« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011/06/29

肉の日(29日)なので「みやちく」でお買い物!

今月もやってまいりました。29の日です。

去年の今日は知り合いのところの殺処分の日で、
とてもはしゃぐ気になれなかったんだけど・・・・

肉の日を盛り上げるのも、畜産農家の務めだよね。



肉の日に安売りをしている肉屋さんも多くなってきました。

「みやちく」直売所も、もちろん安売りだ~ぃhappy02


豚肉はバラ、ロース、肩などが100gあたり110円!
軟骨に至っては50円だよ。

あ~、軟骨の煮物作ったら旨いよねぇ。

んでも、豚肉料理じゃブログネタにならないし (*゚▽゚)


というわけで、購入したのはこれ!

▼宮崎牛モモスライス、650円が450円に!
 これは巻物にするのだ。200㌘購入。

20110629

▼宮崎和牛こま切れ、200円!
 色々使い道が多いので1キロ購入。小分けして、即冷凍。

20110629_2

▼めったにお目にかかれない ほほ肉

20110629_3

▼これもなかなか手に入らない ハラミ

20110629_4


これだけ買ったら、やっぱり焼肉でしょ。


▼ほほ肉は、もうちょっと薄く切ってある方が良いと思うのだけど・・・・
 かなり固いので隠し包丁なんか入れてみた

20110629_5

▼ハラミは焼いたやつをご飯に乗っけて、ワシワシ食べたかったので
 自分で作った「もみだれ」に漬けてみた

20110629_6

 
 「もみだれ」初めて作ってみたけど、すんげ~旨かったっす。
 
 自画自賛!
 ただ、もう一度同じものを作れと言われたら、無理かも ( ̄▽ ̄)

にほんブログ村 グルメブログ 肉・焼肉へビジネスブログランキング人気ブログランキングへ
↑ ランキング参加中です。ぽちっと押してください

20110629_7
みやちくに行くと必ず買ってしまうお徳用ベーコン
使い道、多いんですよねぇ。

2011/06/28

平成23年6月期 西諸地区 子牛セリ。

6月22~24日 西諸地区子牛セリ市が開催されました。

結果は

雌 560頭 平均 389,615 
去 694頭 平均 432,781

トータル 1,254頭 平均 413,504
前回比 11,820安 
 

http://twilog.org/k_ichiba より



さすがに今回は下げました。think


A4で1500円に届かないことが普通に起こるような枝相場です、、、 

枝重500キロでも1500円だと 75万円。 

経費が40万だとすると

素牛には35万までしか掛けられないということです

これで儲けは無しですから、、、wobbly

下げるのは当然ですし まだ高いくらいだと思います。


でも繁殖の立場だと

「このくらいで下げ止まってくれ」sad って感じだと思います。


この相場を見てると やはり子牛が足りなくなって

きているのだろうなあと感じます。 


農家が淘汰されていく時代がしばらく続くのでしょうか??


種牛別結果。

種雄牛  頭数  雌平均 去勢平均

福之国    384     356    426 20
忠富士  330   487   459
勝平正  232    374     424 94
秀菊安     97     356
   423
美穂国    76    396    414
梅福6    73     362     412
安重守   40     341   423


西諸畜連HPよりhttp://www.nishimoro-chikuren.or.jp/

淘汰されないように頑張ります。punch


にほんブログ村 企業ブログ 酪農・畜産業へビジネスブログランキング人気ブログランキングへ
↑ランキング参加中です。ポチリとお願いします。6 16

2011/06/24

牛舎の細霧装置

この前の大雨がウソの様に、クソ暑いです。
6月でこれだけ暑いなら、7月8月はどうなるのやら・・・・

人間が暑けりゃ、牛も当然暑いわけで。

山崎畜産では暑さ対策として「細霧装置」を使っています。

1

△写りが悪いですが、こんな感じで水が霧状になって出てきます

この細霧装置、鹿児島の知り合いが

「ワッゼヨカヨ!」 ヽ(´▽`)/

(訳:「たいへん、良いですよ。」カタカナで書くと何かの呪文みたいだな)

と、薦めてくれて一昨年に取り付けました。


時間を設定しておくと、定期的に細霧を発生させる仕組みです。

この細霧で、外気温が2~3度は下がるようです。

3

牛も暑さによるストレスが軽減されるようで、事故率も減った気がします。

2_2

この装置、去年の口蹄疫の際は消毒作業に非常に役立ってくれました。

にほんブログ村 企業ブログ 酪農・畜産業へ 人気ブログランキングへ ビジネスブログランキング

↑ランキング参加中です。ぽちっと押してやってください

口蹄疫・マスコミ報道他 2011年6月

山形県から種牛精液届く

去年の口てい疫で、宮崎牛の種牛の多くを失った宮崎県に対して、全国各地から支援が続いていて、2日は山形県の種牛の精液が届けられました。

宮崎牛の種牛は、去年、口てい疫が発生する前は55頭いましたが、当時、飼育していた県の家畜改良事業団だけでなく、特例で避難した先でも感染が確認されたため、あわせて50頭が処分され、今は5頭しか残っていません。

宮崎県では、口てい疫が終息したあと、これまでに、種牛の開発で交流のあった宮城県や岩手県など4つの県から種牛の精液の無償提供を受け、宮崎牛の種牛の育成を進めています。

2日は、新たに、山形県から種牛の精液が家畜改良事業団に届けられました。
届いたのは山形県の主力の種牛、「平忠勝」や「安秀165」など4頭の冷凍精液です。

あわせてストロー200本、販売価格にして100万円あまりが無償で提供されました。

これで、ほかの県から提供された冷凍精液は、合わせて1050本になり、宮崎県では今後、種牛の育成に役立てていくことにしています。

06月02日 18時59分 NHKローカル

口蹄疫 共同埋却地設置検討へ

工程表の「全農家が確保」難航

 口蹄疫で殺処分された家畜の埋却地について、河野知事は16日、複数の農家が利用する共同埋却地の設置を検討する方針を示した。県議会一般質問で中野広明議員(自民党)の質問に答えた。

 県が策定した「口蹄疫からの再生・復興方針」の工程表には、今年度内に、すべての農家が農場近くに埋却地を確保することを盛り込んでいるが、難航しているという。

 河野知事は、農家が埋却地を確保できるよう自治体が後押しすることを強調した上で、「農場に近接し、ウイルスの散逸防止が十分に図られることを条件に、複数の農家が活用する共同埋却地にも取り組んでいくことになるのではないか」と述べた。

(2011年6月17日 読売新聞)


