山崎畜産HP

ランキング参加中

無料ブログはココログ

« 口蹄疫・マスコミ報道他 7/26(月) | トップページ | 口蹄疫・マスコミ報道他 7/28(水) »

2010/07/27

口蹄疫・マスコミ報道他 7/27(火)

Photo

↑本日の宮崎日日新聞は こんな感じ。

宮崎県HP

「非常事態宣言」の全面解除及び今後の取組みについて
http://www.pref.miyazaki.lg.jp/contents/org/honbu/seisaku/emergency/index0627.html

抜粋:終息宣言までの取組み

 今後は、本県畜産の安全性を万全なものにするために、県内すべての牛・豚の安全確認を行うとともに、ワクチン接種地域内を中心に家畜排泄物等の堆肥化を進め、8月27日の最終的な終息宣言を目指すこととなります。このため、道路上の消毒ポイントを再編の上、当面継続いたしますので、車輌で通行される方々の引き続きの御協力をお願いします。

 特に、畜産農家におかれては、いつなんどき、口蹄疫等の家畜伝染病が発生するかわからないという危機感を持って、常に、農場入り口や出入りする人・車輌等の消毒を徹底し、絶対に農場内にウィルスを侵入させないようにしていただくことをお願いします。

非常事態宣言 全面解除

口てい疫の感染拡大を防ぐため宮崎県内で最後まで残されていた家畜の移動制限が27日午前0時に解除され、東国原知事は非常事態宣言についても全面解除し、「県民は以前の生活に戻り宮崎に活気を取り戻してほしい」と呼びかけました。

宮崎県内ではことしの4月以降、県の東部を中心に、口てい疫の疑いがある家畜が次々と見つかり、およそ29万頭の牛や豚などが処分されたほか、家畜の移動や搬出の制限もあわせて20の市や町に及びました。
しかし、感染の拡大を防ぐ対策を進めた結果、今月4日の宮崎市を最後に新たな発生は確認されず、27日午前0時、家畜の移動や搬出の制限は、およそ3か月ぶりにすべてなくなりました。

これを受けて宮崎県の東国原知事は、午前0時に県庁前で記者会見し、県民に対してイベントや集会の自粛などを求めていた非常事態宣言を全面的に解除すると発表しました。
東国原知事は、「畜産の再生と経済復興に向けて県や国、県民が一丸となって取り組まなくてはならない。県民には以前の生活に戻り宮崎の活気を取り戻してほしい」と呼びかけました。

宮崎県内では、口てい疫によって、畜産業に甚大な被害が出たほか、観光業や小売り業などにも深刻な影響が広がっています。
宮崎県は、口てい疫の完全な終息を目指して必要な消毒の態勢を維持するとともに、地域経済復興の取り組みを強めることにしています。
07月27日 06時47分  NHKローカル

非常事態を全面解除 家畜の移動制限も(宮崎日日新聞)
http://www.the-miyanichi.co.jp/special/kouteieki/index.php?id=0&paging=1

▼農水省プレスリリース

「第1回口蹄疫対策検証委員会」の開催について

農林水産省は、「第1回口蹄疫対策検証委員会」を平成22年8月5日(木曜日)に農林水産省第1特別会議室において開催します。
会議は非公開です。なお、カメラ撮影は、冒頭のみ可能です。

1.趣旨

農林水産省は、宮崎県で発生した口蹄疫について、発生前後からの国、県などの対応や殺処分・埋却などの防疫対応、口蹄疫対策特別措置法に基づく措置の運用等を検証し、今後の口蹄疫対策をはじめ、家畜伝染病に対する危機管理のあり方に資するため、第三者からなる口蹄疫対策検証委員会を開催します。
また、今回の議事要旨は、会議終了後に当省ホームページ「口蹄疫に関する情報」(URL:http://www.maff.go.jp/j/syouan/douei/katiku_yobo/k_fmd/index.html)で公開いたします。

