山崎畜産HP

ランキング参加中

無料ブログはココログ

« 口蹄疫・マスコミ報道 7/12 民間種牛関係 | トップページ | 口蹄疫・マスコミ報道他 7/14(水) »

2010/07/13

口蹄疫・マスコミ報道他 7/13(火)

民間種雄牛、市長会も救済支持 きょうにも結論 (宮日 2010年7月13日)

 県市長会(会長・黒木健二日向市長、9市)は12日、定例会を開き、口蹄疫問題で東国原知事が国に提案している民間種雄牛6頭の救済を支持することを決めた。

 一方、山田正彦農相と仙谷由人官房長官は同日、首相官邸で会談し、救済を政府として認めない方針を確認。政府の現地対策チーム本部長・篠原孝農水副大臣は菅直人首相が本部長を務める政府対策本部会議などで13日にも結論を出すよう求めていることを明らかにした。

 市長会では長峯誠都城市長が「国が殺処分を示せば訴訟となり県内の制限解除が遠のく。国の政治判断を前に市長会の意見をまとめたい」と提案。県が示す種雄牛の県有化案について、抗体検査の実施や価値評価などの条件を加えて支持することを決めた。黒木市長が上京し、14日に山田農相に直接伝える。

 しかし、山田農相は週内にも東国原知事を農林水産省に呼び、予定通り殺処分するよう強く求める考え。仙谷官房長官との会談後、記者団に対し「官房長官も国家的危機管理として、きちっと口蹄疫対策特別措置法に基づいて処分してもらうしかないという見解だった」と述べた。

 篠原副大臣は同日の会見で13日の閣議の前後に対策本部会議か関連閣僚の懇談会を開き問題を協議するよう要望していると説明した。

 民間種雄牛をめぐっては、所有する農場経営者がワクチン接種を拒否。県の殺処分勧告にも応じないため、種雄牛を県有化することで他の県有種雄牛と同様に殺処分対象としない特例を国に求めている。


児湯の畜産団体、種牛処分を県に要望  
(07/13 19:13) MRT

高鍋町の民間の種牛について、13日、児湯地域の畜産関係者が、「他の事例との平等性を著しく欠く」として、法律に基づき殺処分するよう、県に申し入れました。
要望したのは、児湯地域の7つの畜産関係団体です。

13日はそれぞれの団体の代表など11人が、県庁を訪れ、県の高島農政水産部長に対し、高鍋町の民間農場が飼育する種牛について、法律に基づいて、殺処分するよう求める要望書を提出しました。
畜産関係団体は、要望書の中で、殺処分を求める理由として、種牛を飼育している高鍋町の農家は、口蹄疫の発生農場の関連農場であり、「他の事例との平等性を著しく欠く」などと説明しています。

(JA尾鈴畜産組織連絡協議会・江藤和利会長)「そういう特例を認めるということになりますと、今後の法定伝染病に対して、禍根を残す。
このような方向の状況を今後には残したくない。
より早く終息宣言を出していただきたい。」
畜産関係団体は、要望に対し、16日までに回答するよう県側に、求めています。


種牛めぐり県議会委員会審議

農家の種牛6頭をめぐって宮崎県議会の委員会では、「種牛を残すべきだ」とか、「特例を要望するのなら、ほかの県の理解を得る必要がある」などの意見が議員から出されました。
宮崎県議会は、臨時の環境農林水産委員会を開いて、種牛の扱いをめぐる県の対応などについて審議しました。
この中で、議員からは「今後の復興のために種牛を残してほしいという畜産農家の声が聞かれる」など県の方針を支持する意見が出される一方、「特例を国に求めるのであれば、鹿児島県など隣接する県に宮崎県の方針を理解してもらう必要がある」とか「ほかの県から優秀な種牛の精液を提供したいという動きがあるが特例を要望すればこうした支援の動きがなくなるのではないか」など心配する意見も出されました。
また、宮崎県は委員会で、口てい疫に感染・または感染の疑いがある家畜とワクチンを接種した家畜をあわせた県全体の処分頭数についてさらに詳しく調べた結果、きょうまでにおよそ1万3000頭増えておよそ28万9000頭になったと報告しました。
07月13日 20時43分 NHKローカル


