« 口蹄疫・マスコミ報道他 7/14(水) | トップページ | 口蹄疫・マスコミ報道他 7/15(木) »

2010/07/15

口蹄疫・県、口蹄疫疑い隠蔽?の記事 7/15(木)

宮崎県に口蹄疫隠しの疑い…検査拒否し殺処分
 宮崎県の口蹄疫問題で、県の家畜保健衛生所の職員らが先月、同県新富町の農家で口蹄疫が疑われる症状の牛1頭を発見しながら、検査や国への通報をしないまま殺処分していたことが14日、わかった。

 県は「口蹄疫ではないと判断した」としているが、農林水産省が殺処分に関与した獣医師らから事情を聞いたところ、「明らかに口蹄疫の症状で、検査を求めたが県側に拒否された」と証言。家畜伝染病予防法は疑似患畜を発見した場合、国への通報を義務づけており、同省は同法違反の疑いもあるとみて近く、県に事情を聞く方針。

 口蹄疫のような症状が出ていた牛が見つかったのは先月25日。この時点で同町では同12日を最後に感染が確認されておらず、県全体でも同19日以降発生がなかったため、県は7月1日に「非常事態宣言」を一部解除した。農水省では「解除を遅らせたくないための“感染隠し”と受け止められかねない。検査すべきだった」としている。

 農水省によるとこの牛が見つかった場所は、感染が集中した移動制限区域内にある同町内で、約500頭を飼育する畜産農家。5月24日にワクチン接種を終えていた

 6月25日には県家畜保健衛生所の家畜防疫員と獣医師ら計約40人が殺処分を進めていたところ、1頭に口蹄疫のような症状が見つかった

 この症状を確認した獣医師らはその場で、「口蹄疫の典型的な症状」として、口内の写真撮影と血液の採取を求めたが、現場責任者で獣医師の資格を持つ県の家畜防疫員が「必要ない」として、その日のうちに殺処分と埋却を終えたという。

 読売新聞の取材に対し、県畜産課の児玉州男課長は、現場で異議が出たことは認めたが、「軽微な症状だったので、口蹄疫ではないと判断した。殺処分と埋却の権限は県の防疫員にあり、対応に問題はない」としている。

 しかし、農水省が現場に居合わせた獣医師ら3人に聞き取り調査を行ったところ、「牛の舌には水疱ができ、鼻や歯茎などにただれと潰瘍が複数あった」「典型的な口蹄疫の症状で、獣医師らで家畜防疫員に検査するよう何度も迫ったが、聞き入れられなかった」などと話したという。

 家畜伝染病予防法は、疑似患畜を発見した場合、獣医師や農家に対し、速やかに県を通じて国に報告することを義務づけている。

 同省は「軽微な症状でも、まず検査するのが防疫の鉄則。仮に感染していた場合、人や車を介してウイルスが拡散した危険性もあった」として県から事情を聞く方針。

(2010年7月15日03時03分 読売新聞)


↑これが一番最初のニュース
「典型的な口蹄疫症状」…獣医師ら証言

 厳戒態勢で口蹄疫に対峙していた宮崎県で、口に赤い斑点のある牛が、検査も国への報告もなされないまま埋却処分されていた

 県の担当者は「口蹄疫ではないと信じている」と正当性を主張するが、その場に居合わせた獣医師らは「少しでも疑いがあれば調べるべきだった」として、県の対応を疑問視している。

 「教科書で見たような、典型的な症状だった」。同県新富町の肉牛農家で6月25日、殺処分にかかわった男性獣医師(34)は、こう振り返る。

 読売新聞の取材に応じた複数の獣医師によると、問題の牛は、殺処分中の同日午後4時頃、発見された。舌の奥に白い水ほうができ、赤い斑点が歯茎に数個浮かんでおり、現場に居合わせた別の30歳代の男性獣医師も「ついに出たか、と思った」と話す。

 当時、この牛の周囲には10人近い獣医師らが集まり、「血液を採って、検査すべき」との意見が相次いだ。しかし、現場にいた県の家畜保健衛生所の防疫員は、獣医師らに、「疑わしい牛がいたが、殺処分を続ける」と命じたという。

 問題の牛の殺処分をした男性獣医師は「注射しながらも、『検査するのが当たり前なのに』と疑問が頭から離れなかった」と話す。別の獣医師は「しばらく発生がなかった時期だったので、感染の事実を認めたくなかったのではないか」とも振り返る。

