山崎畜産HP

ランキング参加中

無料ブログはココログ

« 牛肉まぜご飯 | トップページ | 鬼太郎の好きなビーフカリー »

2011/06/13

口蹄疫・ウイルス黄砂運搬説 日本農業新聞より

昨年発生の口蹄疫  黄砂がウイルス運搬か 日本沙漠学会 否定的意見

日本農業新聞  2011年6月12日転載(改行・フォント・色を加えてある)

 2010年に宮崎県で発生した口蹄疫は中国西部から黄砂と一緒に飛来したウイルスが原因か------。
8日に筑波大学で開いた日本沙漠学会の発表会で、「黄砂運搬説」を補強する報告が相次いで紹介された。
初発とみられる昨年3月26日の推定発症日の数日前に強い黄砂が記録されていた他、3月14日には黄砂発生地の一つとされる甘粛省内で日本国内で発生したのと同じO型口蹄疫が発生したことなどから、発表した筑波大学の真木太一客員教授は「限りなくクロに近い」と指摘した。
しかし、昨年11月に農水省の口蹄疫疫学調査をまとめた学者の一人は「なぜ宮崎だけで発生したかなどを、黄砂説では説明できない」と否定的な見方を示している。
                   (山田優編集委員)

 黄砂説を主張する真木客員教授によると「九州全域で3月16日、21日に強い黄砂が発生、甘粛省の豚で発生した口蹄疫ウイルスが九州に運ばれ、風が落ちやすいと考えられる宮崎県の地上や建物に落下し、家畜に伝染した可能性が極めて高い」。

 同大学の森尾貴広准教授は「必ずしもウイルスが生存していたかどうかは確認できないが、国内3カ所で採取した黄砂から口蹄疫ウイルス特有の遺伝子の痕跡と思われる物質を検出している」と述べ黄砂説を補強する材料を示した。

 一方で農水省の疫学調査では感染ルートを特定することができず「海外から人や物を通じて持ち込まれた」と推察するにとどめ、黄砂説には触れなかった。

 調査を率いた動物衛生研究所の津田知幸企画管理部長は、日本農業新聞に対して「(真木氏らのグループは)昨年8月の段階でも同様に黄砂説を主張したが、補強材料が弱いと判断し、調査の取りまとめでは触れなかった。今回も『なぜ宮崎に発生したのか』『仮にウイルスが運ばれてもそれで発症するのか』などにこたえていない」として、調査結果の見直しなどは考えていないと言い切った。

 現時点ではっきりしているのは、宮崎県で最初の感染が疑われる直前に、黄砂の発生地で日本と同じ口蹄疫が発生し、日本で黄砂の到達が確認されたこと。
黄砂にウイルスの痕跡が付着していたとの報告もあったが、否定する人たちの疑問に答えきれていない。

 もし黄砂に原因があるとすると、口蹄疫対策にも影響が及ぶ。
国境での人と物を中心とした検疫と同時に「防風林の活用。韓国で活躍した大型噴霧防除機の利用の他、黄砂発生源での植林の推進」(真木客員教授)なども課題になる。

行政が黄砂説をすぐに採用するというのは難しいが、検証のための努力はすべきだろう。

※以下、センムの独り言

黄砂運搬説、確か2000年の口蹄疫の時にも囁かれていたような・・・・
黄砂説を全否定する気はサラサラないけれど、この真木氏の説の前提が「九州全域で3月16日、21日に強い黄砂が発生、甘粛省の豚で発生した口蹄疫ウイルスが九州に運ばれ…」ってのが気に入らない。

疫学調査の報告に対して、宮崎県の第3者調査会は「もっとしっかり感染源を調べるべきだ」と位置付けているんだが、その後調査したって話も聞かないし。

先日、地元放送局のMRTが特別番組を放送した。
その中で2010年4月25日に感染疑い事例が確認された7例目の栃木県に本社を置く全国規模の大規模農場(番組内でも敢えて会社名は出してなかったので、それに従うこととします)の患畜の写真が公開された。
舌は爛れ、皮は剥け、悲惨な状況だった。

番組内で、それを見た獣医師の言葉は「重症、重体。2~3日中には、これほどまでにはならない」

(ちなみに、この農場は後に宮崎県から「指導」を受ける事となる)

宮崎県の調査委員会は6例目と7例目、いずれかが、宮崎における口蹄疫発症の「最初の事例ではないか」と思っているらしい

6例目の水牛農家は自らのパスポートの履歴までをも提示した。
にも関わらず、疫学調査チームは7例目の農場にはどう対応したのか?

大規模農場だけに人や物の出入りは多かったはずなのに、本当に全てを調査したのか?
現場の従業員だけでなく、農場に出入りした全ての人物のパスポートは?
農場に入った物品、全てを調査したのか?

ひょっとしたら、推定している3月26日以前に7例目の農場で発症した可能性はないのか?

などなど・・・

色々考えてると、3月26日の推定発症日ってこと自体が、信じられなくなってしまうのだけれど。

だとしたら、黄砂説も俄かに信用できなくなるものになるのだけど。




日本中の畜産農家は、いや、特に宮崎県の畜産農家は

「どこから入ってきたのか」

が分からなきゃ安心できない状況なんですが。

« 牛肉まぜご飯 | トップページ | 鬼太郎の好きなビーフカリー »

口蹄疫関連」カテゴリの記事

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブクログ

  • ブクログ

ブログパーツ

  • 3月31日まで投票できます

  • ジオターゲティング