山崎畜産HP

ランキング参加中

無料ブログはココログ

« 口蹄疫・マスコミ報道他 9/14(火)~9/15(水) | トップページ | 口蹄疫・マスコミ報道他 9/16(木)~9/17(金) »

2010/09/16

口蹄疫・第7回口蹄疫対策検証委員会関係記事(宮日)

9/16(木)の宮崎日日新聞の口蹄疫関連記事は、殆どが口蹄疫対策検証委員会の中間報告についてだった。

今までの宮崎日日新聞の検証記事などを見ると、宮崎県の対応にかなり厳しい論調だったのだが、今回の中間報告の中身については、国への指摘が少ない事にも言及。
これまでの議論の整理」(http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/soumu/pdf/100915-01.pdf)の内容をほぼ紙面1面を割いて書き記しているなど、かなり力の入った記事になっている。
(※記事内のアンダーラインやフォントの強調などは、すべて山崎)

「県の予防、初動不十分」 農水省検証委中間報告

(宮日 2010年9月16日付)

 本県口蹄疫への国や県の対応、防疫が適切だったかなどを第三者が検証する農林水産省の「口蹄疫対策検証委員会」(座長・山根義久日本獣医師会会長)の第7回会合は15日、同省で開き、中間報告をまとめた。報告は、県が自らの役割を十分認識していなかったために予防や初動などで不十分な対応が多かったと指摘。国に関しても県や市町との連携不足などを問題点に挙げ、感染拡大時の対応などの防疫方針は国、具体的措置は都道府県を中心に行う役割分担の明確化を提言している。

 報告は今回の口蹄疫における問題点と、必要な改善点を整理。発生時の国と県などの連携不足を指摘した上で「特に、宮崎県に関しては日常的予防や初動対応を含め不十分なところが多かった」と県の対応の不備を強調し、「県が自らの役割を十分認識していなかったことが大きいのではないか」と原因を推察した。

 患畜について獣医師や農家から家畜保健衛生所(家保)へ、また家保から県、国への連絡が「非常に遅いケースが目立った」と感染拡大の要因として指摘。また、当初、県が民間獣医師を活用しようとしなかったことが殺処分や埋却の遅れにつながったとの見方を示した。

 さらに「牛豚等疾病小委員会の開催頻度、殺処分を前提とする緊急ワクチン接種のタイミングについて問題があったのではないか」と、同小委員会の判断の遅れも問題視県家畜改良事業団が保有する種雄牛を移動させた特例を「民間種雄牛の扱いの混乱の元になった」とし、特例を一切認めないよう求めている

 今後は国が予防、発生時の初動などの防疫方針策定・改定に責任を持ち、第1例発生後直ちに防疫の専門家を常駐させ、拡大防止のための同方針改定を判断させるよう提言。生産者にも飼育規模に応じた埋却地確保に責任を持たせ、衛生管理基準を守らない農家、指導しない都道府県には補助金減額などを視野に入れたペナルティーを、通報の遅れにも同様に罰則を科す必要性に触れている。

 最終報告は10月末をめどにまとめる。農水省は来年の通常国会での家畜伝染病予防法(家伝法)改正に報告を反映させる考えで、山根座長は「家伝法のほか防疫指針、各県のマニュアルに生かせる報告にしたい」と述べた。

農場把握努める
【東国原知事の話】
真摯に受け止め、改善すべきところは改善する。反論すれば切りがないが、(初動の備えとしての)農場の(情報)把握などには反省点があるので、市町村や農業団体任せでなく、県も把握に務めたい。

政治判断の検証必要 農水省検証委中間報告

(2010年9月16日付)

 【解説】農林水産省の口蹄疫対策検証委員会が15日まとめた中間報告は「予防や初動に不十分な対応が多かった」と県に対して手厳しい指摘が盛り込まれた。家畜伝染病予防法(家伝法)に関する事務が法定受託事務となっている以上、県の責任は免れない。一方で、農家や県が「鈍い」と不満を漏らした一連の政府対応に最終報告でどう踏み込むか、今後の焦点となりそうだ。

 今回の口蹄疫は感染拡大の速度が速く、すぐに県レベルでは手に余る事態に追い込まれた。地元は4月下旬から「予防的殺処分を」と求めたが、5月19日に政府がワクチン接種を決定するまで、防疫は従来通りの手法にとどまった。政府は現場の危機感や悲痛な声に機敏に反応できたか。この議論を置き去りにすれば、現場の叫びは再び黙殺されることになる。

 報告にあるように、口蹄疫ウイルスは多様性が特徴だ。相互にワクチンが効かない7種類の血清型があり、変異しやすい。今回は備蓄ワクチンで封じ込めたが、次回も成功するかは不明だ。今回の教訓からマニュアルや家伝法を改正し、予防や初動対策に手を尽くしても、再び何らかの政治判断が必要な局面を迎える可能性は十分ある。国家的危機管理の教訓として、一連の政治判断の妥当性を問うておかなければならない

