山崎畜産HP

ランキング参加中

無料ブログはココログ

« 口蹄疫・マスコミ報道他 7/15(木) | トップページ | 口蹄疫・マスコミ報道他 7/17(土) »

2010/07/16

口蹄疫・マスコミ報道他 7/16(金)

種雄牛問題・知事一問一答 (宮日 2010年7月16日付)

 口蹄疫問題で東国原知事は15日、種雄牛6頭の殺処分勧告に応じていない高鍋町の農場経営者・薦田長久さん(72)との面会を終え、県庁で記者会見を開いた。主なやりとりは次の通り。

 ―薦田さんと面会したのか。

 現状と今までの経緯を説明した。薦田氏所有の種雄牛を貴重な遺伝子として守りたいという意図を持って農相らと協議してきたが、農相の態度は殺処分ありきで変わらず、厳しい状況であると伝えた。16日の移動制限解除、あるいは27日の非常事態宣言の解除、安全宣言が非常に私の中で重要である。県が安全宣言するためには、6頭の殺処分しか今の選択肢はないとお伝えした。県知事の立場として県民の皆さんの立場を守らなければならない。断腸の思いではあるが、国の判断による殺処分にご理解いただけないかと申し上げた。

 ―薦田さんの返答は。

 明日(16日)の午前中までに結論を出していただきたいと要望した。薦田氏は『分かりました』と。薦田氏は一刀両断で殺処分ありき、現状を見もしない、話もしに来ない大臣、副大臣の姿勢を批判していた。非常に落胆され、困惑され、痛々しいほど複雑な表情、感じだった。

 ―裁判のことについては。

 何もおっしゃっておられなかった。

 ―薦田さんに求める殺処分というのは国と県、どちらの主導か。

 特措法(口蹄疫対策特別措置法)による国の判断、執行行為が正しいやり方。あるいは、地方自治法の是正指示、勧告、指示、高裁判決、国の強制執行が正しいやり方だと思っている。リングワクチンは国の責任でやると言っていた。それは最後までやっていただきたい。

 ―特措法に基づいて勧告したが、薦田さんが応じなければ、知事の権限で命ずることができる。

 特措法だったら国は明日にでもできる。しかし、法に不備があって微妙なところ。地方自治法による是正指示はおそらく手続き上、1、2カ月かかる。それをやっていたら移動制限区域の解除が延び延びになる。避けなければならない。国がつくった法律をなぜ国が活用しないのか、疑問でならない。今の時点では国がやるのがベストだが、やらないのであれば、県が移動制限解除をできるだけ先延ばしにしないようにする。

 ―知事の考えとしてベターなのは国による殺処分か。

 ベターなのは、国による抗体検査で種雄牛を救うこと。そして安全であることを国が保証してくれて移動制限区域解除、これがよりよい。


種牛殺処分拒否 力ずくでは後味が悪いが
2010年7月16日 10:50  西日本新聞社説

 宮崎県で最初に家畜伝染病の口(こう)蹄(てい)疫(えき)に感染した疑いがある牛が見つかったのは、4月20日だった。都農町だった。それから3カ月になろうとしている。

 感染の疑いがある牛や豚に加えて、感染拡大を阻止するためワクチンを接種して殺処分された家畜がいる。双方を合わせると約28万9千頭に達した。

 元気な牛や豚にワクチンを打って殺処分せざるを得なかった生産者の思いは表現のしようもなかろう。何としても終息させたい。地元の切なる願いだろう。

 畜産農家の再建、地域経済の立て直しも急務だ。国際獣疫事務局(OIE)から「清浄国」として認められ、食肉輸出を再開したい。誰も異論はあるまい。

 だが、ここにきて国と宮崎県の感情的な対立が深まっているようにみえた。

 宮崎県高鍋町の農場経営者が飼育する種牛6頭のワクチン接種と殺処分を拒否した問題である。ここは民間農場では県内で唯一、種牛を飼育している。

 この農場はワクチン接種とその後の殺処分を求められた対象地域内にあり、経営者は肥育牛の接種には応じたが、種牛は公共性が高いとして接種を拒否した。

 県は5月、口蹄疫の発生で移動制限がかかった高鍋町の県家畜改良事業団で飼育していた種牛の一部を、特例で区域外に運び出した前例があった。

 優秀な種牛を生み出すには時間もかかる。県の前例があるならば「自分のも」と考えたのも無理はなかろう。自分の種牛の県有化も提案したという。

 しかし、国は例外は認めないとの立場だ。多くの農家に犠牲を強いたのに、特別扱いを認めると、あしき慣例になる。6頭の処分なしではOIEから清浄国と認められるのは難しいと説明した。