 動物衛生研究所(茨城県つくば市)によると、ワクチンを接種した家畜はワクチンが効果を発揮すれば、体内でウイルスの増殖力が失われ、臨床症状を示すこともウイルスを排出することもほとんどなくなる。しかし、ワクチンの効果には個体差があり、「症状が出ているということは、ワクチンが効果を発揮せず、ウイルスを排出していた可能性があった」(疫学情報室)という。

 県畜産課の児玉州男課長は「唇に赤い斑点はあったが、疑わしい症状とまではいえなかったと報告を受けている」と説明。複数の獣医師らの所見を聞き入れなかった防疫員の判断については「県知事から委嘱を受けた家畜防疫員の現場での権限は大きい。その判断は絶対だ」としている。
(2010年7月15日08時09分 読売新聞)


読売の記事、これが、午後にはこうなった↓
口蹄疫疑い未報告、東国原知事「対応は適切」

 宮崎県が感染疑いの家畜の確認検査などをしないまま殺処分していたとされることについて、東国原英夫知事は15日、記者団に対し、「県は適切に対応している。問題はない」と述べた。

 県畜産課の岩崎充祐家畜防疫対策監も同日、記者会見を開いた。問題の牛は、殺処分前日に異常はなく、当日は上あごの歯茎に帯状の発疹があったものの、潰瘍など口蹄疫の特徴的な症状はなかったと説明。県の家畜防疫員と県対策本部が協議し、口蹄疫ではないと判断して処分したもので、対応は適切だったと主張した。

 さらに、6月30日に農水省からこの牛について問い合わせがあり、岩崎対策監が報告。7月1日に同省動物衛生課の担当者から「対応に問題ない」との趣旨の回答を得たとした。

 一方、東国原知事は16日午前0時に予定されている川南町など県東部の家畜の移動・搬出制限区域の解除について、「1日ぐらい遅れるかもしれないが、(助命を求めている)種牛の抗体検査を国に求めていきたい」と、解除が遅れる可能性を示唆。種牛については殺処分する考えがないことを改めて強調した。

(2010年7月15日 読売新聞)


宮崎県が「疑い症状」国に報告せず殺処分 「遺憾だ」と農水相 
2010.7.15 11:26 産経

 山田正彦農水相は「事実なら大変遺憾だ。疑いがあれば国に報告し、検体を採って(検査で)確認すべきだった。いい加減な対応は襟を正していただかなければいけない」と述べ、同様の事例がなかったかも含め、調査する方針を明らかにした。


宮崎県、「疑い牛」国に報告せず殺処分
毎日新聞 2010年7月15日 11時50分(最終更新 7月15日 11時52分)

 ◇山田農相「報告すべきだった」
 この問題について山田正彦農相は「口蹄疫の典型的症状があったのに国に報告しないで、そのまま殺処分したのならば大変遺憾だ。本当にそうだったか調査している。類似症状でも報告すべきだったという気はする」と述べた。

 ◇東国原知事「適切な判断だったと聞いている」
 宮崎県の東国原英夫知事は15日、記者団に対し「適切な判断だったと聞いている。農水省も適切だったと判断しているはずだ」と述べた。新富町も「防疫措置は県が行うものであり、何も聞いていない」と話している。


口蹄疫疑い牛、検査せず処分=6月下旬に新富町で-宮崎県

同省は現場にいた獣医師らに聞き取り調査をしており、引き続き詳細な調査を進める。
 東国原英夫県知事は同日、記者団に「国から適切だったという回答を得ている」と述べた。一方、山田正彦農林水産相は「問題ないと言ったわけではなく、類似症状があったら報告すべきではなかったか(と言った)。事実なら大変遺憾」と話した。
(2010/07/15-12:22) jijicom


口蹄疫検査せず殺処分 口内異常の牛、宮崎県が6月に
2010年7月15日13時45分  asahi.com

 家畜伝染病、口蹄疫(こうていえき)の問題で、宮崎県新富町の農家で6月25日に口内に異常がある牛1頭が見つかった際、県が検査を実施しないまま殺処分していたことが、15日わかった。農林水産省は「口蹄疫の可能性があるなら検査すべきだった」としているが、県は「現地の家畜防疫員が県の現地対策本部と協議し、疫学情報や臨床症状に基づいて口蹄疫ではないと判断した」と説明、適切な対応だったとしている

