山崎畜産HP

ランキング参加中

無料ブログはココログ

« 毎月20日は消毒の日! | トップページ | 口蹄疫・宮崎空港の防疫体勢は? »

2010/12/22

口蹄疫・韓国の口蹄疫関連報道ほか 6

少々忙しくて関連記事の更新が出来ませんでした。
そうこうしている間に、感染が拡がっています。
本日の日本農業新聞の1面でも大きく取り上げられていますが、その後、感染疑いの家畜の殺処分数は22万頭を超えてしました!

韓国口蹄疫 全土拡大の恐れ  ワクチン使用議論も

 日本農業新聞 12月22日

 韓国の口蹄疫は、発生地域が全国に広がる恐れが出てきた。複数の報道によると21日、既に発生している慶尚北道、京畿道に加え、忠清南道や江原道でも口蹄疫の擬似患畜が報告された。政府や畜産関係者らは防疫対策の徹底に取り組んでいるが、感染の拡大に歯止めがかからず、政府関係者の間ではワクチンの使用検討を主張する議論も浮上している。

 新たに発生した忠清南道天安市では21日、32頭を飼育する鹿農家の1頭から口蹄疫の擬似患畜が報告された。また、江原道平昌郡の肉牛農家からも擬似患畜の申告があった。肉牛27頭のうち1頭が口蹄疫擬似患畜の症状を見せたという。

 発生件数は11月28日以降、21日現在で38事例(予防的殺処分した家畜から感染が判明したものを除く)となり、殺処分対象家畜は1208農場の21万7356頭に達した。すでに19万9034頭を殺処分した。

 政府は今回、初動対策として殺処分や移動制限に加え、感染拡大に応じて警戒レベルを「注意」から「警告」に引き上げた。しかし、口蹄疫の感染拡大には歯止めがかからないのが実態だ。そのため、政府関係者からは「ワクチンの使用も検討すべきだ」との声も上がっている。

韓国、口蹄疫感染が急拡大 勢い止まらず「非常事態」

 【ソウル共同】韓国南東部で先月末に豚の口蹄疫感染が確認され、首都圏や北東部の江原道まで急拡大し、全土に広がる懸念も出ている。政府は防疫に全力を挙げるが感染の勢いは止まらず、韓国メディアは「非常事態」と危機感を強めている。

 農林水産食品省によると、先月29日に慶尚北道安東の養豚施設で感染が確認された後、周辺部に次々と飛び火。今月15日には約200キロ離れた北部の京畿道楊州などの豚の飼育施設でも見つかった。政府は家畜疾病の危機レベルを「注意」から「警戒」に引き上げ防疫体制を強化したものの、22日には江原道平昌の牛の飼育施設でも発生が確認された。

2010/12/22 19:01 【共同通信】


口蹄疫発生国の外国人労働者は農場雇用禁止?…強い反発
2010.12.22 14:54:24  中央日報/中央日報日本語版

国内で口蹄疫は00年と02年に発生した後、数年間を置いて今年1月と4-5月に京畿道(キョンギド)と忠清(チュンチョン)地域でそれぞれ発生した。口蹄疫ウイルスの潜伏期は長ければ2週間程度であるため、年初と春に発生した口蹄疫が11月末-12月初めに慶尚北道(キョンサンブクド)に広がったとは考えにくい。このため慶尚北道は、口蹄疫発生国に行ってきた人や動物・装備を通して感染した可能性が高いとみている。実際、安東(アンドン)の口蹄疫被害畜産農民は、親睦会会員らとともに口蹄疫発生国に分類されたベトナムを旅行したことが確認された。

京畿道は道内に口蹄疫が広がる兆しが表れると、口蹄疫発生国出身の外国人労働者を畜産業および関連業種で雇用することを禁止することを検討し始めた。近く農林水産食品部に関連内容を建議し、法制化を目指すという立場だ。京畿地域では14日、楊州(ヤンジュ)・漣川(ヨンチョン)の養豚農家をはじめ、これまで5件・6農場で口蹄疫が発生した。

道のこうした検討は、慶尚北道だけでなく、今年上半期に京畿道と忠清地域で発生した口蹄疫疫学調査の結果、口蹄疫発生国から入国した外国人・農場主が口蹄疫伝播の伝染源と推定されたからだ。ベトナムでは1-5月と9-10月、カンボジアでは1・3・5月に口蹄疫がそれぞれ発生した。インド・中国・スリランカ・アフガニスタン・イエメンは一年中、口蹄疫が発生する。