家畜防疫対策会議:小林、えびの、高原の3市町で発足 /宮崎

 小林、えびの、高原の3市町で家畜伝染病対策について話し合う「西諸県地域家畜防疫対策会議」が発足した。

 会議は、県西諸県農林振興局が主催。8日の初会合は小林市の県総合庁舎であり、担当者26人が参加。口蹄疫や鳥インフルエンザなど家畜伝染病が発生した時の初動対応、まん延防止措置の強化など連携策について話し合った。

 発生時の対応では、現地対策本部のタイムスケジュールや各機関の役割分担などを確認。感染防止策では、道路封鎖や消毒、殺処分など大量の人手が必要になった場合、3市町相互に職員派遣する協定の7月締結を検討し、合同研修や実働演習などの日程を決めた。【重春次男】

毎日新聞 2011年6月20日 地方版

▼ちょっと気になる記事。

口蹄疫、埋却地周辺の地下水から異臭

MRT (06/22 19:00)

口蹄疫で殺処分された牛の埋却地近くの地下水から、異臭が確認されたことが分かりました。
県によりますと、異臭が確認されたのは、都農町の1120頭の牛を埋却した場所から約40メートル離れた湧き水と、川南町の50頭の牛を埋却した場所から約80メートル離れた井戸水です。
いずれの水も、飲み水として利用されておらず、周辺の井戸には異常はないということです。
県は、地下水の利用について注意するよう呼びかけています。

口蹄疫埋却地周辺で悪臭井戸など2か所

県「継続的に調査」


 県は21日、口蹄疫で殺処分された牛が埋められた川南町と都農町の埋却地周辺の井戸など2か所で、悪臭が確認されたことを明らかにした。県議会一般質問で松村悟郎議員がただした。

 松村議員は、県と関係自治体が埋却地周辺の井戸などで行っている水質調査について質問。加藤裕彦・環境森林部長が「昨年7月に都農町で1か所、昨年10月に川南町1か所で悪臭などが確認された。いずれも現在も臭いがあり、継続的な調査が必要」と答弁した。

 環境管理課によると、川南町の1か所は個人所有の井戸で、昨年10月に悪臭が確認されて以降、一時臭いは収まっていたが、今年6月、所有者から「また臭いがする」と町に連絡があった。都農町では、農業用水として使われている湧水で悪臭が確認されている。いずれも飲み水ではないという。


(2011年6月22日 読売新聞)

2011/06/23

牛の飼養衛生管理状況調査が キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

都城家畜保健衛生所による

「牛の飼養衛生管理状況調査」

ってのが6月20日にありました。

ウチ、4月20日に調査があったばっかしやないの。

なんでウチ??

・・・・と思っていたのですが、今回は調査の他に農場や埋却予定地をGPSで管理するためのものでもあるそうです。

納得。


万が一、口蹄疫が発生した時に、GPSで場所の確認ができるようにしておくと何かと便利ですもんね!



もちろん、飼養衛生管理に関する調査もありましたよ。



「飼養衛生管理」を知っているか

「家畜伝染病予防法」が改正されたのを知っているか

「家畜伝染病発生情報連絡システム」は知っているか、利用しているか


などの質問に加えて、

実際にどのような防疫態勢が取られているかなども調査されました。


立ち入り禁止の看板は設置されているか

消毒設備はどんなものが設置されているか

農場専用の作業服・作業靴を使っているか

来場者専用の長靴を用意しているか

農場に出入りした人の記録はつけているか

などなど・・・・




調査に来た人に「農場立ち入り記録簿」を見せたら

「きちんと専用のノートまで作ってる人を初めて見ました!」

って言われたですよ。

ほとんどの人が、カレンダーなどで代用してるらしいです。

みんな、頼むよ~~~(´;ω;`)ウウ・・・、

防疫日本一を目指す宮崎県じゃなかったの?

100円のノートを備え付けて置くだけのことだよ。

記録を付けてるだけで、役に立つこともあるんだからさ。





家畜伝染病発生情報連絡システムの登録はこちらから

      ↓

https://www.fastalarm.jp/miyazaki/htdocs/

携帯電話からの登録は

モバイル宮崎県ホームページ

防災・防犯メールサービス 選択

から、登録できます。

韓国や台湾での発生状況も教えてくれるので、ぜひ登録を!

にほんブログ村 企業ブログ 酪農・畜産業へビジネスブログランキング 人気ブログランキングへ

↑ランキング参加中です。ぽちっと押してやってください

最後に、家伝法改正について書かれたプリントを貰ったんだけど・・・・
よくよく見てみれば、【消毒設備の一例】のゲート式消毒装置の写真・・・・
このブログに載せたウチの農場の写真なんですが・・・・
まぁ、お役に立てたなら言うことはありませんが(* ̄ー ̄*)

2011/06/20

土砂災害で牛が・・・

裏山崩れ牛舎の牛死ぬ

大雨警報が出ている小林市では、29日、畜産農家の農場の裏山が崩れて牛17頭が土砂に巻き込まれて死に、農場では、20日、牛を安全な場所に移す作業を進めています。

裏山が崩れたのは、小林市野尻町三ヶ野山の畜産農家の農場です。小林市によりますと、19日午後3時半ごろ、牛舎の裏山が高さ10メートル幅20メートルに渡って崩れ、牛舎にいた牛のうち17頭が土砂に巻き込まれて死んだということです。

農場では天候が回復した20日午後から生き残ったおよそ380頭の牛を小林市内にある別の安全な施設に移す作業を進めています。

現場は、小林市の山あいにある農場で、牛舎のほかえさを入れる倉庫や農業機械なども土砂に押しつぶされて使えない状態で、農場の関係者のほか、近所の人たちも手伝って牛を一頭ずつトラックに乗せて運び出していました。

農場の従業員は、「壊れた牛小屋の下敷きになっていた牛を助けましたが、再び土砂が崩れて牛も埋まってしまいました。自然にはかないません。生き残った牛を安全なところに移して梅雨が明けるのを待つしかない」と話していました。

NHKローカル 06月20日 19時20分


「小林市野尻町三ヶ野山」というので、山崎畜産ではないかと心配してくださった方もいらしたようです。
(ご心配をおかけしました。そして ありがとうございます)