 農水省によると、この牛が見つかったのは約500頭を飼育する農家。5月24日にワクチン接種を終えていた。6月25日に県家畜保健衛生所の家畜防疫員や獣医師らが殺処分を進めていたところ、1頭に口内に異常がある牛が見つかった。家畜防疫員は現場にいた獣医師を集めて「県に相談するから作業は進めて」と指示し、この牛も含めてすべての牛がその日のうちに殺処分されたという。

 農水省が今月、現場にいた獣医師らに事情を聴いたところ、「口内にびらんのような症状があり、口蹄疫の可能性はあると感じた」と証言。一方、県は「赤い斑点など軽微な症状の牛が1頭だけで、口蹄疫ではないと判断した」と説明したという。写真撮影や検体の採取は行われず、農水省にも報告されなかった

 牛の異常が見つかった前日の6月24日には、県内の感染が疑われる家畜すべての殺処分が終わっており、3週間後の7月16日には家畜の移動制限が解除される見込みとなっていた。この1頭に感染の疑いがあると診断されていれば、解除見込みは1日延びていた。山田正彦農水相は「似た事例が他にもなかったかも含め、調査を徹底するように指示した」と話している。

 この件で県は15日に記者会見し、口の中に異常が認められた牛を、遺伝子検査などをせずに殺処分した判断は正しかったという見解を示した。

 県によると、6月25日の殺処分中に、獣医師が上あごに赤い発疹がある牛を発見した。現場には10人の獣医師がおり、一部から、検査を求める声も上がったため、現場責任者を務める県家畜保健衛生所の家畜防疫員が確認したが、口蹄疫の特徴的な症状ではなかったこと、前日の健康検査で異常が見つからなかったこと、他の牛に異常が見つからなかったことから、県の現地対策本部と協議した上で、予定通り殺処分を行ったと説明している。

 同県畜産課は「疑われる症状が見つかった場合の通常の確認作業をし、口蹄疫ではないと判断した。農水省の担当課にもその後、対応を説明し『問題がない』と回答を受けた」とした。そのうえで「対応は適正で、今後、改めて調査する考えはない」とした。

 東国原英夫・宮崎県知事も「今月初めにこの件で取材があり、県から国に防疫員の情報を上げ、国は適切な判断だったと回答した」と話し、問題はなかったと強調した。


口蹄疫「対応は適切」と宮崎県 農水省には6月末に説明

 宮崎県が、口蹄疫とみられる症状の牛を国に報告せずに殺処分したとされる問題で、県は15日、牛の歯ぐきに帯状の発疹があったが、ただれなど口蹄疫に特徴的な症状はなかったとした上で「ほかに異常のある牛はおらず、家畜防疫員が新富町に置かれた県の現地対策本部と協議し、感染ではないと判断した。対応は適切と考えられる」と説明した。

 ただ、現場にいた一部の獣医師からは「口蹄疫ではないか」として、検査を求める声が出ていたという

 この問題について、農林水産省から6月30日に問い合わせがあり、県が経緯を説明。県によると、同省動物衛生課の担当者は「適切な対応で問題はなかった」との見解を口頭で示した

2010/07/15 14:02 【共同通信】


県“口蹄疫疑い”国に報告せず  
(07/15 19:13) MRT

先月、新富町の農場で、県の家畜保健衛生所の職員らが、口蹄疫の症状が疑われる牛を発見しながら、国に、すぐに報告せず、その日に殺処分していたことがわかりました。
農林水産省によりますと、先月25日、新富町の農場で、県家畜保健衛生所の家畜防疫員と獣医師らが、ワクチンを接種した牛の殺処分をしていたところ、口蹄疫が疑われる牛1頭を見つけましたが、国に報告せず、そのまま殺処分したということです。

(山田農林水産大臣)「典型的な症状があったのにそれを国に報告しないで、そのまま殺処分したとすれば、たいへん遺憾だと、適切な処理じゃないと。」

家畜伝染病予防法では、口蹄疫の感染が疑われる家畜を発見した場合、国への通報を義務付けていて、農水省ではこの法律に違反する疑いもあるとみています。

これに対し、県は、15日急きょ開いた会見で「上あごの歯ぐきに赤い発しんがあったが、ただれはなく口蹄疫ではないと判断した」などと説明、対応に問題がなかったことを強調しました。

