山崎畜産HP

ランキング参加中

無料ブログはココログ

« 口蹄疫・275例目 | トップページ | 口蹄疫・道路での消毒 »

2010/06/06

口蹄疫・マスコミ報道 6/6(日)

早期出荷・食肉関係記事(アンダーライン:山崎)

搬出制限区域近くの食肉加工場、出荷ゼロ続く

 宮崎県の口蹄疫問題で、国と県が搬出制限区域(半径10~20キロ)の牛の早期出荷を進めるため、5月末に操業を再開させた都農町の食肉加工場で3日以降、出荷ゼロの状態が続いている。

 工場が感染多発地帯にあり、ウイルス拡散を恐れる農家が牛の搬入を渋っている。政府の現地対策本部長の山田正彦・農林水産副大臣は5日、早期出荷の方針を転換する可能性も示唆。同区域を「家畜の空白地帯」にする計画は暗礁に乗り上げている。

 加工場は「ミヤチク」都農工場。搬出制限区域近くで唯一、牛を処理できる施設だが、4月20日に同町で感染が確認されたため、家畜伝染病予防法に基づき操業停止となった。その後、国と県は特例措置として5月31日に工場を再開させ、同区域の牛の受け入れを始めさせた。

 しかし、持ち込まれた牛の数は、最初の3日間に西都市と宮崎市からの計90頭にとどまる。今月3、4日はゼロだった。

 農家や関係者によると、加工場に牛を搬入するには、感染が集中する移動制限区域(発生地から10キロ以内)をトラックで通過しなければならず、感染が広がることを恐れる農家が多いという。

 県畜産課は「今の処理ペースでは対策が全く進まない。防疫上、感染が未発生地域の加工場を使うわけにもいかない」と頭を抱えている。

 山田副大臣は5日、県庁で記者団に対し、早期出荷が進まない理由として「周囲の農家や住民の理解が得られていない」と説明。その上で、「感染がこれ以上広がらなければ、無理に早期出荷しなくてもよいかもしれない」と語った。

(2010年6月5日22時16分 読売新聞)


早期出荷見直し示唆 副大臣「疑いなければ」
(2010年6月6日付)

 口蹄疫対策として搬出制限区域(発生農場から半径10〜20㌔圏内)の牛・豚をすべて早期出荷する国の方針について、政府現地対策チーム本部長の山田正彦農水副大臣は5日、記者会見で「新しい患畜(感染疑い)が出なければ、無理して行わなくてもよいかもしれない」と述べ、見直す可能性を示唆した。

 早期出荷は、発生農場から半径10㌔圏内でのワクチン接種と合わせ、国が打ち出した感染拡大防止策。搬出制限区域内の牛や豚をゼロにし、「緩衝地帯」を設ける方針。

 このため、5月31日から「ミヤチク」都農工場(都農町)を特例措置で再開し、出荷適期を迎えた牛から処理を行っているが、今月2日までで処理は90頭にとどまっている。5日の会見で山田副大臣は「ミヤチク都農工場がまだ本格稼働できておらず、早期出荷は思うように進んでいない」と厳しい見通しを示した。その上で、「これ以上、新しい患畜が出ないということであれば、早期出荷は無理してやらなくていいかもしれない。見極めが必要」として、ワクチンの有効性を確認できれば、「緩衝地帯」計画を見直す姿勢を明らかにした。

 県によると同区域内の牛や豚は約3万3千頭で、このうち食肉処理が可能なのは7700頭と試算。処理期間を3カ月間と見込んでいる。しかし、頭数の多さなどから処理に時間がかかるため、関係者からは対策の有効性に疑問の声も上がっている

 一方、繁殖雌牛と母豚を対象から外す方針については「まだ判断が難しい」として、正式な決断は先になる見通しを示した。


母牛除外「そもそも無理な話」 国富町の繁殖農家、安堵の表情 /宮崎
 「そもそも母牛を『出荷』しろと言う話が唐突で無理な話だった」

 早期出荷の対象となる発生農家から10~20キロの搬出制限区域。該当する国富町で母牛や子牛など約300頭を飼育する福島慶一さん(48)は、母牛が除外されることに安堵(あんど)した。