ウチの牛舎のすぐ近くの、いつもお世話になっている方の牛舎での災害でした。

本日はシャチョー以下従業員総出で、お手伝いをしてきました。

助けられなかった牛がいたのは残念ですが、人的被害がでなかった事は不幸中の幸いでした。


まだまだ雨は続きそうです。
みなさま、お気を付け下さい。

2011/06/19

口蹄疫・県立図書館で企画展「心を一つに 防ごう 口蹄疫」

口蹄疫理解深めて 県立図書館で企画展

宮崎日日新聞 2011年06月15日

 本県で昨年発生した口蹄疫の教訓を生かそうと、宮崎市の県立図書館で14日、企画展「心を一つに 防ごう 口蹄疫」が始まった。

 同図書館が県と宮崎大の協力を得て主催。口蹄疫の正しい知識を身に付け、予防・復興対策への理解を深めてもらうための資料が並ぶ。26日まで。無料。

 被害状況を示したパネルや消毒作業の様子を収めた写真、宮崎日日新聞の一連の報道をまとめた書籍、県外からの応援メッセージなど計58点を展示。大きなマットの上に足跡やウイルスのイラストを配し、人間がウイルスを運んでしまう危険性を分かりやすく紹介している。

というわけで、県立図書館まで行ってきました。
Photo_4

▼記事にあった人間がウイルスを運んでしまう可能性を示したマット
 こうやって目に見える形にしてもらうとわかりやすいですね。
Photo

▼口蹄疫に関する説明から、宮崎での終息までの流れなどわかりやすくパネルにしてあります。

Photo_2

Photo_3

▼実際に使われたのと同じタイプの防護服の展示も。
Photo_5

▼先日放送されたMRT(宮崎放送)の特別番組「初動」のビデオも流されていました。
 ほんっと、良い番組でした。全国の自治体や獣医師さんにも見てもらいたい。
Photo_7

▼都農町の官報や宮崎日日新聞社の一連の報道記事をまとめた物などが自由に見ることができます。

Photo_8

 
▼専門誌のコーナー。
 全国各地から派遣された獣医さんの記録も読むことができました。
 本当に辛いお仕事だったんだと思ったり、また、国の疫学調査チームの報告にこれらの記録が生かされていないのではないかと疑問がフツフツと湧いて来たり・・・・・

Photo_9

▼当時宮崎に寄せられた応援のメッセージの中には東北の被災地からの物もありました。
 今度は、こっちがサポートしていく番ですね。

Photo_10

決して忘れてはいけない事を改めて思い起こさせてくれる企画展でした。
県立図書館に感謝!です。

見ている間に(特に宮日の報道記事や獣医さんの報告書など)、当時を思い出して涙が出そうになりました。
つーか、防護服を見た途端に既に半泣きだったかも。
ウチなんか殺処分されたわけじゃないんだけど、それでも。

本当に、二度とこんな事があっちゃいけないって思いましたよ。

「口蹄疫からの復興企画展」
http://www.lib.pref.miyazaki.jp/hp/page000001200/hpg000001188.htm

にほんブログ村 企業ブログ 酪農・畜産業へビジネスブログランキング 人気ブログランキングへ

↑ランキング参加中です。ポチリと押してください




本日はリサイクル当番でした!

年に2度ほど回ってくる「リサイクル品(アルミやスチール、金属、ビン、紙類などなど)」の仕分け作業。
月に一度リサイクル品の収集が行われるのですが、6月は私たちの地区の当番。

激しい雨の中の作業でしたが・・・

去年は口蹄疫の影響で、人が集まる事は全てが中止されました。
リサイクル品の収集でさえ中止だったのです。

そんな事を思えば、普通に行事が行われる事自体が嬉しいです。
少々雨に濡れたって、なんてこたぁないっ!

2011/06/18

料理通信「肉に恋して」

Photo_2

この料理通信、いつも特集のタイトルが良いのですよねぇ

今回は

肉に、恋して

たまりませんなぁ (≧m≦)

バックナンバー見てたら、これを見つけて 迷わず購入

Photo_3

2010年 肉焼きの旅   happy02 

いいなぁ・・・・・

にほんブログ村 企業ブログ 酪農・畜産業へビジネスブログランキング 人気ブログランキングへ

↑ランキング参加中です。ポチリと押してください

2011/06/17

口蹄疫・家畜防疫指針見直し

家畜防疫指針見直し議論  家畜疾病小委

日本農業新聞 2011年6月11日付 転載(改行を加えた)


 農水省の牛豚等疾病小委員会は10日、家畜の飼養衛生管理基準や防疫指針などの見直しについて議論を始めた。

4月に公布された改正家畜伝染病予防法や昨年発生した口蹄疫の教訓を踏まえ、感染予防や早期通報を徹底するためのルールを話し合う。

 10日の会合では、

①埋却地などの確保の義務

②都道府県に通報すべき症状(発熱、水泡など)

③通報が遅れた場合の移動・搬出制限の設定

などを議論した。

症状が出ている家畜が多い場合や、疑似患畜が出荷されている場合などは、口蹄疫で移動制限区域が最大30㌔、搬出制限区域が最大50㌔となっている上限範囲を拡大することも検討する。

 委員会には帝京科学大学生命環境学部の村上洋介教授が就任。
6月中にも次回会合を開き、議論がまとまれば、上部組織の食料・農業・農村政策審議会家畜衛生部会が農相に答申する。


食料・農業・農村政策審議会 家畜衛生部会 第17回 牛豚等疾病小委員会概要
(平成23年6月10日開催)

http://www.maff.go.jp/j/council/seisaku/eisei/pdf/110610_ub.pdf

口蹄疫・家畜殺処分農家「廃業」検討20%超

「廃業」検討20%超 口蹄疫で家畜殺処分農家

     再発や枝肉価格低迷懸念

宮崎日日新聞 2011年06月16日付転載(改行を加えた)


 県は16日、口蹄疫で家畜を殺処分された農家1238戸のうち、5月末時点で20%超が経営中止(畜産廃業)を検討しているとの調査結果を明らかにした。


 県によると、枝肉価格の低迷、韓国や台湾で口蹄疫が発生していることなどが理由に挙がっている。

 同日の県議会一般質問で、押川修一郎議員(自民、西都市・西米良村区)の質問に岡村巌農政水産部長が答えた。

 調査は5月末~6月中旬、家畜を殺処分された児湯郡や宮崎市などの農家から5月31日時点の状況を聞き取った。

 県復興対策推進課によると、経営中止を検討している農家は「韓国、台湾などで口蹄疫が相次いで発生していることから再発を懸念している」「飼料価格高騰や枝肉価格の低迷」「高齢や健康上の不安」などが理由としている。

 このほか、すでに再開している農家が54%。再開予定、または状況を見極めている農家が20%だった。詳細な戸数は分析中という。未回答は49戸。

 議会終了後、河野知事は「農家の色々な事情に応じてアドバイスを送り、サポートしたい」と話した。(以下略)


※以下センムの独り言

この頃の枝肉価格の安さときたら。。。。
震災・原発・ユッケ事件、影響は大きいですね。

「宮崎ならそんなに関係ないんじゃない?」と思う人もいるかもしれないけど、
宮崎の枝肉価格は東京や大阪の市場価格を目安に決まるらしくて・・・・
都市部で肉が売れなきゃ、宮崎での枝肉価格も低迷するわけで。
都市部に出荷している全国各地の肥育農家にお金が回らなきゃ、宮崎に子牛を買いに来てくれないわけで。

