山崎畜産HP

ランキング参加中

無料ブログはココログ

« 口蹄疫・検体送付 | トップページ | 牛の肥育期間とお肉の関係の話(2) »

2011/04/26

口蹄疫・都城の検体は陰性!

小林市役所から連絡(午前5時35分)

都城の検体は陰性 良かったー 

※宮崎県 防災メールの発信は午前6時8分だったようです。
平成23年4月25日(月)に採材し、動物衛生研究所海外病研究施設に送付した検体について、本日、PCR検査(遺伝子検査)の結果、陰性との連絡がありました。 引き続き、近隣諸国での口蹄疫の発生状況に鑑み、防疫対策の徹底を!

検査で“口てい疫疑いなし”

都城市の畜産農家で口てい疫を否定できない症状の牛が見つかり、県が5頭について、詳しい検査をした結果、いずれも陰性で、口てい疫の疑いはないことがわかりました。

25日、都城市の畜産農家で、飼育されている10頭の牛のうち、7頭の舌や上あごに「ただれ」などの症状が見つかりました。

宮崎県では口てい疫の疑いが否定できないと判断し、感染の有無を調べる詳しい遺伝子検査を行うため症状がはっきりしている5頭の牛から検体を採って東京の動物衛生研究所に送りました。

県によりますと検査の結果、いずれも陰性で、口てい疫の疑いはないことがわかりました。

県では今後、これらの牛が過去に感染したことがなかったか念のため抗体検査を行うことにしています。

口てい疫の対応を巡って宮崎県は、去年の発生を教訓にマニュアルを全面的に見直し、これまでは、症状から「口てい疫の疑いは薄い」として経過観察にしていたケースについても、感染を完全に否定できない場合はただちに詳しい検査を行うことになりました。

また、検体を送った段階で、状況を明らかにするとしていて、今回は、このマニュアルに沿って対応した初めてのケースとなりました。

04月26日 06時59分  NHKローカル

« 口蹄疫・検体送付 | トップページ | 牛の肥育期間とお肉の関係の話(2) »

口蹄疫関連」カテゴリの記事

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブクログ

  • ブクログ

ブログパーツ

  • 3月31日まで投票できます

  • ジオターゲティング