« 口蹄疫・県立図書館で企画展「心を一つに 防ごう 口蹄疫」 | トップページ | 牛の飼養衛生管理状況調査が キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! »

2011/06/20

土砂災害で牛が・・・

裏山崩れ牛舎の牛死ぬ

大雨警報が出ている小林市では、29日、畜産農家の農場の裏山が崩れて牛17頭が土砂に巻き込まれて死に、農場では、20日、牛を安全な場所に移す作業を進めています。

裏山が崩れたのは、小林市野尻町三ヶ野山の畜産農家の農場です。小林市によりますと、19日午後3時半ごろ、牛舎の裏山が高さ10メートル幅20メートルに渡って崩れ、牛舎にいた牛のうち17頭が土砂に巻き込まれて死んだということです。

農場では天候が回復した20日午後から生き残ったおよそ380頭の牛を小林市内にある別の安全な施設に移す作業を進めています。

現場は、小林市の山あいにある農場で、牛舎のほかえさを入れる倉庫や農業機械なども土砂に押しつぶされて使えない状態で、農場の関係者のほか、近所の人たちも手伝って牛を一頭ずつトラックに乗せて運び出していました。

農場の従業員は、「壊れた牛小屋の下敷きになっていた牛を助けましたが、再び土砂が崩れて牛も埋まってしまいました。自然にはかないません。生き残った牛を安全なところに移して梅雨が明けるのを待つしかない」と話していました。

NHKローカル 06月20日 19時20分


「小林市野尻町三ヶ野山」というので、山崎畜産ではないかと心配してくださった方もいらしたようです。
(ご心配をおかけしました。そして ありがとうございます)

ウチの牛舎のすぐ近くの、いつもお世話になっている方の牛舎での災害でした。

本日はシャチョー以下従業員総出で、お手伝いをしてきました。

助けられなかった牛がいたのは残念ですが、人的被害がでなかった事は不幸中の幸いでした。


まだまだ雨は続きそうです。
みなさま、お気を付け下さい。

« 口蹄疫・県立図書館で企画展「心を一つに 防ごう 口蹄疫」 | トップページ | 牛の飼養衛生管理状況調査が キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

心が痛みますsweat01
自分は今朝、子牛の診療にきた獣医さんから話は聞いていたのですが…
まさかこんなにたくさんの牛さんの命が犠牲になるとは…
農場の方の気持ちを考えると、同じ牛飼いとして、かなりツラいです…

山崎さん、関係者の方々、お疲れ様でしたsign03
そして、牛さんたちのご冥福を祈ります。

お疲れさまでした。

大変な一日でしたね。


病気も怖いですが、風水害も怖いですね。本当に。

これ以上の被害が出ないと切に願っております。


あと、沢山の畜産関係者、農家さんの協力はすごいなぁと思った次第です。

かなり気になっていました。
「シャチョーのところは1000頭以上だよな」っていろいろ考えていたところでした。

こちら(高原)も、土石流がいつ発生してもおかしくない大雨が続いている状態なので、かなり心配です。

昨日数年ぶりに偶然お会いして喜んでいたところの今日の報道。とても心配していました。奥様へのメール届いているかな?病気だけではなく天災でたくさんの牛さんの命が奪われてしまう。悲しいことです。唇を噛み締めて取材に応じていらっしゃった方のお顔が何とも切なく思われました。

私も昨日ニュースでみて驚きました。
皆さんのコメントにもありますが自然災害とはいえ、尊い命をなくしてしまうのは本当に悲しいと思います。
作業にかかわった近所の方や畜産農家の仲間の皆さん、お疲れ様でした。

それにしてもお空さんはいつまで泣けば気が済むのかな・・・・
早く宮崎らしい空を見せてほしいですね。

何とも空しい災害です。兆候は無かったのかな、と思うばかりです。異常気象時は牛舎周りで異常がないか、よく見ておくことも大事だなと思いました。
思うに、牛たちは兆候に気付いて、異音や落ちてくる石を、興味深く、集まって見てたのではないかなと。そして被災したのでは。かといって、自分で兆候に気付いた時、牛の避難ができただろうか、と考えてしまいます。

まとめてお返事ですいません。

あらためて自然災害の恐ろしさを感じました。
でもやっぱり、6月に入ってのこの雨、普通じゃないですよね。

新燃岳の事があったので都城や高原の心配ばかりをしていましたが
まさか、こんな身近で被害がでるとは・・・・

牛の事はもちろんなんですが、
最近あとを継いだ若い女の子が頑張っていた農場だっただけに、特に気の毒で。
これにめげず、何とか奮起してもらいたいものです。

普段なら大丈夫な所も、降り続く雨で地盤が緩んでいるのでしょうね。
仮に、ちょっと危ないかも・・・と気がついても牛の移動先を見つけるのもなかなか大変。
早め早めの対策をとっておかねば、と気が付かされました。

何の気なしにMRTのHP見てたら野尻で土砂崩れで牛が被災すると聞いた瞬間
ベぶろぐを確認すると、とりあえずシャチョー・センムさんの所で無かったので
少しは安堵したものの…17頭の犠牲というのは、やはり大きいですよね。
早く色々な自然災害が終息してほしいです。

YOSHIさん

心配してくれてありがとうね。
牛の犠牲もですが、機械や堆肥小屋の修理など大変みたいです。

無事だった牛たちを受け入れて下さった農家さんがいらしたのが何よりでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 口蹄疫・県立図書館で企画展「心を一つに 防ごう 口蹄疫」 | トップページ | 牛の飼養衛生管理状況調査が キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブクログ

  • ブクログ

ブログパーツ

  • 3月31日まで投票できます

  • ジオターゲティング