキが出てきました。確かに食べやすかったです。

赤牛って、枝肉の単価的にはどうなんでしょうかね?餌は和牛と変わらないと思うのですが…

★岩ちゃん

美味しかったですよ~。本日、カレー用のスジ肉を購入してきました。
あ、これはあか牛じゃないけどhappy01


★しんさん

もう売り切れかもね。年に1回はフェアーをやってるらしいので、また来年やね!

しげしげさん

今回食べた あかうしの生産者さんは宮崎にもいらしたことがあるらしいですよ。

>赤牛って、枝肉の単価的にはどうなんでしょうかね?

肉牛ジャーナル2月号によれば・・・

昨年10月から「仕切り値制度」というものを設けているそうです。
A2以上の枝肉のうち、月例27ヶ月以上、瑕疵の無い物を1400円からセリにかけ、
黒毛和牛の相場の影響を受けない体制作りができてるみたいです。

これは熊本あか牛も同じ様な事をしていると農業新聞の記事にありました。
大体、最低でもキロ単価1600円程度で売れる様な取り組みをしているとか。

どちらの「あかうし」も、そういった体制ができたのはつい最近の事で、
やはりそれまでは、単なる「格付け」による値付けだったみたいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 口蹄疫:防疫演習 結果とその検証(H24年1月30日~2月3日) | トップページ | ヒレステーキわさびクリームソース »

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ブクログ

  • ブクログ

ブログパーツ

  • 3月31日まで投票できます

  • ジオターゲティング