山崎畜産HP

ランキング参加中

無料ブログはココログ

« 口蹄疫・マスコミ報道他 6/25 3 | トップページ | 口蹄疫防疫措置実施マニュアル(平成22年6月15日時点)農水省 »

2010/06/26

口蹄疫・マスコミ報道他 6/26(土)

都城市で家畜の目視検査

口てい疫の問題で、畜産の生産高が全国1位の都城市で行われているウイルスが残っていないかどうかを確認する検査は、26日から感染疑いの農家から半径10キロ以内のすべての家畜を対象にした目視による検査が始まりました。都城市では6月9日に口てい疫に感染した疑いがある家畜が見つかった農場で処分が行われたあと、新たな感染例は確認されていないため、宮崎県と農林水産省は、22日から周辺の地域にウイルスが残っていないことを確認する検査に入りました。

26日からは、感染した農場から半径3キロから10キロの範囲で飼育されているすべての家畜の健康状態を目で見て診断する検査が始まりました。

都城市の高崎町総合体育館には獣医師などおよそ100人が集まり、2人1組になって作業に向かいました。
検査の対象は都城市の畜産農家およそ800戸で牛や豚は合わせて11万5000頭に上るほか、隣接する宮崎市や小林市、それに高原町の一部も含まれます。

これより前には発生農場から半径3キロ以内で家畜の血液に感染した痕跡がないか調べており26日からの目視の検査で異常がないことが確認されれば、都城市では7月2日の午前零時に家畜の移動制限が解除されます。
06月26日 12時36分 NHKローカル


28日から清浄性検査 児湯は堆肥処理次第
(宮日 2010年6月26日付)

 県は25日、口蹄疫の「飛び火」感染が確認された西都市と国富町、宮崎市で、移動制限区域の解除に向けた清浄性確認検査を28日から順次実施すると発表した。西都が14日、国富が16日、宮崎が19日に殺処分を完了して以降、新たな感染疑いが確認されていないため。ワクチン接種区域は検査、解除の対象外

 各検査の対象農場や戸数は調査中。異常がなければ西都市は7月6日、国富町は同8日、宮崎市は同11日のそれぞれ午前0時に家畜の移動制限区域が解除される見込み

 県口蹄疫防疫対策本部によると、血液を採取して行う抗体検査は28日から5日間程度で、発生農場から半径3キロを対象に実施する。飼育頭数に応じ1農場最大30頭の血液を採取し、動物衛生研究所海外病研究施設(東京)でウイルスが残っていないか調べる。結果は、検体送付して3日程度で判明する見込み。

 臨床検査は半径3〜10キロ圏内の牛や豚について、獣医師が目視で健康状態を確認する。

 一方、口蹄疫の政府現地対策チーム本部長を務める篠原孝農水副大臣は25日、児湯地域の制限区域解除について、同地域の農場に残る堆肥(たいひ)やふん尿が、清浄性確認の障害になる可能性があるとの見方を示した。副大臣は「堆肥の処理について、専門家の意見が分かれている。どの時点を基準にするかまだ定まっていない」と述べた。

 国の防疫指針によると、清浄性を確認した上で、殺処分完了の翌日から21日が経過すれば制限は解除される。ただ、同地域では堆肥やふん尿が石灰などで消毒した状態で各農場に残っており、国や県で取り扱いを検討している。

児湯の堆肥処理など早急検討
 (06/26 19:07) MRTニュース

口蹄疫の発生が集中した児湯地域では、制限解除に向けて、家畜のふん尿や堆肥の処理も課題となっており、篠原農林水産副大臣は、具体的な処理策の検討を急ぐ考えを示しました。
(篠原副大臣)「堆肥の消毒が完了していること。
それが遅れたらだめ。
ふん尿・堆肥にウイルスが残っている可能性があるので。」

篠原副大臣は、26日の会見で、このように述べ、児湯地域のふん尿や堆肥の処理について、まだ具体策が決まっておらず、制限解除の日程にも、影響を及ぼしかねないとしました。

児湯地域は、感染または感染した疑いのある家畜の処分を終えているものの、ふん尿や堆肥の埋却が追いついていません。
このため、篠原副大臣は、国と県で埋却方法を検討し、2、3日中には結論を出したいとしています。
児湯地域では、ワクチンを接種した家畜の処分終了と、ふん尿や堆肥の処理などを条件に、早ければ、7月16日の制限解除の見通しが示されていました


感染気付かず拡大か 数十検体から抗体確認
(宮日 2010年6月26日付)

 口蹄疫の遺伝子検査により感染疑いが見つかった複数の農場で採取された数十検体から感染後1〜2週間程度でできるとされる抗体が確認されていたことが25日、農林水産省が公表した疫学調査チームの検討会資料で分かった。抗体が確認された農場では一定期間、感染に気づかなかった可能性があり、同チームはそれを感染拡大の要因の一つとして推測している。

 遺伝子検査は動物衛生研究所海外病研究施設(東京)で行われ、その後にすべての検体で感染の履歴を調べる抗体検査を実施する。検体は1農場当たり3〜5検体を送付しているが、抗体が確認された農場数は不明

