山崎畜産HP

ランキング参加中

無料ブログはココログ

« 口蹄疫・似た症状の牛の検体送付 | トップページ | 安愚楽牧場・八重山、北海道への影響(2011年11月) »

2011/11/14

新規種雄牛 早期造成急ぐ(宮崎県)

新規種雄牛 早期造成急ぐ     口蹄疫で宮崎県 3年後に15頭へ

日本農業新聞 2011年11月5日付転載(改行等含む)

 昨年の口蹄疫発生で県有種雄牛55頭のうち、50頭が殺処分されたことから、県は新規種雄牛の早期造成を急いでいる。

 2013年度には現在の教養種雄牛5頭を13頭に、14年度には15頭に増やす。

 産能力後代検定控えの待機牛も30頭まで増やし、同年度以降は計45頭体制を維持していく考えだ。

 新規種雄牛の早期造成は昨年度できた県種畜再生対策基金(15億円)を活用している。10月末現在、高鍋町の県家畜改良事業団種牛センターに供用牛3頭、待機牛11頭、高原町の産肉能力検定所に同2頭、同8頭がいる。

 県の計画では12年度は待機牛だけ10頭を増やして計39頭。13、14年度に供用種雄牛を増やし、待機牛と合わせてそれぞれ計45頭に持っていく。

 12年度からはリスク分散から西米良村内に同事業団分場を整備し、そこで計20頭、同事業団種牛センターで計25頭を飼養する。
 
 県では口蹄疫の際、一時避難させた西都市の尾八重牧場施設も、緊急避難施設として確保したままにする。

« 口蹄疫・似た症状の牛の検体送付 | トップページ | 安愚楽牧場・八重山、北海道への影響(2011年11月) »

種雄牛の話」カテゴリの記事

コメント

新製品がぞくぞく発売中で、名前も覚えられず、特徴も血統もつかめませんです。お試ししようにも多すぎるし、時間がかかる。みんながテスターとなって、結果を情報発信して蓄積していくべきかと。どこかに種牛毎の情報を書き込めるようなサイトないかなぁ。wikiとか ヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ

kawabataさん

通常でしたらもうちょっと余裕をもって 
新しい牛は間験の結果がでてから本格的に使うって
感じだったのでしょうけど、、、
 
今、宮崎では結果のわかっている現役牛は5頭しかいないわけで coldsweats02
見切り発車的に使わざる負えない状態ですね。

>種牛毎の情報を書き込めるようなサイト

こんなのありますよ( ̄ー ̄)ニヤリ

牛wiki http://usi.cafe.coocan.jp/usi-wiki/?usi-wiki-Top

でたぁlovely牛wikiheart01
私もこれをお気に入り登録して暇なときにみてました(笑)
なぜかみやだいもうくんまで載ってるんですよねo(*^▽^*)o


12月にはわたしもみやだいもうくんに変身できそうです( ´艸`)プププ
さすが牛ムスメheart01(自分で( ´艸`)笑)

hanaさん

牛wiki ちょくちょく見てるのですが 
もうくんなかなかの人気者ですよhappy01
ランキングが下がったら応援しようと思っているのですが 
私が投票するまでもなくついにベストテンに入ってしまいました。sign02
もうくん出没情報shineわかったらぜひ教えてください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 口蹄疫・似た症状の牛の検体送付 | トップページ | 安愚楽牧場・八重山、北海道への影響(2011年11月) »

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ブクログ

  • ブクログ

ブログパーツ

  • 3月31日まで投票できます

  • ジオターゲティング