先行きが見えなきゃ、廃業を考えるのも仕方がないか。

2011/06/15

ユッケ事件の余波。

先日 神戸へ行ってきました。


枝肉の販売だったわけですが 相場が落ち込む中 この日に限っては

良い値段でsign03買っていただいてgood ありがたかったです。


その後の相場はかなり厳しいんdownですけどね。shock


枝肉の相場が振るわない理由の一つとして

事件の後 焼肉屋の客足が激減downwardright したという

ユッケ食中毒事件が影響しているのは間違いないと思います。

聞けば聞くほど 杜撰な事をしていたみたいで、、、gawk

本当に食肉関係者(畜産農家も含めて)みんなが

何てことしてくれたんだよpout。 

って 思いだと思います。


事件を受けての対策だと思いますが

今回、枝肉下見の際は これまでの 白衣 帽子 靴カバー

       ↓こんな感じ↓

Photo_2

に加えて 

手袋 の着用が求められるようになりました。

Photo

素手で枝肉を触るな! ということのようです。


言われなくても 私はほぼ触ることはしないのですが

用心するのに越したことは無いですね。wink

にほんブログ村 企業ブログ 酪農・畜産業へビジネスブログランキング 人気ブログランキングへ
↑ランキング参加中です。ぽちっと押してくださいね

2011/06/14

鬼太郎の好きなビーフカリー

ちょいと古い記事だけど・・・鳥取県が精液のストローを提供してくれました。

県畜産試験場、宮崎に名牛凍結精液を譲渡 種牛育成へ無償で /鳥取
毎日新聞 2011年5月19日 地方版

 県畜産試験場(琴浦町松谷)は18日、口蹄疫(こうていえき)で多大な被害を受けた宮崎県に、種牛育成のための凍結精液を無償譲渡した。同県への譲渡は青森、宮城、岩手に続き4県目。

 譲渡先の宮崎県家畜改良事業団によると、管理していた種牛55頭のうち、50頭が口蹄疫の影響で殺処分された。昨年11月に同県肉用牛改良委員会のメンバーらが、県畜産試験場を訪れ、精液を譲ってもらえないか相談していたという。

 凍結精液は、試験場で飼育されている勝安波(かつやすなみ)など7~9歳の4頭の種牛のもの。精液は長さ約13センチのストローと呼ばれる管に0・5ミリリットルずつ入っており、各牛から100本、計400本を送った。

 4頭はいずれも、1966年に岡山県で開催された全国和牛能力共進会の肉牛の部で1等賞に輝いた名牛「気高号」の血を引いており、その子どもの肉質が優れていたという。

 同事業団の田中正成管理部長は「気高系の種牛を処分することになってしまったのでありがたい。新しい種牛を作っていきたい」と話している。【遠藤浩二】


精液ストロー鳥取県提供へ 本県に400本

宮日 2011年5月18日

 県は17日、口蹄疫からの復興支援として鳥取県から種雄牛4頭の凍結精液ストロー400本の無償譲渡を受けると発表した。精液ストローの無償提供は青森、宮城、岩手県に次いで4件目。20日に高鍋町の県家畜改良事業団に到着する。

 譲り受ける精液ストローは同県有の種雄牛「北福内」「勝安波」「福西松」「八重勝」のもので各100本。昨年11月に同県から提供の打診があり、今年4月に譲渡が決定した。18日に同県を出発し、20日に同事業団に到着する。

 県畜産課は「貴重な精液ストローの提供で、大変ありがたい。一刻も早い種雄牛造成に役立てたい」と話している。

ううううっ、ありがとうござます、鳥取県。
400本って、あなた・・・・。( ´;ω;`)ブワッ

頑張って新たな種雄牛を作らなきゃですよ、宮崎県。

ささやかなお礼と言っちゃなんですが、

「鬼太郎の好きなビーフカリー(中辛口)」食べました!!!

Photo

昔ながらの優しい味
とうさん、懐かしい味ですね

なんてパッケージに書いてあったので、本当に昔ながらの黄土色したジャガイモごろごろのカレーを想像していたのですが・・・・とんでもない!洗練されたカレーでした。

個人的には、今まで食べたレトルトカレーの中では一番でしたよ。

(あ~、宮崎県の和牛生産者が「宮崎牛カレー」を差し置いてこんなこと書いて良いんだろうか。いいよね、別にcoldsweats01

あのね、お肉ラブheart02な私としては牛肉がゴロゴロ入ってるだけでポイント高いんです。

ホント、今まで食べたレトルトの中では牛肉率がすんげー高いの。

それだけでも嬉しいのに、私好みの味でして。

ちょっとお高いんですけど・・・・
食べれば納得かなぁ。

鬼太郎の好きなビーフカリー(妖怪本舗)
http://youkai.ciao.jp/order/8_1705.html

機会があったら辛口も食べてみたいです。





にほんブログ村 企業ブログ 酪農・畜産業へビジネスブログランキング 人気ブログランキングへ
↑ランキング参加中です。ぽちっと押してくださいね

実はワタクシ・・・妖怪好きかもです。
いや、特に好きってわけじゃないんですが。
歌川国芳の画集も持ってます。
水木しげるさんの妖怪の画集も買いました。
もちろん京極堂も読んでます。

んでも、妖怪好きだからこのカレーの宣伝してるわけじゃないっすよ(笑)

2011/06/13

口蹄疫・ウイルス黄砂運搬説 日本農業新聞より

昨年発生の口蹄疫  黄砂がウイルス運搬か 日本沙漠学会 否定的意見

日本農業新聞  2011年6月12日転載(改行・フォント・色を加えてある)

 2010年に宮崎県で発生した口蹄疫は中国西部から黄砂と一緒に飛来したウイルスが原因か------。
8日に筑波大学で開いた日本沙漠学会の発表会で、「黄砂運搬説」を補強する報告が相次いで紹介された。
初発とみられる昨年3月26日の推定発症日の数日前に強い黄砂が記録されていた他、3月14日には黄砂発生地の一つとされる甘粛省内で日本国内で発生したのと同じO型口蹄疫が発生したことなどから、発表した筑波大学の真木太一客員教授は「限りなくクロに近い」と指摘した。
しかし、昨年11月に農水省の口蹄疫疫学調査をまとめた学者の一人は「なぜ宮崎だけで発生したかなどを、黄砂説では説明できない」と否定的な見方を示している。
                   (山田優編集委員)

