« 肉の日なので焼肉食った!都城「焼肉 大将」 | トップページ | 消毒ゲート完成 »

2011/05/02

岩手から「菊福秀」の冷凍精液が届いた!

岩手県から種牛の冷凍精液

宮崎県の畜産ブランド「宮崎牛」の種牛が、去年の口てい疫のために5頭に減ったことを受けて、畜産が盛んな岩手県から種牛の冷凍精液が無償で提供されました。

宮崎県では、「宮崎牛」のブランド化を進めるため、高鍋町にある県家畜改良事業団で50頭余りの種牛を所有していましたが、去年の口てい疫のためにほとんどを処分し、現在は5頭しか残っていません。

「宮崎牛」の復興に役立ててほしいと、畜産が盛んな岩手県は、所有する種牛、「菊福秀」の冷凍精液を無償で提供すると申し出て、2日、冷凍精液のストロー100本が家畜改良事業団に届けられました。
宮崎県が口てい疫のあと種牛の冷凍精液を受けるのは、去年の青森県と宮城県に続き、岩手県が3件目です。

県によりますと、岩手県とは優秀な種牛を開発するために平成10年にお互いの冷凍精液を交換するなど交流が深く、今回も、当初はことしの1月に無償提供を受ける予定でしたが、宮崎県で相次いだ鳥インフルエンザの問題や震災の影響で、延期されていました。

河野知事は、「岩手県は震災で大変な中、宮崎牛の再生復興を応援していただき、心から感謝したい。こちらからはすでに医師などを派遣しているが、これからも恩返しで、震災からの復興支援を続けたい」と話していました。

05月02日 18時57分  NHKローカル

岩手県、大変な時なのにありがとう~~・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

復興支援、岩手から和牛冷凍精液届く
MRT (05/02 19:07)

口蹄疫で甚大な被害を受けた宮崎を支援しようと、2日、岩手県から無償で提供された種牛の冷凍精液が宮崎に届きました。

高鍋町の県家畜改良事業団に届いたのは、岩手県所有の種牛「菊福秀」号の冷凍精液100本です。
宮崎県と岩手県は、これまでに、それぞれの種牛の冷凍精液を交換した経緯もあったことから、去年7月、岩手県が無償での提供を表明。

これを受け、河野知事は、今年3月に提供を依頼しましたが、大震災の影響などで予定がずれ込んでいました。

(河野知事)「いま大震災の対応が大変な状況の中で、口蹄疫からの再生復興を応援しようという気持ちで、本当に心から感謝を申し上げたい。」

口蹄疫復興支援での冷凍精液の提供は、青森、宮城に続き3件目となります。
口蹄疫の影響で種牛が5頭だけになった県では、今回の冷凍精液を新たな種牛づくりに活用することにしています。

お礼と言っちゃなんだけど・・・・・

これ飲みながら応援してます!

Photo

ビール党と焼酎党の夫婦なんで、日本酒のこと、よくわかんないのだ。
だから、色々入ったヤツを頼んでみた。

Photo_2

あ、大吟醸と吟醸の違いくらいは、わかってるつもり。

昔「夏子の酒」って漫画、読んだから ( ̄▽ ̄)
おいおい・・・・coldsweats01

Photo_3

にほんブログ村 企業ブログ 酪農・畜産業へ人気ブログランキングへ
ランキング参加中です。ポチッとよろしくdelicious

待っててね、宮城県、青森県。ストロー貰った恩は忘れてないわ。
次は宮城の日本酒買う!
青森はスタミナ源焼肉のタレで、ゴメンして。

« 肉の日なので焼肉食った!都城「焼肉 大将」 | トップページ | 消毒ゲート完成 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様です

岩手県には感謝ですヽ(´▽`)/

菊谷×福桜×糸秀ということで宮崎にゆかりのある血統です

児湯出身の母牛ということでちょっと運命を感じますね

たぶんスーパーな母牛への交配となると思いますが、2.、3年後が楽しみになってきましたね( ̄ー ̄)ニヤリ

しんさん

母が宮崎の牛だというのは聞いていたのですが、児湯出身だったのね。
だとしたら「前谷」とか「長久」が入っているのでしょうか?
(しんさんなら知っていると踏んでるんだけど)catface

センム様


なんと結構奥深い血統なのです


県の発行しているパンフレットには三代祖までしか記載していないのがほとんどなのですが(-_-;)


菊谷×福桜×糸秀×第20平茂×第20平茂×第20気高と結構気高の強い構成なのです∑(=゚ω゚=;)

枝を写真で見る限り但馬が強いとばかり思っていました


まあ菊谷、福桜、糸秀と

安美土井系、森井系、ハーフ安美系とバランスよく交配されているので、うまくミックスされているのかもしれません


以前データの神様 N君が言っていましたが、やはり肥育の基本はアウトクロスだとおもうのです


今まで父系でも菊谷の展開はないので、非常に楽しみです


しかし、色んなところから支援をいただいて、茂洋、菊福秀、第1花国と県外因子が増えてきました。

暫く時間はかかりますが彼等の血統的展開に期待しましょう

しんさん

この「血統オタク」(褒め言葉です)めがぁぁぁあああ!!!
なんで、そこまで知ってるの!

結構、気高が強いのね。
んでも、しんさんが枝の写真を見て「但馬が強いと思っていた」のなら安心かな。

時間が掛かっても、宮崎にとって血統の展開は必須でしょうし期待したいところです。
ホント、青森、岩手、宮城県には感謝!です。

ご無沙汰しておりました、
菊福秀は福桜あればこそ出来た牛で、これで少しは
恩返しできたかな、と思います。
前回の遺伝子交換の第5夏藤はまったくダメっだったですからねー
私達も 「えー 安平と夏藤?」能力や、実績から云って
まったく釣り合いが取れない話だと思っていました。
今度は是非とも良い結果を出してほしいものです。

岩手佐藤さま

少しは落ち着かれましたでしょうか?
沿岸部に比べれば被害は少ないでしょうが、飼料が思うように入らないという状況が少しでも早く改善するよう願っております。

聞けば岩手の種牛は資質系とのこと。
増体重視の系統って、どうなのよ?
・・・と思っている私にとっては、菊福秀は期待「大」であります!

おそらくは、新たな種牛の生産に使われるでしょう。
その新たな種牛のストローが再び岩手に渡って・・・・
なんて事を考えると、夢は膨らみますね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 肉の日なので焼肉食った!都城「焼肉 大将」 | トップページ | 消毒ゲート完成 »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブクログ

  • ブクログ

ブログパーツ

  • 3月31日まで投票できます

  • ジオターゲティング