農相“行政代執行で処分も”

口てい疫に関連して畜産農家の種牛6頭の処分をめぐって国と宮崎県が対立している問題で、13日、東国原知事と会談した山田農林水産大臣は、県が処分を行わないのなら、国が行政代執行で処分することもありうるという考えを伝えました。

この問題は、宮崎県が県内の畜産農家の求めに応じて、この農家の種牛6頭を処分せずに県の所有として残す方針を示しているのに対し、国側は、例外は認められないとして強く反対しているものです。この問題をめぐって、東国原知事は13日、急きょ上京して山田農林水産大臣と会談し、畜産農家の種牛を処分せずに県の種牛として残したいと直接、伝えました。

これに対し山田大臣は、「法律の規定に基づいて県が処分を執行するように」と述べるとともに、県が処分を行わない場合、国が行政代執行で処分することもありうるという考えを伝えました。
会談のあと東国原知事は記者会見で、「県が残そうとしている種牛は感染の恐れがないと認識しているし、周辺にはもう家畜はいない。対象の種牛が口てい疫に感染しているのかどうかをみずから調べるなど、国こそが地元の意向を踏まえた責任ある対応をとるべきだ」と述べました。

一方、山田大臣は会談後の会見で「東国原知事は、対象の種牛に感染の疑いがないと言うが、さらに感染力の強い口てい疫が発生する可能性は否定できない。県に対して是正の指示を13日にも出すが、それでも県が処分に応じないのなら、できるだけ早く行政代執行の手続きに入りたい」と述べました。
07月13日 20時43分 NHKローカル


農水省VS宮崎県 特例か否か引かぬ両者
2010.7.13 20:46 産経

 民間種牛6頭を殺処分すべきか否か。宮崎県の口蹄(こうてい)疫問題で、すべての家畜の移動制限解除を前に、思わぬ難題が持ち上がった。一貫して殺処分を求める農林水産省に対し、県は特例での救済を認めるよう要請。過去に種牛の特例救済もあっただけに“平等性”をめぐり、農水省も県も一歩も引かない状態となっている。

 6頭は県内唯一の民間種牛で、5月に殺処分を前提としたワクチン接種の対象となった。だが、所有者は同意せず、対象地域で残っているのはこの6頭だけとなっている。
 県は6頭の所有者に6月、口蹄疫対策特別措置法に基づく殺処分勧告を出したが、7月7日に東国原英夫知事は一転、「助ける方向で考えたい」と救済の方針を明らかにした。
 背景には、県所有の種牛5頭が、いったん感染疑い例として殺処分対象となったのに特例で救済された経緯がある。県は民間種牛を県有化し、同様に特例で救済することを求めている。
 6頭の所有者は「種牛は公共性が高い」と訴え、県の種牛だけが救済されたのは平等性に欠けると指摘。殺処分勧告の取り消しを求め提訴も辞さない構えだ。

 一方、農水省は「例外を許すと、今後の防疫にも支障が出る」とする。健康な家畜でも、発生集中地域から半径10キロ圏の区域を区切り、殺処分が前提のワクチン接種に応じた、ほかの農家と“平等”に扱うという立場だ。
 農水省によると、口蹄疫発生国では貿易に一部制限がかかる。制限を解除するには、国際獣疫事務局(OIE)に、家畜の移動制限解除後3カ月をめどに清浄性を報告し、認められる必要があるが、山田農水相は「6頭がいれば、OIEが認めるとは思えない」としている。

民間牛の処分求め「是正指示」…農相、14日にも 2010年7月13日 21時3分 更新:7月13日 22時38分 毎日JP

東国原英夫・宮崎県知事との会談後、記者会見する山田正彦農相=農水省で2010年7月13日、武市公孝撮影
 宮崎県の口蹄疫問題で、殺処分前提のワクチン接種を実施した地域内で接種を拒否した高鍋町の農家の種牛6頭について、山田正彦農相は13日、県に対し地方自治法に基づく「是正指示」を出して殺処分を求めることを決めた。山田農相はこの日、農林水産省で東国原英夫知事と会談し殺処分を求めたが、知事は種牛を県が無償で譲り受けた上での助命を要望。指示に知事が従わない場合、農水省は代執行の手続きに入る。