 母牛は、肉牛改良の基本だ。種牛の血統を受け継ぎながら、次世代へとつなぐ役割がある。つまり肉質を評価するデータ蓄積には、質の整った多くの母牛が必要なのだ。県外客が宮崎の子牛を買い求めるのも「質への安心感があるから。母牛には簡単に値がつけられるものではない」と福島さんは言う。

 制限区域外の宮崎市田野町。2日夕、和牛繁殖農家の新坂光治さん(54)の牛舎では、生後2カ月の子牛が母牛に乳をねだっていた。

 新坂さんは「早く終息してほしい」と福島さんら友人を気遣う。「互いに感染させたくないから見舞いにも行けない」という。

 新坂さん方では15年かけて独自の系統を作りあげた母牛約60頭を飼育している。「良い肉質の子牛は、良い母牛から生まれる。買い手は生産者の名前を見るものだ」という。

 赤松農相の発言や早期出荷対策を「母牛になるまで3年かかるのに。現場を知らない机上論だ」とつぶやいた。【石田宗久】 毎日jp

※関連
マスコミ報道他 6月5日 早期出荷
l
マスコミ報道他 6月1日 食肉処理関係記事


ワクチン接種の家畜食肉利用を FAOが勧告
(宮日 2010年6月6日付)

 【ローマ共同】国連食糧農業機関(FAO、本部ローマ)が日本政府に対し、口蹄疫のワクチン接種後、感染していないにもかかわらず予防的に殺処分される家畜について、食肉として利用することを検討するよう勧告していたことが5日、分かった。FAO関係筋が明らかにした。

 日本では口蹄疫対策特別措置法に基づき5日、ワクチン接種後の予防的殺処分が日向市で始まったが、処分後の家畜は埋却されることになっている。食肉利用が可能になれば、経済的利点のほかに、大量の殺処分で不足する埋却地の節約にもつながるが、現時点で日本政府は勧告を受け入れる方針はないとしている。

 FAOは勧告理由について、南米などで既に同様に処分された食肉の流通が広く実施されており、特段の問題も生じていない点などを挙げた。口蹄疫に感染した家畜の食肉を食べても、人には感染しない。

 日本ではワクチンは感染拡大のペースを抑えるため使用され、発生地から半径10㌔圏内で飼育されている牛や豚が接種を受けた。

その他

感染疑いの家畜の処分80%

宮崎県内で感染が続いている家畜の伝染病、口てい疫の問題で、5日は、4100頭あまりの処分が行われただちに処分が必要な家畜のうち処分が済んだ割合は、およそ80%となりました。

口てい疫の問題では、ワクチンを接種した家畜も含めて27万2000頭余りの牛や豚などが処分の対象になっています。
このうち、感染の疑いがあるため、ただちに処分が必要な家畜は、5日、1090頭増えて18万1413頭となっています。
これに対して、5日の1日で処分されたのは4159頭で、5日までに処分された家畜はあわせて14万4685頭となりました。
この結果、ただちに処分が必要な家畜のうち処分が済んだ割合は前日より2ポイントほど高くなりおよそ80%となりました。

一方、感染の拡大を防ぐため発生地から半径10キロ以内のワクチンを接種した家畜の処分についても5日から日向市で初めて始まり、およそ600頭の豚が処分されました。
しかし、これらのワクチンを接種した家畜を含めると、今後、全体でおよそ12万7000頭を処分しなければならず、作業が難しくなる梅雨の時期を目前に控え処分の迅速化が課題となっています。
06月06日 15時16分 NHKローカル


感染の「飛び火」、対応は従来通り--山田前副農相 毎日jp

 山田正彦前副農相は5日、宮崎県川南町などの発生集中地域以外にウイルスが「飛び火」した際の対応について現段階では従来通り、発生農家に限った殺処分と埋却で封じ込めを図る考えを示した。

 口蹄疫対策特別措置法は、都道府県知事が一定区域を指定し、発生地周辺の健康な家畜を強制殺処分できると定めている。山田前副農相はその適用に慎重な姿勢を示した。理由について、4日に終息宣言した同県えびの市で、殺処分と埋却が迅速に進んだことを例に挙げた。また、家畜の感染有無の判断に関し、遺伝子検査をしなくても「写真判定で可能」とした。獣医師の免許を持つ県の家畜防疫員の指示でその日のうちに殺処分、埋却することが「封じ込めの最大の武器」だと指摘した。【石田宗久】

