山崎畜産HP

ランキング参加中

無料ブログはココログ

« 口蹄疫・マスコミ報道他 8/19(木)~8/22(日) | トップページ | 口蹄疫・第3回 口蹄疫対策検証委員会(第3者委員会) »

2010/08/25

口蹄疫・マスコミ報道他 8/24(火)

堆肥温度の要件緩和 27日予定通り終息宣言 8/24 宮崎日日新聞

 家畜ふん尿の堆肥(たいひ)化処理が遅れ、口蹄疫「終息宣言」の先送りが懸念されている問題で、東国原知事は23日、県が示していた60度の堆肥発酵温度を49度でも「安全」とする要件緩和の方針を明らかにした。

 国と協議した上で、24日にも正式に決定する。これにより「処理完了に見通しがつく」として、終息宣言は当初の予定通り27日に行うとした。また、知事は要件緩和の背景について、29日から県内競り市が再開されるというスケジュール上の問題があることも示唆した。

 知事は23日、県庁で記者団に対し、当初の要件を60度に設定していた理由について「これまでの経験上、容易に60〜70度になるということで設定した。やれると自信を持っていた」と説明し、「61度であれば30秒、55度以上であれば2分、49度以上であれば1時間というのが、ウイルスを死滅する同じ条件」と述べた。

 22日現在で対象1243農場のうち、国や県が処理を確認したのは約8割の980農場だが、知事は49度なら100%農家がクリアできるとの見方を示し、26日までに処理を終える方針。

 また、終息宣言を予定通り27日に行う点については「競り市は県内外から人が来るし、告知もしている」と強調。29日から高千穂家畜市場、その後も南那珂地域(串間市、31日から)、小林地域(9月2日から)など、各家畜市場で宣言を前提とした競り市の再開が迫っている事情を考慮したことを示唆した。

 農林水産省や県が、ふん尿中に含まれるウイルスの無害化で、科学的根拠にしているのはニュージーランドの研究論文。国、県は、これをもとに堆肥の中心温度が60度になるまで発酵させるよう農家に指導。しかし、水分量が多かったり、堆肥化の前に一定期間封じ込めた間に発酵が進んだりしたため、当初の見込みほど発酵せず、温度が40〜50度にとどまった農家が続出していた。

 県畜産課によると、22日現在、未処理は川南町が最も多く、対象の329農場中113農場。次いで新富町40農場、都農町39農場。同課は「ほとんどの農家が、おがくずや鶏ふんなどを混ぜて、温度が上がるのを待っている状態。2、3日で要件の49度を超えるのでは」としている。


300億円基金、首相「月内にも結論」
8/24 宮崎日日新聞

 民主党農林水産部門会議の口蹄疫対策ワーキングチーム(WT)の岡本充功座長らが23日、本県で被害を受けた農家らからの要望を基に、県が創設を目指す300億円規模の基金への財政支援などを菅直人首相に求めた。出席者によると、首相は近く結論を出したいとの意向を示した。

 岡本座長のほか川村秀三郎、道休誠一郎衆院議員ら本県関係議員が要望し、首相側は篠原孝農林水産副大臣らも出席した。川村氏によると、本県の視察結果をまとめた報告書を提出し、首相に(1)基金への財政支援(2)家畜を殺処分した農家に対す補償金の非課税化(3)商工業振興(4)獣医師への支援―などを要望。このほか月内に宮崎を再訪するよう求める議員もいた。

 これに対し首相は、基金について「早ければ月内、遅くとも来月始めには結論を出したい」と応じたが、そのほかに関しては触れなかったという。

 要請後、岡本座長は「基金創設は口蹄疫対策特別措置法にも書いてある事項なので、しっかり国費を投入してもらいたいとお願いした」、川村氏は「基金の創設は政府の決定事項だと認識しており、首相の言葉は金額についての結論だと受け止めた」と話した。

 また、同席した同部門会議の一川保夫座長も「元気な宮崎を復活させるために、基金を含めた対策を早急に決断してほしい」と述べた。

 WTは17日に本県を視察して生産者のほか県、発生自治体と意見交換。19日には同党の枝野幸男幹事長、山田正彦農相にも報告、要望している。


調査チーム“感染再実験も”

宮崎県の口てい疫の問題で、専門家などでつくる農林水産省のチームは、感染の実態の解明を進めるため、今後、今回のウイルスを豚に接種し、発病の状態を再現するなどしてウイルスの性質を詳しく調べることになりました。
これは口てい疫の感染ルートなどの調査を進めている専門家などでつくる農林水産省のチームが、24日明らかにしたものです。
実験は、東京・小平市の動物衛生研究所で行われ今回の口てい疫のウイルスを豚に接種し、どのような症状が出るのかや、同じ部屋で飼育する豚にどのように感染が広がるのかを再現するということです。
こうした実験は平成12年に口てい疫が発生した時にも行われていて、専門家チームでは、ウイルスの性質を詳しく調べ感染の実態の解明を進める考えです。
専門家チームの動物衛生研究所の津田知幸企画管理部長は、「いま実験を準備中で、ウイルスの性質を明らかにして感染ルートの解明につなげたい」と話しています。
08月24日 18時59分  NHKローカル

« 口蹄疫・マスコミ報道他 8/19(木)~8/22(日) | トップページ | 口蹄疫・第3回 口蹄疫対策検証委員会(第3者委員会) »

口蹄疫関連」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ブクログ

  • ブクログ

ブログパーツ

  • 3月31日まで投票できます

  • ジオターゲティング