山崎畜産HP

ランキング参加中

無料ブログはココログ

« 口蹄疫・マスコミ報道他 6/29(火) | トップページ | 口蹄疫・非常事態宣言 一部解除 »

2010/06/30

口蹄疫・マスコミ報道他 6/30(水)

非常事態宣言、きょうにも解除  (06/30 12:00) MRT

口蹄疫の非常事態宣言について、県は、家畜の殺処分と埋却が終わりしだい、30日にも、解除する方針を固めました。
非常事態宣言は、口蹄疫の感染拡大を受けて、県が、先月18日に発令したもので、県民に不要不急の外出やイベントの自粛などを求めています。
県は、家畜の殺処分と埋却が全て終了するのに合わせて、30日にも、非常事態宣言の解除を発表する方針を固めました。
ただ、宣言の解除は、部分的にとどまる通しです。

また、現地対策本部長の篠原農林水産副大臣は、非常事態宣言の解除について、30日、次のように述べました。
(篠原農水副大臣)「ちょうどいいタイミングだと思う、イベントなどをそんなに躊躇することなく開いて消毒作業に協力していただく、そういう意識を植え付ける場にしたらいいと思う。」
県によりますと、ワクチンを接種した家畜の処分は、29日現在で、約3400頭が残っていて、30日夕方までに、全ての処分が終わる見通しです。


非常事態宣言 1日一部解除
 (06/30 19:10) MRT

県は、1日の午前11時に、口蹄疫の非常事態宣言を44日ぶりに部分的に解除することを決めました。
4月20日に1例目が確認された宮崎の口蹄疫。
県などは、感染が疑われる家畜と、ワクチンを接種した家畜、合わせて27万頭あまりの殺処分を進めてきましたが、30日、すべての処分が終了します。
これを受け、県は、先月18日に発令した非常事態宣言を1日の午前11時、44日ぶりに解除することを決めました。

今回は、部分的な解除になる見通しです。
非常事態宣言は、口蹄疫の感染拡大を受けて、発令されたもので、県民に不要不急の外出の自粛や一般車両の消毒などを求めています。
これを受け、県内では、イベントの中止や延期、それに、公共施設の閉鎖などが相次ぎ、県民生活にも大きな影響が出ていました。

(県民)「長かったからですね。
良かったと思っていますけど」「これで少しづつでもね、元の活気に戻ればと思いますね」「よく図書館は利用するので、早く開いてほしいなと思っていたので、解除されて、早く開いたら、また行きたいなと思っています」1日解除される非常事態宣言ですが、発生地域では、ウイルスを拡散させる可能性がある家畜の糞尿が残っていることなどから、県では、引き続き、消毒を徹底するよう呼びかけています。
(東国原知事)「県民の皆様には気を引き締めていただいて、とにかく終息宣言、安全宣言までは、今までと同じ気持ちで、意識でですね防疫対策等に取り組んでいただきたい」県内では、今月19日から29日まで、11日連続で、口蹄疫の新たな発生がありません。
このまま、口蹄疫の発生がなければ、来月16日には、県内全域で、家畜の移動制限などが解除されます。


移動制限解除に向け 確認検査
6月30日 12時35分 NHK

口てい疫の問題で、今月19日以降、新たな感染が確認されていない宮崎県の宮崎市と国富町で、家畜の移動制限の解除に向けて、ウイルスが残っていないかを最終的に確認する検査が始まりました。

宮崎市と隣接する国富町では、今月18日までにあわせて3か所の農場で感染の疑いがある家畜が見つかりましたが、その後、新たな感染は確認されていません。30日から始まった検査は、獣医師や自治体の職員が当たり、手順を確認したあと、およそ20の班に分かれて農場に向けて出発しました。

検査は、
▽感染の疑いが確認された農場の半径10キロ以内にある400か所の農場で、家畜に症状が出ていないかを目で見て確かめるほか、
▽半径3キロ以内にある136か所の農場では、家畜の血液検査を行って感染した痕跡がないか、詳しく調べます。

この検査で、感染の疑いがないと確認できれば、宮崎市と国富町で来月11日に移動制限が解除される見込みで、政府の現地対策本部は作業が順調に進めば、来月16日にも県内全域で解除できるという見通しを示しています。

一方、8日前から検査が行われていた都城市では、30日が検査の最終日となりました。午前8時半から獣医師などおよそ50人が、180か所の農場に出向いて、牛や豚に口てい疫の症状が出ていないかどうかを目で見て確認しています。

30日の検査で異常が見つからなければ、来月2日午前0時に移動制限が解除される見通しで、畜産の生産高が全国1位の都城市で、23日ぶりに家畜の出荷が再開されることになります。