 黄砂説を主張する真木客員教授によると「九州全域で3月16日、21日に強い黄砂が発生、甘粛省の豚で発生した口蹄疫ウイルスが九州に運ばれ、風が落ちやすいと考えられる宮崎県の地上や建物に落下し、家畜に伝染した可能性が極めて高い」。

 同大学の森尾貴広准教授は「必ずしもウイルスが生存していたかどうかは確認できないが、国内3カ所で採取した黄砂から口蹄疫ウイルス特有の遺伝子の痕跡と思われる物質を検出している」と述べ黄砂説を補強する材料を示した。

 一方で農水省の疫学調査では感染ルートを特定することができず「海外から人や物を通じて持ち込まれた」と推察するにとどめ、黄砂説には触れなかった。

 調査を率いた動物衛生研究所の津田知幸企画管理部長は、日本農業新聞に対して「(真木氏らのグループは)昨年8月の段階でも同様に黄砂説を主張したが、補強材料が弱いと判断し、調査の取りまとめでは触れなかった。今回も『なぜ宮崎に発生したのか』『仮にウイルスが運ばれてもそれで発症するのか』などにこたえていない」として、調査結果の見直しなどは考えていないと言い切った。

 現時点ではっきりしているのは、宮崎県で最初の感染が疑われる直前に、黄砂の発生地で日本と同じ口蹄疫が発生し、日本で黄砂の到達が確認されたこと。
黄砂にウイルスの痕跡が付着していたとの報告もあったが、否定する人たちの疑問に答えきれていない。

 もし黄砂に原因があるとすると、口蹄疫対策にも影響が及ぶ。
国境での人と物を中心とした検疫と同時に「防風林の活用。韓国で活躍した大型噴霧防除機の利用の他、黄砂発生源での植林の推進」(真木客員教授)なども課題になる。

行政が黄砂説をすぐに採用するというのは難しいが、検証のための努力はすべきだろう。

※以下、センムの独り言

黄砂運搬説、確か2000年の口蹄疫の時にも囁かれていたような・・・・
黄砂説を全否定する気はサラサラないけれど、この真木氏の説の前提が「九州全域で3月16日、21日に強い黄砂が発生、甘粛省の豚で発生した口蹄疫ウイルスが九州に運ばれ…」ってのが気に入らない。

疫学調査の報告に対して、宮崎県の第3者調査会は「もっとしっかり感染源を調べるべきだ」と位置付けているんだが、その後調査したって話も聞かないし。

先日、地元放送局のMRTが特別番組を放送した。
その中で2010年4月25日に感染疑い事例が確認された7例目の栃木県に本社を置く全国規模の大規模農場(番組内でも敢えて会社名は出してなかったので、それに従うこととします)の患畜の写真が公開された。
舌は爛れ、皮は剥け、悲惨な状況だった。

番組内で、それを見た獣医師の言葉は「重症、重体。2~3日中には、これほどまでにはならない」

(ちなみに、この農場は後に宮崎県から「指導」を受ける事となる)

宮崎県の調査委員会は6例目と7例目、いずれかが、宮崎における口蹄疫発症の「最初の事例ではないか」と思っているらしい

6例目の水牛農家は自らのパスポートの履歴までをも提示した。
にも関わらず、疫学調査チームは7例目の農場にはどう対応したのか?

大規模農場だけに人や物の出入りは多かったはずなのに、本当に全てを調査したのか?
現場の従業員だけでなく、農場に出入りした全ての人物のパスポートは?
農場に入った物品、全てを調査したのか?

ひょっとしたら、推定している3月26日以前に7例目の農場で発症した可能性はないのか?

などなど・・・

色々考えてると、3月26日の推定発症日ってこと自体が、信じられなくなってしまうのだけれど。

だとしたら、黄砂説も俄かに信用できなくなるものになるのだけど。




日本中の畜産農家は、いや、特に宮崎県の畜産農家は

「どこから入ってきたのか」

が分からなきゃ安心できない状況なんですが。

2011/06/08

牛肉まぜご飯

もとは、ネットから拾ってきたレシピなんだけど(すでに元ネタがわからん (゚▽゚*))
いつの間にか適当にアレンジされて(わははは…)我が家の定番になりました。

Photo

★材料(二人分?)

・ごはん・・・・固めに炊いたもの 2合分

・牛肉・・・・・100~150グラム 脂身の少ない部分が○ 切り落としでOK

・ごぼう・・・・長さ15センチ位

・にんじん・・・長さ10センチ位

・しいたけ・・・1個

・こんにゃく・・4分の1枚位

☆下味用(牛肉漬け汁)調味料

※「だいたい、こんなもんだよ」 という目安です

・しょうゆ・・・大さじ 3

・砂糖・・・・・大さじ 2

・酒・・・・・・大さじ 2

・水・・・・・・大さじ 3

★作り方

①牛肉は一口大に切って☆の調味料を混ぜ合わせた中に10分程度付け込んで下味をつける
 ※漬け汁は、後で使います

Photo_2

②ごぼう   ささがき
 にんじん  薄めの短冊
 しいたけ  薄めに切る
 こんにゃく 薄めの短冊

 ※いずれも火が通りやすいように薄めに切ること

③鍋にゴマ油小さじ1位(分量外)を入れ熱し、軽く汁けを切った牛肉を炒める

 ※サラダ油でも良いです。ウチでは何となくゴマ油

Photo_3

④牛肉の色が変わったら、②を投入し軽く炒める

 ※②を入れる前にいったん牛肉を取り出して後ほど加えると、より牛肉に親切です

Photo_4

⑤漬け汁を鍋に投入、弱火で5分程度煮る

⑥ごはんに⑤を入れて、味がなじむように混ぜ混ぜして出来上がり

 ※すんません、ウチでは炊飯器のお釜に直接投入です
  色味に枝豆を入れてみました

Mazegohann

※今回は先週買った「あか牛(阿蘇王)」のもも肉スライスを使いました。

黒毛和牛の「肩ロースすき焼き用」で作ったら、冷めると少々くどいかな?って感じ。
(温かいうちは、美味しいのですが…)

あか牛のお肉だと、冷めてもくどさがなく美味しく食べられました。

やはり、同じ牛肉でも調理の仕方によって味わいが違ってくるものだなぁなんて思いましたよ。

20分程度でできるので、色んな種類や部位の牛肉で試してみるのも面白いかもです。

にほんブログ村 企業ブログ 酪農・畜産業へビジネスブログランキング人気ブログランキングへ
↑ ランキング参加中です。ぽちっと押してください。

口蹄疫・宮崎県 大規模農場立ち入り検査結果

4月の特別防疫月間中に実施された大規模農場(牛200頭、豚3000頭以上)への立ち入り検査結果が発表された。その関連報道。

大規模農場:水道水不使用が4割 家畜の飲み水、県が改善を指導 /宮崎

 県は、4月の特別防疫月間中に実施した、牛や豚の大規模農場での立ち入り検査結果を発表した。対象農場のうち、家畜の飲み水に水道水や消毒した水を使っていない農場が4割にのぼり、改善を指導した。