【口蹄疫】エース級種牛5頭、抗体検査も“シロ” 10日再検査、制限解除へ
産経 2010.6.6 20:33
 口蹄疫問題で宮崎県は6日、避難させたエース級種牛5頭が、抗体検査でも感染していないことが裏付けられたと発表した。5頭は遺伝子検査で5日に無事が判明。県が念のため、抗体の有無を調べる検査を実施していた。
 県は、5頭の避難先である西都市尾八重を中心とする移動制限区域解除に向け、10日に5頭の抗体検査を再度実施。半径10キロ圏内にある農家2戸の家畜の健康状態も確認する方針。順調にいけば制限区域は13日午前0時に解除となる見通し。
 東国原英夫知事は6日、「種牛は貴重な財産であり、5頭を守れる可能性が高まったことに安堵するとともに、5頭以外を失ってしまった事態を重く受け止めている」とのコメントを出した。

« 口蹄疫・275例目 | トップページ | 口蹄疫・道路での消毒 »

口蹄疫関連」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
はじめましてウロンコロンさんのブログから参りました。
今回ぜひチャリティーTシャツを購入したいのですが私達夫婦は鹿児島県で畜産農家をしています。
宮崎県まで足を運ぶことが出来ない現実辛いです。
少しでも宮崎県の畜産農家さんの力になりたくて日々応援しております。
ぜひチャリティーTシャツの注文販売をお願いしたいのですが…
どちらに問い合わせてみたらよいのでしょうか…
もしよろしければ教えてください。
これからも貴重な情報お願い致します。

よっしゃーヽ(*≧ε≦*)φ

と喜んでばかりはいれないのですが(-_-;)


彼らの無事でほっとしました

自分の師匠の福島さんとこが対象から外れることになり、嬉しさいっぱいです

空白地帯を作ること自体、物理的ムリがあったんですけどね
それよりも効果的な方法はたくさんあります【えびの式対口蹄疫行動指針+α】

師匠曰く「補償が出てもまた一からはできない・・・。」ってちょっと弱気になってたんで心配でした
自分がやって来れたのも師匠のおかげなんで、これからも色々教えてもらいます

師匠、がんばりましょう

ゆぅさん

はじめまして、コメントありがとうございます。
Tシャツは宮崎市内の四季通りという所のお店、数店と
イベントでの販売になっています。
欲しいという方が多いので、何とか通販ができないか
イベントの企画の方にお願いしているところです。

まだ返事が頂けていないのですが、はっきりしましたら
またこのブログで御案内をさせていただこうと思っています。
もう少々、お待ち下さい。

名無しさん

5頭の無事で児湯地区でがんばっている人達のモチベーションが少しでも上がったのではないかと思っています。
まだ安心は出来ませんが、やはり彼らは希望の星です。

ブンリン君

最初に「早期出荷」って聞いた時から疑問だらけでしたものね。
それこそ275日かけて「ちまちま」やるんかい。
それまでに終息しちゃったら、どーするつもり?
などなど、わけがわからん事ばかりで。

ともかくお師匠さんとこが無事なのは喜ばしいことですね!
ブンリン君も がんばるんだ!

あ、木城の共同埋却の手伝いに行くとか書いていたよね・・・
辛いだろうけど、牛の扱いに慣れた人の手伝いは一人でも多い方が
助かるんだろうから無理をしない程度にお手伝いしてきて下さい。

センムさん

お忙しい中お返事ありがとうございます。
宮崎の畜産農家さんに1日でも早く未来への明るい光が照らされますように
笑顔が戻ってくる日を
私達は待っています
これからもずっと応援しております。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 口蹄疫・マスコミ報道 6/6(日):

« 口蹄疫・275例目 | トップページ | 口蹄疫・道路での消毒 »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブクログ

  • ブクログ

ブログパーツ

  • 3月31日まで投票できます

  • ジオターゲティング