山崎畜産HP

ランキング参加中

無料ブログはココログ

« 口蹄疫・マスコミ報道他 7/16(金) | トップページ | 口蹄疫・マスコミ報道他 7/18(日) »

2010/07/18

口蹄疫・マスコミ報道他 7/17(土)

再興「官民一体で」 所有農家 (宮日 2010年7月17日付)

 種雄牛6頭の殺処分を拒否してきた高鍋町の農場経営者薦田長久さん(72)は16日、殺処分の受け入れを決意し、沈痛な面持ちで会見に臨んだ。県と国の対立に発展し、県全体の制限解除まで危ぶまれた種雄牛問題は、県民のより大きな利益を優先する形で決着を迎えた。

 会見に臨んだ薦田さんは心血を注いだ種雄牛の写真を掲げ、「自分の牛で社会に貢献したかった」。民間種雄牛をつくってきた立場から「官民一体となって、取り組んでほしい」と宮崎牛の再興に願いを託した。

 薦田さんの代理人弁護士は殺処分の受け入れ理由について「県と国が対立すれば問題が長期化する。復興には国の援助も必要で、これ以上の対立はスムーズな復興を妨げる」と代弁した。

 一方、国の対応に薦田さんは「今でも納得できない」と怒り心頭。この日に来県を予定し、面会を求めた山田正彦農相の申し出は県を通じて断った。

種牛は処分 制限は解除へ

口てい疫の問題で、被害が最も集中した県の東部で最後まで残っていた高鍋町の農家の種牛6頭は17日処分され、感染拡大防止のために周囲に設定された制限区域は解除される見通しになりました。この種牛は高鍋町の畜産農家、薦田長久さんが飼育していた6頭です。

処分のための作業は、9時ごろから始まり、農場では白い防護服を着た作業員らが種牛をトラックに乗せて高鍋町内の家畜を共同で埋める土地に運び出しました。
薦田さんによりますと、農場で種牛を見送る際には今回の口てい疫の発生以来、自主的に立ち入りを控えていた従業員や家族も立ち会って、花や焼酎を手向けたということです。
宮崎県によりますと、6頭の処分に続いて牛舎の消毒や排せつ物の処理など必要な作業は17日夜までに終了したということです。

この種牛をめぐっては宮崎県が薦田さんの意向を入れていったんは、処分せず残すことを目指しましたが、国が例外は認められないと反対する中で、薦田さんがきのう処分の受け入れを決めました。
宮崎県では今回の口てい疫の発生以降、感染の拡大を防ぐために処分した家畜は、およそ28万9000頭に上りましたが、今回の6頭ですべて終わったことになります。
宮崎県は、この農場から10キロの範囲で設定している家畜の移動制限を18日午前0時に解除することにしています。
07月17日 20時15分 NHKローカル

「畜産の文化を伝えたい」

薦田さんは種牛6頭が農場から運び出されたあと、報道陣の質問にこたえて、「種牛の命を守ってやれなかったことはほんとうに残念です。牛は生活の支えでしたから、ありがとうと言って見送りました。種牛の死がむだにならないように官民が一体となって畜産の再起を図ってもらいたい」と述べました。また、薦田さんは「牛はいなくなりましたが今後も若い人たちに畜産の文化を伝えていきたい」と述べ、今後も畜産を続けたいと心境を語りました。
07月18日 10時06分 NHKローカル

篠原副大臣が農家を訪問

種牛が運び出された薦田さんの農場には午前政府の現地対策本部の本部長を務める篠原農林水産副大臣が初めて訪れました。
訪問を終えた篠原副大臣は「わたしの力が及ばず処分することになり申し訳ないとおわびした。薦田さんは今後の畜産の振興に力を入れてほしいと話していた」と述べました。
07月18日 10時06分 NHKローカル


民間種牛の殺処分に着手 副大臣、農家に謝罪

 宮崎県の口蹄疫問題で、県は17日、高鍋町の薦田長久さん(72)の種牛6頭の殺処分に着手した。夕方までに埋却も終わる見込み。

 午前9時50分頃、家畜を運び出すためのトラック1台が、作業を担当する獣医師や県畜産課職員らを乗せたバスと一緒に薦田さんの農場に到着。同10時半頃、2頭を載せたトラックがパトカーに先導され、高鍋町内のJA所有の共同埋却地に向かって出発した。残る4頭も午後1時10分までに運び出された。埋却地に到着後、殺処分される。

 最後のトラックの助手席には花束とお神酒が積まれた。薦田さんの家族は荷台を覆うブルーシートを開け、別れを惜しむように牛の体をなでていた。薦田さんは読売新聞の電話取材に対し、「とにかく疲れた。何も話すことはありません」と、か細い声で答えた。

 薦田さんの長女(38)によると、牛がトラックに積み込まれる際、静かに見守る薦田さんの横で妻の勝子さんが泣き崩れた。県民から「種牛用に」と贈られた伊勢神宮のお守り6個を一緒に埋めてほしいと、県職員らに頼んだという。

