山崎畜産HP

ランキング参加中

無料ブログはココログ

« 口蹄疫・292例目 宮崎市跡江 | トップページ | 口蹄疫・マスコミ報道ほか 7/5 2 »

2010/07/05

口蹄疫・マスコミ報道他 7/5(月)

東国原知事「極めて深刻」 新たな口蹄疫の疑い判明で

2010年7月5日13時5分  asahi.com

 宮崎市で新たに家畜の伝染病、口蹄疫(こうていえき)に感染した疑いのある牛が見つかった問題で、同市は5日未明、この農場の牛16頭すべての殺処分と埋却を終えた。夕方までには農場の消毒作業を終える方針。今後、周辺農場に感染の拡大がないかを調査する。感染の拡大防止のために設定した家畜などの移動・搬出制限区域は、発生がなければ16日までに県内すべてで解除予定だったが、今回の発生を受け、27日以降に延びた。

 県は県民に不要不急の外出自粛やイベントの延期などを求めた非常事態宣言を1日に一部解除したばかり。直後に北海道での講演などのため2~4日に県外出張を再開した東国原英夫知事は5日未明に宮崎に帰り、同日午前の県庁での対策本部会議で「極めて深刻に受け止めている」と消毒の徹底を改めて求めた。

 知事はこの後、記者会見し、今回の感染が6月30日以前とみられるとの考えを示したうえで、「非常事態宣言の一部解除状態の変更は無しでいきたい」と話した。

 また、政府の現地対策本部の小川勝也首相補佐官は5日の記者会見で「新たに起きたのは仕方がない。これを最後にすべく、ここからの蔓延(まんえん)を防止する」と述べた。

 県や市などによると、この農場は同市跡江(あとえ)にあり、「飛び火」感染が確認された6月10日と同18日の2農場の中ほどにある。2農場を中心とした移動・搬出制限区域の解除に向け、県と市が周辺農場で家畜の抗体検査をしていた。

 今回の農場では、飼育する16頭中9頭の血液を6月30日に採取して調べた。3頭で陰性が確認できず、4日夕に農場に検査に入ったところ、陰性だった別の1頭から発熱や口の中のただれなど口蹄疫特有の症状を見つけた。

 また、県は5日、宮崎市の北西に隣接する西都市での清浄性確認の抗体検査でも、陰性が確認できない家畜が1頭出ており、再検査を行っていることを明らかにした。


制限解除ずれ込みへ 抗体できる前に発症
毎日jp 2010年7月5日 13時3分 更新:7月5日 13時9分

 宮崎市内の農家で口蹄疫(こうていえき)の症状がある牛が見つかった問題で、農林水産省と宮崎県は5日、発症したのは清浄性を確認する抗体検査で陰性だった牛だったと発表した。抗体ができる前に発症が分かったとみられる。農家で飼育していた16頭は同日、すべて殺処分・埋却を終えた。

 県内では6月18日の宮崎市以降は発生がなく、16日に県内全域で移動・搬出制限区域の解除を目指していたが、解除は最短でも27日にずれ込む見通し。

 この農家では6月30日、清浄性検査のため9頭から採血。抗体検査の結果、3頭で陰性が確認できず4日、再検査のため県が農家に立ち入った際、陰性だった別の1頭がよだれなどの症状を示しており、写真判定で感染疑いと判断した。

 東国原英夫知事は5日、県の防疫対策本部会議で「極めて残念であり、深刻に受け止めている。気が緩んだわけではない。感染は30日より前だと思うが、これではいつまでも安全宣言できない」と述べた。

 感染が終息に向かっているという判断に基づき県は1日、県内の非常事態宣言のうち、イベントや大会の開催延期については、移動制限区域を除いて解除したばかりだった。【石田宗久】