 県も独自の有識者委員会を設置して一連の対応を検証しており、国の検証委とも情報交換する考えだ。国対県の泥仕合は無用だが、互いに補完しながら全方位的な検証にしなければ、「被災地」の期待を裏切ることになる。(口蹄疫取材班・野辺忠幸)

国への指摘少なく 農水省検証委中間報告

(2010年9月16日付)

 農林水産省の口蹄疫対策検証委員会の中間報告が15日、まとまった。日常の予防や初動段階における県の対応の不備が強調される一方、国について踏み込んだ指摘は少なく、防疫方針(指針)の改定や情報提供の充実を求める内容にとどまった。

 「県が自らの役割を十分に認識していなかったのではないか」。中間報告は、県の口蹄疫に対する認識の甘さを強い表現で指摘した上で、国が示す方針に従い「予防」と「初動」に都道府県が徹底的に取り組むことが重要だとした。

 県の対応の甘さとして、農場の所在地や畜種、頭数などの正確な情報を普段から把握していなかったことや消毒薬など資材の備蓄が不十分だったことを列挙実際、感染が急増した5月の大型連休以降、殺処分や埋却の現場で一時的に資材の不足が生じた。県口蹄疫対策検証委員会の原田隆典座長(宮崎大工学部教授)は「国の検証委とも立場を超えて情報交換し、県のマニュアル作りに役立てたい」と語る。

 ただ、一方の国も5年ごとに再検討を加えるとしていた口蹄疫の防疫指針(2004年策定)について、「国内で発生がなかった」ことを理由に見直しを行わなかった。報告書にはそうした指摘はなく、国が予防や初動、感染拡大時の対応まで想定した防疫方針や実践的なマニュアルを責任を持って策定・改定し、感染が拡大した場合に備え、発生後直ちに防疫の専門家を現地に常駐させることなどを求める。

 その上で、都道府県は今後も市町村や獣医師会、農業団体とともに防疫措置の主体となるべきだとしている。予防や初動の在り方の中で、飼養衛生管理基準の不順守と、異常家畜の報告遅れに対し、農家と都道府県にペナルティーを科すことも検討すべきだと提言。しかし、国が対応を誤った場合の責任追及には触れていない

 県畜産課の岩崎充祐家畜防疫対策監は「県の責任が前面に出ている。言いたいこともあるが、まずは報告書全体を精査したい」と述べるにとどめた。

農家の知識向上必要 農水省検証委中間報告

(2010年9月16日付)

 農林水産省の口蹄疫対策検証委員会が15日にまとめた中間報告書は畜産業の今後の在り方を指し示す内容にもなっており、民間にも大きな役割と責務を求めている。実践できない場合はペナルティーも検討すべきとするなど踏み込んだ内容。農家などからはおおむね賛成の声が聞かれたが、「勉強会などを開催し、農家の基礎知識を向上させることが前提」など行政への対策も求める。

 国と県は、発生自治体の首長や農家からワクチン接種の同意を得るのに時間を要した。これについて報告書は、経済補償を含め、予防的殺処分を家畜伝染病予防法に明確に位置づけておくべきと指摘した。

 JA尾鈴の遠藤威宣養豚部会長は「今回、農家はみんな『自分の牛や豚がいくらなのか』という不安が大きく、ワクチン接種が遅れた。今一番取り組むべき、大事な問題だ」と賛成。「最初から経済補償がしっかりされていれば、まだ少ない被害で抑えられたかもしれない」と話した。

 また、報告書は殺処分、埋却の遅れを感染拡大の要因に挙げ、県は県の獣医師だけでなく、作業に習熟している民間獣医師の能力を十分に活用すべきと改善点を報告。牛や豚など産業動物に関する獣医療体制の強化も必要としている。

 高鍋町の開業獣医師志賀明さん(57)は「緊急事態であれば、地元の獣医師は仕事を放り出して作業に向かう。顧客を普段から回っているし、情報も持っている。今回全国から獣医師が来てくれたことはうれしいが、地元の獣医師をもっと活用すれば、初動で感染拡大を抑えられた可能性は高かったのではないか」と惜しむ。

 異常家畜の通報遅れや飼養衛生管理基準の不順守に対し、農家にペナルティーを科すことも検討すべきという提言が報告書には含まれる。

 口蹄疫に感染し、肉用牛約700頭を殺処分した新富町の農業生産法人「アグテック」の礒部辰則社長(56)は、通報の迅速化に賛成しながらも「行政などが家畜の病気に関する勉強会を開催し、農家の基礎知識を向上させることが前提」とした。

« 口蹄疫・マスコミ報道他 9/14(火)~9/15(水) | トップページ | 口蹄疫・マスコミ報道他 9/16(木)~9/17(金) »

口蹄疫関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 口蹄疫・マスコミ報道他 9/14(火)~9/15(水) | トップページ | 口蹄疫・マスコミ報道他 9/16(木)~9/17(金) »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブクログ

  • ブクログ

ブログパーツ

  • 3月31日まで投票できます

  • ジオターゲティング