山崎畜産HP

ランキング参加中

無料ブログはココログ

« 口蹄疫疫学調査チーム 第5回 検討会 関連記事他 | トップページ | 口蹄疫・マスコミ報道他 8/26(木) »

2010/08/26

某大規模農場に、非常に腹を立てている件

今まで我慢して書きませんでしたよ、はい。
なんたって係争中ですから、じっと見守っていようと思っていたわけです。

隠蔽がどうとか色々な話もありますが、県も調査を始めたし、
不確かな事を会社のブログで書いてしまうのも、どうだかなぁ・・・・
なんて思ってのことです。

んが!!!今朝の宮崎日日新聞の記事

堆肥化きょう完了へ 県、あす終息宣言
http://www.the-miyanichi.co.jp/special/kouteieki/index.php?id=72&paging=4

 宮崎、日向、西都市と都農町は25日までに処理を完了。26日に残り4町で処理が終われば、県は当初の予定通り27日に口蹄疫の終息宣言を行う方針。

 関係市町などによると、堆肥化処理を終えていないのは高鍋(9農場)、新富(3農場)、川南(2農場)、木城(1農場)の4町15農場。

 最も難航しているのが高鍋町で、処理を終えていない9農場のうち5農場が同じ系列の大規模農場という。県の担当者などが作業に当たっており、県畜産課は「(高鍋町を含め)26日に終わらせたい」としている。ほかの4農場のうち3農場は堆肥の中心温度が50度を超えており、別の1農場も液状のふん尿にクエン酸を加えてpHを下げる処理方法を採用。26日に処理を終える見込み。

 川南町の残り2農場では25日までに発酵を促す作業を完了し、26日に温度を確認するだけとなっている。新富町の3農場も26日に作業を終える予定。木城町でも高鍋町と同じ系列の大規模農場で県などが作業を続けている

ちょっと・・・・・
高鍋と木城町の同じ系列の大規模農場で、堆肥の温度が上がっていない?
しかも県の担当者が作業をしている?

はぁ?
仮にも全国規模の農場ですよ?
人手が足りないなら、県外から従業員を連れてきてでも作業をするべきでしょう?

普通の会社なら作業員を臨時に雇ってでも対処するでしょ。
現に川南では重機を持っていない農家が時間給2000円を払い
作業の外注をして堆肥の処理をやったんですよ。

県は、この大規模農場に対してここまで面倒を見なきゃならないものなの?
と言うか、会社側が動いて無いから県がやらなきゃならないってことでしょ?

それにしてもこの会社、
埋却地が最後まで決まらず、それだけでもかなりの迷惑をかけているのに
堆肥の問題でも、このザマですか・・・・・!

« 口蹄疫疫学調査チーム 第5回 検討会 関連記事他 | トップページ | 口蹄疫・マスコミ報道他 8/26(木) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

開いた口がふさがりませんbomb
大規模農場なら重機だってあるでしょうし、人手もあるはず。
それとも早々に従業員の首を切ったのか?
何ともお寒い限りです。

作業に当たっている県職員の心情はフクザツでしょうね。
お仕事とはいえ。

全体の奉仕者とはよく言ったものです。

まさに「盗人に追銭」+「手助け」って、はぁ???
まあ、なんとも県側も落ちたもんだ~ 情けない

埋却のときでも散々、近隣農家に断られ最後の最後まで埋却地がみつからず迷惑をかけた某牧場。糞尿処理でも堆肥切り替えしもせず最後の最後まで迷惑をかける某牧場。
おそらく某牧場には情熱も地域に対するあったかい心もないから、堆肥も冷え切ったままだったのでしょう。

これじゃ~裁判する価値もないわなannoypunch
よくもま~ 名誉棄損だなんていえますね!
ほんと 「はぁぁぁ~~??」ですdown

YOSHIさん、まさよしさん、西諸牛命さん、牧友さん
まとめてお返事で失礼します。

朝、新聞を読んだ時、もうホントに頭にきたのです。
どこまで迷惑をかければ気が済むんじゃい!!!!って。

この件に関しては県にメールを送ろうと思っています。

特定の会社に対して人的支援をしているわけだが、いくら緊急事態と言えども、実際に金銭を支払って堆肥処理を行っている農家もいるのに、それは不公平ではないか?

公平さを保つためにも、この大規模農場には人件費など県が負担した金銭を請求すべきではないのか?

などの内容です。ホントはもっと書いてもいいんだけどさ。
今、文章を練っているところです。

県の職員さんも、まさよしさんの書かれているように不条理を感じながらの作業だったと思うのです。
県民のためを思えば、堆肥処理は何としても終わらせねばならないわけですし・・・・。

以前からよく分からない会社ではあったけど、なんかもう、こんな会社と「同業」と思われること事態がいやです。

本日、A農場、東京事務所?から、電話がありました。とぼけて、切りましたが、宮崎日日新聞とは、情報がつき抜けのようです。

新聞社が、情報元をあかすと言うのは、ありえない行動ですね。

宮日には、注意しないとね。。

この大規模農場、聞けば、150億くらい出るらしいじゃないですか。ha~
ですよ

ワクチン含めて29万頭のうち、牛は約6万数千頭が。
そのうち、某牧場分はなんと預託含め20%以上を占めています。
児湯地区に13牧場中の助かったのが西都市西側の1牧場のみ。
1牧場あたり700頭~4000頭飼育。
ざっと、少なめに計算しても
1000頭×12牧場=12000頭
うち7割弱を肥育(86万/1頭)で計算して約70億
3割強繁殖(81万/1頭)で計算して約30億
妊娠または子牛3500頭20万でざっと加算して7億
合計で約107億(少なめで)
100億以上という血税を「盗人に追い銭」というわけですわ。
仮にそのまま出てもいいのですが、そのまま義捐金行きでしょ!
内訳は埋却迷惑料50億と堆肥関連迷惑料50億。
でないと煮えくり返ったお腹は、治まりません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 口蹄疫疫学調査チーム 第5回 検討会 関連記事他 | トップページ | 口蹄疫・マスコミ報道他 8/26(木) »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブクログ

  • ブクログ

ブログパーツ

  • 3月31日まで投票できます

  • ジオターゲティング