山崎畜産HP

ランキング参加中

無料ブログはココログ

« さて今月の肉(29)の日は・・・・ | トップページ | 口蹄疫・第9回口蹄疫対策検証委員会 »

2010/10/01

口蹄疫・マスコミ報道他 9/30(木)

発生農家で初めて畜産再開

口てい疫が発生し、家畜を処分した宮崎県内の農場のうち、県東部の西都市の一部の農家が30日から、子牛の飼育を再開しました。

宮崎県内ではことし4月以降、11の市と町のあわせて292か所の農場で口てい疫が発生しました。このうち、県東部の西都市の一部の農家が試験的な牛の飼育で農場の安全性が確認されたとして、30日から、子牛の飼育を再開しました。

口てい疫が発生した農場で、畜産が再開されるのは初めてです。
それぞれの農家は、きょう再開された地元の競りで、子牛を購入したあと、トラックに乗せて、農場に運び入れました。

ことし6月に感染の疑いが出て牛を処分し、およそ3か月ぶりに飼育を再開した畜産農家の金丸隆美さん(26)は、「再び牛が戻ってうれしい。復興に向けて不安もあるが、処分された牛の分も大切に育てていきたい」と話していました。

宮崎県内の口てい疫の発生した地域では、試験的な牛の飼育などをした上で、順次、畜産が再開されることになっていて、同じ県東部で、感染が最も集中した川南町などでは問題がなければ、ことし11月をメドに飼育が再開されることになっています。
09月30日 17時40分 NHKローカル


児湯地区でも競り再開

口てい疫の感染が集中した宮崎県東部で、およそ半年ぶりに子牛の競りが開かれ、地元の農家が畜産の再開に向けて競りに参加しました。

宮崎県では、「口てい疫の終息宣言」を受けて先月下旬以降、各地で競りが再開され、感染が集中した東部でも、30日、およそ半年ぶりに新富町にある家畜市場で、子牛の競りが開かれました。

市場では、感染を免れた農家が育ててきた500頭余りが次々と競りにかけられ、口てい疫の影響で牛を処分した地元の農家などおよそ130人が、買い手として参加しました。

畜産の再開に向けて牛を確保しようという人が多く、1頭あたりの平均価格は、およそ44万8000円と、口てい疫発生前に行われた前回の競りと比べ、7万円ほど高くなりました。

牛を出荷した畜産農家の、田中俊幸さん(30)は、「想像もしてなかった値が付き、うれしい」と話していました。
宮崎県東部では、子牛の頭数も大幅に減っていて、今後は、子牛が集まらないため、競りの回数を減らすことが決まってます。

09月30日 17時40分 NHKローカル


児湯地区のセリ・約半年ぶりに再開
2010年09月30日 UMK

口蹄疫の感染が集中した児湯地区で約半年ぶりに、セリが再開しました。

きょうの最高値は、246万7000円、この競り落とされた牛は、ある所に贈られます。
口蹄疫の影響で閉鎖されていた児湯地域家畜市場。
約半年ぶりに、待ち望んだ牛の鳴き声が戻ってきました。
中には、おじいちゃんと一緒に牛を見に来た男の子の姿もありました。
そして、約半年ぶりにセリが再開です。

セリにかけられたのは、西都・西米良地区の子牛約500頭で、会場は活気に溢れていました。
そして、繁殖用のメスの子牛に、ここ10年間では最も高い246万7000円というセリ値がつき、会場がどよめきます。
子牛を競り落としたのは、山形県からの購買者で子牛は、口蹄疫で牛を失った高鍋農業高校にプレゼントされます。
山形県の購買者は「将来、生徒達が宮崎の畜産を背負って立つわけですから、応援したいという気持ちでセリ落としました」と生徒たちにエールを送りました。

きょうの平均価格は、44万7791円で、前回3月に比べ約7万円高く取り引きされました。
西都市では、きょうから。
児湯地区では、11月1日から正式に家畜の導入が始まります。


※メモ
昨日から今日にかけての口蹄疫関係のニュースは「東国原知事、出馬せず」ばかり。
情報番組でも短い時間ながら、特集を組んでいた。
県民が気にするのはわかるけど、全国ネットで取り上げるほどの事?
よくわからん・・・・・・。

高鍋農業高校に牛をプレゼントの山形県の購買者さん。
すごいよ。

宮崎県の「口蹄疫に関するアンケート」は9/30で締め切り。
とりあえず送りました。

« さて今月の肉(29)の日は・・・・ | トップページ | 口蹄疫・第9回口蹄疫対策検証委員会 »

口蹄疫関連」カテゴリの記事

コメント

すごい!山形県の購買者様!!!
こんな風に応援してくれる人がいるなんて!!!


そういや今週は小林産のが入荷するみたい。
今まで小林産のは見た覚え無いんですけど…どういう評価になるんでしょうね?

YOSHIさん

高鍋農高の生徒には 意気に感じてこれまで以上に頑張って
ほしいと思います。 在学中も卒業してからも。。。

経済連扱いでしょ??  だったら 小林産だからといって 
なにか変るものではないと思います 評価は今までの
宮崎他市郡産のものと同じでは??? 

まあ、経済連扱いですが…
都城牛は別枠として、宮崎牛として入荷するのは発生以来ですので…

YOSHIさん

宮崎産は発生以来初ってことだったのですね。
買参のかたが どれほど気にしてるか?だと思います。
消費者は意外と気にしてないのに 卸のほうが先回りして
反応するってケースも多いですね。
普通に取引されると良いですね。

この記事へのコメントは終了しました。

« さて今月の肉(29)の日は・・・・ | トップページ | 口蹄疫・第9回口蹄疫対策検証委員会 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ブクログ

  • ブクログ

ブログパーツ

  • 3月31日まで投票できます

  • ジオターゲティング