山崎畜産HP

ランキング参加中

無料ブログはココログ

« えびので口蹄疫擬似患畜? | トップページ | 口蹄疫・マスコミ報道他 9/2(木)~9/3(金) »

2010/09/03

小林家畜市場に行ってきた

口蹄疫で中止されていた子牛のせり市。

本当は9/2から始まる予定だったが、口蹄疫の擬似患畜の検体を送った関係(めでたくシロ!)で一日遅れの再開になった。

実はワタクシ(センム)は、せりの日は「お留守番」なのだが、今回は特別。
久しぶりの「せり市」が、どんな感じなのか見てみたかったし、何より気になったのは市場での消毒態勢。
この前、NHKのローカルニュースで都城の市場での消毒の準備の様子が流れたのだが、果たして小林家畜市場はどうなのか、確認しておきたかったのだ。

Photo

▲先ずは入り口。
車全体に消毒薬が吹き付けられる装置とタイヤの為の消毒プールが2個に増えてる。
いいぞ、小林家畜市場!

Photo_2

▲みんな最徐行で通過していく。

Photo_3

▲セリを待つ子牛の係留所の入り口には数ヶ所、細霧器が取り付けられて生体の消毒が行われる。

Photo_4

Photo_5

▼人間用の消毒テントも3ヶ所。

Photo_6

消毒マットに踏み込み消毒槽があるほか、
テントの中ではクエン酸を希釈した物を噴霧している。

Photo_7

そして、いよいよセリの会場へ!

おっと、その前に子牛の様子を見てみなきゃですよ。

Photo_8

・・・・・・・・でかい
角もしっかり生えてるし

Photo_9

超400キロがずらりと並んでる・・・・・

さて、気を取り直して会場に入ると人がすごく多い!

Photo_10

人波を掻き分けて前に出ると、いきなり60万越えの牛が。
ひょえ~~~~、高い!

やっとの事で購買者席にたどり着き、せり見学。

いやぁ、どの牛もでかい。

Photo_11

▲477キロの牛さん

なんせ400キロ台がゴロゴロいるものだから、340キロ程度の牛が出てくると小さく感じてしまう。
(私が帰った後に530キロってのが出たらしい)

高値での推移で、繁殖農家さんはみんな嬉しそうだった。

いや、肥育のウチとしては高くて手が出なかったんだけど。

Photo_12

市場の中にある馬頭観音に無事にセリが開催されたお礼をして帰路についた。

きちんとした消毒態勢にホッとしたし、みんなの嬉しいそうな顔を見られたし、わざわざ行った甲斐があった!

▼個人的に一番気に入ったのがこれ

Photo_13

消毒マットのそばに貼ってあった(・∀・)イイ!

にほんブログ村 企業ブログ 酪農・畜産業へビジネスブログランキング人気ブログランキングへ
▲ポチリと押してやってください

« えびので口蹄疫擬似患畜? | トップページ | 口蹄疫・マスコミ報道他 9/2(木)~9/3(金) »

口蹄疫関連」カテゴリの記事

コメント

セリ市での消毒、ずっと、続けてほしいです。
県外にもらわれていく子は。こんな厳重な消毒しないので、消毒なしでは、高速道路で、ウイルスを撒き散らしてしまうから。

ただ、気になるのは、不顕性感染牛です。見た目は元気ですし、消毒しても、体内のウイルスは、死なないし。。。(困ったものです)

サーモグラフィーで、発見できるなら、それも、やってほしいけど。

ウチのお母さんたちより大きいかも??
出さない入れない!頼もしい、消毒体制ですね。
黄砂・渡り鳥。感染源は、不明ですが、人間がキャリアーになる危険は、否定されてません。
空港・港湾での消毒の強化も日本の防疫として実行してもらいたい私です。

セリ市って、行ったことないけど、家畜商の登録があれば、どこの県のセリ市が、見られるのでしょうか?

もちろん、牛を買うことができる環境には、ありませんが、馬や牛、豚さん、近くで見ると、かわいいですよね。

見つめられると、感動しちゃいます。なんとなく、お話が出来そうに、思えてしまうのです。(勝手にそう思っているだけですが)

まあ、牛を買わない人が行っても、じゃまなだけですけど。

繁殖・さん

軽く日令400日を超えてますから、でかいのは当たり前なんでしょうでど、いつもと違う~~~って感じ

中国から、ワサワサ観光客が来てるでしょ?
水際での防疫をしっかりやってくれなきゃ、怖いですよね。

りぼん。さん

ニュースでは都城の市場の特集でしたが、同じ様な設備が出来ていました。噴霧器や細霧の設備だけでも、それなりのお金を掛けていますから、もちろんずっと使用するのが前提でしょう。

他の市場でも消毒の設備を整えているようです。
宮崎の子牛のセリが、県外からの購入者に支えられている以上、購入に来てもらうには安全性をアピールし続けねばならないでしょうし。

せり市は家畜商の免許が無くても見学だけならできると思います。
一番良いのは、購買者か農家の方に一緒に連れて行ってもらうことではないでしょうか。

ただ、今回の口蹄疫騒ぎで、どこも一般の方の見学には神経質になってると思います。
「関係者以外」の方の入場は難しいかもですね。

初めてコメントをさせていただきます。

競市の再開、本当におめでとうございます。
心配されていた値崩れも起きていないようで畜産に携わっておられる方々も一安心されたのではないでしょうか。
本当に良かったです。

ミヤチクで働いている親戚のものからも最近は夜10時、11時まで商品加工作業が行なわれていると聞きました。国内からの受注があると知って宮崎の者として大変嬉しく思います。大変有難いことですね。

センムさんもお忙しい日々をお過ごしかと思いますが、お体ご自愛くださいね。

匿名さま
コメントありがとうございます。

市場の再開、ホントに嬉しかったです。
高く売れた繁殖農家はもちろんですが、肥育農家も「高くて買えんが!」と言いながらみんなニコニコしていました。

県内の畜産農家はみんな、市場でセリが行われるという「普通の生活」が戻ってきたのが、一番嬉しかったのだと思います。

ミヤチクさんも忙しいのですね!
嬉しいぞ!!
いや、働いてる方は大変でしょうが、お肉や加工品が売れれば被害を受けた畜産業が少しでも元気になるし、関連業種の人達も、きっと元気になれるはずですものね!

今までサボっていた経理関係の仕事が忙しいです
なんとか頑張ります~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« えびので口蹄疫擬似患畜? | トップページ | 口蹄疫・マスコミ報道他 9/2(木)~9/3(金) »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブクログ

  • ブクログ

ブログパーツ

  • 3月31日まで投票できます

  • ジオターゲティング