山崎畜産HP

ランキング参加中

無料ブログはココログ

« 口蹄疫・マスコミ報道ほか 7/3(土) | トップページ | 口蹄疫・マスコミ報道他 7/4(日) »

2010/07/03

口蹄疫・残された排泄物・堆肥はどうするの?

口蹄疫発生地域に大量に残されている家畜のふん尿・堆肥について、どうやって処理していくのか心配なところです。

6/29の宮日によると
堆肥やふん尿をすべて埋却するには「6メートル幅で延長約10キロの埋却地が必要」と県が試算。埋却は事実上不可能

だそうで、防疫処理や一定期間おくことで堆肥として使用したい考え。

 具体的には、堆肥やふん尿に石灰をまいて消毒し、ブルーシートをかぶせて42日間放置。その後、堆肥化処理すれば清浄性を確認できる。県はイギリスで行った例を挙げ、「この処理でウイルスは1万分の1まで減少することは科学的に担保されている」と説明。

まぁ、これだけでは実際に農家が使うのに心配だろうから、さらに半年間置いて肥料に利用するそうです。

参照:ふん尿、堆肥、防疫処理し従来利用を 自治体に県促す
(宮日 2010年6月29日付)
http://www.the-miyanichi.co.jp/special/kouteieki/index.php?id=54&paging=3

そこで現在、堆肥やふん尿をブルーシートで覆いウイルスが飛ばないように密閉作業をしている最中なんですが、ここで殺処分農家とワクチン接種農家への政府や県の対応の差が問題視されました。

※日本農業新聞 6/30の記事
口蹄疫清浄化で副大臣 発生農場支援を優先/ワクチン接種農家 対応の差に不満も

 宮崎県の口蹄(こうてい)疫問題で、政府の現地対策本部長を務める篠原孝農水副大臣は29日の会見で、ワクチンを接種した家畜のふん尿などの密封作業の支援について、発生農場での作業を自衛隊などの支援で終わらせた後に行う考えを示した。患畜・疑似患畜農家への対応と比べて差が生じることに現場では不満も出ている。作業に必要な経費の助成はともに消毒薬だけになるという。(口蹄疫取材班)
 現地本部は、ワクチン接種地域を中心とした移動・搬出制限を解く条件に、家畜ふん尿の密封などを挙げる。
 県は28日、山積みしたふん尿をブルーシートで覆いウイルスが飛ばないよう密閉する作業の進め方を、関係自治体の担当者に提示。自衛隊などが発生農場を支援するが、ワクチン接種農家は原則、支援しない考えを示した。
これに対し、市町の担当者らから「家畜を犠牲にしたワクチン接種農家に冷たいのではないか」との声が上がっていた。
 篠原副大臣は「ウイルスを多く含む発生農家のふん尿を優先する。その後にワクチン接種農場も支援する」と領野を支援する考えを表明した一方、「(発生農場の作業中に、ワクチン接種農場は)どんどんやっておいてもらいたい」と述べ、自主的な作業も求めた。
 県によれば、作業を支援するのは自衛隊200人以上に自治体職員らを加えた計650人ほど。「発生農場280戸、ワクチン接種農場1000戸全てを支援するのは困難。7月16日に制限を解除するためにも、JAやボランティアにも協力してもらいたい」(農政企画課)としている

この不満を受けた形で、県はワクチン接種農家へも作業を支援することに。

※日本農業新聞 7/2
摂取農場の作業も支援

 宮崎県は1日、口蹄疫問題で、ワクチン接種地域を中心にした移動・搬出制限を解除するために進めているふん尿の処理について、発生農場だけでなくワクチン接種農場での作業も補助することを明らかにした
 支援隊は、失業した農場関係者ら100人で構成。民間の会社から8月末まで派遣し、人件費は県が負担する。
 ふん尿からウイルスが飛ぶのを防ぐ密封作業をめぐっては、自衛隊や自治体職員らが発生農場の作業を手伝うとされていたが、ワクチン接種農場の具体的な支援策は示されていなかった。
 同県は、支援隊を含む500人態勢で、発生農場とワクチン接種農場の作業を支援し、7月16日までにふん尿の処理を終えたい考え。支援隊はふん尿の密閉だけでなく、必要なら、堆肥化する作業まで手伝う。

