山崎畜産HP

ランキング参加中

無料ブログはココログ

« 口蹄疫・マスコミ報道他 7/27(火) | トップページ | 口蹄疫・マスコミ報道他 7/28(水) 2 »

2010/07/29

口蹄疫・マスコミ報道他 7/28(水)

口蹄疫問題 防疫で国の権限強化/山田農相 家伝法改正へ意欲 掲載日:10-07-28 日本農業新聞

 山田正彦農相は27日の閣議後記者会見で、宮崎県の口蹄(こうてい)疫問題の反省を踏まえた家畜伝染病予防法(家伝法)の改正案を来年の通常国会に提出する考えを表明した。改正案の作成に向けて、防疫措置における国の権限を強めることや、感染経路を解明するために強制的な調査を徹底することなどを検討する。国や自治体による防疫措置が適切だったかを検証する第三者委員会が秋までにまとめる検証結果も反映させる。

 山田農相は宮崎県での防疫措置で、「本来県がやるべきことを、政府の現地対策本部がやったことがあった」と述べ、国と県の責任があいまいになったことを振り返り、「今後は国がきちんと危機管理体制に責任を持つ形にしていかざるを得ない」と、防疫措置における国の権限を強化する必要性を強調した。

 現行の家伝法は感染経路を究明するために、家畜防疫員が強制的に調査することを認めている。ただ、山田農相は「実際は任意の調査に留まっており、資料の押収まではできていない。感染経路がはっきりしない部分がある」と現行の調査方法に限界があるとの認識を示し、強制的な調査を行いやすいようにする考えを表明した。

 このほか、弁護士や家畜防疫の専門家ら9人で構成する第三者委員会「口蹄疫対策検証委員会」を立ち上げる事を正式に発表。8月5日に初回を開き、11月までに報告書をまとめるとした。

 これによって政府が同日、首相官邸で開いた対策本部の会合で、本部長の菅直人首相は「雇用対策、観光業など地域経済の復興が大きな課題だ」と強調。関係閣僚に「感染拡大防止の最後の詰めと同時に、畜産復活に向けてどりょくしてほしい」と指示した。

 野田佳彦財務相は閣議後記者会見で、口蹄疫対策として、2010年度予算に計上した予備費から88億円の追加支出を決めたと発表した。口蹄疫対策の予備費支出は6月18日の227億円に続くもので、これにより計3回で411億円となる。経済産業省も口蹄疫問題で売り上げ不振に苦しむ宮崎県の小売りや外食、宿泊といった業界の中小企業を対象に、支援策を実施すると発表した。


埋却地をめぐって全国から提案  口蹄疫で意見交換会
農業業同組合新聞 7/28

 農水省は7月27日、今年度第1回全国畜産課長会議を開いた。冒頭では口蹄疫について、山田正彦農水相と各都道府県・団体との意見交換を行った。

 山田農水相は同日午前0時に県内の家畜の移動制限が解除され口蹄疫が終息に向かっていることについて「全国各地からたくさんの人的、金銭的な支援のおかげだ」と、感謝の意を述べた。
 これまで日本は口蹄疫の清浄国だったため中南米からの安価な家畜の輸入を制限できたが、今回の発生によって状況が変わる可能性が指摘されている。山田農水相は「一国も早く清浄化をめざしたい。人もモノもグローバル化がすすみ、いつ、どこから入ってくるかわからない状況だけに、出入国管理をより厳しくしなければならない」と、今後の対応を述べた。

◆官民一体で総合的防疫体制の確立を

 意見交換では、埋却地をめぐり、用地の有無や埋却要件の緩和などを求める意見が相次いだ。
 新潟県から「面積要件は満たしていても、水田地帯では1mも掘ったらすぐに地下水が出てくるので埋却できない。盛り土でも処分できるような対応が必要だ」、熊本県から「全畜産農家を調べたが、埋却地の確保は難しい。広域レンダリング施設(家畜の非食用部位を処理する施設)や、殺処分した家畜の密閉運搬車両などを確保してほしい」などの意見があり、山田農水相は「施設や車両は国の方で速やかに手配したい」と答えた。
 そのほか、三重県から「畜産農家の再建対策を最優先してほしい。どれだけ早く再建できたかで、今後の発生の際に少しでも気が楽になる」、奈良県から「宮崎県の現場で対応した職員を全国に派遣して情報公開や、体験を語ってほしい」、静岡県から「患畜の簡易検査キットの導入や、動物衛生検疫所の支所でも確定診断をしてほしい」などの意見があった。
 山田農水相は今回出されたさまざまな意見は今後の検討課題にするとし、「民と官が一体となって総合的な防疫体制を確立したい」と述べた。


埋却めぐり意見交換  
全国畜産課長会議 施設や基準緩和要望

 日本農業新聞 7/28

 農水省は27日、都道府県の畜産課長や畜産関係団体の役員らを集め、口蹄疫防疫対策などについて意見交換した。参加者からは、殺処分や埋却を速やかに行うための施設の充実や、家畜を埋める穴の深さに関する基準の緩和などを求める声が相次いだ。山田正彦農相は「埋却地が一番の問題だ。1万頭を飼養する農場で発生した場合などに埋却地がないという問題をどう解決していくかだ」と述べ、参加者に協力を呼び掛けた。