 検討会ではこのほか、えびの市での発生は「川南町の関連農場を出発した家畜運搬車が関与した可能性が高い」と指摘。同市の1、2例目の発生農場では同じ堆肥(たいひ)化施設を利用していたことが報告された。

 都農町と川南町の発生農場の間では「人の移動が確認されている」とした。


口蹄疫で休止の家畜市場 相次ぎ再開へ/県内限定、相対仲介も
掲載日:10-06-26  日本農業新聞

 宮崎県で発生した口蹄(こうてい)疫の影響で、九州全域を中心に取引を中止していた家畜市場が、再開へ向けて動きだした。既に今月から再開している佐賀県のJAさが畜産センターをはじめ、25日までに熊本、長崎、沖縄、山口の各県が再開を決めた。市場関係者は「購買者を県内に限定している市場も一部であり、完全にオープンではない。再開はしたが、九州以外の購買者の多くが口蹄疫が完全に終息するまで様子を見るのではないか」とみている。
 

取引を再開する産地家畜市場の7月までの開催日程
(25日時点で各開設者への聞き取りを元に作成:農業新聞)
山口
 山口中央・・・・・・・6/25

佐賀        
 JAさが家畜センター・・6/14, 6/29, 6/30

長崎
 平戸口中央・・・・・・6/27,6/28
 壱岐・・・・・・・・・7/1~7/3
 宇久小値賀・・・・・・7/5
 対馬・・・・・・・・・7/6(定例)
 県南・・・・・・・・・7/10, 7/11
 五島・・・・・・・・・7/13~7/15(定例)

熊本
 南阿蘇・・・・・・・・7/11、7/26
 県市場・・・・・・・・7/12~7/15、7/29
 天草・・・・・・・・・7/16、7/17
 球磨・・・・・・・・・7/18、7/19 
 小国・・・・・・・・・7/21

沖縄
 八重山・・・・・・・・7/2、7/3、7/23、7/24
 伊江・・・・・・・・・7/4、7/26
 今帰江・・・・・・・・7/5、7/27
 南部・・・・・・・・・7/6、7/28
 久米島・・・・・・・・7/7、7/29
 宮古・・・・・・・・・7/8、7/30
 多良間・・・・・・・・7/9

« 口蹄疫・マスコミ報道他 6/25 3 | トップページ | 口蹄疫防疫措置実施マニュアル(平成22年6月15日時点)農水省 »

口蹄疫関連」カテゴリの記事

コメント

堆肥って、切り替えしても、ウイルス飛ぶのかなぁ^^;
なかなか、大変な問題でもありますね(>_<)
でも、おきっぱなしってわけにも行かないし、燃やしちゃえたら、いいのにって、火事が心配だな^^;
ま、官僚の頭のいい方々に、たまには、頭使わせましょうw
農家は、消毒に専念だぁーーーヽ(´▽`)/

26日土曜日午後5時をもって、木城町の処分は終了しました。
(A牧場の児湯第2牧場とS牧場は高鍋が本部なのでそちらが対応します)

連日、雨の中の作業で厳しい面もありましたが、大きな事故も無く(蹴られる事はありましたが)良かったと思います。

田口町長がお弁当の配達や飲み物、パンの差し入れなどしていただきました。
弁当を車から降ろしてる後ろ姿を見たとき、
「ん?町長ちゃうの?」
ってびっくりしました。

夕方、埋設地に全員で献花と祈りを捧げてきました。

これで一つ区切りがつきました。
町内の農家さんの想い、牛達の魂を背負って次に向かって歩き出したいと思います。

>ほかぞのさん

堆肥が問題なんですよ。
埋設となると、また土地の確保が問題になります。
自分は堆肥の中でウイルスが増える事は無いので、発酵してしまえば大丈夫なのかな?って思います。

出した堆肥は堆肥舎で石灰をふってブルーシートで覆って飛散しないようにしています。

ま、月曜日に県の方で処分の検討会があるみたいなので、その場で国の方針も示されると思います。

このまま16日を迎えたいですね。

ブンリン君

お疲れ様でした。辛い事もあっただろうに、終息のためにがんばってくれてありがとう。
宮崎の、九州の、いや日本の畜産を守るために犠牲になってくれた牛さんや豚さん、そしてその飼い主の人達の事は絶対に忘れてはいけない事だと思ってます。
今日、ワクチン接種を受入れて29日に殺処分が決まった久美ちゃんと電話で話しました。
日にちが決まって、辛いけど何かホッとしたという言葉が、色んな意味で胸に突き刺さりました。
何としてもここで終わってはいけないです。
多くの人が未来に希望を持てなければ、終わりではないです。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 口蹄疫・マスコミ報道他 6/26(土):

« 口蹄疫・マスコミ報道他 6/25 3 | トップページ | 口蹄疫防疫措置実施マニュアル(平成22年6月15日時点)農水省 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ブクログ

  • ブクログ

ブログパーツ

  • 3月31日まで投票できます

  • ジオターゲティング