2.日時及び場所

平成22年8月5日(木曜日)17時00分~19時00分
農林水産省本館3階 第1特別会議室 (ドアNo.335)
住所:東京都 千代田区 霞が関 1-2-1

3.議題

本委員の座長及び座長代理の選出について
これまでの口蹄疫への対応状況についての報告
本委員会での論点及び今後の議論の進め方について

その他
4.取材に関するお願い

会議は口蹄疫発生農家等の経営内容と直接関連する個人情報が含まれ、当該農家等の利益を害する恐れがあるため、非公開としますが、冒頭のカメラ撮影は可能です。
<添付資料>(添付ファイルは別ウィンドウで開きます。)

口蹄疫対策検証委員会の設置について(PDF:55KB)
http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/soumu/pdf/100727-01.pdf
委員名簿(PDF:12KB)
http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/soumu/pdf/100727-02.pdf

対策検証委員会(いわゆる第三者委員会)の内容 抜粋
【検証項目】

(1)発生前の管理対応状況
 ① 海外からの侵入防止
 ② 都道府県における防疫体制
 ③ 農場等における衛生管理

(2)発生直後の初動対応
 ① 農場段階における対応
 ② 宮崎県の防疫対応
 ③ 国の対応

(3)防疫措置のあり方
 ① 殺処分の進め方
 ② 埋却地の確保など焼埋却の進め方
 ③ 農場や道路、車両等の消毒
 ④ ワクチン接種及び予防的殺処分

(4)危機管理の体制と対応(国、県、市町)

(5)今後の家畜防疫のあり方について

宮崎、種牛の精液提供受けたい 口蹄疫、畜産復興で

 口蹄疫問題で、宮崎県の東国原英夫知事は27日記者会見し、宮崎牛ブランドを支える県の種牛が55頭から5頭に減ったのを受け、今後の畜産復興について「新たな種牛を育てていく。精液を購入して(種牛を)つくっていくしかない。青森や岩手から提供をいただきたい」と述べた。

 種牛自体の購入は「今のところはない。今後、検討するかもしれない」と含みを持たせた。西都市に避難させたエース級種牛5頭に関しては、感染多発地域となった高鍋町にある元の飼育場所に「すぐに戻すことはない」とした。

 宮崎県への支援をめぐり、これまで青森県が種牛「第1花国」の凍結精液100本を提供する考えを表明。岩手、鳥取両県も提供に前向きな姿勢を示している。

 また、宮崎県は27日、県内で飼育されている牛や豚約94万頭全頭の目視検査が、8月9日に終了するとの見通しを明らかにした。

2010/07/27 12:38   【共同通信】

農相、口蹄疫で家伝法改正へ  国の権限強め強制調査も

 山田正彦農相は27日の閣議後の記者会見で、口蹄疫問題について、感染予防などで国の権限を強めるため、家畜伝染病予防法の改正案を来年の通常国会に提出する考えを明らかにした。感染経路を調べるために、農場などを強制調査できることも検討。感染発覚後の初動段階から国主導による危機管理体制を強化する。

 現在の家伝法は殺処分の命令や移動・搬出制限区域の設定など重要な決定は都道府県が行うことになっている。宮崎県の口蹄疫問題では、現地にも対策本部を置く国と県の責任の所在があいまいとの声も強かった。

 山田農相は「今後は国がきちんと危機管理体制に責任を持つ形にしていかざるを得ない」と強調。「諸外国では感染経路を調べるため、強制調査ができる」などとし、改正案にはこうした権限を国が持てるようにする意向を示した。

 山田農相は同日から宮崎県の移動・搬出制限が全面解除になったことについて「多くの方にご協力をいただき、一つの大きな段階を越えることができた」と述べた。

 一方、政府も同日、全面解除を受けて対策本部の会合を開催。菅直人首相は「いよいよこれからは畜産の復興に向け関係者の努力をお願いしたい」と述べた。

2010/07/27 13:25   【共同通信】

鹿児島県本土で子牛競り市再開
(2010 07/27 15:00)  南日本新聞

 宮崎県の口蹄(こうてい)疫で延期されていた鹿児島県本土の子牛競り市が27日、鹿児島中央(日置市)、出水中央(出水市)の両家畜市場で再開された。鹿児島中央家畜市場には427頭が出荷。買い付けには県内を中心に兵庫、佐賀から106人が訪れた。