 一方、政府現地対策本部長の篠原孝・農林水産副大臣は、獣医師らよりも前に農場に到着。副大臣によると、「残念ながら殺処分することになってしまい、すみませんでした」と謝罪したところ、薦田さんは「宮崎の畜産振興にぜひ力を入れてほしい」と答えたという。1回目の運び出しの際、2人は一緒にトラックを見送った。

 県は6頭を埋却した後、18日午前0時、高鍋町を中心にした移動・搬出制限区域を解除するとともに、制限区域内の住民にイベントや外出の自粛を求めた非常事態宣言も解く見通し。県内で移動制限区域が残るのは、27日に解除予定の宮崎市の一部だけとなる。

(2010年7月17日 読売新聞)


自衛隊撤収し「節目」 地元に安堵感
(宮日 2010年7月17日付)

 口蹄疫問題で高鍋町の種雄牛所有農家が16日に殺処分を受け入れ、児湯地域の家畜の移動制限がすべて解除される見通しが立った。解除の遅れに気をもんでいた地元には「つらい決断だと思うが、ありがたい」と安ど広がる一方、「国と県のドタバタ劇にあきれる」との声も。川南町では防疫作業を終えた自衛隊の撤収式があり、終息に向けた「節目」を象徴する一日となった。

 殺処分を受け入れた農場経営者の薦田長久さん(72)から精液ストローの提供を受けていた新富町新田の繁殖農家長友淳さん(30)は「10年、20年かけて育てた種雄牛を処分するのは苦渋の判断だったと思う」と気遣いながら「すべての牛が処分されれば消費者の目も変わるはず」とイメージの好転を期待する。

 高鍋町内で居酒屋を経営する図師義孝さん(65)も「大変つらいだろうが、ありがたい決断だ」と話す。移動制限区域に入ってから繁華街の客足は激減しており「一日も早い解除を待っていた」とほっとした表情を浮かべる。

 一連の経緯に批判的な見方も。川南町の30代繁殖牛農家は「(制限解除が)間近に迫ってからの国と県のドタバタ劇にあきれる。これまでに時間的な余裕はあったはずで、もっと円満な解決が図れたのでは」と憤る。

 特例救済を求めていた東国原知事が薦田さんに殺処分を要請するなど、事態は二転三転し、地元自治体も振り回された。高鍋町は移動制限の解除が見込まれていた16日の公共施設再開を町民に周知していたが、先行きが不透明となったため同日朝、再開を見合わせることを決めた。

 それを知らずに図書館に足を運ぶ町民や、グラウンドゴルフで運動公園を訪れる高齢者もおり、事情を説明して帰ってもらったという。「楽しみにして来られた方には迷惑を掛けた。解除の見通しが立ったので17日から再開したい」と同町社会教育課。

 2カ月半にわたり延べ約1万9千人が畜舎の清掃や消毒に当たった自衛隊の撤収式は川南町役場前広場であった。内野宮正英町長がその労をねぎらい、派遣部隊を代表して陸上自衛隊第43普通科連隊(都城市)の九鬼東一連隊長が「明るく元気な宮崎県の将来を祈念し、頑張ろう宮崎!」とエールを送った。

 式には多くの町民が訪れ、「ありがとう」と手を振って隊員たちを乗せた車列を見送り、中には涙ぐむ人もいた。


無観客の夏 口蹄疫拡大防止で異例の開幕…宮崎大会
スポーツ報知  7/17
http://hochi.yomiuri.co.jp/baseball/hs/news/20100717-OHT1T00011.htm

高校野球宮崎大会は開会式が行われず、観客を制限し3人だけで選手宣誓
 ◆第92回全国高校野球選手権 ▽宮崎大会(16日・サンマリンほか) 口蹄(こうてい)疫問題に直撃された宮崎大会が、感染拡大を防止するため異例の“無観客試合”で始まった。

 部員の保護者らをのぞき、一般観客の入場を認めないという異例の無観客試合。応援の父母らは各校が発行した専用のIDカードを身に着け、感染拡大防止のため、衣服や靴を入念に消毒してから球場入りした。試合中は入場門を封鎖。原則として団体行動を義務づけるなど、徹底した防疫策を敷いた。

 優勝旗返還や選手宣誓は行われたが、開幕式は取りやめ。「『こういう状況なのに、なぜ高校野球をやるんだ』と言われたりしたが、次第に応援してくれる声が増えていった。始められてよかった」と、県高野連の猪股整理事長(55)は、胸をなで下ろした。

« 口蹄疫・マスコミ報道他 7/16(金) | トップページ | 口蹄疫・マスコミ報道他 7/18(日) »

口蹄疫関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 口蹄疫・マスコミ報道他 7/17(土):

« 口蹄疫・マスコミ報道他 7/16(金) | トップページ | 口蹄疫・マスコミ報道他 7/18(日) »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブクログ

  • ブクログ

ブログパーツ

  • 3月31日まで投票できます

  • ジオターゲティング