山崎畜産HP

ランキング参加中

無料ブログはココログ

« 口蹄疫・宮崎日日新聞【検証口蹄疫】 第3部(5)~(7) | トップページ | 焼肉用器具2「ハイストーングリラー焼肉鍋」 »

2010/10/12

口蹄疫・日本農業新聞「口蹄疫 課題と対策」専門家に聞く 1

少々遅くなった感があるが日本農業新聞の記事より。
読みやすいように改行に手を加えた。

宮崎県で発生した口蹄疫は、今後、産地復興や疾病対策の強化に向けた取組みが進む。課題と対策を専門家に聞いた。

2010年8月18日

再発も拡大抑え込め

東京大学大学院農学生命科学研究所 明石 博臣(あかし・ひろおみ)教授
(農水省口蹄疫疫学調査チーム委員、食料・農業・農村対策審議会家畜衛生部会牛豚疾病小委員会委員)

 「口蹄疫を二度とおこさない」と言われるが、日本で発生そのものをなくすことは難しく、また起こると思う。しかし次に発生した時には、大規模な流行を起こさないことが重要だ。今回の反省点から改善点がみいだせるはずだ。発生した際に、感染を拡大させない対策が重要となる。

感染ルート未解明

 発生を防ぐのが難しい一番の理由は、感染ルートの解明が出来ていないからだ。口蹄疫は明治時代を除けば10年前と今年、2回発生した。これまでの鳥インフルエンザもそうだが、ウイルスが国内に入ってきた感染ルートを解明できていない。10年前は感染源として稲わらが疑われたが、確証はないのが実情で、「中でも一番可能性が高かったのが稲わらだった」ということでしかない。

 今回、ウイスルが東南アジアから入ってきたことはほぼ確実だといってもいいが、どの国から入ってきたかは現時点でわかっていない。海外からどうやって入ったか、感染ルートがわからない中では、侵入を遮断できない。

 今回、海外からの感染ルートが「人」だったかは、はっきりとした証拠はない。宮崎で発生したのは、動物の密度の問題だろう。動物の数が少なければ、ウイルスが侵入しても拡大する可能性が少なくなる。人の可能性だけではなく、鳥などの自然要因も考えないといけない。

 なぜ同時期に鳥インフルエンザも出るのだろうか、というのが疑問だ。たった2回で例数が少なく、確実には言えないが、早春に起こるのは何らかの要因があるのだろうと思っている。人と比較した場合、渡り鳥には季節性があり説明できると思う部分もあるが、何とも分からないのが現状だ。

人と車の消毒徹底

 感染初期に、一番考えられる感染拡大の要因は、飼料の配送車など農場から農場への伝播だ。発生後の4月20日以降は、人の移動については相当気を付けていたはずだが、20日に発生に気付くまでは、農場から農場へ、飼料運搬車も含め、人がウイルスをもって直接別の農場に行くということはあったかもしれない。公表されてからは、農場間移動しているとは思えない。それでも広がったのは、間接的にウイルスが運ばれていったのだろう。間接的な要因は何か、結局は要因が分からないと言うのが現実だ。

 主要因ではないと思うがカラスやスズメ、ハエなども一定の要因となっていたかもしれない。しかし、最も大きい要因は、「車」と、「車に乗った人」だろう。今後、一番効果がある対策は、車と人だ。どちらも意識さえきちんとできていれば、自分たちで消毒を徹底することで、感染拡大を防げる。

 今できる対策は車と人についてで、「こういうふうに消毒しましょう」というやり方を徹底することで、感染拡大は抑えることができる。

 農家が行うべきことは、家畜の出し入れをきちんと管理し、口蹄疫に限らず、病気が広がらないようにすることだ。家畜衛生の意識を向上することは、経済効率の向上にもつながる。一度病気が出てしまったら、すべてを失ってしまうことになる。

 おそらくあと10年後しか出ないだろうと考えている人はいないだろうが、もしそういう考えがあるとしたら危険だ。日本は国土が狭く、台湾と同様、集約型畜産を行っている。狭い地域に密集している飼い方をしている国が被害が大きい。今後、中国や韓国で流行があればまた日本でも起こるかもしれない。「いつ出てもおかしくない」という意識が重要だ。

※「中でも一番可能性が高ったのが中国産稲わら」とあるが、10年前の報告では中国産麦わらとある。

http://www.maff.go.jp/j/syouan/douei/katiku_yobo/k_fmd/pdf/h12_press2.pdf

« 口蹄疫・宮崎日日新聞【検証口蹄疫】 第3部(5)~(7) | トップページ | 焼肉用器具2「ハイストーングリラー焼肉鍋」 »

口蹄疫関連」カテゴリの記事

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ブクログ

  • ブクログ

ブログパーツ

  • 3月31日まで投票できます

  • ジオターゲティング