山崎畜産HP

ランキング参加中

無料ブログはココログ

« 口蹄疫・非常事態宣言 一部解除 | トップページ | 口蹄疫・マスコミ報道他 7/2(金) »

2010/07/02

口蹄疫・マスコミ報道他 7/1(木)

27万6千頭埋却完了 非常事態一部解除へ (宮日 2010年7月1日付)

 口蹄疫の感染拡大を防ぐためにワクチンを接種した家畜7万6756頭(牛3万854頭、豚4万5902頭)の殺処分と埋却が30日、すべて終了した。

 感染疑い家畜の処分も既に終わっており、県は県内全域に出した非常事態宣言を1日、一部解除する方針。このまま新たな発生がない場合、最短で16日までに家畜の移動・搬出制限はすべて解かれ、非常事態宣言も解除される。ただ、再発の可能性は依然残っており、県は「今一度、気を引き締めて防疫の徹底や消毒に協力を」と呼び掛けている。

 感染疑いと合わせ、犠牲になった牛や豚は5市6町で計27万6049頭。県内飼育総数(今年2月1日現在)の22・5%に上る。国内初となった口蹄疫ワクチン接種は、川南町など3市5町で12万5550頭(一部は接種後に感染疑いを確認し、処分)を対象に5月下旬から実施。6月5日から殺処分に着手した。

 30日は川南、都農、高鍋、新富の4町で610人(うち獣医師117人)が従事し、3393頭を処分。2187頭が残っていた川南町では、試掘で水が出るなど埋却地の確保にも悩まされながら、午後7時前に作業を終えた。

 国や県は6月中旬、早期終息には迅速な家畜の処分が必要として、感染疑いは同20日、ワクチン接種分は同30日を終了目標に設定。感染疑いは同24日に全19万9293頭の処分を終えていた。全域が接種対象となった川南、都農、新富町では牛、豚がゼロとなった。高鍋町もワクチン接種を拒否している農家を除き、牛、豚が姿を消した。

 一方、県は5月18日に出した非常事態宣言について、消毒徹底などを条件にイベントや大会などの開催を認めるなどの緩和措置を1日に発表する方針であることが30日、関係者への取材で分かった。一般県民に対する不要不急の外出自粛要請を全域で解除するほか、移動制限区域外でのイベント開催などを認める内容。畜産農家などへの消毒徹底は引き続き強く求めていく。

 東国原知事は「殺処分の対象となった畜産農家の無念さや再開に向けた不安は、言葉では言い尽くせないと思う。殺処分や埋却地の確保、雨でぬかるむ中での埋却作業や消毒、資材調達などに従事いただいた方々、県民の協力、県内外の方々の温かい支援に感謝申し上げる」とコメントした。


「消毒継続を」 専門家が徹底呼び掛け
(宮日 2010年7月1日付)

 疑似患畜に続き、ワクチンを接種した家畜の殺処分と埋却が完了したが、宮崎大農学部の後藤義孝教授(獣医微生物学)は「家畜のふん尿に含まれる口蹄疫ウイルスが、地表に残っている可能性がある」と指摘する。梅雨の影響で感染が広がる可能性にも触れ、消毒徹底の継続を呼び掛けている。

 後藤教授によると、口蹄疫ウイルスが感染力を持ち続ける期間は、湿度や気温などにもよるが、およそ1週間〜1カ月間。まだ処分を終えていないふん尿の中で生き続けている可能性があるという。

 後藤教授は「雨で地表のウイルスが跳ね返り、衣服に付着する可能性がある。靴の裏だけでなく、スプレーなどを使い、全身を消毒してほしい」と求める。

 帝京科学大生命環境学部の村上洋介教授(動物ウイルス学)は「高い湿度は口蹄疫ウイルスが生き延びる要素になる」と梅雨の気候を懸念。英国では1967〜68年、口蹄疫が猛威を振るったが、雨が少ない5月に入ると、感染の勢いが止まったという。

 宮崎地方気象台によると、県内は梅雨入りしたとみられる6月12日以降、湿度80%を超える日がほとんど。村上教授は「ワクチン接種分の埋却により、ウイルスの増殖は止まったが、清浄化が確認されるまで気を抜かずに消毒を続けてほしい」と警鐘を鳴らす。


祈りささげ再起誓う関係者 家畜埋却完了
(宮日 2010年7月1日付)