口蹄疫 全面終息 27日以降 疑い牛農場の殺処分完了
2010年7月5日 13:36 カテゴリー:社会 九州 > 宮崎

 家畜伝染病「口蹄疫(こうていえき)」に感染した疑いのある牛が宮崎市で新たに見つかったことを受け、宮崎県は5日、対策本部会議(本部長・東国原英夫知事)を開き、県内全域での家畜の移動・搬出制限の解除日程が当初予定していた16日から27日以降にずれ込む見通しであることを示した。1日の非常事態宣言の一部解除については「6月30日以前に感染したと考えられ、気が緩んだものではない」(知事)として、見直さない方針。

 県によると、感染疑いの牛が見つかった同市の農場では、5日未明までに飼育する牛16頭すべての殺処分、埋却が完了した。移動・搬出制限解除には、殺処分を終えた翌日から21日間の期間が必要で、早くても27日までは解除できないという。

 県は5日、発生農場から半径3キロ圏内の畜産農場約50戸の電話聞き取り調査を始め、農林水産省の新マニュアルに基づく半径1キロ圏内の農場の抗体検査なども行う方針

 現地対策本部の小川勝也首相補佐官は5日、県庁で「飛び火という表現は当てはまらない。防疫を徹底すればまん延は防止できる」と述べた。

 一方、県は6日の制限区域解除に向けて清浄性確認検査をしている西都市で、1農場の1頭の陰性が確認できず、再検査中であることを明らかにした。結果は5日中に判明する見込み。

=2010/07/05付 西日本新聞夕刊=


西都市の移動制限解除へ=宮崎市は「陽性」-口蹄疫

 宮崎県と農林水産省は5日、口蹄(こうてい)疫に関し、同県西都市の発生農場から半径3キロ圏内の農場の家畜に対する血液採取による抗体検査の結果、全頭が陰性だったと発表した。3~10キロ圏内の家畜への目視検査でも異常が見られず、県は6日午前0時に同市で半径20キロの家畜の移動・搬出制限を解除する。
 また、4日に感染の疑いが確認された宮崎市の牛は遺伝子検査で陽性と判明した。宮崎市での新たな発生に伴い、県内の移動制限の全面解除は早くて27日となる。
(2010/07/05-20:32)jijicom

農水省 プレスリリース 7/5 20:00

西都市の清浄性確認検査の結果について


西都市を中心に設定されている移動制限区域において、6月28日以降実施していた移動制限区域内の牛・豚等飼養農家全戸に対する清浄性確認のための検査(抗体検査及び臨床検査) の結果、本日までに、当該地域の清浄性が確認されました

その他
(1)本日、宮崎市のワクチン未接種農場(292例目)の検体について、農研機構動物衛生研究所がPCR検査(遺伝子検査)を実施し、1頭で陽性が確認されました。また本日、宮崎県は、当該農場(牛16頭)の殺処分・埋却を完了しました。

http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/100705_1.html


さらに1~2件発生の可能性=口蹄疫で山田農水相

 山田正彦農林水産相は5日、宮崎市で口蹄(こうてい)疫に感染した疑いのある家畜が約半月ぶりに見つかったことについて「人と物の流れは阻止できない。(新たな発生は)やむを得ない」との認識を示した。その上で「まだウイルスが家畜の排せつ物などにいる。どこで起きてもおかしくない。終息までに(さらに)1~2件の発生も考えられ、決して気を緩めてはいけない」と強調した。省内で記者団の質問に答えた。
 一方、ワクチン接種に同意していない農家に対して、口蹄疫特別措置法に基づいた強制的な殺処分を検討していることに関し「考えなければいけないという見解は変わらない」と述べ、引き続き検討する姿勢を示した。(2010/07/05-17:58)jijicom

« 口蹄疫・292例目 宮崎市跡江 | トップページ | 口蹄疫・マスコミ報道ほか 7/5 2 »

口蹄疫関連」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 口蹄疫・マスコミ報道他 7/5(月):

« 口蹄疫・292例目 宮崎市跡江 | トップページ | 口蹄疫・マスコミ報道ほか 7/5 2 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ブクログ

  • ブクログ

ブログパーツ

  • 3月31日まで投票できます

  • ジオターゲティング