 鹿児島中央家畜市場の子牛競り市は毎月開催。口蹄疫の影響で5月11日、6月7日、7月10日分が延期されていた。今回の競り市に出されたのは5月に出荷予定だった牛。平均的な出荷日齢280日に対し、今回は約360日という。

 340日齢の牛を出荷した鹿児島市西別府町の子牛生産農家、江口芳崇さん(72)は「全体的に前回同様か、やや安めでは。延期中にかかった餌代が反映されないのは厳しいが、牛舎がいっぱいだったので、空きができるのはありがたい」と話した。

« 口蹄疫・マスコミ報道他 7/26(月) | トップページ | 口蹄疫・マスコミ報道他 7/28(水) »

口蹄疫関連」カテゴリの記事

コメント

やっと、一つの節目に来ましたね
まだまだ先は長いんですけどね
気を引き締めてこの一ヶ月乗り切りましょう

私事ではありますが、本日を持ちまして一つ歳を重ねる事になりました

無事3廻り目を終え、支えていただいた方々に感謝するとともに、この前ご先祖様にお礼をしてきました

そして、自分を守ってくれた愛する牛達の冥福を祈ります


ってことで、今日は大好きなハンバーグを作ってもらいました
ケーキも食べたしお腹いっぱい

プレゼントは水だしコーヒーサーバでした

ブンリン君
お誕生日おめでとう
結構、いい年なのねぇ。
もっと若いと思ってました。

1例目の4月20日がシェパードたけちゃんの誕生日。
そして県内全域の制限区域解除・非常事態宣言解除の日が
ブンリン君の誕生日だなんて・・・・
二人の誕生日、きっと一生忘れないわ。

ってしんみりしてちゃいけませんね。
おめでたい日なのに

終息宣言が出せる日まで、もうちょっと踏ん張りましょう!

ブンリンさーんヽ(´▽`)/
27日はブンリンさんのお誕生日だったのですね
ハッピバースデーとぅーゆーです
ハンバーグもケーキもプレゼントも
ステキなステキなお誕生日だったのですね~~o(*^▽^*)o

1例目が竹添の誕生日。
県全体の制限区・非常事態宣言解除がブンリンさんのお誕生日。
ほんと、なんだかすごいですよね
なにがって聞かれると、答えられないのですが・・

終息宣言の日まで、まだまだ皆さんに大きなご負担をかけてしまいますが、
27日を無事にむかえられてうれしいです(;ω;)


センム~(ρ_;)
ガリガリ君、はずれました~~(´;ω;`)ウウ・・・

センム、たけちゃん

ありがとうございます

そうなんですよねぇたけちゃんの誕生日に始まり自分の誕生日で一段落ってねぇ

今年は色んな事があり過ぎです

さぁ来月は誰の誕生日でしょうか

たけちゃん、ブンリン君

終息宣言はまだですが、気持ち的にだいぶ楽になりました。
宮崎でのせりの再開も決まり、みんなホッとしているのでは。

ホント今年は色々あって・・・・
なんか3ヶ月間を振り返ると、長かったような、短かったような。
よくわからん時間の過ぎ方でした。

今度、二人の誕生日、まとめてお祝いしなきゃですね。
焼肉、焼肉

一般人様

何度も申し上げているように不確定な事の書いてあるURLの貼られているコメントは削除させて頂いております。
ご理解下さいませ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 口蹄疫・マスコミ報道他 7/27(火):

« 口蹄疫・マスコミ報道他 7/26(月) | トップページ | 口蹄疫・マスコミ報道他 7/28(水) »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブクログ

  • ブクログ

ブログパーツ

  • 3月31日まで投票できます

  • ジオターゲティング