 家畜防疫対策室によると、口蹄疫(こうていえき)を教訓に、主に牛200頭、豚3000頭以上を飼育する大規模農場341農場を立ち入り検査した。

 その結果、家畜の飲み水に水道水などを使っていない農場が147(43%)▽新たに家畜を迎える際、病気感染に備えて器具を別にするなど対策をとっていない農場が130(38%)▽畜舎内でネズミなどの駆除をしていない農場が124(36%)--あった。

 消毒槽の設置や家畜の健康状況確認は、全体的におおむね良好だった。また、県の農業共済会(NOSAI)の獣医師も、診療先の910農場を巡回指導した。【石田宗久】

毎日新聞 2011年6月2日 地方版

大規模農場立ち入り検査 消毒槽9割が設置 県結果発表

宮崎日日新聞 2011年 5月26日付転載

 県は27日、4月の口蹄疫特別防疫月間に実施した県内の牛と豚の大規模農場への立ち入り検査結果を発表した。畜舎入り口の消毒槽は約9割の農場で設置を確認。一方で、4割超の農場で家畜の飲み水が消毒されていなかったり、水道水でなかったりするなど防疫が十分とは言えない点も認められた。

 検査対象は牛200頭以上または豚3千頭以上を飼育する341農場(牛262農場、豚79農場)。県の獣医師や職員が、旧家畜伝染病に基づいて定められている飼養衛生管理基準10項目の順守状況を28のチェックポイントに分け確認した。

 県畜産課家畜防疫対策室によると、該当する農場が最も多かった項目は「家畜の飲み水が水道水や消毒済みの水でない」で147農場(43%)

 「畜舎内のネズミなど駆除を実施していない」の項目も124農場(36%)が該当した。一方、畜舎入り口への消毒槽設置については、牛で90%、豚では96%の農場が実施済みだった。

 同対策室は「消毒槽の設置が進むなど防疫意識の向上も見られるが、まだ十分といえない部分もあった。引き続き農家への指導を徹底したい」と話している。

 県は立ち入り検査と並行し、県農業共済組合連合会(NOSAI連宮崎)に依頼して910農場に消毒方法などを指導した。

2011/06/06

長崎全共マスコット「かさべこくん」

和牛のオリンピックと言われる全国和牛能力共進会が、来年10月に長崎で開かれます。

Photo

前回の鳥取大会で、宮崎県勢が活躍したのは記憶に新しいところですが・・・・
(特に宮崎県畜産関係者には…当時の知事の東国原さんが一所懸命PRしてくれたし)

さて、その長崎大会のマスコットが披露されたとの記事。

5月11日の日本農業新聞

長崎全共をPR  マスコット「かさべこくん」ハウステンボスで

 第10回全国和牛能力共進会(和牛全共)のマスコット「かさべこくん」がゴールデンウイーク中の3日間、佐世保市のハウステンボスで開かれた「ゆるキャラR運動会」に登場。観光客に愛くるしいパフォーマンスを披露し、来年10月に開く長崎県大会をPRした。

 実行委員会は、長崎県大会の来場者数37万人を目標に、さまざまなイベントで「かさべこくん」の着ぐるみを活用中。

 「ゆるキャラR運動会」では「かさべこくん」の他、岐阜県や愛媛県をはじめ、九州各地の「ゆるキャラ」がリレー競争などに出場し、集まった大勢の観光客が声援を送った。

 また、実行委員会の事務局が「5年に1度の和牛のフェスティバルにぜひ来場してほしい」などと呼びかけた。参加した実行委員会の豊原稔企画部長は『かさべこくん』に対する反応も高く、手応えを感じた。今後も長崎県大会をPRしていきたい」と話す。

・・・・が、新聞の記事じゃ「かさべこくん」がどんなもんなのかよくわかんない。
なんか、すんげー変な形状なんですわ。

Photo_2

色々ググってみたら・・・・

長崎くんちで行われる「笠鉾パレード」の「笠鉾」がモチーフになってるようです。

「かさぼこ」と「べこ」をあわせて「かさべこ」・・・

この笠鉾ってやつ、宮崎のお祭りでは馴染みがないのですが、各地の祭礼で使われてるとか。

なんか変な奴 Σ(;・∀・)

・・・・って思っていたけど、見慣れてくると意外と可愛いかも。
(* ̄ー ̄*)

がんばって長崎全共を盛り上げてください!

長崎全共 かさべこくんのHP ↓

http://zenkyo-nagasaki.com/kasabeko.html

にほんブログ村 企業ブログ 酪農・畜産業へビジネスブログランキング 人気ブログランキングへ

↑今日もポチリと押してやってください。

個人的には鳥取の「とりモー」君の方が好きなんですが・・・・
(なんたって口蹄疫の時には、義捐金の募金活動を手伝ってくれてたし)

Photo_4

2011/06/03

口蹄疫・家畜の飼養ルール・防疫指針 見直し検討

家畜の飼養ルール・防疫指針 見直し検討開始 農水省

日本農業新聞 (05月26日付転載)改行・フォントなどに手を加えた

 農水省の食料・農業・農村政策審議会家畜衛生部会は25日、改正家畜伝染病予防法や昨年発生した口蹄(こうてい)疫の教訓を踏まえ、家畜の飼養衛生管理基準などの見直しについて検討を始めた。

家畜保健衛生所への通報や疑似患畜の殺処分の遅れが感染を招いたことから、獣医師の配置や疑似患畜を処理する埋却地の確保といったルールを、経営規模に応じてどう具体的に盛り込むかが焦点となりそうだ。

 同部会は、6月に現地調査や牛豚疾病小委員会で議論し、7月にも報告をまとめて農相に答申する。飼養衛生管理基準などはパブリックコメントで意見を募ったうえで10月に施行する予定だ。

 飼養衛生管理基準については、口蹄疫対策検証委員会が昨年、①飼養規模・飼養密度などに、一定のルールを定められるよう法整備を検討②早期の発見・通報がされるよう、大規模経営は家畜保健衛生所、獣医師会などと連携のとれる獣医師を置く-----などを提言している。

 同日の家畜衛生部会では、「提言を踏まえ、経営規模ごとに適切な予防策を提示すべきだ」「現場からの理解を得られるよう、十分に意見を聞く必要がある。」といった意見が出た。

