山崎畜産HP

ランキング参加中

無料ブログはココログ

« 口蹄疫・マスコミ報道他 12/11(土)~12/12(日) | トップページ | 口蹄疫・マスコミ報道他 12/14(火)~12/15(水) »

2010/12/15

口蹄疫・韓国での口蹄疫関連報道ほか 2

韓国、口蹄疫32例目 発生地域拡大   農家に緊張高まる


日本農業新聞 12月10日

 韓国で口蹄疫の発生が拡大している。9日には1例目の養豚農家から60キロ離れた沿岸部の慶尚北道の
盈徳地域で、事実上の32例目の発生が確認された。周辺は韓国有数の家畜産地で、緊張が高まっている。
 32例目は、予防的に殺処分した肉用牛で、死骸から採取した血液を検査したところ、口蹄疫の陽性が判明した。同地域政府は、この肉用牛を飼養していた農場から半径500メートル以内の畜産農家に追加の殺処分を命じた。
同地域には350戸の肉牛農家が6600頭を飼育している。

 周辺の地域でも、口蹄疫拡大に警戒感が強まっている。隣接する浦項市では、1689戸の農家が牛や豚など偶蹄類の家畜を6万1500頭、慶州地域では、5570戸の肉牛農家が約6万5000頭を飼育している。

韓国の口蹄疫 36例目  殺処分15万頭


日本農業新聞 12月14日

 韓国で口蹄疫の発生が拡大している。韓国政府によると、13日には1例目から西南に35キロ離れた慶尚北道義城郡安寺面で、事実上36例目の発生が確認された。家畜の殺処分頭数も15万頭に迫る勢いだ。

韓国政府は、口蹄疫緊急行動指針(SOP)に基づき、殺処分や移動制限を進めるとともに、畜産農家が海外に行く際の届出を義務付ける制度の施行も検討している。

 36例目は、予防的に殺処分した肉用牛から確認した。死骸から採取した血液を調べたところ、口蹄疫の陽性が判明した。当該農家が6日、1例目の安東市の農機修理センターに車で訪れたことを踏まえ、予防的に肉用牛全頭(83頭)を殺処分したうちの1頭だった。

 政府は、同農場を中心に半径500メートル以内の畜産農家12戸の79頭の殺処分を命じた。11月29日に安東市で再発した口蹄疫で殺処分した家畜数は、約629戸の14万7000頭に上る

 一方で、政府畜産農家や外国人労働者が感染拡大に関わっている可能性が高いとみて、畜産農家の旅行などを把握するための新たな制度づくりを進めている。具体的には、畜産農家が海外旅行をする際に申告と消毒を義務化し、違反者には、懲役1年以下、または500万ウォン(35万円)以下の罰金を課す。

韓国で口蹄疫拡大 約15万頭が殺処分 2010.12.13 19:44

 韓国農林水産食品省は13日、同国南東部慶尚北道義城の牛の飼育施設で、口蹄疫の発生を確認したと明らかにした。
 先月末、同道安東で発生した今回の口蹄疫は、今月に入って同道醴泉や英陽にも拡大。聯合ニュースによると、これまでの感染確認は36件に達し、約14万7千頭以上の家畜が殺処分された。
(共同)


対応規則守らず口蹄疫が拡散
2010.12.13 14:25:34
中央日報/中央日報日本語版

慶尚北道安東(キョンサンブクド・アンドン)で口蹄疫が初めて確認された先月29日の前、少なくとも3回以上疑いの症状が申告されたが、申告を受けた地方自治体が防疫当局に速かに精密調査を依頼しなかった。このため初動対応に失敗して口蹄疫ウイルスが広がり、被害が拡大したという指摘が出ている。

12日、慶尚北道と安東市の関係者によると、安東市臥龍面(ワリョンミョン)ソヒョン里の養豚農家で先月23日、口蹄疫が疑われる豚が見つかり、農家が安東市家畜衛生試験所に申告した。農林水産食品部が初めて申告があったと公式発表した先月28日より5日も前だ。

当時、家畜衛生試験所は現場に出て簡易検査を行ったが、陰性判定が出たため口蹄疫ではないという結論を出した。その後、先月24、26日にも近隣農家で口蹄疫が疑われる豚が申告されたが、やはり簡易検査で陰性判定が出た。

しかし簡易検査が陰性だからといって精密検査を依頼しないのは、農林水産食品部の口蹄疫マニュアルに背く。ウイルス(抗原)に感染しても抗体が形成されるまで1-2週間ほどかかるため、初期に抗体反応だけを確認する簡易検査では十分でない。このため、農林水産食品部は疑いの申告に対してすべて精密調査を依頼するよう口蹄疫対応マニュアルを修正していた。

現地の農家は、防疫当局が精密検査をしなかった初期4-5日間にウイルスが広範囲に広がった可能性を提起している。12日現在まで口蹄疫が疑われるという申告45件のうち、32件が口蹄疫と判定され、13件は陰性と確認された。


義城の口蹄疫、防疫ラインを潜り抜けた「第2次感染」だった
東亜日報
DECEMBER 14, 2010 02:58

先月29日、慶尚北道安東(キョンサンブクド・アンドン)で初めて発生した口蹄疫が、義城(イソン)でも発生した。これで、口蹄疫が発生した市郡は、慶尚北道安東や醴泉(イェチョン)、英陽(ヨンヤン)、奉化(ボンファ)、栄州(ヨンジュ)、盈德(ヨンドク)、義城の7ヵ所に増えた。

