山崎畜産HP

ランキング参加中

無料ブログはココログ

« 口蹄疫・マスコミ報道他 2011年7月 1 | トップページ | 座れる牛さんのぬいぐるみ »

2011/07/10

口蹄疫・入国者への質問票配布始まる

海外での家畜接触把握  国際線内で質問票配布 
   口蹄疫対策を強化  10月から農水省

宮日 2011年7月10日付転載

 口蹄疫などの国内への侵入を防ぐため、農林水産省は日本への入国者に、海外で家畜に触れたり農場に立ち寄ったりしたかどうかなどを尋ねる質問票を、国際線の航空機内や船舶などで10月から配布する。家畜伝染病予防法の改正に伴う措置で、農水省による質問票の配布は初めて。

 農水省によると、当面は家畜伝染病の発生国と、成田や羽田など主要空港を結ぶ路線での配布を検討。当該者の携帯品を携帯品を検査、消毒したり、一定期間は国内の家畜飼育施設に立ち入らないよう指導したりする。

 これまでは旅行者の自主申告にとどめていたが、中国や韓国などアジア周辺国で口蹄疫の発生が続いており、国内の再発防止対策の強化が狙い。

 口蹄疫は、2010年に本県で流行したが、国際獣疫事務局(OIE)は2月に日本を「清浄国」と認定した。

 農水省動物衛生課は「質問票への回答で旅行客に予防の意識を持ってもらうとともに、回収率を高めて国内の発生リスクを少しでも抑えたい」としている。

« 口蹄疫・マスコミ報道他 2011年7月 1 | トップページ | 座れる牛さんのぬいぐるみ »

口蹄疫関連」カテゴリの記事

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブクログ

  • ブクログ

ブログパーツ

  • 3月31日まで投票できます

  • ジオターゲティング