 4月に公布された改正家伝法は、経営規模の区分に応じて飼養衛生管理基準を定めることを明記。同基準に疑似患畜を焼却・埋却する施設や用地の確保などをルール化することも盛り込んでいる。この他、近年の口蹄疫や高病原性鳥インフルエンザの防疫措置の教訓を踏まえ、防疫指針も見直す。口蹄疫は国と県の役割分担の明確化などが課題となる。

★農水省がまとめた家畜の飼養衛生管理基準の見直し論点

※飼養規模・飼養密度などを、国や都道府県がルールを定めたり、コントロールしたりできるよう法整備を検討
 

※農場の出入り口を1カ所にするなど、衛生面を考慮した作業動線をつくる。生活と家畜生産のスペースを分け、さらに家畜生産用のスペースを管理区域と家畜飼養区域に分ける
 

※踏込消毒槽、動力噴霧器などの消毒設備を備える。専用の作業着、長靴を常時設置・活用する
 

※家畜疾病発生国に滞在しウイルスを広げる可能性がある人(観光客、研修生ら)や、発生国から輸入された物品を農場に近づけない
 

※発生時の侵入経路の早期特定のためにも、人、飼料などの物品、車両の出入りを正確に記録する
 

※大規模経営は感染した場合の影響が大きいため、早期の発見・通報がなされるよう、家畜保健衛生所、獣医師会などと連携のとれる獣医師を置く

口蹄疫・その他マスコミ報道 2011年5月

経営再開5割 宮崎県4月20日現在

日本農業新聞 2011年5月10日付け転載

 県畜産・口蹄疫復興対策局は、経営再開した畜産農家は4月20日現在で50%、頭数で32%になったと発表した。前回(同14日現在)発表より農家数は1ポイント増えただけだった。

 経営再開は、殺処分された農家のうち、家畜導入状況は牛農家591戸(52%)で頭数1万6590頭、豚農家42戸(30%)で6392頭(32%)だった。

経営再開は、殺処分が行われた宮崎、都城、日向、えびの市、国富、高鍋、新富、木城、川南、都農町の5市6町全てで取り組まれている。


獣医師不足解消へ手当上乗せ 県7月に採用試験

宮崎日日新聞
http://www.the-miyanichi.co.jp/special/kouteieki/index.php?id=4&paging=1


 県は、獣医師職員の2011年度採用試験受験者を募集している。公務員獣医師の希望者減少に加え、昨年の口蹄疫では殺処分などで獣医師不足を露呈。人員確保策として本年度から給与への手当金上乗せなど待遇面を改善しており、県は「本県の復興に情熱を注げる多くの人に受験してほしい」と期待を寄せる。

 県人事課によると、犬や猫など小動物の診療を希望する獣医学生が増加する中、公務員獣医師の確保は全国的な課題となっている。本県では08年度の試験で採用予定の12人を下回る10人しか受験せず、採用は8人。09年度は採用予定14人に対して16人が受験し全員合格したが、4人が採用を辞退するなど、人員確保に頭を悩ませる。

 本県では昨年、口蹄疫の急速な拡大で殺処分に当たる獣医師が不足。本県の研究機関や家畜保健衛生所に勤務する獣医師数(63人)は、鹿児島県の3分の2にとどまる。県は口蹄疫からの復興に向けた工程表素案で、家畜防疫員数を他の畜産県の水準に引き上げる目標を設定。正職員としての採用とは別に、民間獣医師を非常勤職員として活用できないか検討に入る。

 県は獣医師職員に対し、医師など人員確保が難しい職種に支払われる「初任給調整手当」を本年度から導入。入庁15年目までの職員には最大で月額3万円が給与に上乗せされる仕組みだ。同課は「待遇は九州でトップ。復興を担える人材が集まれば」と語る。

 試験は7月9日午前10時から、県庁と東京で実施。受験資格者は獣医師免許取得者か、来春に同免許を取得見込みの者で12年4月1日現在で46歳未満。10人程度の採用を予定している。

 希望者は履歴書4通(1通は本人直筆、3通はコピー可)、健康診断書を県総務部人事課に郵送または持参する。郵送の場合は返信用封筒1通(速達用切手を貼り、返信先の住所、氏名を記入)が必要。締め切りは7月1日(消印有効)。

 宛先は〒880―8501、宮崎市橘通東2の10の1、県総務部人事課。問い合わせは同課TEL0985(26)7009。

当時の悲しみつづる 農業大学校が記録誌

宮日 2011年5月16日

 昨年の口蹄疫で飼育する牛など220頭が殺処分された高鍋町の県立農業大学校(井上裕一校長、126人)は、口蹄疫をめぐる経緯をまとめた記録誌を作成した。学生や職員のメモなども紹介し、関係者が当時何を感じていたかが伝わる内容となっている。

 記録誌のタイトルは「家畜防疫日本一をめざして?口蹄疫との戦いを振り返って」。昨年の本県での口蹄疫発生の経緯や同校の講じた防疫策、感染確認や家畜導入再開などのいきさつを、当時の写真を交えながら紹介している。

 一連の経緯を記した上で、畜産エリア入り口にエアシャワー付き更衣室を設置することなど対策を明記。「家畜防疫日本一の農業大学校を目指して取り組む」とまとめている。

 このほか、学生や職員らが当時書き留めたメモやメールも掲載。農家の殺処分を手伝ったある学生は「生後2日の子牛さえも犠牲になりました。この子は何のために生まれてきたのだろう」と悲しみをつづった。昨年11月の導入再開後に子牛が生まれた際には、指導職員が「私たちはこの大切な命を愛情いっぱいで守っていきたい」と決意を記している。

 A4判60ページで、200部を作成。昨年度の卒業生全員と畜産経営学科の在校生、関係機関などに配布している。

 岩切隆志農学部長は「口蹄疫発生から1年を契機に、本校で何が起こったかを忘れないという思いで、学生の視点も入れて作成した。これを教訓に本校だけでなく宮崎、日本で二度と発生しないようにしてほしい」と話している。(高鍋支局・大山俊郎)

復興宝くじ10月発売   本県、隣県3県と共同で

宮崎日日新聞 2011年5月21日

 口蹄疫復興の財源に充てるため、県は20日、「口蹄疫復興宝くじ」を10月に全国で発売すると発表した。隣接する鹿児島、熊本、大分県と共同で取り組み、本県は最大で約14億5千万円の収益を見込む。自然災害以外の復興宝くじは初めて。

