山崎畜産HP

ランキング参加中

無料ブログはココログ

« 口蹄疫・マスコミ報道他 9/4(土) | トップページ | 口蹄疫・マスコミ報道他 9/6(月)~9/7(火) »

2010/09/06

口蹄疫・マスコミ報道他 9/5(日)

エース級種牛2頭高原到着 損失の教訓生かす

(宮日 2010年9月5日付)


 口蹄疫の終息を受け、県は4日、西都市尾八重に避難させていたエース級種雄牛5頭のうち2頭を高原町にある県家畜改良事業団の産肉能力検定所に移動させた。

 今回の口蹄疫により種雄牛の大半を失った教訓から、今後は種雄牛を分散管理する方針。同事業団では2頭について、準備が整い次第、人工授精用の精液を採取する採精を始める。

 移動させたのは「福之国」と「秀菊安」で、トラックで高速道路を経由して運搬。到着後、同検定所で飼育されている種雄牛候補と同じ牛舎に入った。

 県は口蹄疫など家畜伝染病への感染による「全滅」を避けるため、種雄牛を分散管理する考えで、同検定所に採精施設を新たに整備する。同事業団は施設整備や種雄牛の体調を見ながら、2頭の採精を開始する。

 西都市尾八重に残る「美穂国」「勝平正」「安重守」は2日に採精を開始。来年1月以降に、避難するまで飼育されていた高鍋町の同事業団へ戻す予定となっている。

 同事業団は口蹄疫発生前まで年間約15万本の精液ストローを県内一円に供給していた。今後は冷凍精液の在庫に加え、5頭の採精で需要を賄っていく。

 同事業団は「検定所に到着した2頭は体温に異常もなく、健康状態も安定している。口蹄疫などのリスクをさらに軽減するため中長期的には分散管理だけでなく、10キロ圏内に牛や豚のいない避難場所の確保なども考えないといけない」としている。

 今回の口蹄疫により、県は種雄牛55頭のうち50頭を失っている。


種牛2頭 分散飼育で移動

口てい疫に感染せず処分を免れた宮崎牛の種牛5頭について、宮崎県は、1度に感染する危険性を減らすため、2か所に分散して飼育することになり、4日、2頭を離れた別の施設に移動させました。口てい疫の発生前、宮崎牛の種牛は55頭いましたが感染の疑いがあるとして、50頭が処分されました。

処分を免れたのは、西都市の山あいの農場に移した主力の5頭だけとなっています。
宮崎県は、口てい疫が再び発生した場合、貴重な5頭を1度に失わないように、2か所に分散して飼育することになりました。

4日は、西都市の農場で、2頭をトラックに乗せ、およそ50キロ離れた高原町の施設に移しました。残る3頭については、当面、今の農場で飼育し、ことしの11月以降、元の飼育施設の高鍋町の県家畜改良事業団に戻すことにしています。

口てい疫の終息宣言が出された宮崎県では、畜産の復興が課題になっていて、県は今後、残された種牛5頭を中心に、次の世代の種牛の育成に本格的に取り組むことにしています。
09月05日 09時36分NHKローカル


企業倒産 口てい疫影響も

先月8月、県内で1000万円以上の負債を抱えた企業などの倒産は前の月の半数の4件でしたが、このうちの広告関連の業者1件について、民間の信用調査会社は、口てい疫のため、イベントが中止になったことも影響したとみています。

民間の信用調査会社、東京商工リサーチ宮崎支店によりますと、8月、県内で1000万円以上の負債を抱えた企業などの倒産は、4件で前の月の半数でした。
負債総額は、およそ4億7500万円で、前の月よりおよそ8400万円増えました。
業種別で見ると、▼小売業が2件、▼卸売業とサービス業がそれぞれ1件でした。

このうち、サービス業の1件は、宮崎市内の広告関連の業者で、信用調査会社は、業績不振が続いたことに加えて、口てい疫のため、イベントが中止になったことも影響したとみています。

今後の見通しについて、信用調査会社は、「口てい疫の終息宣言が出されたものの、畜産業界の動きは鈍く、関連業界も減収となっている企業が多い。さらに急激な円高で輸出産業にも影響が出るおそれがあり、予断を許さない状況だ」と話しています。
09月05日 09時36分 NHKローカル


埋却地 地下水調査継続へ

口てい疫の問題で、宮崎県は、家畜を埋めた場所の周辺を対象に地下水への影響がないか、水質などを継続的に調べる方針で今年度の調査に必要な費用を補正予算案に盛り込んで、県議会に提出しています。

宮崎県内では口てい疫の感染の拡大を防ぐためおよそ29万頭の家畜が処分されあわせて252か所に埋められました。
面積にするとおよそ142ヘクタールに上るということです。

このため、宮崎県は、関係する自治体とともに、埋めた場所の周辺、およそ500か所を対象に、地下水への影響がないか、水質などの調査を続ける方針です。
調査は3か月に1度、行い、今後3年間にわたって行うことにしています。

また、問題が見つかった場合は、さらに詳しい調査を行うとしています。
宮崎県は、今年度の調査に必要な費用、1250万円を補正予算案に盛り込んで、定例県議会に提出しています。
09月05日 09時36分 NHKローカル

« 口蹄疫・マスコミ報道他 9/4(土) | トップページ | 口蹄疫・マスコミ報道他 9/6(月)~9/7(火) »

口蹄疫関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 口蹄疫・マスコミ報道他 9/4(土) | トップページ | 口蹄疫・マスコミ報道他 9/6(月)~9/7(火) »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブクログ

  • ブクログ

ブログパーツ

  • 3月31日まで投票できます

  • ジオターゲティング