山崎畜産HP

ランキング参加中

無料ブログはココログ

« 口蹄疫・「大規模農場で症状見過ごし」(7/19)関連記事 | トップページ | 口蹄疫・マスコミ報道ほか 7/20(火) »

2010/07/19

口蹄疫・マスコミ報道ほか 7/19(月)

初期の対応に差 1例目後は即通報農家も (宮日 2010年7月19日付)

 口蹄疫問題で、川南町の大規模農場の牛に、県への通報の6日前によだれの症状が出ていたことが18日判明した。初期の発生農家の中には、異変に気付いて即座に県に通報した人もおり、対応には差が出た。口蹄疫は感染力が極めて強く、早期発見と殺処分が不可欠。専門家は「まん延を防ぐため、異常を感じたらすぐに通報するべきだ」と警鐘を鳴らす。

 大規模農場関係者によると、700頭以上の牛を飼育する同農場の従業員はパートを含め3人。系列農場を束ねる責任者や獣医師が定期的に巡回していたという。関係者は「こなさなければならない仕事が多く、牛の様子をじっくり見ることはできなかった」と日常業務の様子を明かした。

 4月20日の都農町の1例目公表は、地元農家に大きな衝撃を与えた。川南町の男性(61)は2日後の22日早朝、牛1頭がよだれをたらしているのを見つけた。量はそれほど多くなかったが「様子がいつもと違う」と感じた。熱を測ると40度以上あり、2時間後に町役場に連絡。その後、家畜保健衛生所に届けた。

 和牛繁殖農家の女性も5月2日朝、牛1頭が水をあまり飲まず、昼前にはよだれも出始めたため、その日のうちに地元JAに連絡したという。

 川南町の養豚場では、4月29日朝、餌やりに行った従業員が豚1頭の足先にわずかな内出血を見つけ、すぐに通報。従業員6人が毎朝1時間かけて異常の有無を確認していた。「本県では10年前にも発生しており、危機管理は体に染み込んでいた」と同農場関係者は振り返る。

 別の養豚場では、1例目の発生以降、口蹄疫の勉強会を開き「従業員に『おかしいことがあったらすぐ報告するように』と求めていた」という。

疫学調査チームが都城で現地調査  (07/19 19:26)  MRT

農林水産省の疫学調査チームが、19日、口蹄疫の終息が確認された都城市の発生農場で、現地調査を行いました。

専門家などで構成された農水省の疫学調査チーム。
19日は、口蹄疫が飛び火感染した都城市高崎町に初めて入り、調査を行いました。
調査チームは、先月9日、口蹄疫の疑いのある牛が見つかった農場で、牛舎の位置関係や発生時の状況などを詳しく確認したということです。

疫学調査チームは、20日、児湯郡の発生農場でも現地調査を行う予定です。
疫学調査チームは、これまでの調査で児湯郡での感染拡大について、人や車両などがウイルスを運んだ可能性が高いとの見方を示しています。


あすから県内の子牛せり再開へ
[07/19 16:23] MBC

家畜の伝染病、口蹄疫の影響で、鹿児島県内でストップしていた子牛のせり市が、あすの与論家畜市場を皮切りに、およそ3か月ぶりに再開されます。

県内の子牛のせり市は、宮崎県などで新たな口蹄疫の発生がなければ、あすの与論家畜市場を皮切りに、感染のリスクが低いとされる大島地区で、順次、再開される予定です。再開予定はあさって21日と22日は沖永良部、23日は徳之島、24日は天城、25日は瀬戸内と笠利、26日は喜界の家畜市場となっています。

その後、27日からは県本土でも順次、再開される予定です。しかし、子牛が成長しすぎたり、出荷が集中したりすることによる価格の下落が懸念されていて、県は先週、基準価格の38万円を下回った場合の差額の一部助成など、畜産農家への支援策を決めています。

※山崎メモ
ようやく疫学調査が始まった。
明日は児湯地区での調査らしい。詳しい報告が待たれる。

« 口蹄疫・「大規模農場で症状見過ごし」(7/19)関連記事 | トップページ | 口蹄疫・マスコミ報道ほか 7/20(火) »

口蹄疫関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 口蹄疫・マスコミ報道ほか 7/19(月):

« 口蹄疫・「大規模農場で症状見過ごし」(7/19)関連記事 | トップページ | 口蹄疫・マスコミ報道ほか 7/20(火) »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブクログ

  • ブクログ

ブログパーツ

  • 3月31日まで投票できます

  • ジオターゲティング