(県の会見)「家畜保健(衛生所)のリーダーが相談を受けて、その症状を見て、念のため現地対策本部に相談し、殺処分を継続するという判断で行っている。」

また、東国原知事も・・(東国原知事)「【Q疑い例としては認定できるほどではなかった?】なかったという防疫員の情報を国にあげてるんですよ、それで国が、それは適切だったという判断をしてるんですね」食い違う、農水省と県の見解。

一方、現地対策チームの篠原農林水産副大臣は、次のように述べ、県側の主張に理解を示しました。
(篠原農林水産副大臣)「意図的に隠しているという、そんなことを埋却やってる人たちがするはずがありません。
僕は、そのときも聞いてましたけどね、何もなかったと。」

事実関係を、調査している農水省に対し、調査の必要はないとしている県。
この問題をめぐっても、両者が対立する形となっています。


「口蹄疫疑い」身報告問題、農水副大臣は「説明受けた」
2010/7/15 22:38

 宮崎県が6月末に口蹄疫に感染した可能性のある牛を国に報告しなかったとされる問題で、政府の現地対策本部長の篠原孝農林水産副大臣は15日午後、県庁で記者会見し「7月上旬に感染疑いの家畜ではないと県から説明を受けた。問題は無いと思う」と述べた。

 農水省は15日午前、宮崎県が新富町の農場で口蹄疫に感染した可能性のある牛1頭を見つけたのに検査や国への通報をせずに殺処分した疑いがあるとして、事実関係を調査するとしていた。

« 口蹄疫・マスコミ報道他 7/14(水) | トップページ | 口蹄疫・マスコミ報道他 7/15(木) »

口蹄疫関連」カテゴリの記事

コメント

もし、検査してもワクチン打ってるから、反応でますよね?
かかってるかどうかは、経過観察しなきゃ駄目じゃないのかな?
あの強行スケジュールの間に?ってことですかね?
よく判りません

リファールさん
私もよくわかりません。
ワクチン接種をした牛の抗体検査って変なんですよね。
「殺処分を早く、早く」と言ってたはずですよね。
ワクチンを接種して、殺処分している最中に疑いの牛が見つかったからといって、殺処分を中止するわけにはいきませんよね?
確かに、県も疑わしければ写真だけでも撮っておくべきだったとは思います。
「感染疑いの殺処分」か「ワクチン接種の殺処分」かで、農家さんへの補償が違ってきますから。
(本当は、感染疑いとワクチン接種で補償が違うってのもおかしい話なんですけど。)
そして、読売が夜中に出したこの記事についても、なんかおかしいと思ってしまうのです。
なんで、このタイミング?
山田君も一度は動物衛生課が問題なしとしたケースを、何で今更蒸し返す?
釈然としない事が多すぎます。

ラジオで聴いた時は、ワクチン接種のことは言ってなかったような気がします。まあ、ラジオだから、そんな詳しく言わないですけど。
このタイミングだから、なんか怪しいとすぐ思ってしまいました(笑)
Kさんが知事と信頼関係築けたことで、少しでも心の整理がつくことを祈ってます。
夜中にコメント返してもらって、ありがとうございました。

恐らく、
1.民主敗退
2.知事からの「あのとき連帯責任で・・」
3.今回も知事から民間種牛問題で「頭かたい・・」
などがあり、腹癒せもしたかったのでしょう。

まあ、人工受精がなんとか再開してくれたので、いいとします。ふーっ!

西諸牛命さん

お返事が遅くなった出酢。ごめんなさい。

って、こらこらそんなに はっきり書いてはbleah
人工授精が始まったと聞いて、私も嬉しかったです。
約20ヵ月後の、子牛のセリ市も心配ですけど。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74604/48886671

この記事へのトラックバック一覧です: 口蹄疫・県、口蹄疫疑い隠蔽?の記事 7/15(木):

« 口蹄疫・マスコミ報道他 7/14(水) | トップページ | 口蹄疫・マスコミ報道他 7/15(木) »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブクログ

  • ブクログ

ブログパーツ

  • 3月31日まで投票できます

  • ジオターゲティング