山崎畜産HP

ランキング参加中

無料ブログはココログ

« 口蹄疫・マスコミ報道他 7/18(日) | トップページ | 口蹄疫・マスコミ報道ほか 7/19(月) »

2010/07/19

口蹄疫・「大規模農場で症状見過ごし」(7/19)関連記事

大規模農場で症状見過ごし 口蹄疫、感染調査の鍵
 
 宮崎県の口蹄疫問題で、4月下旬に疑い例が確認された川南町の大規模農場で、獣医師が県の家畜保健衛生所に異常を通報した6日前から、牛数頭によだれの症状が出ていたことが18日、経営会社への取材で分かった。当時は、国内10年ぶりとなる都農町の1例目の公表前。別の関係者によると、国が実施した抗体検査の結果から、大規模農場の感染時期は遅くとも4月上旬とみられる。

 口蹄疫問題では数十軒の農場で症状が見過ごされた可能性が指摘されているが、農林水産省の疫学調査チームは牛700頭以上を飼育する大規模農場の状況が、感染拡大ルート究明の鍵の一つとみて調査を進めている

 大規模農場では都農町の1例目公表後、牛の舌にただれなどの異常も発見したが経過観察とし、すぐ届けていなかった。

 経営会社側は「よだれはやや多い程度で風邪を疑った。1例目の公表前に口蹄疫を予見するのは著しく困難で、舌のただれなどがある牛が増えた時点で届けた」とする。

 同社の弁護士によると、大規模農場では4月18日、よだれの症状がある牛数頭を把握。獣医師が風邪を疑い、ほかの牛も含め抗生物質を投与した。県が都農町での1例目を公表したのは同20日。翌21日には、大規模農場のすぐ近くにある農場2カ所でも疑い例が出た。

2010/07/19 02:02   【共同通信】
http://www.47news.jp/CN/201007/CN2010071801000466.html

川南の大規模農場  牛の症状見誤りか
 通報6日前よだれ  4月上旬には感染?

 口蹄疫問題で、4月下旬に疑い例が確認された川南町の大規模農場で、獣医師が県の家畜保健衛生所に異常を通報した6日前から、牛数頭によだれの症状が出ていた事が18日、経営会社への取材で分かった。当時は、国内10年ぶりとなる都農町の1例目の公表前。別の関係者によると、国が実施した抗体検査の結果から、大規模農場の感染時期は遅くとも4月上旬とみられる。口蹄疫問題では数十軒の農場で症状が見過ごされた可能性が指摘されているが、農林水産省の疫学調査チームは700頭以上を飼育する大規模農場の状況が感染拡大ルート究明の鍵の一つとみて調査を進めている。

 大規模農場では都農町の1例目公表後、牛の舌にただれなどの異常も発見したが経過観察とし、すぐ届けていなかった。
 経営会社側は「よだれはやや多い程度で風邪を疑った。1例目の公表前に口蹄疫を予見するのは著しく困難で、舌のただれなどがある牛が増えた時点で届けた」とする。

 同社の弁護士によると、大規模農場では4月18日、よだれの症状がある牛数頭を把握。獣医師が風邪を疑い、ほかの牛も含め抗生物質を投与した。県が都農町での1例目を公表したのは同20日。翌21日には、大規模農場のすぐ近くにある農場2ヶ所でも疑い例が出た

 大規模農場では22日に舌のただれや潰瘍がある牛を発見したが、家畜保健衛生所への通報は2日後の24日。「別の2頭に同様の症状が見られ、よだれも異常に多くなったため届けた」(弁護士)といい、翌25日に遺伝子検査で陽性となった。

 別の関係者によると、国の抗体検査で、同農場の複数の牛から非常に強い陽性反応が出た。感染から2週間以上経過していると推測され、遅くとも4月上旬にはウイルスが侵入したとみられる。

 同26日から大規模農場で殺処分した他県の獣医師は「風邪と間違えるかも知れない症状だったが、多くの牛が発症していた」と話す。

 4月末には経営上の関連がある、えびの市の農場でも疑い例が出た。疫学調査チームは6月、「家畜運搬車両などを通じて飛び火した可能性がある」と指摘している。

 口蹄疫をめぐっては、都農町で下痢の水牛がいると3月末に通報があった際、典型症状ではなかったため県が口蹄疫検査に回さず、見過ごしたことが判明している。

異常は通報必要
【白井淳資・東京農工大教授(家畜伝染病学)の話】

 宮崎県で最初に確認された4月20日以前に「口蹄疫かもしれない」と気付くのは難しいかもしれないが、20日以降は、少しでも異常を感じたらすぐに通報すべきだと思う。特に口蹄疫は感染力が強いので、飼育頭数が多い農場で感染が起きれば拡大のスピードも速く、人や車を通じて周囲に広がるリスクも高いと考えられる。できるだけ被害が小さくて済むよう家畜への十分な気配りが必要で、事業者は危機管理をきちんとするべきだ。