 このため、東国原英夫知事は先月29日、この経営者に対し、口蹄疫対策特別措置法に基づき殺処分を勧告した。

 期限は今月6日だったが、農場経営者と話した東国原知事は心変わりした。

 「民間種牛を特例で県有化する」「目視検査では感染の疑いはない」「殺処分回避は畜産農家全体の利益になる」などと、山田正彦農相に救済を求めた。

 だが、国は県に殺処分を求める是正指示を出すなどの強硬姿勢を示した。

 結局、東国原知事は農場経営者に対して、もう一度殺処分を求めざるを得なくなった。トップの判断が二転三転することは決して褒められることではない。

 だが、問題は冷静で具体的な検討が行われたかどうかだ。種牛6頭を処分しなければ本当に清浄国になれないのか。農場経営者の提案に対し専門家による科学的で客観的な評価などは行われたか。

 そこは見えてこない。みんなやっているのに1人のわがままは許さない。そんな大味な議論に終わった感じがする。

 地域全体が疲弊してきている。迅速な対応が必要だ。だが、力ずくでは後味が悪い。不信が残り国と県、生産者がそっぽを向き合うようなことにならないか。

=2010/07/16付 西日本新聞朝刊=


民間種牛問題、農家が殺処分受け入れ  
(07/16 14:59)  MRT

県と国の対立が続いていた民間の種牛をめぐる問題で、農家が、殺処分に応じることを、16日、東国原知事に伝えました。

(種牛農家・薦田長久さん)「身も心も打ちひしがれたというか、そういう感じ、ショックですね、納得がいったわけじゃない、だけど、それをやったらみんな多くの人が迷惑するじゃないですか。」
これまで、種牛6頭の処分を拒否していた高鍋町の薦田長久さんは、16日朝、このように述べ、東国原知事の要請を受け入れ、種牛の殺処分に応じることを明らかにしました。

このあと、薦田さんは、県庁を訪れ、東国原知事に殺処分に応じることを伝えました。
(薦田長久さん)「国の対応には、私は不本意ですけど、知事さんの言うように殺処分に応じることに決めました、公共の福祉に影響を与えるようなことはしてはいけないと。」
この問題をめぐっては、種牛の「救済」を国に求めていた東国原知事が方針転換し、15日、薦田さんに対し種牛の殺処分に応じるよう要請していました。

農家が、殺処分を受け入れたため、種牛6頭は17日殺処分されることになりました。

民間種牛問題、農家が殺処分受け入れ
 (07/16 19:14) MRT

県と農林水産省との間で、対立が続いていた民間の種牛をめぐる問題。
高鍋町の種牛農家が、殺処分に応じることを決め、16日、東国原知事に伝えました。

(種牛農家・薦田長久さん)「身も心も打ちひしがれたというか、そういう感じ。
ショックですね。
納得がいったわけじゃない」16日朝、MRTの取材に、こう答えた高鍋町の薦田長久さん。
自分が育ててきた、種牛6頭の殺処分を受け入れることを決めました。

このあと、薦田さんは、県庁を訪れ、東国原知事に、殺処分を受け入れることを直接、伝えました。
(東国原知事)「大変重たい決断をしていただいて断腸の思い、苦渋の決断だったと思います」民間の種牛問題をめぐっては、国が殺処分を求めたのに対し、東国原知事は、畜産資源を守るため、救済を要望。
しかし、国は、殺処分の姿勢を崩さず、東国原知事は、15日、薦田さんに、殺処分への協力を求めました。

(薦田長久さん)「種牛を残すことが県民のためになると思ったが、それを殺処分しないと、制限区域の解除ができないから、逆に県民のためにならないことになると思った」これに対し、山田農林水産大臣は・・・(山田農林水産大臣)「協力いただいて、本当にありがたいと思っています」薦田さんは、「県に殺処分を強要してきた国のやり方は間違っている」などとする山田大臣への抗議文を提出。
さらに、殺処分の理由などを回答するよう求める質問状を送るなど、国への不信感を強めています。

また、東国原知事も、国の対応を激しく非難しました。
(東国原知事)「(国の対応は)最悪ですね。
もうこの国にはがっかりしました。
特に大臣にがっかりしました」県と国の溝が埋まらないまま、薦田さんの種牛は、17日、殺処分されます。

宮崎の民間種牛、17日に殺処分 「力及ばずおわび」と知事会見
 2010/07/16 16:50 【共同通信】

 口蹄疫問題で宮崎県の東国原英夫知事は16日、民間種牛6頭の所有者、薦田長久さん(72)が殺処分に同意したのを受けて記者会見を開き「県全体のために決断していただき、心から感謝する。私の力が及ばず、おわびしたい」と話した。

 県は17日に6頭を処分する方針。知事は、高鍋町にある種牛飼育農場を中心とする半径10キロの移動制限区域について「処分作業の推移を見守り、できるだけ早く解除したい」とした。