 畜産関係者200人近くが参加。会場から「(家畜を肉骨粉などに処理する)レンダリング施設と家畜を密閉して施設まで運べる運搬車の導入」(熊本県)、「埋却地を深く掘れない場合、盛り土で覆土する方法の許可」(新潟県)、「簡易検査キットの実用化」(静岡県)--------を求める声が上がった。

 山田農相はこれらの要請を検討する意向を示した上で、国と地方自治体、関係団体が協力して口蹄疫対策に当たる重要性を強調。感染が疑われる家畜を確認してから24時間以内に家畜の殺処分、埋却を終えるための事前準備を求めた。


気引き締め一歩 ふん尿処理 手緩めず/宮崎・畜産関係者
掲載日:10-07-28 日本農業新聞

 口蹄(こうてい)疫問題で宮崎県が27日、家畜の移動・搬出制限や非常事態宣言を解除したことに関し、同県の畜産関係者の間では今後の復興をめぐり、さまざまな思いが交錯している。産地復興への決意の一方で、「残ったふん尿の処理が終わるまで気を抜けない」と、なお警戒する姿がある。(口蹄疫取材班)

 全国屈指の畜産地帯で、発生を1件だけに食い止めた都城市。JA都城の新森雄吾組合長は「やっとここまで来れた」と感慨深げに語った。ただ、子牛のせりがなお再開しておらず、価格も不透明なことから「生産者に元気を出してもらうため、JAとしてできる限りの支援をしたい。畜産復興は都城が中心となる心構えで頑張りたい」と語った。

 一方で、今後の課題を指摘する声もある。発生292例のうち197例が集中し、偶蹄類の家畜がゼロになった川南町。自ら繁殖牛経営も営むJA尾鈴の松浦勝畜産部長は「管内には家畜のふん尿が残っており、発酵させてウイルスを封じ込めるまでまお安全とはいえない」と表情を引き締める。

 県はふん尿を60度の高温で発酵させ、ウイルスを滅菌して堆肥化する方針。しかし松浦部長は「60度を保てるかどうか、現場は頭を悩ませている」という。

 この点に関し、宮崎市で和牛約1500頭を一貫経営する尾崎宗春さん(50)も、ふん尿の堆肥化に問題が多いと指摘。「雨で水分が多いのに、本当に発酵熱でウイルスが死滅するのか。内部にウイルスが残っていないか行政が検査を行い、安全性を担保すべきだ。あと1ヶ月間、楽観視はできない」と気を引き締める。

 一方で、子牛や枝肉の流通に携わる関係者は「一息ついた」と安どの表情を浮かべた。

 宮崎県によると子牛の取引を行う県内の家畜市場の再開について、「時期は未定」(県畜産課)とするが、早ければ口蹄疫の終息宣言が出た後の9月上旬から再開するとみられる。宮崎県内の家畜市場は「一息ついた感はあるが、終息宣言まであと1ヶ月ある。同じ思いは二度としたくない。引き続き防疫対策に万全を期したい」と気を引き締める。

 宮崎県内の食肉処理場は「県内の子牛市場が再開すれば少しずつ復興に向かう。口蹄疫は畜産だけでなく地域の産業全体にも打撃を与えた。食肉の需要の回復に期待したい」と祈るような気持ちだ。


口蹄疫対策の基金設置明言避ける 山田農相
2010/07/28 12:25 【共同通信】

  衆院農林水産委員会は28日、宮崎県の口蹄疫問題で閉会中審査を実施した。口蹄疫対策特別措置法に盛り込まれている地域経済の支援に向けた基金について、山田正彦農相は「例として示している。農林水産省だけでなく、財務省、内閣府を含め考えていきたい」と話し、設置するかどうかの明言を避けた。自民党の宮腰光寛議員への答弁。

 山田農相は復興に向け、「畜産農家への経営再開支援金を支払うなどの対策を講じている」と説明。「今後も宮崎県からの要望を聞きながら、必要な措置を検討したい」とした。

 また、27日から県内での家畜の移動・搬出制限が全面解除になったことには、「一応の終息をみることができた。県全体で一丸となって対処していただいたことに感謝している」と強調した。

 自民党など野党が、口蹄疫問題の重要性を考えると国会閉会中でも議論が必要と主張。民主党など与党も、問題がヤマ場を越えたとして受け入れた。


口蹄疫、警察の応援部隊が撤収
 (07/28 19:04)  MRT

家畜の制限区域と非常事態宣言が、27日、県内全域で解除されたことを受けて、県外の警察本部から派遣されていた応援部隊が、28日、撤収しました。
県警察本部で行われた特別派遣部隊の離県式。
最後まで任務にあたっていた千葉県、兵庫県、それに滋賀県の機動隊員、あわせて275人が出席しました。
(東国原知事)「任務に忠実な仕事ぶりで(口蹄疫を)宮崎県から一歩も出さずにすみました、心から感謝を申し上げたいと思います。」
口蹄疫の発生現場や消毒ポイントでの交通誘導などにあたってきた警察の応援部隊。
5月19日以降、全国20の都府県から、延べ約2万3000人が、派遣されたということです。

« 口蹄疫・マスコミ報道他 7/27(火) | トップページ | 口蹄疫・マスコミ報道他 7/28(水) 2 »

口蹄疫関連」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 口蹄疫・マスコミ報道他 7/28(水):

« 口蹄疫・マスコミ報道他 7/27(火) | トップページ | 口蹄疫・マスコミ報道他 7/28(水) 2 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ブクログ

  • ブクログ

ブログパーツ

  • 3月31日まで投票できます

  • ジオターゲティング