 20日開かれた都道府県と政令都市でつくる全国自治宝くじ事務協議会(東京)の会合で認められた。県は6月に総務省に発売許可を申請する。同月末にも認められる見通しだ。

 県財政化によると、10月15日~25日の11日間、全国の売り場で発売する。当せん金や販売経費などを除いた収益金は通常の宝くじ同様に発売額の40%。収益金は被害の大きかった順に本県72%、鹿児島県17.3%、熊本県6.3%、大分県4.4%の割合で配分する。当せん金額や本数、一枚当たりの金額、収益の使い道などは今後調整する。

 河野知事は「収益金を財源として有効に活用し、口蹄疫からの再生・復興が一日も早くはかられるよう全力を尽くしたい」とコメントした。

 これまで復興くじは阪神大震災、新潟県中越地震で発売。東日本大震災で被災した宮城県など9件2市も7月から販売する予定。


口蹄疫の記録映画制作、宮崎のNPOが7月公開

 宮崎市民らでつくるNPO法人「宮崎文化本舗」(石田達也代表理事、約40人)が、約30万頭の牛や豚が殺処分された口蹄疫を題材にしたドキュメンタリー映画を制作している。畜産農家らへのインタビューを中心に、家畜伝染病の恐ろしさや風評被害の実態などを伝えようとする内容。7月1日に宮崎市で行われる「みやざき自主映画祭」での公開を目指す。

 宮崎文化本舗は2000年にNPO法人に認証され、芸術文化を通じた街づくりを推進。東日本大震災の被災地支援も行っている。今回の映画は「口蹄疫その後2011春」(45分、仮称)。同本舗メンバーの工藤悦朗
よしろう
さん(51)が監督を務め、スタッフも仲間の学生や会社員らのボランティア。

 工藤さんは口蹄疫の発生後、感染拡大を恐れた県外の施設が宮崎ナンバーの車の出入りを敬遠したり、宮崎への観光客が激減したりした様子を目にした。影響の大きさに驚くとともに、「口蹄疫とは何か、きちんと後世に残さなければ」と思い立ったという。

 昨年7月から撮影に着手し、畜産農家や観光業者、獣医師など十数人や家畜の慰霊式などを取材。すべての牛や豚が殺処分された川南町では、豚約5500頭を失った農家から話を聞いた。農家は、我が子のように育てた豚を一瞬にして失った気持ちや、殺処分の生々しい様子を語った。

 この農家は発生直後、行政側に防疫体制の強化を訴えたが聞き入れられなかった。行政側がプライバシー保護を理由に詳しい発生場所を公表しなかったため、農家間で独自にネットワークをつくり、情報を集めて防疫対策を決めていたという。

 工藤さんは「これまで表に出てきている内容と迫力が違う。問題は想像以上に重大で切実と感じた」という。その上で「多角的で偏らない視点で振り返る内容にしたい。今回の大震災では原発事故の風評被害が深刻で、こうした問題を考えるきっかけにもなれば」と話す。

 みやざき自主映画祭の開催場所は宮崎市の宮崎キネマ館。無料。問い合わせは宮崎文化本舗(0985・60・3911)へ。要望があれば追加上映も検討する。

(2011年5月24日 読売新聞)

2011/06/02

空港で働く名コンビ 検疫探知犬 クレオとキャンディー

昨年12月の農業新聞で検疫探知犬の事を知りました。

記事は↓これね。

口蹄疫・防疫対策関連記事 日本農業新聞より抜粋(12月分)
http://koji.air-nifty.com/cozyroom/2010/12/12-bcfd.html

成田空港にいるらしい、ってことで動物検疫所のHPを見たら、

なんとも可愛らしく、賢そうなビーグルの写真が。

Maf_ph_06_2

遥か昔、新婚旅行(笑)でアメリカに行ったのですが(目的地は相方が派米研修生時代にお世話になったネブラスカ州のポーターという田舎町)、乗り換えのために最初に着いたロスの空港でビーグルが働いているのを見ました。

「good boy!」というハンドラーの声に合わせる様に、ベルトコンベアの上を流れるスーツケースの間を軽やかに歩き回るビーグルの姿に目を奪われました。

当時は「麻薬探知犬」だと思っていたのですが、ひょっとすると「検疫探知犬」だったのかもしれませんね。

新婚旅行から数年後、事もあろうかビーグル犬を拾っちゃったりしたもんだから、
犬の中でもビーグルは特別な存在になってしまったわけです。

ま、とにかく「検疫探知犬」 (しかもビーグル!)って存在を知らなかった私は、ググったりヤホッたり(笑)して参考になりそうな本を見つけました。
即座に購入しましたよ。

それが、これ。↓

Photo

空港で働く名コンビ 検疫探知犬 クレオとキャンディー
(池田まき子作・ハート出版)

読んだのは年末から正月にかけてで・・・・色々あってずいぶんと遅い紹介になりましたけど。

犬やハンドラー(犬を扱う人)の訓練の様子や、お互いの信頼関係を描いた感動モノの本と思いきや、全然違いました。(笑)

検疫探知犬がどの様な役に立つのか、どのような訓練が行われているのか

表題のクレオやキャンディーがどんな活躍をしているのか

は、もちろんですが・・・

家畜伝染病とは何なのか

動植物の生態系を守ることの大切さ

そして

オーストラリアが生態系を守るため、どんな努力をしているか

家畜伝染病を国内に入れないために、どう行動しているか

などが、小学中学年向けの書籍だけあって、とても分かりやすく書かれています。

著者がオーストラリアのキャンベラ在住だけあって、検疫の具体例など自分の経験をもとに書かれているので、非常に興味深く面白く読めました。

そして、オーストラリアの検疫検査局の取り組みが徹底してるのに、ひたすら感心させられます。

      ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

日本での検疫強化、水際対策も去年の口蹄疫を受けて改善されているようですが・・・
畜産業に関係する身からすれば、まだまだ力を入れて欲しいのです。

現在、日本には4頭の検疫探知犬がいるだけです。

成田と関空に2頭ずつ。

全国の地方空港が海外への門戸を開き、観光客を受け入れています。
特に口蹄疫が常在している中国をはじめとするアジアの国々からの。

渡航者への「自主申告」(海外で農場へ立入ったかどうかなど)や
ゴルフシューズなどの消毒はもちろんなんだけど・・・

それ以外にも、手荷物の中に紛れ込んでいる畜産加工品から口蹄疫ウイルスが運び込まれかねない状況を何とかするためにも、検疫探知犬を増やして欲しいと思うのです。

動物検疫所 検疫探知犬について

http://www.maff.go.jp/aqs/job/detectordog.html

にほんブログ村 企業ブログ 酪農・畜産業へビジネスブログランキング人気ブログランキングへ
↑地味~にランキング参加中です。ぽちっと押して頂けると励みになります

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブクログ

  • ブクログ

ブログパーツ

  • 3月31日まで投票できます

  • ジオターゲティング