 東国原知事は特例救済を国に要望していたが認められず、15日に方針転換し、薦田さんに殺処分受け入れを要請。薦田さんが16日に知事と面談して受け入れを伝えた。

 また、県は16日、新たな疑い例が4日に確認された宮崎市の農場を中心とする制限区域解除に向け、安全性調査を始めた。順調に進めば解除は27日午前0時の予定で、県全域での終息となる。

 宮崎市によると、調査は23日までで約1万2千頭が対象。まず半径3キロ圏の農場で牛や豚約370頭の血液を採取し、抗体検査を実施。その後、3~10キロ圏内で家畜に症状がないか獣医師が目視で確認する。


※山崎メモ
TVのニュースではこんなシーンも

一方、午後0時半から会見に臨んだ薦田さんは、「会って直接感謝の気持ちを示したい」と話している山田農水相に対し、「わたしはもう会いたくないですよ」と話した。

 「最悪ですね。この国にはがっかりしました。特に大臣にがっかりしました。どの面を下げて来られるのか、どこまでKYなんだ」(宮崎県 東国原英夫 知事)

口蹄疫現地対策本部縮小へ  
(07/16 19:15) MRT

児湯地区の制限区域一部解除を受け、17日から、政府の現地対策本部が縮小され、篠原副大臣が、東京に戻ることになりました。

(篠原副大臣)「1か月ありがとうございました」篠原副大臣が本部長を務める政府の口蹄疫現地対策本部は、児湯地区の制限区域一部解除を受け、17日から規模が縮小されることになりました。
現地対策本部には、農水省の職員6人だけが残り、県内全域の終息に向けた対応にあたります。

最後の会見に臨んだ篠原副大臣は、殺処分を受け入れた薦田さんに対し、次のように述べました。
(篠原副大臣)「力不足で、薦田さんには悪い決着となってすまない気持ちでいっぱいです」山田農水大臣に代わって、先月10日から、口蹄疫問題の陣頭指揮をとってきた篠原副大臣は、17日、民間種牛の殺処分が終了した後、東京に戻ります。

副大臣「力不足ですまない」

口てい疫の問題で、種牛を残してほしいと訴えていた畜産農家が、処分に応じることについて、政府の現地対策本部長の篠原農林水産副大臣は「円満な解決を目指したがわたしの力不足でこのような結果になりすまない気持ちでいっぱいだ」と述べました。
篠原副大臣は16日午後、「円満な解決を目指したがわたしの力不足でこのような結果になりすまない気持ちでいっぱいだ」と述べました。

その上で、「今後は国と県の対立が起きないように法律の整備をしっかりして、国が主導で行えるようにしたい」と述べました。
また、薦田さんが求めている種牛6頭の血液検査についても「薦田さんの思いに応えるためにも引き受けないといけないと思う」と述べ検査に応じる考えを示しました。また、篠原副大臣は県東部の移動制限が一部を残して解除されたことなどを受けて、17日から政府の現地対策本部の要員を現在のおよそ30人から6人に縮小することを明らかにしました。
07月16日 19時00分 NHKローカル


宮崎市の清浄性確認検査開始

今月4日の発生のあと、口てい疫の疑いが確認されていない宮崎市で、家畜の移動制限などの解除に向けて、ウイルスが残っていないかを最終的に確認する検査が始まりました。

宮崎市では先月末から家畜の移動制限の向けてウイルスが残っていないか確認する検査を行ったところ、今月4日に新たに感染の疑いのある牛が見つかりました。
その後、発生がないことから、宮崎県と国は16日から再度、確認の検査を始めました。

宮崎市の隣の国富町にある県中部農業改良普及センターには獣医師や市の職員が集まり、防護服や検査の道具を5台の車に積み込んでそれぞれ農場に向かいました。
検査は
▼発生場所から半径10キロ以内にある256か所の農場で家畜に症状が出ていないかを目で見て確かめるほか、
▼半径3キロ以内にある46か所については、家畜の血液を調べて感染した痕跡がないかを確認します。
一連の検査で、感染の疑いがないと確認できれば、今月27日に宮崎市を中心に国富町や西都市の一部にかかっている移動制限などが解除される見通しです。
07月16日 14時45分 NHKローカル

« 口蹄疫・マスコミ報道他 7/15(木) | トップページ | 口蹄疫・マスコミ報道他 7/17(土) »

口蹄疫関連」カテゴリの記事

コメント

畜産農家をはじめ、その関係者の方、地域の方、本当に精神的・肉体的・経済的に苦悩の日々だったと思います。 最後まで戦った宮崎県知事・K田さん、宮崎県農家の方々、何とコメントしていいのか分かりませんが、一生心に残るご決断(お考え)だったと思います。

私は鹿児島県I市の繁殖農家に嫁ぎ五年たちましたが、初めて農家の高い壁にぶちあたりました。そんな時、地元(宮崎)の仲間、親族からの励ましの手紙・電話・物資をいただき、心から震えた事を一生忘れません。これからも頑張ろうという支えにもなっています。
ようやく暗いトンネルを抜け出しました。後はしっかりと目をあけて前に進むしかありません!もう後には戻れません!九州の畜産農家のみなさん、目標をもって図太い精神で頑張りましょう!!