宮崎日日新聞 7月19日

宮崎の口蹄疫 通報6日前に疑い症状
2010年7月19日 朝刊  東京新聞

 宮崎県の口蹄(こうてい)疫問題で、四月下旬に疑い例が確認された川南町の大規模農場で、獣医師が県の家畜保健衛生所に異常を通報した六日前から、牛数頭によだれの症状が出ていたことが十八日、経営会社への取材で分かった。当時は、国内十年ぶりとなる都農町の一例目の公表前。別の関係者によると、国が実施した抗体検査の結果から、大規模農場の感染時期は遅くとも四月上旬とみられる。

 口蹄疫問題では数十軒の農場で症状が見過ごされた可能性が指摘されているが、農林水産省の疫学調査チームは牛七百頭以上を飼育する大規模農場の状況が、感染拡大ルート究明の鍵の一つとみて調査を進めている。

 大規模農場では都農町の一例目公表後、牛の舌にただれなどの異常も発見したが経過観察とし、すぐ届けていなかった。
 経営会社側は「よだれはやや多い程度で風邪を疑った。一例目の公表前に口蹄疫を予見するのは著しく困難で、舌のただれなどがある牛が増えた時点で届けた」とする。

 同社の弁護士によると、大規模農場では四月十八日、よだれの症状がある牛数頭を把握。獣医師が風邪を疑い、ほかの牛も含め抗生物質を投与した。県が都農町での一例目を公表したのは同二十日。翌二十一日には、大規模農場のすぐ近くにある農場二カ所でも疑い例が出た。

 大規模農場では二十二日に舌のただれや潰瘍(かいよう)がある牛を発見したが、家畜保健衛生所への通報は二日後の二十四日。「別の二頭に同様の症状が見られ、よだれも異常に多くなったため届けた」(弁護士)といい、翌二十五日に遺伝子検査で陽性となった。

 別の関係者によると、国の抗体検査で、同農場の複数の牛から非常に強い陽性反応が出た。感染から二週間以上経過していると推定され、遅くとも四月上旬にはウイルスが侵入したとみられる。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2010071902000058.html

« 口蹄疫・マスコミ報道他 7/18(日) | トップページ | 口蹄疫・マスコミ報道ほか 7/19(月) »

口蹄疫関連」カテゴリの記事

コメント

あぐら

そういえば、高鍋から高速道路が開通したんですか?

あぐらだねさん

開通しましたよ。今無料なので、利用者も多いみたいです。
入り口にはきちんと消毒プールも付いています。
ありがたいことです。

しかし・・・・名前が(笑)
はい、おっしゃりたい事は、とってもよく分かります。

その大規模牧場の宣伝が宮日HPに載ってるというのも困ったもんです。
日曜に気が付いて即電話したけど、担当者が休みだったorz

新聞(一般紙)では、「見過ごし」なんですね。やわらか~い!
旬刊宮崎(ミニコミ紙)では、「悪質隠蔽」すばり!
いよいよ8月30日 旬刊VS某牧場の裁判です!

YOSHIさん

産経以外の大手の新聞もテレビもやりませんね、このニュース。
スポンサーの絡みもあるのかなぁ?
宮日には初期の頃電話して抗議したけど(笑)、地元紙ならではの細かい取材とニュースの取り上げ方には感謝しているから、もういい

今日もう一回電話した後に対策とってもらえたみたいです。
今は50回以上リロードやっても出てきません

西諸牛命さん

今の時点では「見過ごし」ですけどね(笑)

本日の山田君の記者会見
http://www.maff.go.jp/j/press-conf/min/100720.html

記者

口蹄疫の関連で、川南の大規模農場で、今、起点とされているのより前から発症していた農場があるのではないかということがありましたが、それの事実関係を把握されているかということと、もし、それがそうだとしたら、どんなふうに受け止められるかということを。

大臣

疫学調査チーム、現地の調査チームも、私、民間の獣医さんも入れて調査させておりまして、かなり報告はいただいております。その中で、抗体検査の今までの状況を見てみますと、いわゆる国に報告する以前より、発症が前にあったと、あるいは、それについて、報告が、あるいは、それが口蹄疫であるということを判断するのが遅れておったのではないかというところは免れないのではないのかと、そういうことでありますが、いずれにしても、これから疫学調査チーム、それと第三者委員会による検証を、国の責任がどうだったか、県の責任がどうだったか、担当地区の責任がどうであったか、そういう体制がどういうところが不備であったか、そういったことを含めて検証しなければいけないと、その作業に取りかかったところです。