農水省 プレスリリース 18:45

都城市・日向市の清浄性確認検査の結果について

都城市・日向市を中心に実施していた清浄性確認検査が終了し、当該区域の清浄性が確認されました。
口蹄疫は、牛、豚等の偶蹄類の動物の病気であり、人に感染することはありません。
現場での取材は、本病のまん延を引き起こすおそれもあることから、厳に慎むよう御協力をお願いします。

1 清浄性確認検査の結果及び今後の予定

都城市を中心に設定されている移動制限区域においては、最終発生例である280例目の殺処分を6月10日に完了し、6月22日以降、移動制限区域内の牛・豚等飼養農家全戸に対し清浄性確認のための検査(抗体検査及び臨床検査)を実施しました。本日までに、当該地域の清浄性が確認されたことから、宮崎県は、7月2日(金曜日)午前0時をもって、当該地区におけるすべての移動制限・搬出制限を解除する見込みです。

日向市を中心に設定されている移動制限区域においては、最終発生例である284例目の殺処分を6月11日に完了し、6月22日以降、移動制限区域内の牛・豚等飼養農家全戸に対し清浄性確認のための検査(抗体検査及び臨床検査)を実施しました。本日までに、当該地域の清浄性が確認されたことから、宮崎県は、7月3日(土曜日)午前0時をもって、当該地区におけるすべての移動制限・搬出制限を解除する見込みです。


宮崎・口蹄疫 全頭の埋却処分終了 都城は2日に制限解除へ
2010年6月30日 20:25 カテゴリー:社会 九州 > 宮崎

 家畜伝染病「口蹄疫(こうていえき)」問題で、宮崎県は30日、ワクチン接種した牛と豚約7万7千頭の殺処分と埋却が完了したと発表した。既に処分済みの感染や感染疑いの家畜と合わせ、約27万6千頭の処分がすべて終わり、防疫作業は大きな節目を迎えた。新たな発生がなければ、移動制限区域(半径10キロ圏内)と搬出制限区域(同10―20キロ圏内)は7月16日までにすべて解除される。県は1日にも県内全域に出していた「非常事態宣言」の一部を解除する。

 この日は最後まで残っていた川南(かわみなみ)町などの約3千頭が処分された。ワクチン接種は、感染拡大の予防として移動制限区域内の未感染家畜に、殺処分を前提として実施された。埋却地不足や雨の影響で処分の遅れを心配する声もあったが、作業に当たる自衛隊員の増員や農家の共同埋却などにより、県が6月4日に示した日程通りに完了した。

 一方、国内屈指の畜産地、都城市で感染の有無を調べる清浄性確認検査は6月30日に終了。異常は確認されず、2日午前0時に制限は解除される。また6月30日は宮崎市と国富町の発生農場から半径10キロ以内での清浄性確認検査も始まった。検査は4日まで行われ、異常がなければ県は8日(国富町)と11日(宮崎市)に制限を解除する。

 県は埋却完了に合わせて「非常事態宣言」の一部解除を検討していたが、「防疫対策を緩めないため」として、6月30日の解除は見送った。

=2010/06/30 西日本新聞=


口蹄疫清浄化で副大臣 発生農場支援を優先/ワクチン接種農家 対応の差に不満も
掲載日:10-06-30 日本農業新聞

 宮崎県の口蹄(こうてい)疫問題で、政府の現地対策本部長を務める篠原孝農水副大臣は29日の会見で、ワクチンを接種した家畜のふん尿などの密封作業の支援について、発生農場での作業を自衛隊などの支援で終わらせた後に行う考えを示した。患畜・疑似患畜農家への対応と比べて差が生じることに現場では不満も出ている。作業に必要な経費の助成はともに消毒薬だけになるという。(口蹄疫取材班)

 現地本部は、ワクチン接種地域を中心とした移動・搬出制限を解く条件に、家畜ふん尿の密封などを挙げる。
 県は28日、山積みしたふん尿をブルーシートで覆いウイルスが飛ばないよう密閉する作業の進め方を、関係自治体の担当者に提示。自衛隊などが発生農場を支援するが、ワクチン接種農家は原則、支援しない考えを示した。
これに対し、市町の担当者らから「家畜を犠牲にしたワクチン接種農家に冷たいのではないか」との声が上がっていた。

 篠原副大臣は「ウイルスを多く含む発生農家のふん尿を優先する。その後にワクチン接種農場も支援する」と領野を支援する考えを表明した一方、「(発生農場の作業中に、ワクチン接種農場は)どんどんやっておいてもらいたい」と述べ、自主的な作業も求めた。