 ◇県拒否なら代執行
 是正指示は14日にも出す。総務省によると、国が地方自治体に対して地方自治法に基づく是正指示をするのは初めて。

 東国原知事は6月、口蹄疫対策特別措置法に基づき、この農家に対し種牛の殺処分を勧告。しかし、農家は「種牛は公共性がある」などとして県に無償譲渡した上での助命を知事に求め、県も助命を求めるようになった。

 農家は県が高鍋町などの県央部に設定した移動・搬出制限区域内にある。国は「県が制限区域を指定したため、国が県に代わって区域内の家畜の強制殺処分はできない」として、地方自治法に基づく是正指示を出すことを決めた。

 問題の種牛が殺処分・埋却されれば、移動・搬出制限区域は16日に解除の予定だが、農水省は種牛が生きていれば解除を認めない方針。しかし、東国原知事は協議後の会見で、県の独断で解除する可能性にも言及した。その場合、農水省は制限を解除しないよう県に指示を出すという。

 会見で東国原知事は「国は頭が堅い。臨機応変に考えないといけない」と助命を認めない農水省を批判。助命を求める理由として▽種牛6頭は目視検査で感染が認められない▽農家の周囲に家畜がいない▽県がワクチン接種農家に実施した電話調査で、助命を求める意見が多かった--などを挙げて「残すべきだ」と述べた。

 一方、山田農相は会見で「例外を認めるわけにはいかない。(認めれば)国家的危機管理ができなくなる」と述べた。【佐藤浩】


処分頭数28万9千頭に修正 口蹄疫で宮崎県

 口蹄疫問題で宮崎県は13日、感染疑いが確認されたり、ワクチンを接種したりして殺処分された牛や豚などの家畜の総数について、約27万6千頭としてきたこれまでの発表を、約28万9千頭に修正した。県議会の環境農林水産常任委員会で明らかにした。

 県畜産課によると、これまで発生農場での飼育頭数を聞き取って計上していたが、実際の頭数と誤差があったことに加え、感染疑いが確認されてから殺処分までの間に生まれた子牛や子豚が含まれておらず、これを処分頭数に加えた。

 県は、ワクチン接種後に殺処分した家畜の頭数についても確認作業を進めており、今後、総数がさらに増える可能性があるとしている。
2010/07/13 21:11 【共同通信】


※山崎メモ
本日のニュースは殆どが民間種牛に関するもの。
忘れてならないのは、
Kさんの訴訟を止めるための「民間種雄牛、県有化」という点。
(知事がどう思っているかは別にして)

訴訟が起これば、移動制限解除も終息宣言も清浄国復帰も遅れる。
少なくとも私は、それを回避するための「県有化」だと認識している。

« 口蹄疫・マスコミ報道 7/12 民間種牛関係 | トップページ | 口蹄疫・マスコミ報道他 7/14(水) »

口蹄疫関連」カテゴリの記事

コメント

東さん、宮崎以外の日本の畜産を敵にまわしましたね。危機意識の低さにガッカリ

危機意識の低さにガッカリって、
そもそも山田に危機意識があったのかよ。
東じゃなかったら、
とうに種牛全滅だった。

これは国VS県でなく、民主VS自民(野党)?
いつの時代にも政治に翻弄されるのは、現場被害者である農民(国民)なんだよねー

特例認めなかったらとっくに種牛全滅なんだけど。
あなたが宮崎県民ならガッカリ
客観的にみてどっちが正論言ってるかわかるでしょ
県知事があれじゃ293件目もわかんないね

えーーーっとぉ、まとめてお返事です。今日も長いです。

この件に関しては、何が悪いって、Kさんからワクチン接種の協力を得る事が出来なかった県が一番悪いと思ってます。
Kさんが拒んだ時に知事自ら出向いてでも、土下座してでもワクチン接種の確約を取り付けるべきだったと思います。訴訟を起こすと言われて、そこで怯んだのが間違いだったわけで。

訴訟を起こすことになれば、せっかく生き残る事が出来た5頭の種牛を巻き込むことになり、下手をすれば、5頭まで殺処分になる、それが宮崎県の畜産においてどれだけの損失になるか、同じく種牛を飼育するKさんにわからないはずは無いでしょう?
そういった事で何としても納得してもらい、ワクチンを受入れてもらうべきだったのです。
それだけの説得を本当に県側はやったのか?少なくとも知事はやらなかったでしょう?