農林水産食品部(農食品部)は13日、慶尚北道義城郡安寺面(アンサミョン)の韓国牛農場に対する国立獣医科学検疫院による精密調査の結果、口蹄疫陽性と判明されたと明らかにした。同農場は12日、防疫当局による口蹄疫予防監察の過程で、口蹄疫の疑いのある症状が見つかり、防疫当局が予防に向け、殺処分を行ったところだ。

農食品部は、「この農家のオーナーは、口蹄疫が盛んだった6日、慶尚北道安東市西後面(ソフミョン)の、口蹄疫発生農場から900メートル離れた農機械修理センターを、車で訪問した」とし、「口蹄疫ウイルスがこの車両を通じて、広がったものと見られる」と明らかにした。口蹄疫発生初期に、安東周辺に広範囲に渡って広まったウイルスによる「第1次感染」ではなく、安東地域の口蹄疫ウイルスが、防疫帯を潜り抜け、外部に広まった「第2次感染」だ。この農家のオーナーが、口蹄疫発生危険地域(半径3キロ)を訪問したにも関わらず、きちんと防疫が行われなかったことは問題点と、指摘されている。

農食品部は、「義城の口蹄疫発生農場から半径500メートル以内の牛を埋没処分し、口蹄疫が義城から他の地域へと伝播されるのを食い止めるために、防疫を強化している」と明らかにした。これで、今回の口蹄疫による殺処分規模は計14万7173頭に増えた。

一方、慶尚北道奉化の口蹄疫発生農家から出荷した口蹄疫の疑いのある牛が、市場に流通されたことに関連し、防疫当局は、加工工場や肉屋に販売された韓国牛3頭を同日、ほとんど回収したと明らかにした。しかし、屠殺した3頭の肉898キロのうち、228キロはすでに消費者に販売され、当局は670キロだけを回収し、廃棄処分した。農食品部の関係者は、「口蹄疫は人には何ら害を及ぼさないが、(牛肉流通過程で)口蹄疫ウイルスが牛や豚には影響を及ぼしかねないので、予防のために回収したのだ」と説明した。

奉化の韓国牛の運搬や流通過程で、口蹄疫ウイルスが広がる可能性と関連し、農食品部の関係者は、「今のところ、可能性は低いと見ており、車両と屠殺場の消毒も完了した」と語った。

口蹄疫再発の韓国  新たな指針 認知進まず

日本農業新聞 12月10日

 韓国で拡大する口蹄疫は、今年3回目になる。1月と4月の発生を抑え込み、口蹄疫緊急行動指針(SOP)の見直しなど制度の改善に乗り出したにもかかわらず、再びj発生した。背景にどのような落とし穴があったのかを探った。(韓国農民新聞・朴祥圭、梁承善)

 慶尚北道安東市で発生した口蹄疫は、防疫網を越えて広範囲で発生している。発生から8日目には、最初の発生地から28キロ以上離れた地域で発生した。防疫当局が設定した半径20キロの防疫網を越えた。9日には、最初の発生地から60キロ離れた地域で口蹄疫の陽性が確認。そのため、初期対応を問題視する指摘が多い。

 日程を振り返る。慶尚北道家畜衛生試験所は11月26日、「疑わしい」との申告を受けた。その時点で抗原対の検査が可能で、確診判定が早まれば、11月29日以前に防疫システムを稼動し、拡大を未然に防ぐことができたかもしれない。

 しかし、伝染性が強い口蹄疫の抗原体検査は、地域の家畜衛生試験所ではできない。ソウル近郊の国立獣医科学検疫院の確定を待つのが実態だ。今回の口蹄疫拡大には、申告を受けてから確定までの時間が長く、対応が遅れたことも一因と考えられる。

 制度は作ったが実際の活用に困り、対応が遅れたこともある。今年前半の京畿道の抱川や仁川で発生した口蹄疫の経験から、政府は、新たなSOPを打ち出した。しかし、地方自治体や現場の公務員が熟知しておらず、右往左往し、情報伝達が半日も遅れた。

 例えば、飼料業者など民間は11月29日午前の段階で口蹄疫発生の一報を受け、自主的な防疫対策に乗り出した。しかし、安東市は口蹄疫発生事実を知っていたにもかかわらず、検疫院の公式発表を待って対策をとるというありさまだった。

 殺処分の遅れにも問題がある。殺処分作業を全体的に統制する市庁と現場のすれ違いが目立った。例えば、フォークレーンやトラクターなど装備が既に作業現場で待機しているのに、処分する人員が配置されていない事例がしばしばあった。殺処分対象農家から市庁に電話して促すことも少なくなかった。

 防疫警戒の運営もずさんだ。安東市の場合、口蹄疫が陽性と確定されてから3日過ぎて、ようやく中央高速道路から安東市入りのインタチェンジ(IC)に防疫警戒所を設置した。

 政府は今回の教訓を活かし、口蹄疫に向けた制度の構築だけではなく、徹底した普及教育が求められる。


« 口蹄疫・マスコミ報道他 12/11(土)~12/12(日) | トップページ | 口蹄疫・マスコミ報道他 12/14(火)~12/15(水) »

口蹄疫関連」カテゴリの記事

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ブクログ

  • ブクログ

ブログパーツ

  • 3月31日まで投票できます

  • ジオターゲティング