« 口蹄疫・「口蹄疫被害者協議会」関連記事3 | トップページ | 口蹄疫・韓国の口蹄疫関連報道ほか 6 »

2010/12/20

毎月20日は消毒の日!

韓国の口蹄疫、不安ですshock
もう二度とあんな苦しみ、悲しみは味わいたくないです。

毎月20日は消毒の日

宮崎では県の提供で15秒スポットのテレビCMも流しています。
少しでも多くの人の目に留まればいいのですが。

何よりも農場にウイルスを入れないことが大切です。

もう一度、防疫体勢の見直しを!

以下、県のHPから
http://www.pref.miyazaki.lg.jp/parts/000147812.pdf

具体的には、下記の取り組みを行いましょう。

1 畜舎の消毒

 出荷後、敷料を除去した空の畜舎などを、動力噴霧器により、洗浄・消毒を行います。

 動力噴霧器が無い場合は、消毒薬をジョウロなどで散布しましょう。

2 消石灰散布
 
 車両が入ってくる農場入り口に、全体的に白くなるように散布します。

3 踏み込み消毒槽の点検

 畜舎入り口の踏み込み消毒槽を点検し、消毒薬を確認しましょう。
 踏み込み消毒槽は必ず設置するようにし、消毒薬が汚れたらすぐに取り替えるようにします。

4 畜舎周囲の清掃

 畜舎周囲の除草や草刈り等を含めた環境の整備に努めましょう。

県庁のHPには
宮崎県農場衛生管理マニュアル(要約版)
http://www.pref.miyazaki.lg.jp/parts/000148933.pdf
ってのもあります。
印刷できますので、手元に置いて防疫の手順の再確認をお願いします!

御近所のお年寄りの農家さんにもぜひ声掛けを!

にほんブログ村 企業ブログ 酪農・畜産業へビジネスブログランキング人気ブログランキングへ
↑地味にランキング参加中。ポチッとお願いします(笑)

« 口蹄疫・「口蹄疫被害者協議会」関連記事3 | トップページ | 口蹄疫・韓国の口蹄疫関連報道ほか 6 »

口蹄疫関連」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちわsun韓国は全土に広がっていますね…
宮崎と同じくらい、もしくはそれ以上の家畜の命が奪われるかもしれません…今日も新聞を見ていて改めて口蹄疫の恐怖を感じました!
何とか韓国の畜産農家さんたちに頑張ってもらい、ウイルスに打ち勝って欲しいです!
宮崎、日本みんなでウイルス侵入を阻止するべきですね!
今日もべぶろぐを拝見させて頂き、また気が引き締まりました!毎日の情報提供ありがとうですsmilegood


西諸の小さな牛飼いさん

韓国の口蹄疫、ワクチン接種を含めると、殺処分の対象は40万頭を超えそうですcrying
韓国の発生地図をみる度に「宮崎だけでよく収まったものだ」と思わずにいられません。

ホント、韓国の人たちにはがんばって欲しいです。
最終的には、自分の牛は自分で守らなきゃいけないんですよね・・・・
消毒の徹底、がんばりましょうね!

ほんとによく宮崎だけでおさまりましたよね(-_-;)

こういう事を言ってはいけませんが、油断しちゃいかんというのをあらためて教えてくれましたね汗s

防疫あるのみです

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 口蹄疫・「口蹄疫被害者協議会」関連記事3 | トップページ | 口蹄疫・韓国の口蹄疫関連報道ほか 6 »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブクログ

  • ブクログ

ブログパーツ

  • 3月31日まで投票できます

  • ジオターゲティング