記者

それでは、疫学調査チームや第三者委員会のチームの会合は、もう近く開かれる見通しでしょうか。

大臣

近く、メンバーも、ほぼ、今、私の方で選定しておりまして、近く、そういう形でスタートしたいと思っているところです。


・・・・だそうですから、きちんと調べてくれるのでは?
旬刊宮崎との裁判より早く何か分かるかもですね。

どこまで実態解明が進むのでしょうかね
解明されるほどに宮崎にとって
耳や頭の痛い話が出てくるのかもしれませんが・・・

それはそれとして
一刻も早い原状回復を願うと同時に
前と同じやり方では畜産やってけないだろうなぁ
という危惧もあります

防疫体制にコストかけないといけないでしょうし
さてその負担は誰が負うことになるのでしょうか

神奈川男さま

はじめまして、コメントありがとうございます。

やっと落ち着いてきたおかげで、ようやく冷静に物事を見ることができるようになった気がします。
宮崎のテレビ(MRT)では、ニュースの中で口蹄疫を検証するコーナーが始まりました。果たして初動はどうであったかなどJA尾鈴の職員や、獣医師へのインタビューなどから構成されています。

現場で実際に動いた人達の「あの時、ああすれば」という声が今後の防疫マニュアルに大いに生かされることを期待したいです。

第三者による検証において、宮崎県の初動がどうであったかについても問われるのは間違いないでしょう。
個人的には、町も市も県も「甘く見ていた」と思っています。
なまじ10年前の実績があったが故に、すぐに抑え込めるとの過信があったと。
(私自身も、すぐにおさまると思っていました。)
この事は、知事をはじめ関係者みなが認めているのではないでしょうか。
今更、解明されて耳や頭の痛い話が出てきても、それはそれで今後に生かして行くしかないことも、分かっているはずですし、そして他県が同じ轍を踏む事にならないように、きちんとした法整備ができることを皆が望んでいると思っています。

県もきちんと反省した上で、国にもきちんと反省してもらいたいとも思っています。
県に対して「あの時、こうすれば・・・」と思う気持ちは多々ありますが、国に対しては、もっともっと「あの時、こうしてくれれば・・・」という思いが強いですから。

第三者委員会については、自治体のみならず国に対しての検証もきちんと行って欲しいです。
メンバーを山田君が選んでいるというのが、なんだかなぁ・・・・ですけど。
補償の問題についても、未だにワクチンの一部負担を求めていたりとか、何だか信用できない政府なのです。

なんといってもA牧場についてはきちんと調べて欲しいですよね。
以前から、よく分からない会社ではありましたが、口蹄疫の発生に伴う会社の対応とかを見ていると(HPのニュース欄など)本当に会社としての社会的責任を果たしているのかなど、不信感はつのるばかりです。

なんというか


この会社には肉屋に努めていた時も結構付き合いがあったのですが


雑な養いをしているなあという印象しかありません(-_-;)


個人的に思うに大きくなりすぎたのではないでしょうか?


種牛まで管理してるし


たしか飼養頭数は宮崎の比ではないはずです

しんさん

確か全国に13~15万頭位、いるんですよね?
私も大きくなりすぎたと思います。
これだけ数を増やすなら、F1やホルスの飼育でハンバーガーチェーンなんかと提携したりすれば、輸入品に負けない商売ができるんじゃないかとか思うのですが。


今日のMRTニュースNEXTは、大規模農場に爆弾投げたような…

明日は疫学調査チームの現地調査の結果報告だそうで、玉虫色の報告ではないことを祈りたいです。

皆さんお疲れさまです。この牧場にいきましたが、牛さんが真っ白になってカビが生えたようになってました。また、タムシ状態でかさぶたができていたり、脱毛もみられました。生育状態も個体差がはげしく栄養失調もみうけられました。施設についても、パイプがはずれたりしていても修理しなかったりしており、牛飼いさんとしては最低なレベルだと思いました。

YOSHIさん

MRT,がんばったじゃん!って感じだったのですが・・・・
疫学調査チームの報告と来たら(苦笑)

すめらぎさん

色んなウワサが聞こえてきますが、やはり実際に見られた方の書いた物を見ると・・・・・
所詮はお肉になってしまう牛さんなのですが・・・・
やはり気持ちの良い環境で飼ってあげたいと思うのです。
ベストとは言わないまでも、せめてベターの状態で。

他の方のブログでも実際に現場を見られた方がコメントしてたのですが、
敷料も無くぬかるんだ状態で、石灰で牛が真っ白になっており餌も十分に与えられていなかったと書いてありました。
どうせ殺処分になるなら餌を与えなくても平気なのでしょうね。
せめて最期まで美味しい餌を食べさせてやりたいと思っている人もいるというのに・・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 口蹄疫・「大規模農場で症状見過ごし」(7/19)関連記事:

« 口蹄疫・マスコミ報道他 7/18(日) | トップページ | 口蹄疫・マスコミ報道ほか 7/19(月) »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブクログ

  • ブクログ

ブログパーツ

  • 3月31日まで投票できます

  • ジオターゲティング