心配した不公平感は無くなったのですが、実際にどの様な処理が行われるのかが、いまひとつわかりません。

毎日新聞の記事によると

農水省が宮崎県に畜舎の排せつ物処理方法など通知

 農林水産省は1日、殺処分した家畜の畜舎にある排せつ物などの処理方法を宮崎県に通知した。畜舎内にある大量のふんなどにはウイルスが残っている可能性が高いため。
 主な内容は▽固形の排せつ物は、飛散防止措置をした上で、感染疑いの家畜が確認された農家の場合は最低42日間、動かさずに保管する。その後、中心温度を60度以上にするように堆肥(たいひ)化処理する▽畜舎内に置かれた飼料は、排せつ物と混合するか、焼却か埋却する▽農家からの問い合わせ窓口を県に開設する--など。

う~~~~~ん、なんか簡単すぎてホントに安心できるのか・・・・
切返しをしなきゃ、堆肥が発酵されず温度も上がらないんじゃないのか?

と、思っていたら農水省の原田さんのツイッターに詳しく書かれていました。

【口蹄疫発生農家等の堆肥等の処理①】
疑似患畜やワクチン接種家畜の殺埋却処分を終えた農家の方々は糞尿等を順次、処理中。糞については一定期間シートで被覆してウイルス量を大幅に減少させてから堆肥化にによる熱で消毒する「二段階」方式をとることとされた。(県と国で協議し決定)

【口蹄疫発生農家等の堆肥等の処理②】
シートなどによる「被覆整置」期間は、発生農場は最低42日間、ワクチン接種農場は最低7日間とされ、その後、切り返し等により中心温度が60℃以上になるように堆肥化処理を行うこととしています。

【口蹄疫発生農家等の堆肥等の処理③】
スラリーや汚水はpH値が5以下になるよう、クエン酸を添加し、放流する場合は水酸化ナトリウム等で中和する必要があるとされてます。

【口蹄疫発生農家等の堆肥等の処理④】
口蹄疫発生農場の糞尿等は疑似患畜の処分と同時に埋却等を行うことが原則ですが、今回の宮崎での発生では疑似患畜等の殺処分・埋却を優先したため、糞尿などの汚染物品はとりあえず、飛散防止・消毒措置を講じた上で農場内におかれてました。

【口蹄疫発生農家等の堆肥等の処理⑤】
今回の国・県による対処方針は、各農場におかれている大量の糞尿等を改めて埋却することは現実的でないことから、ア)ウイルスの不活化に有効な方法で、イ)早期に実行可能な手法をとる ことを念頭に決定したものです。

米国農務省のデータで、牛の排泄物におけるウイルス残存期間が夏期で1週間(液状物で6週間)とのこと。従って今回の整置期間でウイルスは殆ど不活化され、更に堆肥化の熱でリスクを下げることに

うん、やっと具体的な処理方法がわかってきたぞ。
スラリー処理というのは、水分の多いホルスタインなどのふん尿処理に使われる方法で北海道などの大規模農場では良く見られるらしいですが・・・・私は実際に見たこと無いんで、興味のある方は自分で調べてみてね。

しかし・・・・こういう情報がツイッターからしか流されないってのが、何とも。

※7月4日追記 すいませ~~~~ん。

良く見たら7月3日の農業新聞に、記事がありました。

口蹄疫対策で家畜排せつ物の処理について対策提示/農水省

  日本農業新聞  掲載日:10-07-03

 農水省は2日までに、口蹄疫に汚染された恐れのある家畜排せつ物などの処理対策をまとめ都道府県に通知した。堆肥(たいひ)化できる固形排せつ物は、堆肥化熱による発酵消毒を行うことを基本とした。同省のホームページでも公表している。