篠原副大臣はいい人なんだあ~。
政府もこんないい人ばっかりだったら、いがみ合うこともないのに。
最初からこの人だったら、知事も国となかよくやれたのになあ~
「まったく問題ない、おれは悪くない、外遊に行ってなにが悪い・・」って言った方と大違い!!!
人は謙虚な心を見失ってはいけませんね。
篠原副大臣、ありがとうございました。

初めてコメントさせていただきます。
実家が農家で去年まで、牛を飼っていました。
(母も亡くなり父も高齢の為やめました)
正直小さい頃は、牛を飼っている事や農業が嫌でした。
口蹄疫が発生してから、
農業の大切さが身にしみて分かりました。

農家の大変さは、小さい頃から知っています。
土にまみれ、だだ一生懸命働いているのに・・
なぜこんな理不尽な目にあわなくてはいけないの?
悲しくて悔しくて・・何もできない自分に腹がたったり
政治家やマスコミを恨み殺してやりたいと思ったり・・

その中で、篠原副大臣は宮崎県人の心に寄り添った
人でしたね。
センムさん・皆さん
これからも、大変だとは思いますが
頑張って下さい。応援しています。

育成中果牛さん

辛い決断をして下さったKさんには心から感謝しています。
特に訴訟を起こさずに収めてくださった事に。
私としては、申し訳ないけれどKさんの種牛より、県有の5頭の方が大切な存在でした。
仮に裁判になった時、OIEの基準に触れるのはKさんの牛よりも県有の5頭なのです。
ヘタをするとせっかく生かしてもらえた5頭の存在さえもが危うい事になりかねなかったと思います。
それを考えると、何としても裁判だけは起こして欲しくなかったのです。
非常に勝手な言い分ですが。


考えようによっては、結婚されて5年でこのような経験をされたのは、良い事だったのかもしれないです。私も今回のことで、牛飼い仲間の言葉に励まされ、親族、その他の人々の優しさを知る事ができました。もちろん、ネット上に飛び交う辛辣な批判もありましたが、それ以上に応援してくれる人や世間の温かさに触れる事ができましたから。
今後、少々辛い事があっても、乗り越えられそうな気がしませんか?(笑)

ホント、ようやく先が見えてきました。
おっしゃるように前に進むしかありませんね!
約20ヵ月後に、セリに出す子牛はいない、出荷する肥育牛はいない・・・・って時期がやってくるわけですが、今回の事に比べれば、先が見えているだけ楽勝な気さえします。

「図太い精神」、良いですね!
がんばりましょう!

西諸牛命さん

Kさんの種牛の殺処分にも、早くから駆けつけてくれたそうです、篠原副大臣。
そしてきちんと謝ったとか。それだけでもKさんの気持ちが少しは楽になったのではと思います。
官僚上がりで実務はこなせる方だとは思っていましたが、農家側の思いもきちんと受け止める事ができる方であったのが、非常に嬉しいです。

とら。さん

はじめまして、コメントありがとうございます。

この口蹄疫によって、普通なら農業の分野になど興味のかけらも持たなかった人達が少しでも思いを馳せてくれた事を嬉しく思います。
とら。さんは御実家が牛飼いをされていたとの事で、いやだと思いながらも、その重要性は心のどこかで、ずっと感じていらっしゃったと思います。

身内に農業に携わる人がいなければ(私も結婚するまで農業は遠い存在でした)、食べ物がそこにあるのは当たり前の事で、それがどこから来たのかなど考えた事も無い人が多いのではないでしょうか。また、お肉を食べるという事が、動物の命を頂く事に繋がるという事とも。

非常に辛い出来事ではあったけれど、大部分の人にとって、もう終わってしまったことかもしれないけれど、今回の口蹄疫の問題は一過性のもので終わらせてはいけないと思います。
とら。さんの心を大きく揺さぶった出来事を、どうか忘れずに他の方々にも伝えて下さい。
いつ、どこで起こってもおかしくない問題ですから。

応援の言葉、本当に嬉しく思います。
これからも美味しい安全なお肉を提供できるよう、がんばっていきます!

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 口蹄疫・マスコミ報道他 7/16(金):

« 口蹄疫・マスコミ報道他 7/15(木) | トップページ | 口蹄疫・マスコミ報道他 7/17(土) »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ブクログ

  • ブクログ

ブログパーツ

  • 3月31日まで投票できます

  • ジオターゲティング