21日の京幾道によると、道内で申告・登録された外国人畜産業従事者は1200人にのぼる。不法滞在者まで合わせると3000人以上となる。外国人労働者はほとんど中国やベトナムなど口蹄疫発生国出身者で、自国でよく食べる羊肉など畜産物を消毒もせず国内に持ち込み、口蹄疫を拡散させる危険があるということだ。

道のこうした方針に畜産農家と外国人労働者は反発している。相当数の畜産農は外国人労働者を雇用できない場合、牧場の運営が難しいという立場だ。安城市薇陽面(アンソンシ・ミヤンミョン)で乳牛40頭を育てているチェ・ウヨンさん(49)は「現在、外国人労働者3人を雇って牧場を経営している」とし「家族ではない限り、多くない人件費で牧場で働く韓国人を探すのは難しい」と話した。

畜産農は「検疫当局が口蹄疫疫学調査を行っているが、結果が出るまで短くて数カ月、長ければ数年かかる」と述べた。安城のS牧場で働くベトナム人は「不法滞在者ならまだしも、正常な手続きを踏んで韓国に入国した外国人を就職できなくするのは外国人差別政策だ」と主張した。


口蹄疫、全国に拡散…殺処分家畜は過去最悪の22万頭
2010.12.22 14:27:34 中央日報/中央日報日本語版

口蹄疫が首都圏で急速に広まり、江原道(カンウォンド)付近にまで迫っている。これを受け、政府はワクチンの使用を慎重に検討し始めた。

農林水産食品部は21日、京幾道加平郡下面新下里(キョンギド・カピョングン・ハミョン・シンハリ)の韓牛農場で口蹄疫感染を確認した、と明らかにした。防疫当局はこの農家の韓牛55頭と半径500メートル以内にある家畜を殺処分することにした。

これを受け、口蹄疫感染地域は2道の12市・郡、42件に増えた。また口蹄疫に感染または予防のために殺処分対象に含まれた家畜数は22万頭となった。過去最悪だった02年の16万頭を大きく上回った。

口蹄疫は収まる兆しが見えない。この日、口蹄疫が確認された加平農場は14日、京幾道で口蹄疫が初めて発生した楊州(ヤンジュ)の養豚農家から33キロ離れている。したがって京畿道北部地域の防疫網を事実上くぐり抜けたと防疫当局は判断している。

特に加平は江原道に隣接した地域で、防疫当局は非常事態となった。江原道には平昌(ピョンチャン)や横城(フェンソン)など韓牛ブランドが多いうえ、スキーを楽しむ流動人口が多く、移動の統制が容易でないからだ。実際、この日午後、江原道平昌・華川郡(ファチョングン)にある韓牛農場の牛の歯ぐきに水泡が生じるなど、口蹄疫が疑われるという申告があった。

また京畿道抱川(ポチョン)の韓牛農場と忠清南道天安(チュンチョンナムド・チョンアン)の農場でも似た症状が申告された。これらの地域がすべて陽性と判明した場合、政府は口蹄疫危機対応段階を最高レベルの「深刻」に高めて対応するとみられる。

劉正福(ユ・ジョンボク)農林水産食品部長官は「口蹄疫の拡散速度が急激に早まり、ワクチンの使用も検討している」とし「実際に使用するかどうかは22日の精密検査の結果を見て判断する」と述べた。

ワクチンを使用した場合、約600億-700億ウォン(約50億円)の費用が追加でかかり、口蹄疫清浄国の地位を回復するのにも相当な時間がかかることになる。しかし防疫帯の設定が口蹄疫拡散速度に追いつけず、政府が最後のカードを考慮している状況だ。

※韓国でもワクチン接種が決まったようです。


口蹄疫ワクチン接種へ、政府が方針固める
2010/12/22 21:39 KST  聯合ニュース

【ソウル22日聯合ニュース】慶尚北道・安東で発生した口蹄疫(こうていえき)が京畿道に続き江原道にも広まったことを受け、政府は22日、劉正福(ユ・ジョンボク)農林水産食品部長官主宰の緊急家畜防疫協議会を開き、口蹄疫対策の最終手段としてワクチン接種を実施する方針を確定した。
 劉長官は協議会終了後、「口蹄疫拡大を防ぎ、口蹄疫清浄国への早期復帰に向け、非常対策の一環としてワクチン接種の方針を決めた」と説明した。

 ワクチン接種の時期と場所については、家畜防疫協議会傘下に専門家による小委員会を設置し、23日午前までに決定する。

« 毎月20日は消毒の日! | トップページ | 口蹄疫・宮崎空港の防疫体勢は? »

口蹄疫関連」カテゴリの記事

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ブクログ

  • ブクログ

ブログパーツ

  • 3月31日まで投票できます

  • ジオターゲティング