山崎畜産HP

ランキング参加中

無料ブログはココログ

« 2月9日は・・・何の日? | トップページ | 口蹄疫・安愚楽牧場の獣医師を書類送検 »

2012/02/12

口蹄疫・安愚楽獣医師 隠蔽は否定

「診察せず投薬指示」 安愚楽牧場の獣医師 
         口蹄疫隠蔽は否定 県警事情聴取

http://www.the-miyanichi.co.jp/contents/?itemid=43743&catid=74&blogid=13&catid=74&blogid=13

宮崎日日新聞 2012年02月11日

 本県で発生した口蹄疫に絡み、破産した畜産会社「安愚楽牧場」(栃木県)の男性獣医師が川南町の同社直営農場で牛を自ら診察せずに医薬品投与などを繰り返した疑いがあるとして口蹄疫被害農家から獣医師法違反の疑いで告発された問題で、獣医師が県警の調べに「電話で従業員に投薬を指示した」と認めていることが10日、関係者への取材で分かった。

 獣医師法は原則、獣医師が診察しないで投薬することを禁じている。県警は慎重に捜査を進めている。

 関係者によると、獣医師への事情聴取は昨年末までに行われた。獣医師は、口蹄疫発生前の2010年4月ごろ、感染疑い7例目となった同社直営農場(川南町)の農場従業員から「風邪の症状を示す牛がいる」と相談を受けた際、牛を直接診察することなく、電話で全725頭に投薬を指示したことを認めているという。

(以下転載)

 県畜産・口蹄疫復興対策局は、同農場からの通報時、全725頭のうち半数の牛に異変があったことを重視。このような事態は投薬で済ませるのではなく、獣医師法に対する農林水産省の見解では診察をするべき「特別の変状」に当たるのではないかとして、11年11月、獣医師を文書で指導している。

 県の口蹄疫対策検証委員会は11年1月にまとめた最終報告で、10年3月下旬には同農場の牛が風邪や食欲不振の症状を示していたことなどから、感染の初発となった可能性に言及していた。

 ただ、獣医師は「症状が出ていない牛に風邪がうつるといけないので、予防の意味を込めて全頭に投薬を支持した。当時はまだ口蹄疫の発生前なので、感染を隠そうとする意図もなかった」と強調しているという。

 口蹄疫被害農家の男性2人が11年10月、高鍋署に告発状を提出し、同署は同年11月に受理した。告発状によると、獣医師は10年3月から4月にかけて、同社直営農場の牛を直接診察することなく、従業員に投薬を支持した疑いがあるとしている。

 同署と県警生活環境課は、同社本社や本県内外の直営牧場を家宅捜索したほか、獣医師や当時の従業員ら関係者から任意で事情を聴いている。

※メモ・独り言

 1月20日に「安愚楽牧場を家宅捜索」のニュースが流れた。
 その後、どうなっているのか気になっていたが、昨日(2/11)の宮日に記事が。

 獣医師は、電話での指示は認めているが隠蔽に関しては否定しているとのこと。

 
 昨年12月20日に、口蹄疫の被害農家などでつくる「口蹄疫の真相を究明する連絡会議」が公開質問状を県に提出している。

 口蹄疫発生前の去年2月、高鍋町内の牛を診察した獣医師から、県の家畜保健衛生所に、口蹄疫疑いの通報があったらしい。(質問状では、その際、PCR検査で口蹄疫の感染の有無を確認しなかった理由を質している)

 これに関してはFLASH(2012年1月31日号)に『宮崎口蹄疫 公式発生2ヵ月前 県庁が握りつぶした「感染牛」』という記事が載せられている。

 記事によれば、高鍋町のある農場で口蹄疫発生前の2月15日に口腔内に腫瘍のある牛が見つかったが、県の家畜保健衛生所が検体を送らなかったという。

 この高鍋町の口蹄疫疑いの牛がいた農場に隣接しているのが安愚楽牧場で、元従業員は「2月ごろ、『(牛が)元気がなくて、よだれが出ている』という報告があり、口蹄疫を疑いました。しかし、幹部は場内だけで事態を収拾しようとしていたのです。じつは担当の獣医師も口蹄疫を疑い、県に報告しようとしてたのですが、幹部に阻止されました」と証言しているという。

 公的に(国の調査で)1例目とされた水牛農家の担当獣医師は、ここ(安愚楽牧場)から質問状にある高鍋の農場に口蹄疫がうつったのではないかとみている、という。

 まぁ、当ブログ的には、はっきりしない事には「・・・という」という書き方しかできないわけだが・・・。

 何度でも書く。

 感染源がはっきりしないがために、再開できない農家がいる。
 不安で不安でたまらない人たちがいる。

 感染源とされた農家が悪いわけではない。

 感染してしまったことは、しょうがないのだ。

 被害を広げないために通報した農家は、賞賛されるべきだ。
 決して非難されてはいけない。

 通報を怠った農場関係者は、感染源特定のためにも、
 どうか本当の事を話してほしい。
 もう「あなたたち個人」を責める人はいないと思うから。
 

 

関連

口蹄疫・安愚楽牧場を家宅捜索
 http://koji.air-nifty.com/cozyroom/2012/01/post-7e2d.html

口蹄疫・安愚楽牧場を家宅捜索2
 http://koji.air-nifty.com/cozyroom/2012/01/post-aa3b.html

口蹄疫・安愚楽の獣医師への告発受理
 http://koji.air-nifty.com/cozyroom/2011/11/post-62a9.html

安愚楽牧場・口蹄疫被害で安愚楽の獣医師告発へ
 http://koji.air-nifty.com/cozyroom/2011/10/post-e936.html

安愚楽牧場・口蹄疫被害で安愚楽の獣医師告発へ2
 http://koji.air-nifty.com/cozyroom/2011/10/post-fcf3.html

口蹄疫・被害農家らが公開質問状
 http://koji.air-nifty.com/cozyroom/2011/12/post-2945.html

« 2月9日は・・・何の日? | トップページ | 口蹄疫・安愚楽牧場の獣医師を書類送検 »

口蹄疫関連」カテゴリの記事

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブクログ

  • ブクログ

ブログパーツ

  • 3月31日まで投票できます

  • ジオターゲティング