« 宮大Beefカレー | トップページ | 口蹄疫・宮崎県の種牛、西米良村で分散管理 »

2011/09/16

安愚楽牧場・関連報道 9/16

「これからの方針が分からない」 安愚楽破綻で、戸惑う県内預託農家

下野新聞(9月16日)

http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/local/news/20110915/610990

 黒毛和牛生産の安愚楽牧場(那須塩原市埼玉)が民事再生手続きを申請し、経営破綻が表面化してから1カ月が過ぎた。和牛オーナーに対する債務は約4200億円。同時に大きな問題となるのが、同社から子牛の預託を受ける肥育農家の今後だ。「これからの方針が分からない」「肥育をやめるしかない」。見えない先行きに、県内でも戸惑いや不安の声が上がっている。

 オーナー制度では繁殖牛が契約対象となり、生まれた子牛の売買により収益が出る。県によると、子牛を預かり出荷適齢期まで育てる預託農家は県内に6戸、飼養頭数は計約1400頭。農林水産省の調べでは全国の預託農家は346戸、約7万3500頭に上る。

 ■餌を削減

 県内の複数の預託農家によると、預託料は1頭当たり1日百数十円。餌代は安愚楽側が負担する。「電気代や寝床の敷料が農家持ちになる」という。

 翌月払いだった預託料は8月以降、2週間ごとの前払いに変更され、支払われているという。しかし、7月分の預託料は未払いとなっている。

 8月下旬には安愚楽側から、餌の量を半分に減らすよう求めるファクスが届いた。「腹を空かせて鳴く牛もいる。かわいそうで、多めに与えていた」という農家もいる。今月に入り、3分の2にまで戻すよう指示があった。

 ■別の預託元探す

 現在飼養中の牛は、安愚楽側の指示を受けて出荷できる見通しだが、今後の預託について説明はないという。

 県内農家の一人は「預託ではなく、個人で1頭50万円の子牛を購入して200頭飼うとすれば、億単位の投資が必要。個人では無理なので、別の預託元を探すしかない」と打ち明ける。

 別の農家も「自分の牛を肥育していたときは、牛肉価格の低迷もあり赤字続きだった。預託がなければ肥育をやめるしかない」とあきらめ顔だ。

 「この先のことは、だれに聞いても『分からない』と言うだけ」「オーナー債権者への説明はあった。預託農家にも配慮してほしい」。不安を抱えたまま、牛と向き合う日々が続いている。


連絡会議立ち上げ 北海道の農家やJA

 日本農業新聞 2011年9月16日付転載(改行等加えた)

 安愚楽牧場(栃木県)が経営破たんした問題で、北海道内の預託農家37戸と同社と取引がある5JAが15日、「JAグループ北海道安愚楽債権者連絡会議」を立ち上げた

 JA北海道中央会の顧問弁護士が代理人となり、債権回収や預託事業の継続などに向け同社との交渉を進める。

 連絡会議事務局の道中央会は同社の破綻を受け顧問弁護士の澤田昌廣弁護士に預託農家やJAに対し、債権回収などにかかわる委任の取り付けを進めている。連絡会議は同日までに委任取り付けに応じた農家、JAで立ち上げた。

 連絡会議は同日、札幌市で初会合を開催。澤田弁護士によると、預託事業の引き受け手確保に向け同社に協力を求めることを確認した。一方、預託を止めたい農家もおり、牛の売却先の確保などの課題も想定されるため、意向ごとに農家を分け、同社側と交渉することにした。

 預託農家は同社から未払いの預託料があるため、連絡会議は牛の返却と引き換えに未払いの預託料を回収する交渉も想定。澤田弁護士は交渉に向け「牛の所有権を持つ主体の特定が第一の課題になる」としている。
 
※関連  牧場主30人、安愚楽連絡会議発足へ・・・債権回収目指す(読売)
     http://koji.air-nifty.com/cozyroom/2011/09/99913-12c3.html


安愚楽でプロジェクトチーム発足 自民党
日本農業新聞 (09月16日)
http://www.agrinews.co.jp/modules/pico/index.php?content_id=9395

 自民党は消費者問題調査会に安愚楽牧場問題対策プロジェクトチーム(PT、座長=柴山昌彦議員)を立ち上げ、15日、東京・永田町の党本部で初会合を開いた。PTは、経営破綻した同牧場に出資していた和牛オーナーや、和牛を預かって飼育する預託農家の救済が目的。初会合ではこれまでの経緯を確認し、オーナー制度に対する法規制強化の必要性などを話し合った。

(以下新聞より転載)
 オーナー側の弁護団長を務める紀藤正樹弁護士は「安愚楽牧場は経営に問題が多い」とし、「資金繰りが悪化したのにもかかわらず、オーナーに通常より高い配当金を出していた」「コスト削減のため、餌を半分にするよう安愚楽牧場は預託農家に要請していた」などの問題点を指摘した。

※関連  柴山昌彦ブログ平成23年9月10日
http://shibamasa.blogspot.com/2011/09/blog-post.html

※メモ、独り言

下野新聞の預託農家の話は、全部「肥育農家」のもよう。
「繁殖」の預託は栃木にはいないのか?

北海道では「JAグループ北海道安愚楽債権者連絡会議」が立ち上がった。
牛の返却と引き換えに未払いの預託料を回収する交渉も想定。

鹿児島では「預託農家弁護団」が結成されている。
参照:http://koji.air-nifty.com/cozyroom/2011/09/post-4475.html

鹿児島の弁護団に宮崎の預託農家も入りゃいいのになんて簡単に考えてしまうわけですが
・・・・どうなんでしょ???

« 宮大Beefカレー | トップページ | 口蹄疫・宮崎県の種牛、西米良村で分散管理 »

安愚楽牧場関連記事」カテゴリの記事

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブクログ

  • ブクログ

ブログパーツ

  • 3月31日まで投票できます

  • ジオターゲティング