山崎畜産HP

ランキング参加中

無料ブログはココログ

« 口蹄疫・マスコミ報道他 8/13(金) | トップページ | 口蹄疫・マスコミ報道他 8/16(月)~8/17(火) »

2010/08/17

口蹄疫・堆肥切り返し作業での注意点

27日の終息宣言を目標に堆肥の切り返し作業を進めているところですが、宮大農学部のHPに注意点が書かれていました。
ぜひ参考にして下さい。

堆肥切り返し作業での注意点
宮崎大学農学部 獣医衛生学研究室HPより
http://www.agr.miyazaki-u.ac.jp/~vet/hygine/HP/index.htm#eisei

☆畜産再開について(衛生学的視点から)
  ウイルスを広げないように 慎重に!!

★切り返し作業中は、ウイルスを扱っているという意識を!!。

ウイルス量は減ってはきているでしょうが、排泄物中に眠っていたウイルスを眠りから起こして、それを発酵熱で死滅させるのが目的です。緊張感を持って従事しましょう。

★作業は、4,5,6月の感染動物がいた時のような危機感を持って作業に従事してください。この危機感の意識は、各自農場の発生頭数、発症の経過、殺処分・埋却終了までの期間で、判断しましょう。

作業中は、帽子(タオル)、マスク、手袋(軍手の場合、できれば、その下にゴム手袋着用)をしましょう。

作業に使用した重機、器具類は丁寧に消毒しましょう。動力噴霧器を使用する場合、汚れがこびり付いている箇所以外は、圧力を弱めて、霧吹き状態で丁寧に全面にかけましょう。

作業後は、着用して、捨てられるものは捨て、再利用するものは、消毒液に1時間以上漬けましょう。その後、洗濯し、日干ししましょう。

使用する長靴は、今回、専用のモノを使用しましょう。別な目的に再利用する場合は、しっかり、汚れを消毒液内に落とし(特に靴底)、1晩消毒液に漬け、日干ししましょう。

手、指、爪、顔、鼻の穴、耳の穴、髪の毛、首など露出部分は特に丁寧に洗いましょう。目も洗い、うがいを丁寧にしましょう。(暑いし、汗をかくし、シャワーを浴びましょう。その際、作業衣服を乱暴に脱ぐと、表面の汚染物が新しく着る服に着いたり、更衣室を汚染したりしますので、脱ぐ前に、消毒液を霧吹きで作業着を着たまま身体全身に浴びると良いでしょう。)

★作業後の外出についても、4,5,6月の流行時の意識で、不要不急なもの以外は控えましょう。
くれぐれも、作業終了後、そのままの格好で、多くの人が集まる場所には出かけないでください!!

以上で引用終わり。(文章中の色文字や、大きさを変えたのは山崎です)

西都・児湯地区の皆さん、こちらでも消毒、がんばっています!

↓高岡町消毒ポイント

Photo

Photo_3

↓高岡町消毒槽ポイント

Photo_4

↓都城消毒槽ポイント

Photo_5

あと少し!何とかがんばりぬきましょう!

« 口蹄疫・マスコミ報道他 8/13(金) | トップページ | 口蹄疫・マスコミ報道他 8/16(月)~8/17(火) »

口蹄疫関連」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ブクログ

  • ブクログ

ブログパーツ

  • 3月31日まで投票できます

  • ジオターゲティング