 口蹄疫感染疑い1例目の確認から72日目の30日、疑似患畜とワクチン接種家畜のすべての殺処分と埋却が終わった。

 処分された牛や豚は、県内飼育頭数の2割に当たる27万6049頭。爆発的な感染スピードに歯止めをかけるために断腸の思いでワクチン接種を受け入れた農家や関係者が一心不乱に目指し、ようやくたどり着いた大きな節目。農家や作業に携わった人々は犠牲となった家畜に祈りをささげ、再発防止と再起への誓いを新たにした。

 「牛や豚は1頭もいなくなった。しかし、これは新しい出発だ」。新富町の土屋良文町長はそう語り、埋却地に献花し、その場にいた全員が手を合わせ、殺処分された家畜の冥福を祈った。

 すべての牛や豚16万頭の殺処分と埋却を終えた激震地・川南町でも、午後8時すぎから役場に集まった関係者が犠牲となった家畜に黙とうをささげた。埋却作業に加わった町職員の橋口実さん(38)は「縦の連携がもどかしいこともあったが、多くの協力があってこそやり遂げられた。二度とこんな思いはしたくない。絶対に安全な日まで防疫に努める」と誓った。

 再起を目指す農家も現場を支えた。豚5300頭を殺処分された後、補助員として約2週間に渡って殺処分に従事した同町川南の遠藤太郎さん(33)は「早く終わらせたい、感染を外に出さないという一心だった」と振り返る。

 国内初のワクチン接種や農家への補償といった国の対応をめぐり、地元が混乱する場面も多かった。

 都農町職員の河野勝美さん(48)は「対策から対策に追われた日々」と振り返り「環境面の課題などを一つ一つ片付ける。検証まで息つく時間はない」と引き締める。

 数千頭単位の大規模農場を抱える高鍋町では、土地の狭さなども重なり埋却地確保が難航。山田正彦農相が「(周辺住民の)同意はいらない。理解を求めてくれと言ってきた」との発言に、小沢浩一町長は「理解を得られればいいというが、訴訟が起こらないとも限らない」と話し、地元と国の溝が埋まらないままだった。

 5月下旬から殺処分に携わってきた川南町川南の開業獣医師小嶋聖さん(39)は「早く終わらせたいのは皆同じ。ただ、期限ありきで安全面がないがしろだった」と検証すべき課題を口にした


知事、強制処分には消極的 ワクチン拒否農場勧告
(宮日 2010年7月1日付)

 東国原知事は30日、口蹄疫ワクチンの接種を拒否している農場経営者に口蹄疫対策特別措置法に基づく家畜の殺処分を勧告したことについて、同意期限を6日に定めていることを明かした。勧告に従わなかった場合の対応については「問答無用で法を振りかざすつもりもない。粘り強く話し合いを続ける」として、あらためて強制殺処分には消極的な姿勢を示した。

 勧告を受けたのは高鍋町内で民間種牛6頭を飼育する経営者。東国原知事は「先方の情熱や思い入れなど意思をくみ取り、国の考え方も考慮して何がベストか、皆が納得できる折衷案で解決できればいい」と話した。

 また、知事はイノシシへのワクチン接種拒否が2件あることも明らかにし、「同意を得られるとの手応えがある」とした。

 一方、政府の現地対策チーム本部長を務める篠原孝農水副大臣は「清浄化を確認する段階で埋却していないと駄目だ。残れば法の原則から外れ、移動制限の解除もできない。ただ、抗体検査をしてシロだったらということもあるので、今後検討していく」と述べた。


山田農相「秋の初めには畜産の再開を」

 山田正彦農相は1日夕、宮崎県都城市の移動・搬出制限区域解除について「ほっとした。あす(2日)都城市に行き、市長をねぎらいたい」と述べた。日向市や西都市での発生への対応にも触れながら「封じ込めに成功しつつある。ここで気を引き締めてしっかりやってもらわないといけない」と語った。さらに、「夏の終わりか秋の初めには、(被害が大きい地域で)畜産が再開できるように頑張ってみたい」と意気込みを示した。

 一方、山田農相は1日開かれた農林水産省の口蹄疫対策本部の会合で、今後の発生に備え、発生都道府県に派遣する緊急チームの設置を検討する意向を示した。早急に封じ込める対策を支援するチームで、佐々木隆博政務官は会合終了後、「(具体的内容は)これから検討する」と説明した。
【佐藤浩】毎日jp

口蹄疫で緊急部隊の設置検討=農水相

 山田正彦農林水産相は1日に開いた口蹄(こうてい)疫防疫対策本部で、宮崎県でワクチン接種した家畜の殺処分が完了したことに関し、「国内(他県)ではいつ発生するか分からない」と述べ、口蹄疫の広がりには引き続き警戒が必要との考えを示した。その上で、他県で発生した場合に備え、早期封じ込めに対応する緊急チームの設置を検討する意向を明らかにした。
 また同日の対策本部では、家畜の処分が終了しても、農家に残っている飼料や排せつ物などにウイルスが付着している可能性があることから、それらを適切に処理するための指針も決めた。同省は同日付で各都道府県に通知した。(2010/07/01-20:57)jijicom

