山崎畜産HP

ランキング参加中

無料ブログはココログ

« 口蹄疫・日経ビジネスの記事より | トップページ | 口蹄疫・マスコミ報道他 2 6/5 »

2010/06/05

口蹄疫・マスコミ報道ほか 6/5(土)

処分の状況

75%処分終える 感染や疑い18万頭に
(宮日 2010年6月5日付)

 県口蹄疫防疫対策本部(本部長・東国原知事)は4日、3日現在の口蹄疫の発生状況や殺処分進ちょく状況をまとめた。感染や感染疑いがある家畜は約18万頭に上り、このうち75%の殺処分を終えた。

 同本部によると3日現在、感染や感染疑いがあるのは18万4頭(牛3万2226頭、豚14万7761頭、山羊・羊17頭)。市町別では、川南町が13万9222頭と最も多く、高鍋町2万3808頭、都農町7289頭、新富町3725頭、木城町3272頭、西都市2018頭、えびの市670頭だった。

 そのうち殺処分は、ウイルスの拡散が多いため優先的に処分している豚が81・9%。山羊・羊94・1%で、牛は43・3%にとどまった。殺処分を終え、ふん尿の埋却や牛舎の消毒などの防疫措置まで完了したのは64・8%(牛39・9%、豚70・3%、山羊・羊94・1%)だった。

 感染・感染疑い分とワクチン接種対象分を含めると、処分対象は27万2191頭で、県内で飼育されている牛と豚の約22%に上る。

感染疑いの家畜の処分78%

宮崎県内で感染が続いている家畜の伝染病、口てい疫の問題で、4日は、およそ5500頭の処分が行われただちに処分が必要な家畜のうち処分が済んだ割合は、78%となりました。
口てい疫の問題では、ワクチンを接種した家畜も含めておよそ27万頭の牛や豚などが処分の対象になっています。
このうち、感染の疑いがあるため、ただちに処分が必要な家畜は、4日に319頭増えて18万323頭となっています。
これに対して、4日に処分されたのは5498頭で、4日までに処分された家畜はあわせて14万526頭となりました。
この結果、ただちに処分が必要な家畜のうち、処分が済んだ割合は前日より3ポイントほど高くなり78%となりました。
今後処分しなければならない家畜の数はワクチンを接種した分を含めるとあわせて13万1665頭となっています。
宮崎県は、4日夜、新たに、川南町と新富町にある2か所の農場で口てい疫に感染の疑いがある牛や豚が見つかったと発表しました。これで、口てい疫に感染、または感染の疑いがある家畜が見つかった農場などは271か所になりました。
また、宮崎牛の主力の種牛5頭は、3日に採った検体の検査結果も陰性で、今のところ、感染は確認されていません。
06月05日 13時25分 NHKローカル


ワクチン接種家畜の処分
ワクチン接種済み家畜 日向市で殺処分開始  宮日

 日向市特定家畜伝染病対策本部(本部長・黒木健二市長)は4日、口蹄疫ワクチンを接種した家畜の殺処分と埋却作業を5日から始めると発表した。今回の口蹄疫でワクチンを接種し、その後も感染疑いが出ずに飼育されている家畜は約9万2千頭いるが、殺処分・埋却が始まるのは日向市が最初。

 同本部によると、5日は豚(全1戸、約600頭)を殺処分し、自家用地に埋却する。午前9時から獣医師や県、市、JAの作業員ら約50人体制で作業にあたる。また、牛(全76戸、約900頭)の殺処分と埋却は7〜12日、市内3カ所の共同用地で実施する。

 同市では一部に半径10キロの移動制限区域がかかり、5月23日にワクチン接種を実施していた。

 発生農場から半径10キロ内の牛や豚を対象にしたワクチン接種の対象は3日現在で、1023戸の12万5533頭(牛4万5930頭、豚7万9603頭)。同意を得ていない5戸分の牛67頭以外は接種が終了し、接種率は99・9%。ただ、ワクチン接種後に感染疑いが出た家畜もおり、今後、殺処分対象となるのは約9万2千頭。


ワクチン接種家畜の処分開始

家畜の伝染病、口てい疫の問題で宮崎県は、感染の拡大防止のために発生地から半径10キロ以内でワクチンを接種した家畜の処分を、5日から始めました。
宮崎県は、5月22日から、口てい疫の感染の拡大防止のため発生地から半径10キロ以内で飼育されている牛や豚などを対象に、処分を前提としてワクチンの接種を行いました。
そして、5日から、補償のための評価をした上で、ワクチンを接種した家畜の処分を始ました。
初日は、日向市の畜産農家1軒の豚およそ600頭が対象となり、処分の作業を担当する日向市の職員らが、朝早く、農場に向けて、日向市役所を出発しました。
宮崎県によりますと、ワクチンを接種した上で、処分される家畜は、8つの市と町のおよそ9万2000頭で、来週から、日向市以外の自治体でも、準備が整いしだい、処分を始めることにしています。
06月05日 13時25分 NHKローカル

TBSニュース(動画あり)
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4445352.html

ワクチン接種豚殺処分 宮崎県日向市 600頭、特措法で初適用
2010年6月5日 13:43 カテゴリー:九州 > 宮崎 社会
 家畜伝染病「口蹄疫」問題で、宮崎県は5日午前、ワクチン接種を受けた日向市の養豚農家1戸が飼育する豚約600頭の殺処分を始めた。補償の基準となる評価作業と並行して行い、午後にも処分と埋却を終える。感染の疑いのない家畜の処分は初めて。4日施行の口蹄疫対策特別措置法で定められた予防的殺処分を初適用した。

 日向市によると、この農家は都農町の発生農場から半径10キロ圏内の移動制限区域にあり、豚は5月23日にワクチン接種を受けていた。

 評価作業は獣医師ら3人が、農家の帳簿をもとに1頭ずつ月齢などを確認し、市場での取引価格に基づいて補償額を決める。殺処分は県や市の作業員など50人態勢で実施。評価を終えた豚から農場内で殺処分にあたり、近接するこの農家の私有地に埋める。

 日向市内ではほかに、牛の飼育農家76戸の計約900頭がワクチン接種を受けており、7-12日に殺処分する予定。対象農家は共同の埋却地3カ所を準備しており、特例により牛を埋却地に移動させた上で処分する。
=2010/06/05付 西日本新聞夕刊=

« 口蹄疫・日経ビジネスの記事より | トップページ | 口蹄疫・マスコミ報道他 2 6/5 »

口蹄疫関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 口蹄疫・マスコミ報道ほか 6/5(土):

« 口蹄疫・日経ビジネスの記事より | トップページ | 口蹄疫・マスコミ報道他 2 6/5 »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブクログ

  • ブクログ

ブログパーツ

  • 3月31日まで投票できます

  • ジオターゲティング