 ウイルスは、堆肥化する時に出る発酵熱で死滅する。そのため堆肥化できる固形家畜排せつ物は、シートで被覆するなどの飛散防止措置をした上で、一定期間(疑似患畜確認農場では最低42日間、ワクチン接種農場では同7日間)経過させた後、中心温度が60度以上になるように堆肥化する。

 スラリー(液状きゅう肥)については、固液分離をおこなう場合、固体は固形排泄物と同様の処理をする。分離しない場合はpH(水素イオン濃度)値が5以下になるよう、クエン酸を添加する。石灰を既に投入している場合は、水酸化ナトリウム粒などを用いてアルカリ度を高め、pHを11以上にして処理する事も認めている。

 畜舎内に置かれてウイルスがいる恐れのある飼料や敷料は、家畜排泄物と混合して発酵消毒するか、焼却、埋却する。

しかし、農水省のHPで公表と書かれているのですが・・・・・みつかりません。

どなたか、見つけたら教えて下さい。

« 口蹄疫・マスコミ報道ほか 7/3(土) | トップページ | 口蹄疫・マスコミ報道他 7/4(日) »

口蹄疫関連」カテゴリの記事

コメント

了解しました。
現地の方々には、まだまだ、たくさん仕事が残されてますね。健康と安全を保って作業下さい。
よろしくお願いします。
m(_ _)m

センムさーん
ご無沙汰しています。毎日きてはいたのですが 都城も収束し安心しましたがまだまだ気が抜けませんね。昨日選挙カーを見かけましたが選挙カー専用消毒車両が先導していて安心しました。消毒車両の方に手を振りニッコリ笑いかけた私でした
堆肥の情報ありがとうございます。うちは切り替えしの回数を倍に増やしました。念には念を入れた方が安心ですものね

余談ですが気分転換に牧場の花壇にお花を植えました がっ 大雨で……
植え直しです

今年の雨すごい…

お疲れ様です。

殺処分や埋却を優先していて、ふん尿処理ができていなかったのですね。

今後、ウイルスが拡散しない確実な方法が示されるといいのですが・・・・

この記事、転載やリンクはさせてもらってよろしいですか?

繁殖・さん

心配してましたもんね、堆肥などの処理の事。
7/3の農業新聞に書かれてましたので、追記しました~。

うしかいさん

えびのの方では凄まじい雨が降ったようですが、大丈夫でしたか?
花壇の被害だけで済んだのなら良いのですが・・・

堆肥の切返し、大切ですよね。
ウチの堆肥は80度位まで温度が上がります(ちょっと自慢
これならウイルスもやっつけられます!

あ、選挙カーより消毒車両に手を振る気持ち、わかります(笑)
私も、ぜったい同じことする!

アナキンさん

7/3付けの農業新聞の記事を追加しました。
今日になって記事に気がついたですよ、情けない。

転載・リンクはOKです。

正直言って、堆肥化という手段は本ケースの場合あまり有効的ではないと思われます。
仮に1万分の1までウィルスが減ったとしても、「100%死滅」ということが担保されない限り、これを堆肥として利活用するのは困難であると思われます。したがって、最終的には焼却処理もしくは管理型処分ということになれば、無駄なコストと時間を要することになりますので、当然農業の復興はずるずる遅れるでしょう。
一気に解決するには、海洋投入の暫定期間である今、海洋投棄に踏み切る方がコストも時間もかからず、かつ大量に処理が可能と考えますがいかがでしょうか。

名無しさま

基本、名無しの方のコメントにはお返事を書かないのですが、堆肥の事はちょいと気になってますので。
一気に解決するには海洋投棄と書かれていますが。
ふん尿の中にはウイルスが生き残っていると考えて海洋投棄を提案されているのなら、そのウイルスのいるふん尿を海に運ぶまでのリスクについては、どうなのかなぁって思いました。