農水省が宮崎県に畜舎の排せつ物処理方法など通知

 農林水産省は1日、殺処分した家畜の畜舎にある排せつ物などの処理方法を宮崎県に通知した。畜舎内にある大量のふんなどにはウイルスが残っている可能性が高いため。

 主な内容は▽固形の排せつ物は、飛散防止措置をした上で、感染疑いの家畜が確認された農家の場合は最低42日間、動かさずに保管する。その後、中心温度を60度以上にするように堆肥(たいひ)化処理する▽畜舎内に置かれた飼料は、排せつ物と混合するか、焼却か埋却する▽農家からの問い合わせ窓口を県に開設する--など。
【佐藤浩】毎日jp

« 口蹄疫・非常事態宣言 一部解除 | トップページ | 口蹄疫・マスコミ報道他 7/2(金) »

口蹄疫関連」カテゴリの記事

コメント

祈りささげ再起誓う関係者」>清浄化したら、私の家も馬頭観音の前で、畜魂祭上げようと心に留めました。

すみません、少し個人的なことです。
今日久しぶりに、かりゆし58の「さよなら」を聞きました。
2番の歌詞の終わりから、涙が止まらなく・・
さっきユーチューブで、また聞いてみました。
コメント呼んでたら、がんばろうって思ってきました。

川南のむっちーさんは、発生が始まったころから、歌を聞かなくなったそうです。
聞いたら、その曲が流れる度、つらいことを思い出すのがいやだからと。。。
今日、太陽のメロディをラジオで聞きました。
どんな思いで、耳にするのだろうと、思いました。
でも、私は、みんなが応援してるってことを、聞くたびに思い出して欲しいと思いました。

こんな風に、感情移入して、へたれてる私にかみさんは、「じゃあ、牛飼いやめたら?」と聞きます。
でもすぐに、「でも父ちゃんは、牛飼いが好きだから、むりでしょw」と笑います。
そう、やっぱり、どんな仕事より、畜産が好きなんですね。
再建を志してる方々、好きな仕事が天職です。
再建という言葉の重みはありますが、どうかがんばってください。


この災いの中、今まで感染せず、
乗り越えて来た6頭の種牛なので、
是非、飼主の方のお気持ちが、
明日に繋がるといいなァと、
願ってやみません。
知事が飼主の方の気持ちに添っておられる様で、
もうこれ以上、無益な殺処分はないと信じたいです。

牛子さん

民間の種牛については、非常に難しい問題だと思っています。
だから、牛子さんの気持ちを逆なでするような事を書いてしまうかもしれません。

先ず、Kさんちの種牛を殺してしまった場合。
同じ種牛なのに、なんで残された県の種雄牛は殺さないの?って必ず言われる。
感染してないのに殺すのなら、事業団の牛も殺さなきゃ変でしょ?

多分これに関しては、事業団の牛は県の税金をつぎ込んだ共有の財産であり、経済的な価値が違いすぎる、民間の種牛はあくまでも個人の財産である、だから違うんだって反論すると思う。


Kさんちの種牛を殺さなかった場合。
Kさんの種牛は個人の財産、ワクチン接種をした他の農家の牛も個人の財産、なんで、Kさんちの種牛だけ殺されずに済むの?

他の農家にも種牛よりも血統的に価値のある繁殖牛はたくさんいたでしょ?
彼らはワクチン接種を受入れて、バカを見たことになるんじゃない?
最後まで、ワクチン接種を受入れない事で殺処分を免れると分かっていたら、誰もワクチン接種なんてやらなかったんじゃない?

と、まぁ、批判はいくらでも出てくるわけです。

あくまで私個人としての考えですが・・・
49頭の種牛の問題の時にも書いたのだけど、これ以上の特例は作らない方がいいと思ってます。

センムさん、大変勉強になりました。
ありがとうございました。
でもどうしても無益な殺処分は、
もう耐えられません。しみじみ。

これに関しては、色んな考えや想いがあって当然だと思います。
ほんと・・・しみじみ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 口蹄疫・マスコミ報道他 7/1(木):

« 口蹄疫・非常事態宣言 一部解除 | トップページ | 口蹄疫・マスコミ報道他 7/2(金) »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブクログ

  • ブクログ

ブログパーツ

  • 3月31日まで投票できます

  • ジオターゲティング