それが、言葉は悪いけど、なまじKさんの牛が感染もせず残っちゃったもんだから問題を非常にややこしくしてしまっているのです。

現在の事を言えば、Kさんの牛の置かれている状態が、山田大臣の言う「危機的状況」とか「危機意識が無い」と言うのは、ちょっと違うと思っています。
山田さんが言いたいのは「今後起こった時に、ワクチン接種を拒む農家が出てきた場合」が前提の話なのに、それを少なくとも感染はしていず、半径14キロ内に家畜が一頭もいないこのKさんの牛がいることが全て悪いっていう「すり替え」には違和感を覚えます。
ヒガシに対して「危機感がない」例えに、今現在のこの牛の存在を揚げることは、何か違うぞと思えるのです。

確かに山田さんのいう事も尤もなんですよ。
今後の事を考えれば、ワクチン接種が再び行われる状況になった時に、前例を作ったばかりにKさんみたいな人が何人も何人も出て来て貰っては困るのです。
では・・・
従わなかった人が出てきた時に、どうするのか?
国が決めたワクチン接種なのに、国はそこまで考えていなかったのか?
実際に、ワクチン接種を受入れず、生き残ってしまった牛が出てきたわけで、これも国が責任もって対応するのがスジだと思うのですが。
国が決めたことなのに、県に丸投げで良かったのでしょうか?
そういった意味では、国にも危機感がありませんよね。


今、県の農家の殆どは、早い終息を待ち望んでいるのです。
Kさんが訴訟を起こせば事態は長引きます。
(少なくとも最初は、Kさんを説得するための県有化だったはずです)

今度は国が「代執行」を言い出しました。
代執行をするにも裁判が必要で、長い時間が掛かるのです。

日本全体の事を考えれば、早く終息宣言を出し、OIEから清浄国のお墨付きを貰えるようにするのが本当なのに、ここで代執行を言い出す山田大臣も、ホントに国のことを考えてるのかって気になってきます。

なんかね、ヒガシも山田もお互い意地になってるみたいで、二人ともなにやってるんだと。

あと、この問題と293例めが起こるかどうかは、全く関係の無い問題でしょう?293例目が起こらないよう、県の畜産関係者は消毒も徹底しているつもりです。

あ、ここはコメント欄であって掲示板ではありません。
どうしても議論したければ、しかるべき掲示板で行ってくださいね~。

民間種牛生産者さんも、
今の宮崎県畜産家皆のきもちと同じだとおもいます。

種牛育成がただの個人の夢だったのか、
ほんとうに宮崎県畜産への貢献を抱いていたのかはわかりませんが、
僕が大臣であれば、その夢や希望をつなぐための将来へのビジョンを示し、
今回のワクチン接種受け入れを説得したと思います。

将来への不安が1番つらいのです。

お国は勘違いしているようですが、
宮崎を守るだけでの事ではなく、国全体を守ることへ繋がるのですがね。

物事を決める方々に能力がないと、
それに従うしかない人々は、いがみ合い、路頭に迷います。

永田さん

Kさんと知事との話し合いがあったとの事。
明日には結論を出すとの事です。
Kさんが殺処分を受け入れ(本当は助命が叶うと思っていました、私)、訴訟をしないとおっしゃって下さったら、本当に心の底から感謝します。

>将来への不安が1番つらいのです。

そうですよね。Kさんが将来への希望が少しでも持てれば良いのでしょうが・・・。
少なくとも知事とK さんとの間には信頼関係が出来ていると思っています。
その関係を礎に、Kさんが再度、牛飼いの楽しさを思い出して頂ければと願います。

何だかね、やっぱり国のやり方には納得いかないんですけど・・・

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 口蹄疫・マスコミ報道他 7/13(火):

« 口蹄疫・マスコミ報道 7/12 民間種牛関係 | トップページ | 口蹄疫・マスコミ報道他 7/14(水) »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ブクログ

  • ブクログ

ブログパーツ

  • 3月31日まで投票できます

  • ジオターゲティング