完全密封のコンテナってあるのか、そのコンテナに積み込む際にも飛び散るのでは?
運んでいる最中に、途中でウイルスをまき散らす可能性はゼロなのか?
コンテナから海洋投棄ができる船(焼酎かすを廃棄していた時に使っていた仕様の船?)に、どうやって積み込むのか?
それともコンテナごと台船に積み込んで沖まで運ぶのか、でもどうやって投棄するのか?
結構、疑問が残ります・・・・

そもそも海洋投棄で大丈夫なのか?
これについては、私には良くわからないのですが・・・・
生物学研究者のブログも御覧になってみて下さい。
「ひむかのハマグリ」http://beachmollu.exblog.jp/12633641/

また、退避中の口蹄疫ウイルスの生存期間に関しては、鹿児島大学の岡本教授のHPがわかりやすいです。http://beachmollu.exblog.jp/12633641/

海洋投棄を提案した者です。
レスありがとうございます。
まずセンム様の言われることについてですが、

>そのウイルスのいるふん尿を海に運ぶまでのリスクについては、どうなのかなぁって思いました。
これについては、密閉型であるバキューム車を利用することが最良と考えます。豚のふん尿については、そのほとんど(98%)は水分ですので、バキューム吸引による密閉輸送が可能であると考えられます。当然、積み込み後は車両の消毒を必要としますが、これは畜産関係車両はすべてやっていることですので、今の対応で何ら問題はないと考えられます。

>完全密封のコンテナってあるのか、そのコンテナに積み込む際にも飛び散るのでは?
海洋投棄船はタンク輸送ですので、基本的にはバキューム車から船舶はホースもしくはパイプラインを経由して積載することになります。故に、外部に漏れ出す可能性はホース等の脱着時、および、ラインの破損による可能性が考えられますが、常時点検することによりこれは回避できると思います。使用ホースは使用後は消毒液につけておくことで滅菌は可能でしょう。使用済みのホースは、消毒し焼却もしくは埋却で対応可能でしょう。

>コンテナから海洋投棄ができる船(焼酎かすを廃棄していた時に使っていた仕様の船?)に、どうやって積み込むのか?
それともコンテナごと台船に積み込んで沖まで運ぶのか、でもどうやって投棄するのか?
これについては、牛フン対策として効果的と思われるのが、宮崎産焼酎の焼酎かすを利用した希釈および消毒でしょう。焼酎かすは強い酸性を示します。従いまして、固い牛フンに流動性を持たせるには消毒効果も合わせてこれ以上効果的な希釈剤はないと思われます。

>そもそも海洋投棄で大丈夫なのか?
これについては、正直私も?ですが、1万分の1以下に死滅という事柄を担保するのであれば、限りなく陸上不可をゼロにすることが可能と考えています。

長文失礼しました。

名無しさま

せっかくコメントを頂いたのに返事が遅くなりました。
豚の排泄物がどの様な物か見たことのない私には、少々理解不能なところもありますが、方法としては「あり」だと思います。

もし、この件についてこれ以上の話を続けるなら、私のコテコテの文系頭では理解不能な点が多々出てくると思います

シェパードの掲示板でちょうど「最後の有機物処理(その2)」というスレッドが立っています。
こちらに書かれれば、色々な立場の方がいますので、より専門的な話もできるのではないでしょうか?
http://www.shepherd-clc.com/
注意:初回の書き込みには、県名と苗字が必要です。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 口蹄疫・残された排泄物・堆肥はどうするの?:

« 口蹄疫・マスコミ報道ほか 7/3(土) | トップページ | 口蹄疫・マスコミ報道他 7/4(日) »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ブクログ

  • ブクログ

ブログパーツ

  • 3月31日まで投票できます

  • ジオターゲティング