 県によれば、作業を支援するのは自衛隊200人以上に自治体職員らを加えた計650人ほど。「発生農場280戸、ワクチン接種農場1000戸全てを支援するのは困難。7月16日に制限を解除するためにも、JAやボランティアにも協力してもらいたい」(農政企画課)としている。


※山崎メモ
山崎畜産でも移動制限区域内(発生地より半径10キロ圏内)の2ヶ所の農場で本日、目視検査。
北海道から応援に来た獣医さんとJA職員が約500頭を見て回った。
えびのの目視検査の様子をコメント欄に頂いたが、当時と比べると発生がおさまっているためか、思ったよりも時間がかからなかった。

« 口蹄疫・マスコミ報道他 6/29(火) | トップページ | 口蹄疫・非常事態宣言 一部解除 »

口蹄疫関連」カテゴリの記事

コメント

目視検査終了おつかれさまですw
ワクチン接種農家さんの気持ちに配慮してほしいです。
終息に向かっているのはワクチン接種を受け入れてくださった方々のおかげだと思います。
摂取後も、感染防止のため、消毒に頑張ってくださってるし、
ブルーシートにしても、結構な広さが必要だし、
それを個人購入といっても、収入のない状態でさらに、負担となる言い分はわかる気がします。
それに、専門家の方々が言うように、ワクチンを打った事で、症状が軽いだけで、本当は、ウイルスを出してる可能性もあるから、感染農場と同じくらい、糞尿には気をつけないといけないはずなのに・・

でも、篠原さんの作業の円滑化も気持ちはわかりますし・・

本とは、もう少しだけ、自衛隊さんの協力がいただけたら、ありがたいのですけど・・

JAは、発生当初から消毒に尽力されてきたし、自治体のかたは、さらになれない作業に、一般業務と人手が足りないと思います。
どちらも、自衛隊のように交代要員はいませんし;;
ボランティアに期待するようでは、国の在り方って何?っておもいます。
海外支援はします、けど自国の災害は自国のボランティアにおまかせって、税金ってなんなの?って思ってしまいました。
衆議院も閉会してるから、議員さんが選挙応援なんかしないで、現場で一緒に作業をするのが、一番いいのかもしれない、そしたら、百聞は一見にしかず」って意味をしるでしょうし・・

あああ、愚痴ばっかりだ;;
病んできてるのかなぁ(;´Д⊂

毎日、残り頭数の減少を報じる。
それだけ、毎日殺される家畜がいることを忘れたらいかんと思う。
ひとつひとつ家畜のいなくなった農家さんが増えてる。
正常化のカウントダウンは、同時にワクチン接種農家の家畜の命のカウントダウンってことを、最後まで、忘れたらあかんと思います。
記事にない、ニュースに載らない悲劇を忘れて、正常化に浮かれ気味にある自分に気づくたび、自分がいやになります。
最近自分がほんとに嫌い;;

良かったと思う反面


ワクチンを接種された農家さんの苦しみは想像するに耐えられません


仕事でもそうなのですが、もし自分がされたらどうなるか?よく考えて行動するようにしてますが、どうも気持ちの整理はつきません


命を扱う仕事の重要さをいつも身にしみてかんじています


もう少しちがった愛情の注ぎ方をしてみます

僕はまだまだ半人前ですから(-_-;)

ほかぞのさん

お返事が遅くなりました。
今日の農業新聞によれば、ワクチン接種農場にたいしても堆肥の処理に県が協力してくれるようになったようです。とりあえずは、良かった。
最初からボランティアを頼りにするって・・・・やっぱ変ですもんね。

終息へ向かっているのは、素直に嬉しいです。

>記事にない、ニュースに載らない悲劇を忘れて、正常化に浮かれ気味にある自分に気づくたび、自分がいやになります。

って、書いてらっしゃるけど、殺処分になった子やワクチン接種を受入れてくれた農家さんの事は、ほかぞのさんは絶対に忘れないと思うから、そんなに自分を責めないで下さい。
要は、終息した時にどれだけ彼らを支えられるかだと思ってます。
難しい問題ですが・・・・

しんさん

伸ちゃんたちのブログを読むと、もう、ね・・・・・。
しんさんはTBCの仲間と、彼らのためにできる事があるんだから、そっちで彼らを支えてあげて欲しいです。
肥育農家ができることって、無いのね・・・。
シャチョーは、「宮崎産の子牛を買うことが、一番なんだ」って言ってます。
そのとおりなんだけど、なんだかねぇ・・・・。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 口蹄疫・マスコミ報道他 6/30(水):

« 口蹄疫・マスコミ報道他 6/29(火) | トップページ | 口蹄疫・非常事態宣言 一部解除 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ブクログ

  • ブクログ

ブログパーツ

  • 3月31日まで投票できます

  • ジオターゲティング